[7018] Lavender Blue Dilly Dilly.. 投稿者:Hansa 投稿日:2016/03/30(Wed) 21:40
Serious Moonlight ツアーの"Heroes"の出だしに歌っている歌ってこれだったんですね。
ボウイ"Heroes"https://www.youtube.com/watch?v=25asv1xzYEo

イギリスの民謡、Lavender Blue(Dilly Dilly) https://www.youtube.com/watch?v=KQq-C9UOQA4

[7018へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/30-22:03
「A Grave For A Dolfin」という Alberto Denti Di Pirajnoの小説も歌詞の参考として使ったそう。第二次世界大戦中のイタリア人兵士とソマリア人女性の禁断の恋を描いた小説、15年近く後にソマリア人のイマンさんと一緒になるとは不思議な運命ですね。イルカに乗った男の刺青の由縁もこの辺でしょうか。

[7018へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:3/30-23:28
Hansaさん、よく見つけましたね。しかも、Youtubeつき。解りやすいです。

[7018へのレス] 投稿者:seven 投稿日:3/31-03:36 <HOME>
HansaさんやElmoさん、皆さんの書き込み読ませていただいてとても勉強になります。そしてボウイがもっと好きなります。皆さんの書き込みはとても素敵ですよね。ログがあまり残らないのが残念です。

[7018へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/31-20:30
Elmoさん、ただの受け売りなんです。。でもこの部分好きで気になってたので、皆さんとシェアしたくて。コメントでおばあちゃんが子守唄として歌ってくれた、なんて書いてあるので、歌ってるボウイさんもイギリスのファンの方達も"Heroes"で郷愁とか追憶の感情も湧き上がるのかもしれないですね。

[7005] Paul Smith + Masayoshi Sukita 投稿者:なかみ 投稿日:2016/03/28(Mon) 17:55
ボウイへの哀悼の意を込めた展示「Paul Smith + Masayoshi Sukita for David Bowie 2016」が、2016年4月9日(土)から17日(日)まで、ポール・スミス スペース ギャラリーで、2016年4月23日(土)から5月8日(日)までポール・スミス 三条店で開催されるそうです。

鋤田正義さんの写真に、ポール・スミスさんの手書きメッセージをプリントした限定Tシャツの販売があるとのこと。
収益を「がん教育基金」に全額寄付されるというのは、すばらしいと思います。

http://www.fashion-press.net/news/22652

[7005へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:3/30-23:27
このイベントは、利益とか関係なく、本当に気持ちなんだなと感じますよね。ポール・スミスさんも日本に来るみたいですよ。

[7005へのレス] 投稿者:seven 投稿日:3/31-03:30 <HOME>
僕三条店何度も行ってます。この時期河原町にいるので少し足を伸ばして行ってみようかと思います。

[7004] デヴィットの想いは? 投稿者:R 投稿日:2016/03/28(Mon) 15:57
★を何度も何度も聴いています。sevenさんの仰るように、デヴィットは私たちに考えろ、とメッセージを残してくれたのだと思います。戦争の空気、加速する情報統制社会、地球環境の悪化、グローバル化による経済格差。おかしくなってしまった世界に対して、私が出来ることが少しでもあるのだろうか?どこに手をつければ、結果につながる行動になるのだろうか?途方に暮れますが、命を削って万華鏡のようなヒントを残してくれたデヴィットの想いはどこにあるのだろう?と毎日考えています。自分の世界感で手探りで考えるしか、ないのでしょうね。とても寂しいです。

[7004へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:3/30-23:24
私も、君たちでよりよい未来にしていってね、って言われている気がしています。いろいろ考えさせてくれますよね。大きなことはできないけど、意識するだけでも違うかなと思って日々過ごしています。

[7004へのレス] 投稿者:seven 投稿日:3/31-03:28 <HOME>
Rさん書き込みありがとうございます。本当に小説1984の時代が近づいているような気がします。すべてコントールにおかれ自由なはずであった心さえも奪われるか、たった1人のテロに怯える毎日。毎日どこかの国でテロが行われていますよね。本当にどうにかしなくてはならないと思います。ボウイに対してレクシーの事はとても重要なことであって僕らの未来も考えていたんだろうなと思います。ボウイらしく極めてアーティステックな方法で。僕も表現者としての、長い時間がかかりましたが、アクションを、起こせるようになりました。自分のためでなく誰かのために大切なものを伝えられたらと思います。

[7003] 未発表曲 投稿者:jack 投稿日:2016/03/28(Mon) 15:27
70年録音のデモ音源とのことです。
http://sp.ro69.jp/blog/kojima/140918

[7003へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:3/30-23:08
小嶋保さんのコメント:なかみさん はじめまして。拝聴いたしました。私は偽物と思います。David Bowie - Love Will Tear Us Apart (Joy Division) これとかも本物と信じている人が多いのに驚いてしまいます。 https://www.youtube.com/watch?v=BVoZhTP-GOQ ボウイとレノンの偽者が「FAME」を歌うのは少し笑えましたが。

[7003へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:3/30-23:09
小嶋保さんのコメントを移動させました。(遅れてすみません・・。)

[7003へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:3/30-23:13
jackさん、共有ありがとうございます。私も聴きましたが、ボウイと言われればそう聞こえなくもないですが、違うかなあ・・という印象のほうが強かったです。どうなんでしょう?

[7003へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:3/30-23:38
Elmo さんへ 移動ありがとうございました。お手数おかけして大変申し訳ありませんでした。

[7002] ロックフェスにて 投稿者:jack 投稿日:2016/03/28(Mon) 13:58
東北の宮城県で来月開催されるアラバキロックフェスティバルで、bowieのトリビュートライブがあり、日本のバンドのシアターブルックが「★」の再現ライブを行うようです。〔ちょっとファンとしては複雑な企画でありますが…〕

それに先立ち、アラバキのオフィシャルグッズでbowieの写真をあしらったTシャツが先行販売されています。白と黒の2種類です。興味のある方がいらしたら是非。
http://www.arabaki.com/goods/dtl/slider.php?p=16

[6990] LOW 投稿者:ブラックブック 投稿日:2016/03/27(Sun) 08:25
LOW

A面は電子音楽に大音量のギター、ベース、ピアノ、サックス
詩は途切れて、意味不明で楽器の一部
B面は背景
絵画の様なアルバム

イーノのアンビエント、イギーのベルリン期など聴いてもLOWに近いアルバムは見つからないですね。

仕上げたキャストも、録音場所の凄いけど、偶然が重なって完成したんでしょうね。
LOWみたいな作品は今後、出ないでしょうね。

[6990へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/30-03:18
ブラックブックさん、私もLOWが一番頻繁にかけるアルバムで、聴くとどこか遠い彼方へトリップしてしまう凄いアルバムだと思っています。街が寝静まった夜に暗闇の中でかけます。

[6990へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/30-04:22
イギーとモスクワに列車で行く際の中継地ワルシャワに数時間滞在したボウイは、地元のレコード店でこの民族音楽のレコードを購入したそうです。https://www.youtube.com/watch?v=WPAOkWDxz7U

[6990へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:3/30-23:03
何処か遠くにトリップするって表現、素晴らしいです。ワルシャワの原曲、衝撃を受けました…lowA面との対比は自分の認識と一致しました。民族音楽からヒーローズに繋がってるのも納得!!!

