★ 勝手に解釈

まるで死者か悪魔を呼び起こすかのような黒魔術のような曲です。
前作の"The Next Day"も死者の復活を彷彿させる曲ですが、このBlackstarも同じような印象を受けます。
どちらもアルバムタイトルでもあり、そして一曲目というのも共通しています。

In the villa of ormen
In the villa of ormen
Stands a solitary candle
In the centre of it all
In the centre of it all
Your eyes

人里離れた一軒の屋敷の中に、蝋燭が一本立っている様子が描かれます。 ★のプロモーションビデオ(以後PV)では、人里離れた・・というよりさらに遠く、月の世界のようなSFチックにもなってますね。もしかしたら天界をイメージしているのかなとも思っています。

"Stands a solitary candle"の
"Stands"ですが、sがついているのが気になりました。
このStandsの前には、主語となるHe(彼)かShe(彼女)が存在しているような気がしています。

PVでは、複数の人たちが揺らぎながら、儀式のようなことを行なっている様子が見えますが、 さらにその中心には、目には見えないもう一人の存在がいるように思っています。
目には見えない存在だから、主語も歌詞から消してるのではないかなと。

On the day of execution
On the day of execution
Only women kneel and smile
At the centre of it all
At the centre of it all
Your eyes
Your eyes

"Only women kneel and smile"「女性たちだけが膝まづいて微笑む」 という部分は、敬意をもってこれから現れるBlackstarを迎え入れるように感じられますが、 "execution"「処刑」に対しての微笑みと捉えるなら、復讐心のようにも感じられます。

"In the centre of it all"
"At the centre of it all"
前半でInを使い、後半でatで使い分けているのは
Inは中へというイメージがあり、atにはある点を指定するイメージがあるので
In the center of it allで、だんだんとその中心に神経を寄せてきて
At the center of it allの時には、よりその集中が一点に絞られてきたような印象を受けます。

Something happened on the day he died
Spirit rose a metre and stepped aside
Somebody else took his place and bravely cried;
I’m a blackstar
I’m a blackstar

ここから曲が反転し、それまでの儀式が実を結んだかのように一つの霊魂が出てきます。
重々しい曲だったのが、明るい曲調に変わります。
それまでは、ダークで恐ろしい悪魔が出てきそうな雰囲気だったのに、 出現したブラックスターは、ちょっといい人っぽいようにも思われます(^^)

How many times does an angel fall
How many people lie instead of talking tall
He trod on sacred ground he cried aloud into the crowd
I'm a blackstar
I'm a blackstar
I'm not a gangstar

"lie instead of talking tall"「誇張する代わりに嘘をつく」というのは不思議で表現ですよね。
"lie"「嘘をつく」と"talk tall"「おおげさに言う、話を盛る」というのは、同じ意味のように感じますが、 "instead of" 「〜の代わりに」でつなげているのが不思議です。
直訳すると、おおげさに話す代わりに嘘をつくとなりますが、嘘に嘘を重ねるというような意味でしょうか?
それともこの一文そのものが既に嘘なのでしょうか?

I can’t answer why
            I'm a blackstar
Just go with me
            I’m not a filmstar
Imma take you home
            I’m a blackstar
Take your passport and shoes
            I’m not a popstar
And your sedatives boo
            I’m a blackstar
You’re flash in the pan
            I’m not a marvelstar
I’m the great I am
            I’m a blackstar

booというのは愛着のある呼び名なので、「常用・愛用している」"sedatives"「鎮痛剤」ということでしょうね。
"You’re flash in the pan"というのはどういうことがちょっとイメージがつきませんが、先に進むとヒントが出てきます。

I’m a blackstar I'm way up, on money, I’ve got game
I see right, so wide, so open-hearted pain
I want eagles in my daydreams, diamonds in my eyes
I’m a blackstar
I’m a blackstar

この曲の中で一番イメージをつかみにくい節でした。 まず "way up"は「高いところにいる」そして on moneyと続くので、お金も持っているけれど、金銭よりも高貴な存在ということでしょうか。

