'Tis A Pity sShe Was A Whore 勝手に解釈

Man, she punched me like a dude
Hold your mad hands, I cried
'Tis a pity she was a whore
'Tis my curse, I suppose

"Hold your mad hands, I cried" の"I cried"「叫んだ」という部分は、次に続く戯曲で使われる台詞 「Tis a pity she was a whore」の2つをかぶせているんですね。 さらに続く"curse"も、呪いや災いという意味ですが、 「Tis a pity she was a whore」という台詞が 「呪いの呪文」のように聞こえるに重ねているんだと思います。

That was patrol
That was patrol

This is the war

繰り返される"patrol"ですが、この曲の鍵になる言葉ですが、 具体的にどんなことを示しているのかはわかりません。

ただ、"That was〜"過去形と"This is〜"現在形で歌われているので、過去と現在を対比させたものかなと思います。 今、目の前に起きている出来事が"war"「戦争」だとすると、"patrol" は、その戦争の元凶となるような過去の出来事なのではないかと。
巡視、護衛、警戒、警告・・・。もしくはかなり古い時代だと、もっと制圧的なことが行われたことも想像します。

Black struck the kiss, she kept my cock
Smote the mistress, drifting on
'Tis a pity she was a whore
She stole my purse, with rattling speed
That was patrol
This is the war
'Tis a pity she was a whore

"Black struck the kiss"というのは 暗闇の中で、過去に経験したキスを思い出した(Strike=ひらめいた)と読み取りました。 "Smote the mistress"という部分もはっきりイメージがわかないのですが、"she punched me"とあるので、 女主人も"Smote"「殴った」んですかね。Smote(smite)には、「殺す」という意味もあるので、殺してしまったのか・・・。
'Tisもそうですが、Smote(smite)というのも古めかしい言葉なので、過去の話を歌っているようにも思えます。

Man, she punched me like a dude
Hold your mad hands, I cried
'Tis a pity she was a whore
'Tis my fate, I suppose
For, that was patrol
That was patrol

'Tis a pity she was a whore

"'Tis my fate, I suppose"「これは私の運命だろう」というのは、この呪われた運命を受け入れて観念しているように聞こえます。
今、起きているのが戦争(あるいは争い)だとして、この"I"「私」が、それに巻き込まれるかのように死んでいってしまうのではないかという暗示も感じます。
"'Tis a pity she was a whore" という台詞が戯曲の幕引きに使われる言葉で、この台詞の後に舞台が暗転し、劇が終わることを想像すると、
"I"「私」の命の終わりも感じるのです。

続く曲の"Lazarus"「ラザルス」の"Look up here, I'm in Heaven"「見上げてくれ、私は天国にいる」という冒頭にもスムーズにつながる気がしています。


因果応報についての曲のように思っていますが、死に向かっているのが"I"「私」だとすると、"pity"「哀れ」なのは、実は娼婦のほうではなく男のほうだという皮肉も聞こえてきます。



'Tis A Pity She Was A Whore日本語訳へ戻る | Lazarus日本語訳へ

BLACKSTAR を読み解くトップへ