[6990へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:3/30-23:36
LOWはひとりこもって聴きたいアルバムですよね。ボウイのWarszawaやSubterraneansのヴォーカル部分にぞくぞくします。

[6984] I Can't Give Everything Awayについて 投稿者:小嶋保 投稿日:2016/03/26(Sat) 02:11
Lowの「A new career in a new town 」が長年に渡り時々頭に浮かぶのでenglish版のWikipediaで調べたら、面白しろい記述がありました。 

「The song is sampled in "I Can't Give Everything Away," the final track from Bowie's final album, Blackstar.」

「ブラックスター」で一番好きな曲「I Can't Give Everything Away」にハーモニカの部分がサンプリングされていたようですね。

ハーモニカはボウイ自身が吹いていますが(english版のWikipedia参照)、味わいがあってよい感じです。

「A new career in a new town 」自体はイーノの作曲だと思います。

似た曲がイーノのソロアルバムにいっぱいありますから。

でもこの曲アレンジが素晴らしい。出だしのシンセは優しく、ハーモニカも哀愁がある。


突然無意識から現れる曲と、「ブラックスター」で一番好きな曲「I Can't Give Everything Away」が一致して嬉しかったです。



https://en.wikipedia.org/wiki/A_New_Career_in_a_New_Town

[6984へのレス] 投稿者:wildlife 投稿日:3/26-20:38
僕もこの曲(New careerもCan't giveも)、大好きです。LOWも好きですが、イーノのソロは詳しくないので、「似た曲」と収録アルバム、いくつか教えていただけませんか。お願いいたします。

[6984へのレス] 投稿者:ゆめゆめ 投稿日:3/26-22:30
こんばんは。私もあのハーモニカのところ好きです。そうなんですね。サンプリングだったんですね。どちらも好きな曲なのでそんな繋がりがあったのだなぁと感慨深いです。ありがとうございます。

[6984へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:3/27-05:46
wildlife さん、ゆめゆめさんへ ご返信ありがとうございます。喜んでいただける人が居てホッとしました。>「A new career in a new town 」自体はイーノの作曲だと思います。という文は訂正します。大変申し訳ありませんでした。僕の妄想としてはイーノがシンセで曲の大まかを作り、あとにドラム、ギター、ベース、ハーモニカをボウイ&トニー・ヴィスコンティが追加したと妄想しています。プロデューサーとしてのボウイは大好きです。「A new career in a new town 」も無機質で冷たい印象を与えるシンセの音に温かみのあるハーモニカを合わせるなんて、すごいアイデアだと思います。イギーポップのアルバムでボウイプロデュースの「Blah Blah Blah」の中に「Isolation 」という曲にはサックスが演奏され、ボウイがバックコーラスで「Isolation 」と大声で叫び、イギーでは一番好きな曲です。

[6984へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:3/27-07:50
ボウイのドイツ期が好きなファンは、幻想音楽では無いんですが、イギーポップ【イディオット】 【ラストフォーライフ】をお奨めします!

[6984へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/27-17:44
1977年にリリースされたイーノさんの「 Before and After Science」、私のトップ5アルバムの一つです。ボウイさんのベルリン時代、お互いにスパイしあいながら作ったというアルバムです。

[6984へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:3/28-00:28
Hansa さんへ ご返信ありがとうございます。イーノは20代のころは声が嫌いであまり聞かなかったんですが、良く聴いてみるとイーノの声は優しい声質だと気づきました。

[6984へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:3/28-00:42
僕にはイーノの声は小田和正と同じ声質です。「Before and After Science」(1977年)は特に1曲目とかはボウイぽい感じで好きです。

[6984へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/28-01:00
おたがいにスパイしあいながら作ったのは「Diamond Dogs」と「 Here Come the Warm Jets」でした。お互いに作風やコラージュの方法が似ていて驚いたそう。

[6984へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:3/28-01:11
2人ともセンスが似ていたんでしょうね。外見はだいぶ違いますが。今のイーノは{誰?ブルース・ウイルス」って感じですが、

[6984へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:3/28-02:38
youtube動画 ご存知でしょうが一応アップしておきます。A New Career In A New Town / Ashes To Ashes (Tokyo - 08.03.2004)  https://www.youtube.com/watch?v=T7KSM5j4-Zg

[6984へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/28-05:52
このサイトご存知ですか?ものすごい情報量で、ボウイの曲を一つ一つ解説しています。「Rebel Rebel」という本の著者によるブログです。ともすけさんに教わったのですが、まだ時間が取れなくて読めていません。https://bowiesongs.wordpress.com/category/low-1977/

[6984へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:3/28-13:08
「おたがいにスパイしあいながら」というのは面白いですね。「何だこいつ」とか2人して考えていたんでしょうね。。「Rebel Rebel」という本の著者によるブログを教えていただきありがとうございます。

[6984へのレス] 投稿者:wildlife 投稿日:3/29-21:06
妄想でしたか(苦笑)。この機会にイーノを聴こうと思ったに、残念。イギーはもちろん全部チェック済みですから。Hansaさま、ありがとうございました。

[6984へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/29-23:32
イーノさんのTwitter には、ボウイさんの写真や、絵なども沢山アップされていていいですよ。https://twitter.com/dark_shark それとスパイのくだりは、ボウイさんがインタビューでこう言ってました。「僕が"Diamond Dogs"をOlympic Studioで録音していた頃、ちょうどイーノもそこで"Here Come the warm jets"を製作中だった。彼がスタジオをあとにするやいなや、僕は彼の録音テープを聴いて、どの位彼の作品がすすんでいるかチェックしたんだ。彼は彼で、同じようにして僕の作品のスパイをしていたのは知っていた。僕たちはお互いに作風やコラージュの仕方が似ていて驚いたものさ。」