"I’ve got game"「獲物を得た」というのも強く大きな存在に感じます。
"I see right, so wide, so open-hearted pain"という表現も、 "pain"「痛み・苦痛」というネガティブな言葉を形容しているのはポジティヴな言葉なので、いろいろ悩みました。
いろいろ想像してみて、 "right, so wide, open-hearted pain"というのは、 容赦なくあらゆるところに遠慮なしに発生するけれど、つきあっていかなければいけない自分自身の内面の痛みや苦痛というようなものかなと今は考えています。 そして、もしかしたらボウイは病魔との闘いで、肉体的にもそんな痛みとつきあっていたのかなとも想像します・・・。

続く"I want eagles in my daydreams abd diamonds in my eyes"ですが、 と、"want"「欲しい」と言っているので、"eagles" と "diamonds"は、ブラックスターでも、簡単に手に入るものはではないということなのかなと思います。 暗示しているのは、"eagles"「鷲」とは永遠の命、"diamonds"「ダイヤモンド」は永遠の愛だと思われます。
"eagles" "daydreams""diamonds"と複数形になっているので、一度ではなく、何度も空想していることも読み取れます。
ブラックスターは超人的なイメージで歌われていますが、ここだけ、どこか人間的な弱さも感じます。

I can’t answer why
            I’m not a gangstar
But I can tell you how
            I’m not a flamstar
We were born upside down
            I’m a starstar
Born the wrong way round

ここで、答えはだせないけど、どういう状態になっているのかというヒントのようなものが与えられます。
"upsidedown"「逆さま」 " the wrong way round"「あべこべ」という状態で「生まれた」というのは、天界と下界、正と死、前世と現世と来世・・・そんなものが入れ替わったという感じに捉えています。歌詞の流れとしては「彼が死んだ日にBlackstarとして新たな生をうけた」という感じですし。 死後の世界を語る際に、実は、現世が修行の場で、死んだ後の世界のほうが「正」でより長く存在するとも言われますが、そんなようなことなのかと思っています。 そう考えると先に出てきた"flash in the pan"は現世に生きた君は、パッと輝いて消えてしまうという意味も分かる気がします。

それから前作の"THE NEXT DAY"でもそうなのですが、全体的に「娼婦」「女性」「少女」といった女性の影がちらつくので、 男女入れ替わって生まれたという意味も感じるんですよね・・。PVの中にも髑髏をもった少女が出てきますが、彼女は娼婦のひとりかもしれないけれど、"I"「私」の化身でもあるのかな・・・なんて思ったりします。(Dollar Daysにつがっていくのですが)

I’m not a whitestar
I’m a blackstar
I’m not a gangstar
I’m a blackstar
I’m a blackstar
I’m not a pornstar, I’m not a wandering star
I’m a blackstar, I’m a blackstar)

そもそも「ブラックスター」という存在はどういう存在なのか。 神か悪魔か、善人か悪人か。なんとなく暗黒のダークヒーロー的な感じて、そこにはいろんな意味が込められていると思うのですが、 そのひとつに、「黒人の星」という意味ももあると私は思っています。「私は妻と娘の味方」という思をこめて、"I’m not a whitestar","I’m a blackstar" 「白の星ではなく黒の星だ」と言っているようにも聞こえます。

On the day of execution
Only women kneel and smile
At the centre of it all
Your eyes
Your eyes

そして最後の部分ですが、前半のリピートのように聴こえますが、よく聴いてみると前半では"On the day of execution On the day of execution"などのように2回ずつ繰り返されていたものが 1回のみになっています。

これは、儀式の後、逆さまに生まれた私たち("He"と"Blackstar"?)2つの魂がひとつになったことを表現しているのではないでしょうか。 つまり前半では、たとえば天界と下界のそれぞれで同時並行的に事が行われていることが描かれ、二つが重なった後は、合致した一つのこととして描かれているような。

"the day of execution"が表すものも、前半は処刑の日で、後半は達成(完成)の日という違うものを指しているようにも思います。

そして繰り返し歌われる印象的な"Your eyes"「貴方の瞳」ですが、 最初は蝋燭の火を見つめる1つの瞳、次に蝋燭の火の中から浮かび上がるもう1つの瞳、そして向かい合う2つの瞳、最後にはその2つが重なって1つになる瞳・・ そんなイメージの流れを持ちました。



★日本語訳へ戻る | 'Tis A Pity She Was A Whore日本語訳へ

BLACKSTAR を読み解くトップへ