Dollar Days 勝手に解釈

★の中では、この"Dollar Days"が一番悩ましかった曲です。難しい単語はほとんど出てこないのですが(Oligarchsとfoamingくらいでしょうか)、 ボウイお得意の曖昧さ炸裂のambiguousな歌詞で、いざ日本語にするのは難しかったです。
"I"、"them"、"their"、"you"といった代名詞をどう捉えるかによって、いろいろ解釈できそうな内容です。
ただ、全体的に漂う「葛藤」「懺悔」「懐古」「思慕」といったものは共通しているような気がします。

Cash girls suffer me
I’ve got no enemies
I’m walking down
It’s nothing to me
It’s nothing to see

"Cash girls"とは、"Whore"と同じく「娼婦」のことだと思いますが、敢えて使い分けているかもしれません。 苦しませているのに、"no enemies"「敵はいない」とくるので、"I"「私」は絶対的な存在なんでしょうね。

If I never see the English evergreens I’m running to
It’s nothing to me
It’s nothing to see

"the English evergreens"「英国の常緑樹」はイギリスの美しい田園風景のことだと思いますが、 ボウイ自身がイギリス人ですし、この曲の"I"「私」もイギリス人で、「故郷」のことを指しているのだと思います。
タイトルの"Dollar Days"の"Dollar"はアメリカを象徴しているので、"Lasarus"同様、アメリカにいるイギリス人なのでしょう。

イギリス人にとっての"the English evergreens"は、日本人にとっての「桜」と同じようなものなのかなと思います。日本人が桜を想うとき、同時に幼いころの楽しく美しい想い出を懐古するのと似ているのかなと。

"It’s nothing to me"「私にはなんでもないこと」とは言いきかせつつも、「本当はあの頃に戻りたい」という感情も汲み取れます。
なので、娼婦たちが自分の存在に苦しんでいることに対しても、本当はどこか懺悔の気持ちを持っているようにも感じます。

また少し思考を変えて、"the English evergreens"を「決して朽ち果てることのない永遠の緑栄える英国」という感じに捉えると、"China Girl"の世界のような白人至上主義のような印象にもなるし、「永遠に枯れることのない緑」というと アルバム全体的に漂う「永遠の命」への思慕も感じとれます。

I’m dying to
Push their backs against the grain
And fool them all again and again
I’m trying to

"against the grain"というのは「不本意に」という意味があるので、「本当はこんなことしなくはないのに」という「私」の心の葛藤を感じますし、 「木目に反して」という意味から想像すると、押し倒されようとしている"their"「彼女たち」の抵抗も感じます。
さらに言うと"the grain"というのは、穀物や穀草という意味なので、「穀草の中に押し倒す」というと"Sue"のフレーズが思い出され、秘めた殺意みたいなものも頭をよぎります。そして 秘めた殺意が爆発すると、"'Tis A Pity She was A Whore"のような世界に通じていくのかなとも連想しました。

"fool them all"の"them"は、「私」(男)の立場からしたら「娼婦たち」、娼婦の立場からしたら、「客の男たち」を指していると思いますが、 「自分たちの本心」も含まれているように思います。
「自分の本当の気持ちをなんどもなんども騙している」という感じですかね。

We bitches tear our magazines
Those Oligarchs with foaming mouths phone
Now and then

ここで、"We bitches"「私たち娼婦は」と主語が変わるので、その前で「あれ?背中を押したくてしょうがないと言っていたのは、娼婦だったのかな?」という混乱が起きます。
両者の感情をうまく重ねて表現しているのだと思いますが、どちらがどんな風に思っているのかをどう捉えるかによって印象は変わります。でもそこは聴き手の捉え方次第でいいのでしょうね・・・。

"magazines"「雑誌」という単語もボウイの曲にちょこちょこ出てきますね。
この曲の始まりにある音は雑誌をめくる音でしょうか。"It's No Game (Part.1)"の効果音も雑誌をめくる音と聞いたことがあるのですが、つながるものがあるのでしょうか・・。

Oligarchs「支配者」というのはきっと電話で彼女たちを呼びつける客たちのことで、"I"「私」も含まれているんでしょう。

Don’t believe for just one second I’m forgetting you
I’m trying to
I’m dying to

ここで、新たに"you"「あなた」が出てきます。ただ、"you"は単数も複数も"you"なので、「あなたたち」かもしれません。

ここの"you"は誰を差すのかですが、ひとつの考えとしては、"I"「私」が心の奥で真に想っているだたひとりの愛する人。イギリスにいて、会いたくても会えないし、 会いにいったところで、決して結ばれる運命にない人。