[6984へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:3/30-00:49
Hansa さんへ ボウイとイーノのスパイ合戦。楽しく読ませていただきました。目に浮かびますね。でも当時は2人とも必死だったんだと妄想しています。トニー・ヴィスコンティ インタビューで「Scary Monsters」は「三部作」の一つだとは思われてないが、三部作を作る内から学んだことの集大成、有終の美だ。ブライアンは参加してないが、影響は明らかだよ」と話していましたが、実際に参加していた2枚のアルバムはどのくらい影響があるんだよ、と突っ込みたくなりますが。 イーノさんのTwitter フォローしました。内容も面白いですね。変わったレコードの紹介とか。ありがとうございました。

[6984へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:3/30-00:56
訂正3枚です。

[6984へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/30-03:44
http://www.u2.com/media/player/209/10 "LOW"や"Heroes" などの録音に使われたHansa Tonstudioの雰囲気を知るのに意外と、このU2の "One"の映像が役立ちます。ボノのお父さんのなんとも言えない表情がけっこう好きです。ゲイとカミングアウトしても相容れない父と子の葛藤を描いた歌なんですよね。お好きでないかもしれませんが。。

[6984へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/30-17:48
前述のサイトの情報によると、"A New Career.."は;Neu!のスピンオフバンド La D&#252;sseldolfの"Silver Cloud" https://www.youtube.com/watch?v=ierHfXrN8G4にKraftwerk の"Geiger Counter" http://youtube.com/watch?v=VPymqvtbFSAを掛け合わせて、ジョンレノン的なハーモニカ(ビートルズの初期の"Love me do ""Please Please me""From me to you"などの)を足したもののようですね。"Silver Cloud" は "Heroes"っぽくもあり、、オリジナリティーなんて信じないという発言は何度か目にしていたのですが、かなり大胆に使ってあって驚きました。まさにコラージュ。"I Can't ..."にこのハーモニカがサンプルされているのは、レノンへのオマージュなのか、もうすぐ彼のところに行くよということなのか。。

[6984へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/30-17:50
ウムラートが文字化けしてますね。Uの上に二つ点々がついています。デュッセルドルフです。

[6984へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/30-18:51
ボウイはカメレオンのように時代の変化に敏感で、周りに現れる良いものを上手く利用して彼なりのセンスでミックスして提供するある意味不思議な人だな、と思ってました。オリジナリティーをはなから追求しないことに彼のオリジナリティーがある、、というところが。時々あまりのコラージュぶりに「おいおい」と突っ込みたくなる時もありましたが、彼には「自分らしさ」という壁がなかったから、人々は彼の中に入り込めたんだろうなと思い至りました。精霊が乗り移っては離れる乗り物の体、、そして高らかに叫ぶ、私はブラックスター。それは寛大な黒さ、全てを受け入れ飲み込む力。自分らしさなんて存在しない、I tell myself I don't know who I am...長々失礼いたしました。

[6984へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:3/30-23:21
私も★の中では"I Can't GIve Everything Away"が好きです。ハーモニカの部分は、新しい世界での始まりとリンクする"A New Career〜"もそうですが、ちょっと"Never Let Me Down"も彷彿させてくれます。 ネバレミはボウイのキャリアの中では、想い出してほしくないかもしれないけど(笑)、ファンへの「僕はがっかりさせないよ」っていう気持ちがあるように、勝手に感じてしまっています。 あと、私もジョン・レノンの"Imagine"に通じる曲だなとも思っています。

[6984へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:3/31-01:58
デュッセルドルフ「Silver Cloud」Kraftwerk の「Geiger Counter」聴きました。原曲を超える3人のコラージュ力すごい。 トニー・ヴィスコンティ、2001年のインタビュー 「私たち3人 (ボウイとイーノとヴィスコンティ) は、アルバムが完成してリリースできるかどうか保証しない、って約束で始めたんだよ。デイヴィッドに、もしもこの実験がうまく行かなくて何ヶ月も無駄になっても大丈夫かな?、って聞かれたが、フランスの古城で8月を過ごして、天気も素晴らしかったじゃないか、って答えたよ」 を思い出します。商業的ではなく、自らが楽しいと思う音楽を作ったんだなーと納得しました。

[6984へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:3/31-02:51
Hansa さんのお名前の由来がハンザ・スタジオだったんですね。スタジオ見ましたが雰囲気が、「Heroes」「Low」の世界そのもので驚きました。このスタジオなしではあの傑作は生まれなかったんだろうな、と感心しました。U2は「With Or Without You」のみが好きです。U2版「Heroes」みたいで(笑)

[6984へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/31-09:29
U2のファンの方のサイトからの引用になりますが、「With Or Without You」について、「ラヴェルの「Bolero」(1928) 型とでも呼ぶに相応しいこの曲のシンプルで煽動的な曲想は、デヴィッド・ボウイ「"Heroes"」(1977)あるいはその先にあるヴェルヴェット・アンダーグラウンド「Heroin」(1967)を、意識的ないし無意識的に参照したものとして理解することができる(「"Heroes"」とは終盤の "Oh Oh Oh Oh" の雄叫びも共通する。制作には同じくブライアン・イーノが関与。背後で空間を埋め尽くす恍惚的なギターの音響美にも注意したい。それとは対照的に、ぎこちないモータウンのような独特のノリを生むリズム・セクション、ベースのグルーヴ、ここぞとばかりに登場するタンバリンの決まり具合も素晴らしい)」

[6984へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/31-09:39
https://www.youtube.com/watch?v=EHVFolkBNwk ボウイ大ファンだったボノ少年、Ziggyをちょっと意識しすぎて「やっちまった感」が微笑ましいU2の初テレビ出演。

[6984へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:3/31-15:20
U2, Bono -- Street Mission, 1978, first TV performance 見ました。ボノにとっては消したい過去でしょね(笑)。、「With Or Without You」「Heroes」 の"Oh Oh Oh Oh" は本当に似ていますよね。多分気づいている人は10万人くらいはいると思います。ボウイの感想聞きたかったですよね。 U2デビュー前の小話が次のサイトに掲載されています。Hansaさんはご存知かと思いますが、一応アップします。elmoさん申し訳ありません。ボウイとは関係ないことで書き込みまして。  http://ro69.jp/blog/kojima/31358  「the joshua tree」のアルバム表紙写真のボノも「Low」のボウイの横顔を意識したような気がします。でも「With Or Without You」は純粋なラブソングで、「Heroes」「Low」は東西冷戦下、核戦争の恐怖を訴えたアルバムであると私は考えています。伝えたいメッセージはまるで違うと思います。

