BLACKSTAR を読み解く まとめ

1月10日から、約3ヵ月が経ち、気持ちも少しは落ち着いてきました。でも、未だに追悼本や追悼ライブなどをきちんと見たりできません。CDショップに行っても、今まで通り、普通にボウイの棚を見たいだけなのに、「追悼」とか「安らかに」とか書かれていると目にしてしまうといたたまれなくなって、その場を去ってしまいます。(もちろん、その追悼する気持ちは十分に理解しているのですが・・・。)
そういう意味では、全然、まだ現実を受け入れられていないんだと思います。

ただ、ずっと「★」を聴きこんでいて、それでいいかなとも思っています。命あるもの、誰にでも死はやってくるものだし、いつも何歩も先を走っていろんなことを教えてくれたボウイが、またひと足早く、死というものがどういうものかを示してくれ、そしてもうひとつの新しい世界でのキャリアを始めたんだろうなと感じています。


2016年1月10日は、新月の日でした。新月の日は、何かが終わって、何かが新しく始まる、終焉と再生の日とされています。新月にした願い事は叶うとも言われています。これも単なる偶然ではなくて、ボウイは宇宙の中で今も生きているように思います。

それから、私たちが今なお、(このアルバムにも関連する)ヴェートーヴェンやジョン・フォードといった何百年も前の作家の作品に触れるように、私たちが皆、いなくなった後の200年、300年・・と経った後でも、この「ブラックスター」はじめボウイの作品はきっと、生き続けているんでしょう。

その頃はもう地球ではなくて、月か火星か、まったく別の星で曲を聴いているのかもしれません。

きっとそれくらいの気持ちをもってボウイは作品を創っただろうし、「永遠の命」というものを自分の作品に与えたんだろうと思います。

もしも、輪廻や生まれ変わりというものが本当にあって、今の記憶がなくなっても、きっとまた何百年後かに、どこかの星でボウイの作品に出逢えるのだとしたら、それはそれでなんだかロマンがありますよね。

2016年4月7日〜本日も新月・いつかまた巡り逢えることに願いをこめて★



BLACKSTAR を読み解くトップへ