I Can't Give Everything Away 勝手に解釈

★の中で、個人的に一番好きな曲です。いまだに、聴くたびに泣いてしまいます。
初めて聴いたときから、(思いたくはなかったけれど)なんだか遺言みたいな曲だなという印象があって、"away"と共にボウイが遠いところに行ってしまうような気がしたのですが、本当にそうだったのかなと思うと余計に涙が出てきます。

この曲はアルバムのラストであり、もちろん見事な締めだと思うのですが、でもどこかこの曲は、アルバムコンセプトよりも、一歩パーソナルに踏み込んで、私たちファンに対して残してくれた曲のような気がしてなりません。 そんな思いもあって、訳の一人称は「僕」にしてみました。(個人的に一人称は「僕」になっている訳が好きなので・・。)

I know something's very wrong
The pulse returns the prodigal sons
The blackout hearts the flowered news
With skull designs upon my shoes

"something's very wrong"「何かがひどくおかしい、間違っている」とは、昨今の不穏な世の中のことでしょう。テロ、戦争、殺人・・・。

"prodigal sons"「放蕩息子」は聖書の中で、女と酒に溺れ、金を浪費して死んだ後に、改心して生き返ったとされています。このアルバムの中で歌われている内容と合致しますね。
人間だから間違いはあるし、悪いことしても、反省して改心すればいいんだよという意味も含まれているような気がします。

"blackout"はボウイの曲にも「暗転劇」の邦題がついていますが、突然真っ暗になることを指し、"hearts"と続くので、心臓が止まってしまうことの描写なのでしょう。またこの"hearts"にも(s)があるので、 ひとつの中にふたつ(もしくは3つ、4つ?)のペルソナが合わさっているように思います。

また、"hearts"は"blackout"を主語にして、その動詞として捉えることもできます。"heart"の動詞の意味は、"love" よりももっとカジュアルな口語で「大好き」みたいなニュアンスになると思います。 「暗黒(の王)は、花でいっぱいのニュースが大好きだよ!」という感じの無邪気な明るい声が聞こえてきそうです。

"the flowered news"「花に覆われたニュース」「花いっぱいのニュース」については、ボウイの死を伝えるニュースに重ねて受け取れることもできますし、きっとそれも見越してボウイはこういう表現にしたのかなと想像しますが、 でもボウイが意図したのは、「花に満ち溢れた明るいニュース」という意味だと私は思っています。「おかしい世の中になっているし、僕はもう去らないといけないけれど、君たちはきっと明るい未来を築いてくれるよね」という願いや想いを感じます。

"skull designs upon my shoes"「僕の靴の上のドクロのデザイン」、これはこれから歩きだしていくために履く靴に死神マークがつけられて、いよいよ死の世界にいかなきゃいけない状態を描写しているようです。("shoes"「靴」もボウイの曲にちょこちょこ出てくるモチーフですね。)

これらのフレーズはみな、多くは説明されていないけれど、詩的に綴られた本当に美しい歌詞だなと何回読んでも思います。

I can't give everything
I can't give everything away
I can't give everything away

タイトルにもなっている"give 〜 away"ですが、「与える」の意味のほか、「秘密を明かす」や「正体をばらす」という意味もあります。 なので、冒頭の★で、"I can't answer why"と歌っていますが、最後のこの曲で、その回答としても「答えは教えられません。」と、やっぱりボウイは詳細な解答用紙はくれないのです。 でもそれが魅力だし、聴き手が自由に解釈したことが答えなんでしょう。

また、この単語をくっつけて"giveaway"とすると「抽選プレゼント」という意味になり、BowieNetでいつも"giveaway"をしててくれたことなども想い出すのです。

もうひとつは辞書を調べて知ったのですが、主に"give + 人 + away"で使うようですが、"betray"「裏切る」という意味もあるようです。「僕が全てを裏切るはずないじゃないか」って思ってきくと、さらにぐっと前向きな曲に聞こえてきます。

そして、"away"をつけることによって、"I'm going away""slip away""pass away"といった、僕はひっそりと去るよ、という意味も含ませているのでしょう・・・。

Seeing more and feeling less
Saying no but meaning yes
This is all I ever meant
That's the message that I sent

ここの4行の歌詞が、特に胸に響きます。歌い方もとてもやさしいですよね。語りかけてくれてるようで・・・。ここでいつも涙腺が決壊します。

"Seeing more and feeling less" 直訳すると「もっと見ることは、感じることが減る」という感じですが、「考え過ぎて大事なことを感じ取れなくなったりしちゃダメだよ」とか「頭でっかちにならないでね」という意味だと思っています。

また、「あんまり歌詞の意味を考え過ぎないでね」とも言われてる気がして、★はもっと気軽に聴いてもいいのかなと思ったりもします。

"Saying no but meaning yes"この一節はまさに「デヴィッド・ボウイ」って感じですよね・・。
ボウイの曲は、暗い曲が多いし、プラカード掲げて「戦争反対!」なんていうスタイルでもないけれど、でもボウイが伝えたいことの真意は、"Yes" 「前向き」なことであって、それはずっと変わってないんですよね。

"Saying no but meaning yes"と併せて"I can't give everything away"を考えると、"I can't"が意味することが、ポジティヴなことだと受け取れます。「僕には全てを与えることはできない」というのも「完璧である必要はないんだよ」とかそんな意味にも感じ取れます。
ボウイは凄い人で、神様みたいな存在だけれども、生み出す作品は、変わり者やダメ人間、(私のような)凡人なんかにも、やさしく寄り添ってくれるところがありますよね。

"That's the message"「これがメッセージ」だなんて、ボウイにしては珍しく直接的な表現を使っていて、さらに、"This is all"「これで全部」と、言いたいことはこれ以上もう無いよ、と言われたみたいな印象をうけて、少し驚いたのですが(なので遺言みたいに聴こえたのですが)、自分の言いたいことは"yes"であることだけは、やはりはっきりと伝えておきたかったのかなと思います。(でもファンならわかってると思いますよー、ボウイさん★)

そしてなにより、すべてを明かすことはできないと言いつつ、"Saying no but meaning yes"というこの一文が、ボウイからの全ての答えなんだろうなと思います。

この曲がアルバムのラストの曲だけではなく、デヴィッド・ボウイのひとつのキャリアとしてのラストの曲だとは、思いたくない気持ちも大きいのですが、でも、これ以上は求めちゃいけないと観念しなきゃいけないなと感じるほど、見事なまでに美しくラストにふさわしい曲だと思っています。



I Can't Give Everything Away日本語訳へ戻る | まとめへ

BLACKSTAR を読み解くトップへ