[6984へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/31-20:14
結構自慢に思ってるかもです、ボノはいつでも前向き。昨年のツアーの演出は自伝的で大画面にあのスターマンの映像と、少年ボノが映し出され、憧れてミュージシャンを目指したという事を語ってました。U2はラブソングに見せかけて、政治的なテーマを歌うのが上手いのでこの曲はラブソングとして爆発的な人気が出ましたが、実際はアイルランドのテロと宗教と複雑に入り組んだ背景で、愛し合えない者達の悲痛な思いを伝えていると解釈してます。ボウイさんが戦争の中での敵同士の男女の禁断の恋や、冷戦下の人々をモチーフにしたように。「君なしでは生きられない」でも「君と一緒でも生きられない」と言う複雑さ。ボウイさんはボノを凄くかわいがってましたよね。。皆さんちょっと横にずれましたが、ボウイさんを、の、愛したミュージシャンということでご勘弁を。

[6984へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:4/1-03:12
「君なしでは生きられない」でも「君と一緒でも生きられない」 か良い訳ですねこの曲5カ月で数100回聴きました。良い曲だ。私は「Low」の表紙の写真は核戦争後の世界。「Breaking Glass」の「Glass」は地球を意味し、「Warszawa」破壊され荒涼とした地球の姿。「Weeping Wall」嘆き悲しむ人々、「Subterraneans 」破滅しようとする地球を再興しようとする地下街の住人という妄想があります。

[6984へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:4/1-04:39
素敵な妄想ですね。私もワルシャワというとこんな感じの風景を想像してしまい、、https://ktismatics.files.wordpress.com/2008/03/pianist-wreck.png 「Glass」という言葉はHeathenでも使われてますね。

[6984へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:4/2-01:20
僕のイメージも確かにこの画像そのものですね。どうもすみません。変な妄想につき合わせて、、、、。

[6984へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:4/3-16:07
「A new career in a new town 」は地球が核兵器で破壊された後の姿をイメージさせる「ワルシャワ」の前の曲であり、ハーモニカの音色は地球の死を予感させるような(抑制された)哀愁を感じます。ボウイが「I Can't Give Everything Away」に「A new career in a new town 」のハーモニカを入れたのも、自分が死に向かう過程で地球の死を予感させるために挿入した「A new career in a new town 」のハーモニカを思い出したのでは、と妄想します。

[6984へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:4/18-08:11
elmoさんへ BLACKSTAR を読み解く まとめ 「そしてもうひとつの新しい世界でのキャリアを始めたんだろうな」同感します。私はボウイは道鏡の生まれ変わりの気がします。失明してでも日本に仏教を広めようとした。ボウイのファン思い、自分の考えを伝えようとする信念は宗教家と同じと思います。

[6984へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:4/18-08:28
elmoさんへ 「ボウイは宇宙の中で今も生きているように思います。」「I Can't Give Everything Away」の最後にギターが演奏されますが、あれはFripp and Enoの「evening star」でギターそっくりなんです。私はボウイは「black star」から「「evening star」に生まれ変わったんだと解釈しています。

[6974] 地球は 投稿者:seven 投稿日:2016/03/24(Thu) 18:02 <HOME>
戦争、人種差別、放射能・・どんどんひどい事になっていきますね。
Sundayのすべては神に覚えられ、すべては変わったと言う言葉を思い出します。それに抗する方法が追憶で終わるリアリティかな。
伝言である★であるように。
ボウイはアウトサイドの時から僕達の側にいようと一貫して僕達に告げてくれました。地球が耐えられなくなるその前に。
今地球は中国の上空の汚染の為青く見えません。

自分は何かできる事がないかと思い、手塚治虫先生のトリビュート展、Atom Is Bornを手塚プロダクションに許可を貰い開催するのですが・・。

ボウイのメッセージを、花鳥風月の移り変わりのような、そして肌の熱のような現実ーーリアリティを伝えたいと思っています。

地球は耐えきれないかもしれない。

そのボウイのインタビューで語られた現実を迎えさせないためも。

それが僕の今の夢です。

岬さんサイトのコンタクトぺージからメールくれれば和訳送りますよ。

[6974へのレス] 投稿者: 投稿日:3/24-19:55
ありがとうございます。先ほどホームページにメールさせていただきました。手塚先生へのトリビュート展の告知も見させていただきました。現実はすべてわれわれ一人一人の映し出しですね。

[6974へのレス] 投稿者:みょんこ 投稿日:3/24-22:54
私もボウイがいなくなって地球が耐えれなくなるニュースが多くなっているような気がします。なんだか殺伐な世界になってるような気がします。

[6974へのレス] 投稿者:seven 投稿日:3/24-23:13 <HOME>
岬さんへ。メール無事届いたようで良かったです。僕もライターとして仕事をしていた時ボウイの過去の記事(ダイアモンドドックスなど)を訳して勉強しました。今は小説家、映像作家へと転機の最中です。そのタイミングで手塚先生のトリビュート展を出来ることがなんか・・素晴らしいことなのかなと思います。ボウイを先生に。それに倣い頑張りたいです。

[6974へのレス] 投稿者:seven 投稿日:3/24-23:18 <HOME>
みょんこさんへ。そう加速度をつけて世界はおかしくなっていますね。今こそなにかしなくてはならないと言う熱にうなされます。チベットの現実を見るととてもひどく、文化的な目を眩む破壊の中にあるようです。ヒーザンの世界がやって来た、そんな気がします。だからこそ僕は何かをしたいと思います。ボウイの娘のためにも。自分ができることは文章を書く事。それで出来ることを探し続けます。

[6970] Hansa さん大丈夫ですか? 投稿者:小嶋保 投稿日:2016/03/24(Thu) 03:58
Hansa さんへ

ベルギーにお住まいとのことですが、大丈夫ですか?

[6970へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:3/24-10:24
Hansaさん、大丈夫でしょうか?私もベルギーの友人に連絡とりました。気が滅入るニュースが多いですね・・。Brusselsに早く平穏が戻ることを願うばかりです。

[6970へのレス] 投稿者:seven 投稿日:3/24-17:51 <HOME>
僕も心配です。人類はどんどんひどい事になっていきますね。少しでも自分になにか出来ることがあるかと思う毎日です。Hansaさん無事だといいな。本当に。

[6970へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/25-09:55
ご心配おかけしました。私は大丈夫です。でもベルギー国内はまだ混乱中です。私もよく利用する地下鉄や空港なので、運悪く居合わせてしまったが故に亡くなった方達やそのご家族のことを思うと本当にいたたまれないです。かなり切実に世界はもしかしてどうにもしようがない方向に向かっているような気がしてしまいます。。今ちょっと北欧神話の劇に関わっていて、★のことを考えていました。劇の終わりにやってくる神々の黄昏、「全てのものが全てのものと戦って死んでしまい、空から星は落ち、太陽は黒くなり、炎が全てを焼き尽くして世界は終わったかと思ったが、ただ一人寡黙な神ヴィダーだけが戦いに参加せず生き残った。彼は殺された光の神バルドルの服を身にまとい、そのかすかな光が新しい世界の道標となるだろう。」ボウイさんの曲とともに、毎日を大切にしっかり人と向き合って暮らしていきたいです。

