Sue (Or In A Season of Crime) 勝手に解釈B

スーが望んで言ったことはなんだったのか、メモ書きには何が書いてあったのか、「私」がスーのメモを見たのはスーを殺した前だったのか、後だったのか これらは特に語られてはいません。なので、あくまでも聞き手の想像になるのですが、どう想像するかで意味が変わってきます。

Sue, you said you wanted writ
Sue, the virgin on your stone
For your grave

ここでスーが言ったことを "writ"までで切らずに、"you wanted writ Sue, the virgin on your stone For your grave" まで続けると、writは法的な書面という意味ではなく、writeの過去分詞形になり、 「『君のお墓の石に"処女のスー"と書いてほしい』と言った」という意味になります。
死に際に、自分の潔白を伝えたかったのか?とも思えてきます。

Sue, I found your note
That you wrote last night
It can't be right
You went with him

この"note"に書いてあったことは何なのか?この"note"を"I"私が見たのは、スーを殺した後だったかもしれないと考えると、 そこに書いてあったことは、"I"「私」への愛の言葉だったのかもと思えてくるのです。

Sue, I never dreamed
I'm such a fool
Right from the start
You went with that clown

"I never dreamed"「夢にも思わなかった」"I'm such a fool"「こんなにも自分が馬鹿だった」と、"I"「私」の後悔の念がとても強いように思えます。 "Right from the start"の"Right"とその前にある"It can't be right"の"right"が、同じことを意味する「正義」だったとして、そしてそれが「スーが私を愛していた」もしくは「不貞はしてない」ということであれば 「私」の後悔の念が強いのもわかりますし、悲しいことにより悲劇的です。

でもそうすると、何がトリガーになって「私」はスーを殺めてしまったのでしょう?
そう考えたときに思い出されるのが、
"I got the job"「仕事が決まった」⇒それまで無職で実はダメ人間?
"You'll need to rest"「君は休んだほうがいい」"the clinic called"「病院から電話があった」 "The x-ray's fine"「レントゲンは問題なかった」⇒もしかして日頃からスーに暴力を振るっていた? というようなことも想像でき、そんな日常の中でスーを殺してしまったのかもしれないなんて思うのです。

アルバムを通してなんども聴いているとやはりこちらBの意味のほうがしっくりくるのですが、でも、これは一度聴いただけでは解らないように思います。「スーに不貞があった」ということを一度理解した次に考えることなので・・・。
凄い構成力ですよね。ほんとに天晴です。土下座してひれ伏す想いです。個人的にも、謎解きしてて、一番面白い作品です。


Sue (Or In Season Of Crime)日本語訳Bへ | Girl Loves Me 日本語訳へ



BLACKSTAR を読み解くトップへ