Sue (Or In A Season of Crime) 勝手に解釈A

この曲のベースとなっているのは、聖母マリアとヨセフ(それとの天使ガブリエル)の話かなと思っています。
でもそれのダークサイド版というか、聖書のようにはいかない人間版の話にしてあるような気がします。

Sue, I got the job
We'll buy the house
You'll need to rest
But now we'll make it

この曲は、仕事も決まり、慎ましくとも2人の新しい生活がこれから始まるかのような内容でスタートします。 "You'll need to rest"「君は休みが必要」という一文に、スーは少し病弱なのか、疲れているのか、そんなニュアンスも感じさせます。

Sue, the clinic called
The x-ray's fine
I brought you home
I just said home

"The x-ray's fine" X-rayは日本語だとレントゲン検査のことですが、特に問題はないと病院はいいます。
"I brought you home"「君を家に連れ帰った」と、安堵したかと思ったところに次のフレーズから急展開します。

"I just said home"「『家についたよ』と今言ったばかりなのに」と、少し嘆いているように歌われます。

Sue, you said you wanted writ
Sue, the virgin on your stone
For your grave

"Sue, you said you wanted writ"ここでスーが何と言ったのかによって、捉え方が変わってくるのですが、 ひとつは"writ"までで切ると、"writ"「訴状・法的な書面」が欲しいとスーは言っていたと読み取れます。
思い浮かぶのは、この二人は夫婦でスーは離婚したがってたと思えてきます。
別れるための訴状が欲しいと言っていたスーに対して、「この処女を告発す」と攻撃的な返事のような文が続きます。
続く先には"your grave"「君の墓」なんて出てきて、一気にダークな雰囲気が過疎します。

Why too dark to speak the words
For I know that you have a son
Oh, folly, Sue

"too dark to speak"「ダークすぎて話せない」(中学の時に習ったtoo〜to構文ですね) そして、"you have a son"「君には息子がいる」と続きます。 どんなことなんでしょうね?"'Tis A Pity sShe Was A Whore"の戯曲のテーマにもなっている近親相姦なんかもよぎりますけれど・・・。 "Sue (Or In A Season of Crime)"はもともとシングルで出ていて、そのB面にあったのが、"'Tis A Pity sShe Was A Whore"なので、関連はあるかもしれません。

Ride the train I'm far from home
In a season of crime none need atone
I kissed your face

"Ride the train"「列車に乗る」とありますが、別れたがっていたスーが先に出ていってしまって、後から追いかけているように思います。 "I'm far from home"「家から遠くにいる」というのは、スーを追って家から遠くにきたという物理的な意味と、怒りや憎しみといった感情が高まって平常心とは程遠いという内面的な意味の2つを差しているのでしょう。

Sue, I've pushed you down beneath the weeds
Endless faith in hopeless deeds
I kissed your face
I touched your face
Sue, Good-bye

そして、"hopeless deeds"「絶望的な行為」とあり、"Sue, Good-bye"「さようなら」と別れを告げているので、スーを殺してしまったのでしょう。"beneath the weeds"「雑草の下」ともあるので、殺した後にそこに埋めたことも連想できます。

Sue, I found your note
That you wrote last night
It can't be right
You went with him

最初は仲よく新しい生活をはじめようとしていたように見えた2人に一体何があったか、この節から答えあわせのように語られます。 "I found your note"「君のノートを見つけた」と。"note"とは日記帳のようなものかもしれませんし、メモ書きのような一枚の紙かもしれません。"you wrote last night"「君が昨日書いた」とあるので、日付がわかるような何かでしょう。 そこに書いてあったことは、"You went with him" この一文が意味することですが、 "go with"は「一緒に行く」という意味の他に「付き合っている」更に踏み込んで「肉体関係がある」という意味があります。"I go with her."というと「彼女と付き合っているんだ」という意味があります。 なのでスーの不貞を彼が見つけたということでしょう。

Sue, I never dreamed
I'm such a fool
Right from the start
You went with that clown

そして最後には少し後悔のような気持ちで終わります。 "You went with that clown"というのは、「スーが不貞相手と一緒に出ていってしまったこと」「スーが不貞をしていたこと」そして「スーが道化(死神)と一緒にいってしまった=死んでしまったこと」の3つの意味が反映されているのだと思います。

でも、この曲は聴けば聴くほど、違う意味にも受け取れる部分があって、もう1バージョンの訳も作ってみました。今は、このもうBバージョンのほうが、この曲の真意に近いのかなと思っています。


Sue (Or In Season Of Crime)日本語訳Aへ戻る | 日本語訳Bへ

BLACKSTAR を読み解くトップへ