[6970へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:3/25-12:55
Hansa さんへ 大丈夫という事で安心しました。「毎日を大切にしっかり人と向き合って暮らしていきたいです」一番難しいですが、それしかできないですね。ありがとうございました。

[6970へのレス] 投稿者:seven 投稿日:3/25-19:40 <HOME>
Hansaさん無事だと言うこと安心しました。それから神々の黄昏の文章強く印象に残りました。もしご迷惑でなかったら僕が今執筆している詩集で引用させてもらいたいのですが・・。自分はようやく自分の足で表現をする所まで来ました。もしご迷惑でなかったらよろしくお願いします。

[6970へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/27-18:12
sevenさん、どうぞお使いになって下さい。エッダには色々なバージョンがあるので、そのうちの一つと思っていただければ幸いです。世界の終わりラグナロクの描写はもっと長くて、「岩は砕け散り、巨人は倒れ、地獄への道が開き、空は真っ二つに割れる。太陽は黒くなり、地は海に飲み込まれ、空から星が落ちる。炎が、、、」となってます。「バルドルの夢」と呼ばれるエッダの一部なんですが、神々といえど終わりに向かって行く運命をどれほど必死になって変えられない、しかしかすかな希望は残って行く、というところが、★を聴いた後に響く余韻とリンクする感じがしました。こちらではまだ人が沢山いるところに行くのは少し緊張しますが、なるべく毎日今まで通り過ごして行こうと思います。

[6970へのレス] 投稿者:seven 投稿日:3/27-20:55 <HOME>
Hansaさんありがとうございます。エッダ・・若い頃に読んだつもりだったのですが・・!神々といえど今の世界が終末に向かっていくのを止められない。真に迫ります。それは人間があまりにも薄汚れている存在だからか・・。だけど黄昏の後に生きる人々もいるはず(たそがれの人々の描写は好きな小説家の先生の言葉で昔から使ってました)。まだ人の集まる所に行くのが緊張するという言葉分かります。どうか無事で・・。

[6967] 突然の質問申し訳ありませんが 投稿者: 投稿日:2016/03/23(Wed) 20:12
sevenさんが3/14-20:34に投稿されている文章の中の「リアリティーのインタビュー」の詳細を知りたいのですが、教えていただけますでしょうか?Bowieが亡くなった1週間後くらいに夢でBowieが言っていたことと符合するので、インタビューの内容を確認したいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

[6967へのレス] 投稿者:seven 投稿日:3/24-17:48 <HOME>
岬さんへ。これはリアリティのリリース時のインタビューです。音楽の今の(2003年当時の)現実ーーリアリティとして行うことが出来る事について語っています。システムとしての神とそれを信奉するが故に地球を滅ぼそうとする人間、その未来になにかできる事があるかという内容です。僕のサイトのコンタクトページからメールを送っていただければ和訳送りますよ。よろしくお願いします。

[6966] 喫茶店 投稿者:新京都人 投稿日:2016/03/23(Wed) 19:43
この春から京都に引っ越してきたものです。ぜひデヴィッドさんが訪日時に好んで通われていて、コーヒー、アイスクリーム、サンドイッチを召し上がられていたという喫茶店にいきたいと思い探しているのですがまったく手がかりがつかめず、未だ行けずじまいです。この際彼の死を慎むと同時に彼の愛した空間に身を置いてみたいと思っていますので、ぜひご存知の方はこっそりと教えていただけませんでしょうか。

[6966へのレス] 投稿者:masato 投稿日:3/23-21:47
確か「if」という店だったと思います。

[6966へのレス] 投稿者:YUKI 投稿日:3/23-23:52
はじめまして!女子高生の宿題を手伝ってあげたお店は「ローリーポップ」という名前だったと思います。もうずっと昔になくなりました。ボウイさんの召し上がったアイスクリームは私も食べたことがありますが、バニラアイスにチョコソース、五色スプレーのかかった可愛いアイスでしたよ。

[6966へのレス] 投稿者:新京都人 投稿日:3/24-19:22
masatoさん、YUKIさん、お知らせありがとうございます。すでになくなっているとのことで残念です。よろしければ跡地でもかまいませんので、場所の詳細情報を教えていただけませんでしょうか。

[6966へのレス] 投稿者:YUKI 投稿日:3/24-20:48
>新京都人さん。確か寺町姉小路の鳩居堂本店近くだったと思います。ゆかりの場所を訪問されるのでしたら、東山三条の古川町商店街の野田屋さんにも是非。ボウイさんの写真が飾ってありますよ。

[6957] 「Objects」は… 投稿者:ともすけ 投稿日:2016/03/13(Sun) 16:39
3月11日からの週末、いろいろ思いながら過ごしました。

ここでちょっとリフレッシュできる小ネタかなと思って投稿です。

イマンさん等が『TND』前の沈黙の期間に「(音楽はやらず)家で持ち物やオブジェの写真を撮って書き物をしてるだけよ」なんて証言もしていた、ボウイさん著の自分の思い入れの深いアイテムの解説付き写真集「Objects」はいつか出版されるのかな…と。

ここ数年、ずっと欲しいものリストに眠っているAmazonJPのデータからすると出版はPenguin Booksから2014年10月で一旦決まっていたようだしISBN番号もあります。Amazon.UKの方を見てみると、2016年10月6日発売に更新されていました…

でも値段が不明だし、果たして発売されるのか…来年の「David Bowie is」を待つ期間の糧として見守って行こうと思います。

でも、もしかしたら『TND』のコトを隠すカモフラージュ企画と行動だったとか…(でもBowie Netの記事にもなりましたよね?)

