Girl Loves Me 勝手に解釈

「時計じかけのオレンジ」に出てくる人工言語のナッドサットとイギリスのゲイの人たちの隠語ポラーリが使われている・・・と言われても、そもそも知らないし、Nadsat辞典なんてないかなあなんて思って検索したらありました(笑)。インターネットって凄いですね。

ナッドサットとポラーリ、それに加えて、英語のスラングも多様してると思われるので(ナッドサットとポラーリもスラングの一種ですしね)、以下の3サイトを元に表にしてみました。

Nadsat Dictonary
ナッドサット語をまとめたサイト

Polari
ポラーリをまとめたサイト

Urban Dictonary
スラングや現代語をまとめたサイト。単語の中には、沢山の意味が描かれているものもあり、どこまで意味が浸透してるかはわかりませんが、品詞の種類で判断し、かつ関係がありそうなものを抜きました。

単語種別意味
cheena英語スラング中国からやってきた中国びいきな人
ナッドサット女 Woman
sound英語(スラング)イケてる、すごい、完璧な cool,awesome
titi英語スラングフィリピン語と同意で、男性器、男根
英語(類似)英語でtittyは、乳首、乳房
malchekナッドサット(類似)ナッドサットのmalchickは少年 boy
moodge英語(スラング)こそこそする sneaky
凄い awe
ナッドサット男 man
nantiポラーリない no, not
vellocetナッドサット時計じかけのオレンジに出てくるドラッグの一種
dizzy英語目がまわる、めまいがする、浅はかな
ポラーリ散漫な scatterbrained
snatch英語ひったくり、強奪
英語スラング女性器、恥部
omey(s)英語スラング実際には触れることのできない美しい男性
「オメガ」のこと。事の終わり、最後
寒いジョークに対して返す言葉
ポラーリ(類似)ポラーリの omi は男 man
Popoナッドサット警察、警官 police
Pollyナッドサット
pig英語
英語スラング警官
嫌なやつ
無感情な男
chestnut英語栗、陳腐なありふれた話
英語スラング歴史上の伝説的な偉人
男性器が女性の胸にちょうどはまっている状態
viddyナッドサット見る、わかる see, understand
Choodesnyナッドサット素晴らしい wonderful
rot英語腐敗、退廃
ナッドサット口 mouth
Libbiubbingナッドサットセックス making love
litsoナッドサット顔 face
fitso英語スラング不死や決して病気にはならないという強い思い込み、妄想的信念
Devotchkaナッドサット少女 girl
garble(s)英語スラング馬鹿げた事実や感情
説明できないこと、混乱
食べ物で口がいっぱいの状態
疲れやストレスで喉からなる音または睡眠不足の状態
ナッドサット(類似)ナッドサットでyarblesは睾丸
Spatchkoナッドサット眠る sleep
rozz英語スラング黒人の素晴らしい少女
最高にセクシーな男性
ナッドサット警官 Policeman
split英語split 目的語 fromで目的語から裂きとる
英語スラング素早く逃げる
殴る、ひっぱたく
裸にする
ded英語スラング喜びや性的欲求などの感情を感じない状態
死んでいる状態 dead
ひどい二日酔い明け
私通、姦淫 fornication
ナッドサット老人 old man
deng英語スラング魅力的でないこと、醜い
アグレッシブな電子音楽の音
ちくちょう! damn
ナッドサット


まず、全体的な印象としては、"Lazarus"のフレーズにある"Living like a king"にあたる金と女に溺れた生活の様子を歌っているような内容かなと思っています。


Cheena so sound so titi up this malcheck say
Party up moodge nanti vellocet round on - Tuesday
Real bad dizzy snatch makin' all the omeys mad - Thursday
Popo blind to the Polly in the hole by - Friday



"Cheena"は、女の人の名前のように聞こえますが、英語の意味とナッドサットの意味とを重ねると、"China Girl"って浮かんでくるんですよね。中国人の女のことがモデルでしょうか。

"malcheck"は、ナッドサットの「少年」を指す"malchick"に似せたボウイの創作単語だと思うのですが、見た目は少年だけど、心は女、もしくは心は老人、というような、少年に見えるけど、少し違う種別のものなのかな?と想像しています。さらに"this"と付いているので、 "I"自身のことを指しているように思います。「このマルチェックである俺様が言うことには」という感じなのかなとも思います。

sayが、 malcheck にかかると三人称の"says"になるはずですが、スラング(若者言葉)は文法を無視したりするものなので、そんな雰囲気も出しているのかもしれません。(後に出てくるDevotchka watchも同様かと)
また、スラングを多様した歌詞にしているのは、「時計じかけのオレンジ」のアレックスも15歳の設定ですし、この曲の"I"「俺」もティーンエイジャーの設定なのかなと思います。"I'd Rather Be High"にも"I'm seventeen"という歌詞がありましたね。

"titi"というのもボウイのある種、創作単語のような気がしています。スラング(フィリピン語)では男性器で、英語に似た単語でtittyは乳なので、"titi up"というのが、Cheenaにかかっていれば、女性の胸が張って上がっているような描写で、malcheckにかかっているのであれば男性器が立ってるような描写で、両者にかかっているように思います。

Where the fuck did Monday go?
I'm cold to this pig and pug show
I'm sittin' in the chestnut tree
Who the fuck's gonna mess with me?