次に、娼婦が愛する男のこと。これもやはり結ばれる運命にはない人。同じようにイギリスにいるのかもしれませんし、もしかしたら、"I"「私」のことなのかなとも感じます。

もしくは、"you"は「娼婦たち」のことで、"I"「私」が娼婦たちを呼びつけることが終わることはないという風にも取れなくないです。

と、いろいろ受け取れるのですが、あまり考えすぎるとまとまらないので、このくらいにしておきます。

Dollar days, survival sex
Honour stretching tails to necks
I’m falling down
It’s nothing to me
It’s nothing to see

If I'll never see the English evergreens I’m running to
It’s nothing to me
It’s nothing to see

"Honour"「名誉」の綴りがイギリス英語なので、娼婦もイギリス人なのかなという印象は受けます。

"tails"「尾っぽ」となっているのは、「尾っぽ」のある象徴である、堕天使、悪魔のことだと思います。★のPVに出てくる女の子にも「尾っぽ」がありますよね。

"If I'll never see the English evergreens I’m running to"このフレーズを娼婦の立場でも歌われているとしたら、"I"「私」同様、故郷にいる愛する人への想いや、自分の身が綺麗だったころへの思慕だったりするのかなと思います。
それと、もしかしたら、イギリス人の客に惚れてしまっていて、「自分もイギリスに連れていって欲しい」なんて叶わぬ想いを秘めているようにも感じます。

I’m dying to
Push their backs against the grain
And fool them all again and again
I’m trying to
It’s all gone wrong but on and on
The bitter nerve ends never end
I’m falling down
Don’t believe for just one second I’m forgetting you
I’m trying to
I’m dying to

"The bitter nerve ends never end"の部分は、イメージは解りますが、うまく表現するのに悩みました(意訳しました)。同じ"end"が主語と述語になっています。neverがついて、直訳すると「終わりは決して終わらない」となりますが、主語の"ends"は「目的」のような意味合いで、述語の"end"は「達成する」という意味合いになるかなと思います。
葛藤している中での、自分が一番望んでいること(本心)が、達成されることは永遠にないという感じでしょうか。

さて、この"Dollar Days"は、英語ネイティブのファンから、「アルバムの中で、一番聴くのがつらい」「おそらく一番最後に作った曲」「病床で歌っているみたいだ」という書き込みが見受けられました。 最初はどういうことがわからなかったのですが、言われてみれば確かに聞こえる(空耳アワーじゃないけど)、こんなような意味にも聞こえるんだと思います。

If I never see the English evergreens I’m running to
It’s nothing to me
It’s nothing to see

もう一度、故郷のイギリスの美しい緑の中を走りまわってみたいけれど
きっと叶わないだろう
諦めるしかない
仮に故郷に帰ったところで、状況はなにも変わらない

It’s all gone wrong but on and on
The bitter nerve ends never end
I’m falling down

もう手の施しようがないというのに、痛みは続く
この末端まで鋭くささる神経の痛みは
私の命が尽きるまで、消えることはない

Don’t believe for just one second I’m forgetting you

愛する人たちのことを忘れてしまうなんて
信じたくない

I’m trying to
I’m dying to

頑張ってはいるけれど
もう死にそうだ

一度こんな風に受け取ってしまうと、ずっとこんな風に聴こえてきてしまい、かなり落ち込んでしまいました。曲の最後は、"I’m trying to""I’m dying to"の繰り返しで、そのまま声がフェードアウトしていくのを聴くのも、確かにつらいし、 他の意味もなかなか受け取れなくなってしまいました。

でも、しばらく経ってから、渋谷陽一さんがラジオで「トニー・ヴィスコンティが『ボウイはズルい。後でファンが聴いたらどう思うか、ズルい作り方をしている』みたいなことを言ってた」ということを話していたのを思い出し、そうだよね、あくまでも元気にスタジオで録音しているわけで、病床で苦しみながら歌っているわけではないんだからと思い直しました。(個人的には、このあとの"I Can't Give Everything Away"のほうがパーソナルな伝言のように聴こえたし・・。)ボウイにまた、してやられたのかも?!と、今は半分思うようにしています。



Dollar Days日本語訳へ戻る | I Can't Give Everything Away日本語訳へ

BLACKSTAR を読み解くトップへ