[6957へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:3/14-11:36
ともすけさん、こんにちは。Newsweekの記事に、「ボウイはこの本を完成できなかったから、出版はないだろう」と出版関係の人が言っているという記事がありました。http://www.newsweek.com/2016/02/05/david-bowie-legacy-blackstar-a ..... 18117.html でも発売日が更新されてるということはまだ交渉はしてるんですかね。未完成のままだったら、許可しなそうな気もしますが、どうでしょうね。イマンや側近の人たちの判断次第ですかね・・・。

[6957へのレス] 投稿者:ともすけ 投稿日:3/17-07:02
Elmoさん 調べていらっしゃったのですね。記事のご紹介ありがとうございます!Bowie Netの記事も探してみました。第一報は2010年9月26日ですね。 http://www.davidbowie.com/news/david-bowies-book-one-hundred-arch ..... ects-16401 この記事の「We still don't want to give too much away just yet…」という行を読んで、ああそうだ、ボウイさんに与えられることに依存しちゃいかんいかんと言い聞かせました。この本を作る過程をボウイさんが楽しんでいたことを祈りつつ、来年のDavid Bowie is...を皆さんと一緒に待ちたいと思います。合わせて帰省する気満々です。

[6957へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:3/18-13:15
本が出たとしてもボウイが親切丁寧に教えてくれることはなさそうですよね(笑)どこまでボウイ自身がこの本を完成させたかったかはわかりませんが、"David Bowie Is"で、満足してたんじゃないかなとも思います。ともすけさんのご帰還もお待ちしてます。

[6953] つづきです 投稿者:Hansa 投稿日:2016/03/13(Sun) 04:30
ちなみにこの劇はルキノ・ヴィスコンティ演出、アラン・ドロンとロミー・シュナイダー主演で上演されてます。うわ、見たかった。
シャーロット・ランプリング主演で映画化もされてますがあまり評価されてないみたいですね。

色々な物語を混ぜたり、層をなさせたりする手法のがボウイ流なので、この曲にも色々なものが詰め込まれているのでしょう。

キスをしたのち妹を殺した兄が、彼女が書いていた日記?かなにかに、夫を愛し始めていることが書かれてあるのを見つける。
というあらすじを読んだので、Sue..もこの戯曲がインスピレーションの一つでしょうか。

前に投稿した記事の、バレンタインの日に妻スーザンを殺した医師は、二つの手術の間が犯行時刻であったことと、おしどり夫婦として知られていた為はじめは容疑から外れていたのですが、妻の残したノート「今日はバレンタインね、でも私はもうあなたと別れたい。」が見つかり、御用となった次第。
これもインスピレーションの一つかな?
Sueという名前には、キューブリックの「ロリータ」の主役を演じた女優Sue Lyonへのオマージュもあるかも。。

リンクです

初めて女優を起用したことについてhttp://fod.infobase.com/p_ViewPlaylist.aspx?AssignmentID=CNGQ8U

この戯曲の中の「血」に含まれた意味について
http://ucb-cluj.org/current-issue/vol-21-spring-2012/2903-2/

宗教の教義と実践の間の矛盾などについて
https://www.questia.com/library/journal/1G1-20879226/this-idol-th ..... phy-of-tis

ボウイ自身が語った言葉を含む記事
http://www.hitfix.com/news/david-bowies-new-song-tis-a-pity-she-w ..... tic-jangle

[6953へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/13-05:16
'Tis A Pity.. のファンの解釈でWhore=She=Time というのがあって興味深いです。 "Time, it flexes like a whore, falls wanking to the floor...it's trick is you and me." ガンによって時間のなくなったボウイさんにとっての「時」なのか。でも2014年当時と、アルバム収録時ではまた違った意味があったのかもしれないですね。大戦のことをふまえると、Sheは戦争を表しているようにも読めます。

[6953へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:3/14-11:16
Hansaさん、やっとゆっくり読めました。とても参考になりました。Vorticistですか・・・。2014年作成時と、今回のアルバム収録された時と、また違う意味をもたせていそうというのは私も思います。「ジェンダーや、性のタブー」は確かにあるかもですね。 あと、Whore=She=Timeもつながるものを確かに感じますね。もっと聴き込んでいくと腹落ちできるかも。「正解」はないと思うのですが、どう感じるかですよね。そこを自分で納得できたらなと。(自己満足ですけど)ありがとうございました!

[6953へのレス] 投稿者:seven 投稿日:3/14-20:34 <HOME>
Hansaさんありがとうございます。Sueについての様々なイメージのコラージュ、フィルムノワールに倣うSueのヴィデオと重なりますよね。そしてこの曲は様々な意味で予兆、アーメンのその響きにある曲なんだなって思います。ボウイは死期が近づくにつれ、自分に流れる血に関心を持っていたのかなと思います。人間としての。ここにこの言葉があります。仏陀と神々は信託によって最高の真理を語る 愚か者は偽りを語り、それら全てに背を向ける 親愛なる読者よ、どうかこのことと共に道を歩み通してほしい よりよいものを望む時間はもう残されていないのだ。これは天使の性の一つの定義の言葉なんだけど、ボウイは仏陀や神々の信託は正しきものかもしれないけど、人間の意訳により無数の様式が現れる・・それに抗しなきゃならない人間としてと言う事をリアリティのインタビューで言っていました。ボウイの最後の伝言なのかな。時間は残されていない(自分は死にゆくけれど)けれど光を求めて欲しいと言う伝言のように。そこに多数の解釈があってもだからこそ尊いと。ボウイはゴダールの映画史の世界が滅び行くのを見つる行商人の、視線ではなく流れる血によってかなぐり捨てる・・上手く言葉は見つからないけど・・ことを願ったのかなと思います。

[6953へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:3/15-01:14
Hansa さんへ 「'Tis A Pity She Was A Whoreあわれ彼女は娼婦」のルキノ・ヴィスコンティ監督演出劇は一度Youtubeでアップされたことがあったみたいですね。http://roseangela.blog11.fc2.com/blog-entry-676.html?sp

[6952] 'T is A Pity She "is" a Whore 投稿者:Hansa 投稿日:2016/03/13(Sun) 03:38
Elmoさんへ

近親相姦にて愛し合い妹を妊娠させた兄が、戦いから帰って来ると、彼女は別の男と結婚させられていた。兄は激情にかられて妹を殺し、彼女の心臓をえぐりとって剣に突き刺し高々と人々に晒し、その後その夫も殺す。
しかし実は妹は夫に心を移し、罪悪感にさいなまれていた。
ボウイはこの話を第1次大戦中に時を移して描いているそう。
彼自身の言葉によると"第一次大戦のショッキングな生々しさ"を表現。
またVorticist (キュービズムや未来派の影響を受けたイギリスに1910年代に興った美術のグループ)がもしロック音楽を作ったらこんな曲になるだろうとも。

何故、この戯曲をボウイさんは「最後の」アルバムに収録する曲のインスピレーションとして選んだのか疑問に思い調べてみました。

この戯曲には、「血」というものが繰り返しテーマとしてでてきます。
「血」はローマカトリックが教義を広めていく際に使われたシンボル。「我々の代わりに血を流されたキリスト」ムチを打たれ、拷問の責めを受け、人々の嘲りの中磔にかけられた神の子。
この壮絶な血みどろの近親相姦の復讐劇を通じて、フォードはカトリック教会、ひいては宗教全般への批判、厳密には、宗教の教義を個人が自分の都合よく解釈し利用することへの批判をしている。
(これは、ボウイの音楽人生を貫くテーマ、特に"Heathen"からかなりはっきり提示されている主題と通じますね。)

