Lazarus 勝手に解釈

Look up here, I’m in heaven
I’ve got scars that can’t be seen
I’ve got drama, can’t be stolen
Everybody knows me now

"scars that can’t be seen"「見えない傷」というのは心の傷でしょうね。"scars"と複数形なので、傷はひとつではないんですね。
"drama, can’t be stolen"「盗まれることのないドラマ」という一文には、誰にも真似することができないボウイ自身のこれまでの作品やキャリアに対する自信みたいなものも重なって感じます。

Look up here, man, I’m in danger
I’ve got nothing left to lose
I’m so high it makes my brain whirl
I dropped my cell phone down below

"Look up here, man," の"man"という呼び掛けが"'Tis A Pity She Was A Whore"と同じなので、やっぱりつながっているのではないかと思っています。この2曲だけ"man"という呼び掛けを偶然に使っているのは思えず、ボウイの意図を感じます。

Ain’t that just like me

この "Ain’t that just like me" なのですが、これは、「私らしいよね?」という肯定の同意と、「私らしくはないよね?」という否定の同意と、聞き方によってどちらにも聞こえます。

日本語でも「私らしくないかい?」と言った時に、その話し方のイントネーションや状況によって、「私らしいよね?」という意味にも「私らしくはないよね?」という意味にも、どちらにも受け取れると思いますが、そんなニュアンスかなと思います。

"I"「私」が携帯電話を普段から落とすような人間だったら、「私らしい」ということでしょうし、そんなことしない人間だったら「私らしくない」という意味になりますが、どちらのニュアンスなのか迷います。

By the time I got to New York
I was living like a king
Then I used up all my money
I was looking for your ass

"By the time I got to New York"「ニューヨークに来るまでは」という一文のニューヨークは、妻イマン(と娘レクシー)との穏やかな暮らしと重ねているように思います。余談になりますが、個人的には、音楽面での名プロデューサーがトニー・ヴィスコンティなら、スタイル的な面での隠れた名プロデューサーはイマンだと思っています。

This way or no way
You know, I’ll be free
Just like that bluebird
Now ain’t that just like me

ここでも"Now ain’t that just like me"が出てきますが、この場合、thatは、その前のthat bird を指しているのだとすると、 あの青い鳥は私みたいだろう?という肯定の同意になるのかなと思います。
鳥とはブラックスターが空想した"eargle"「鷲」のことでしょうか?

ラザルス(ラザロ)は聖書の中で病死したのち、4日後にイエスによって復活させられた人物とされているので、永遠の命の象徴である「鷲」と重ねてみるのはイメージが合致します。 ちなみに、聖書の中で、ラザルスは貧乏人で、その対照的な存在として金持ちがいますが、この曲のラザルスはその両方を経験しているような印象です。

Oh I'll be free
Just like that bluebird
Oh I'll be free
Ain't that just like me

最後にまた "Ain’t that just like me"が出てきます。

ずっと肯定の意味か否定の意味かどちらなのかを考えていたのですが、"I’m in heaven"「天国にいる」"my brain whirl"「脳が混乱してる」"I dropped my cell phone"「携帯電話を落とした」"I'll be free"「私は自由になる」・・・と、ラザルスが直面している状況を考えると、どうもこれまでのラザルスとは違うことが連想されるので、「今までの私らしくないよね?」という否定の同意のニュアンスのほうが強いのかなと一度は思いました。

でも、あえてこういう表現をしているのは何故か(しかも繰り返し印象的に歌われている)と考えた末、今は「私らしいだろう」という肯定の同意のニュアンスで受け取っています。

それはいろんなペルソナやキャラを生み出しては消しさり、変化を続けてきたボウイ自身のキャリアと重ねた上での表現で、「今までの私とは違う私になるなんて、まさに私らしいだろう?」ということなのではないかと。

他の人が歌っても意味を成しませんが、ボウイが歌うともう一つの意味が成り立つんですよ。こんな表現を作れるなんて・・・。しかも、創作の範囲だけではなく、自分の現実の死というものも一緒に作品に反映させているんですよね・・・。

この期に及んでですが、改めて「デヴィッド・ボウイおそるべし」と、ぞくっと感動してしまいました。



Lazarus日本語訳へ戻る | Sue (Or In a Season of A Crime)日本語訳Aへ

BLACKSTAR を読み解くトップへ