"Where the fuck did Monday go?"は何度も繰り返し歌われる印象的なフレーズですね。
その前に日記のような形で、"Tuesday"「火曜日」"Thursday"「木曜日」"Friday"「金曜日」と出てきます。
で、あれ?と"Monday"「月曜日」だけではなく、"Wednesday"「水曜日」と"Saturday"「土曜日」と"Sunday"「日曜日」もありません。そこで、水曜、土曜、日曜も抜けているのに、月曜日のことばかり気にしてる、ちょっと間抜けなお馬鹿さんのような印象も受けました。

また、★のCDについている黒いブックレットのこの曲の歌詞の部分に、アダムとイブのような、裸の男女が宇宙にいるようなイラストがあります(ボウイが描いたものではないと思いますが)。 よく見ると、太陽系のような図もあり、地球と思われる位置から、ひとつびよーんと月と思われるものが移動してしまっている様子が描かれていて、これが"Where the fuck did Monday go?"のイメージかなと思っています。

なので、Mondayは、元々Moondayですし、月を象徴しているのかなと思います。月というと、女性のイメージですが(「月経」と言われるように女性の周期を連想させるし)、CheenaやGirlという単語からも、やはり関係あるように思います。 女性が曲の主人公になっている"Love Is Lost"にもLunatic Manが出てくるし、"She'll Drive The Big Car"にも、"She waited by the moon"というフレーズがありますしね。
(こういうのって、やっぱり娘の存在の影響が大きいのかなと・・。)

"I'm cold to this pig and pug show"
"pig"「豚」にはスラングで「警官」という意味もあるようです。そして、"pug"ですが、パグを象徴してると思われるものは見つからなかったのですが、パグ犬はシワシワな顔しているし、後に出てくる"ded"がナッドサットで老人を意味するので、pugも、もしかしたら老人のことなのかもしれません。 警官と老人は「時計じかけのオレンジ」の中で、最後にアレックスに報復する人物という共通点があるので、何か関係があるかもしれません。

You viddy at the cheena
Choodesny with the red rot
Libbilubbing litso-fitso
Devotchka watch her garbles
Spatchko at the rozz-shop
Split a ded from his deng deng
Viddy viddy at the cheena

"Devotchka watch her garbles"の"garbles"も英語の単語として存在していますが、これもボウイの創作単語のような気がしています。ナッドサットの"yarbles"が男性の「睾丸」を指すので、それにあたる女性の何かではないかと思います。 その前に"Libbilubbing"でセックスを指しているので、それが終わったあとの、少女の処女喪失の情景だったりするのではと思っています。「混乱」という意味もあるようなので、少女が自分の身に起こったことをうまく理解できていないような印象も受けます。
もしくはポラーリを使っているという辺りからも、女性に憧れる少年が性転換したような情景とかでしょうか?

関係ないかもしれませんが、偶然、アニメの「鋼の錬金術師」の台詞が耳に入ってきて、妙にはまったので、書いておきます。 正確ではないですが、こんな台詞だったかと。

「太陽は男性、月は女性、その二つが交わったとき、完全なる存在が生まれる」「完全なる存在って不老不死ってこと?」「いや、もっと超越した・・神とか」

みたいなやりとりだったのですが、この曲の歌詞も、もしかしたら不老不死の伝説あたりとも、関係があるのかもしれません。
"fitso"がスラングで「不死への妄想的信念」みたいな意味があるようなので、「GirlとLibbilubbingすると、不死身の神になることを信じてる若い愚かな王様」みたいな存在が浮かんできました。

さらに想像すると、もしかしたら、若者の生き血を吸って何百年と生きながらえている吸血鬼映画の「ハンガー」のジョンや、死にたくても死ねない体になってしまった「地球に落ちてきた男」のトミーのように、見た目は若くても、実は、何百年も生き続けている年寄りだったという考えも結構フィットする気がしますが。
かなりの妄想ですけど、どうでしょう?


Girl Loves Me 日本語訳へ戻る | Dollar Days日本語訳へ

BLACKSTAR を読み解くトップへ