私には、この曲とSue(Or In A Season of Crime)は表裏一体、そしてValentine's Dayも含めると、同じテーマを元とする三部作なのかな、と思えます。

もう一つこの戯曲が特別なのは、これが初めて女優を起用した演劇であること。それまではイギリスでも演劇は歌舞伎のように男性の女形によって演じられていた。
(そして女優は当時娼婦のような存在とみなされ、楽屋で着替えているところは公開され、貴族や王の愛人となる女優が多かった)
この事実も、ジェンダーや、性のタブーといった、ボウイの語ってきたテーマと呼応します。

そして、イギリスの戯曲だということ。、Dollar Daysのリフレインで哀しげに歌われる English evergreenにも通じる、自分の原点への回帰。

長くなったのでリンクはまた投稿します。




[6952へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/13-04:57
'Tisですね、蘭語の't is (=it is)の表記とつい混同しました。

[6952へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/13-07:07
また訂正です。「戦いからかえってくると」の部分は違いました、すみません。別の記事と混ざったようです。読んでみたいけど、英語の古典は難しい。。

[6952へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/27-18:23
Tis A Pitty..台本読みました。意外に難しくなかったです。ともすけさんのサイトにリンクなど投稿させていただいてます。

[6948] 2016年 1月 8日 投稿者:Hansa 投稿日:2016/03/11(Fri) 22:21
トニー・ヴィスコンティーさんがボウイさんに携帯電話からハッピーバースデーと伝えている映像。。

https://www.youtube.com/watch?v=nqrepan2SnE&feature=youtu.be

[6948へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:3/11-23:51
アップありがとうございます。

[6945] ステステ再現ライブ 投稿者:tomo 投稿日:2016/03/11(Fri) 16:30
ビルビード東京 5月4日の第2部に行ってまいります!

どんな演出になるのか、今から楽しみです^^

もう悲しんでばかりいられません★

[6945へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:3/11-19:35
世界を売った男が素晴らしかったので、メンバーは違いますけど、期待出来ますね♪ビルボードって凄く音が良いですよね〜!

[6938] Elmoさんへ。 投稿者:seven 投稿日:2016/03/10(Thu) 18:47 <HOME>
★の解釈読ませて貰いました!
Elmoさんの日本語訳、すんなり頭に入ってきます。
「私は妻と娘の味方」という思をこめて
の件、不覚にも、そしてボウイさんの死のことで涙ぐみました。始めて。

僕も★の解釈してみようかな。

僕、前に自分のサイトでリリースしていたヒーザンとリアリティのテキストあるからそれからリリースしようかな。

NEXT DAYでも思ったのだけどElmoさんの和訳、心に残ります。とても好きです。ありがとうございます。

[6938へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:3/11-11:13
sevenさん、ありがとうございます。本当は9日中に全部あげたくて頑張ってみたんですけどやっぱりいろいろまとまらなくて無理でした。。。それと"'Tis A Pity〜"はまだ自分の中でも腹落ちできてません。 でも今月中にはまとめようと思ってます。没頭してると悲しいことが頭から消えているのでありがたいです。一通り自分でまとめてから、いろんな方の解釈を読みたいと思っていますのでsevenさんのも是非。答えは一つではなくいろんな捉え方があるのがボウイの世界ですよね。詩人としても本当にすごいなあと思います。

[6938へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/12-03:28
Elmoさん、解釈読ませていただきました。色々な方の解釈があってこそ、生きて行くボウイ音楽、ですよね。'T is A Pitty..についてオランダの元ロック評論家で詩人、ボウイさんについての本を出している方が書かれている記事、興味がおありなら訳して投稿します。「僕は他の人が好きに解釈したり利用したりする『乗り物としての曲』という考え方が好きなんだ。ーボウイ名言より」

[6935] ジュールズ倶楽部96夜 投稿者:Wisteria 投稿日:2016/03/10(Thu) 13:32
先月放送されたMusicAir「ジュールズ倶楽部96夜」ご覧になりましたか?
『Ashes to ashes』への問いに対し、70年代への想いを込めるとともに、ある人物(バンドメンバーのダッキー・ミアとのこと)への追悼だと述べていました。
「あの世では銅のタイルを長くつなげるって知ってた?」「下に向かって地上につながる」「銅のタイルが磁気嵐の中にいる彼を引っ張り出して軌道に」「銅のタイルを手に彼は地球を回る軌道に乗るんだ」
★は軌道を回っているのでしょうか・・・

[6935へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:3/11-11:07
Wisteriaさん、ありがとうございます。そしたらたまには地上に降りてきてくれてるといいな^^。この番組は4/15に再放送があるようですね。(私はCS系は見られないのですが)

[6910] 最後の来日から12年 投稿者:TOMO 投稿日:2016/03/08(Tue) 19:45
2004年3月8日、9日武道館公演。11日は大阪公演でしたね。
もう12年も経ってしまいましたが、今でもあざやかに蘇ってきます。
こちらのサイトも大賑わいだったことが、とても懐かしいです。

[6910へのレス] 投稿者:シュウ 投稿日:3/8-20:27
もう12年ですか。夢のような時間でした。私は次のツアー早く来ないかなって言ってたけどこのツアーを見ることができたことだけでも幸せだったんだと今は痛感しています。

[6910へのレス] 投稿者:seven 投稿日:3/8-22:13 <HOME>
時間がひと周りしたんですね。僕は東京、大阪始めて公演をすべていったのがボウイさんでした。初めての大阪でした。今は京都に住んでいます。ボウイさんの公演を観れた事本当に幸せでした。

[6910へのレス] 投稿者:seven 投稿日:3/8-22:24 <HOME>
武道館の2日目。手を振ってくれたボウイさんと意識がつながった感覚を持てて幸せでした。

[6910へのレス] 投稿者:はるかパパ 投稿日:3/9-09:01
大阪公演後のオフ会でとても楽しく皆さんと語りあったことを今でも、思い出します!

[6910へのレス] 投稿者:みょんこ 投稿日:3/9-17:06
アウトサイドライブでボウイに指さされてうれしかったですね。

[6910へのレス] 投稿者:zenstyle 投稿日:3/9-18:02
武道館2日目、2曲目に突然飛び出した、Hang on your self、あの感動は一生忘れません。

[6910へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:3/9-18:30
武道館2日間行きました。昔の曲を演奏して頂いた事は感動しましたね!

[6910へのレス] 投稿者:TOMO 投稿日:3/9-18:42
公演の前後にオフ会があってみなさんと感動を分かち合え、たくさんボウイ話で盛り上がったことも楽しい思い出です。みんなで寄せ書きした色紙、ココさんからボウイ本人に手渡されたことでしょうね

[6910へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:3/9-21:45
TOMOさん、ありがとうございます!私も一生の想い出です!3月9日はとくに特別かも。

[6910へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:3/9-21:47
zenstyleさん、"Hang on to Yourself"良かったですよね!2曲目から一気に盛り上がって。

[6910へのレス] 投稿者:TOMO 投稿日:3/9-23:02
Elmoさんに感謝の言葉を書くのを忘れてました!このサイトの存続も含めてお世話になりっぱなしです!

[6910へのレス] 投稿者:ゆめゆめ 投稿日:3/10-02:01
こんばんは。あれから12年ですね。私は3月8日のみしか行けませんでしたが、とてもいい思い出です。あのライブが私にとって最初で最後のライブになってしまいました。もう一度あの日のあの時間にタイムスリップできたらなぁと思ったりしますね。

[6910へのレス] 投稿者:Wisteria 投稿日:3/10-02:16
初めてお邪魔いたします。私も未だ、心の穴を埋められず、仕事に没頭するしかなく、手当たり次第、bowie グッズを購入するも、いずれも封を開けることができず、積み上がったままです。10年以上放置してあったiPodが、奇跡的に復活して、リアリティツアーのライブ音源と来日時のインタビューが、聴く事ができてます。今のところ心の支えです。当時チケットがネットで容易く捕れず知り合いに頼みこんだりして必死でいろいろ動き回っていたらなんと44枚もとれてしまって、大変だったのを可笑しく思い出します。

[6910へのレス] 投稿者:Wisteria 投稿日:3/10-10:09
↑同じ名前の方が出てきてびっくりしました。これからはWisteria1号と名乗らないとだめかしら・・・?さて、私もオフ会含めいろいろ場を提供してくださったElmoさんに改めて御礼申し上げたいです。ありがとうございます。

[6910へのレス] 投稿者:ともすけ 投稿日:3/10-15:02
大阪公演のみでしたが、ボウイネットのおかげで本当にいい席で観れ、ボウイネットに大感謝した記憶があります。その後の「Low」でのオフ会でお会いした皆さんも↑にまた集っているのに感涙です。ずっとこの場を維持してくださっているElmoさんにいつも感謝です。3月11日は震災の追悼もありますが、ボウイさんの思い出もゆっくり噛み締めたいと思います。

[6910へのレス] 投稿者:zenstyle 投稿日:3/10-17:48
Elmo様 3月8日の公演のあと、こちらのサイトで「明日こそはハングオンユアセルフとリアリティーを」と書込みました。でも「万が一ボウイ関係者が、このサイトを見たとしてもカタカナじゃ読めないよな(笑)」と後悔したのですが、まさかまさかのこの2曲!(大涙)。私は今でもこちらのサイトのおかげでリクエストが通じたと勝手に思い込んでます。(感謝感謝)。でもchangesとFantastic Voyageもリクエストしておけばと思ったのも事実です。(笑)

[6910へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:3/11-10:51
皆さんの書き込み読んで、また泣いてしました。。。。でも、苦しくてたまらない涙ではないですよ。私のほうこそ、感謝です。日本公演のチケット発売はまだかまだかと夜中に1ヵ月近くBowieNetをチェックしてたこと、Trashさんにも協力いただいてチケット掲示板作ったこと、ボウイのMC起こしにみなさんにも協力いただいたこと、オフ会、そして何よりボウイがかっこよくて楽しいそうにライブしてたこと・・・いろいろ想い出しますね。

[6910へのレス] 投稿者:TOMO 投稿日:3/11-14:57
いろいろと思い出は尽きないですよね。Elmoさん、本当にここまで続けてくれてありがとう!!今後もよろしくお願い致します。そしてそして、ボウイが休眠していた10年間、過疎っていた時にもどんな小さなネタでも書き込みを続けてくれたみなさんにも感謝したいです!

[6910へのレス] 投稿者:zenstyle 投稿日:3/11-20:46
Tomoさんと全く同じ気持ちです。継続はチカラなり!

[6909] ユリイカなどでもリリース 投稿者:seven 投稿日:2016/03/08(Tue) 04:17 <HOME>
ユリイカやSFマガジンでもボウイさんの事を特集してます。
ユリイカ 2016年4月号 特集 デヴィッド・ボウイ(仮)。

デイヴィッド・ボウイ・アンソロジー。

SFマガジン 2016年4月号
表紙&特集〈デヴィッド・ボウイ〉。

[6908] the who 2016-03-03 MSG 投稿者:crimson4000 投稿日:2016/03/07(Mon) 17:49
ザ・フー、NY公演でデヴィッド・ボウイを追悼

http://www.barks.jp/news/?id=1000124935

[6905] "Lazarus"ロンドン公演 投稿者:Hansa 投稿日:2016/03/05(Sat) 14:56
こちらにサインアップをすると、ニュースが送られてきます。

http://www.lazarusmusical.co.uk


[6905へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:3/10-13:12
サインナップしてみました。ロンドンには見にいけないと思いますが、変な日本人からメール申込来たと思って日本公演も考えてくれないかしら。

[6903] ボウイ2001年のインタビュー (まとめ) 投稿者:小嶋保 投稿日:2016/03/05(Sat) 02:40
デイヴィッド・ボウイ+トニー・ヴィスコンティ、2001年のインタビュー (まとめ)


面白いインタビュー記事を見つけました。
http://rocqt.net/150615

多分、多くの人は「そんなの知っているよ!」と怒られそうです。

デイヴィッド・ボウイ死後の出戻りファンなので大目に見ていただきたいです。

気分は横井正一。

「恥ずかしながら帰って参りました」



[6903へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/5-14:47
小嶋さん、読ませていただきました。私も音楽は聴いていたけれど、あまりインタヴューは読んでいなかった方です。。イギーもお好きとのことでこの記事を。https://www.interview.de/kunst/fotografie/ausstellung-esther-frie ..... #gallery-1 イギーと7年間付き合っていた女性がベルリン時代の写真の展覧会をベルリンで開催。ボウイさんとも家をシェアーしてた時期の何だか生々しい写真です。

[6903へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:3/5-20:52
Hansa さん返信ありがとうございます。記事に飛べませんでした。日本国内では無理みたいでした。残念。

[6903へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:3/12-03:39
「そんなの知っているよ!」第2弾トニー・ヴィスコンティ、デイヴィッド・ボウイを語る http://rocqt.net/160126

[6899] dream 投稿者:snow white 投稿日:2016/03/04(Fri) 17:15
凄く私的な話で恐縮ですが、David Bowieの夢を見ました。
今まで他界した親族の夢は時折見ていましたが、
こうしたスターの夢は初めてでしたので自身も驚きました。

その中で彼は、舞台裏にいて、これから舞台に上がって歌う時で、来日した時の様な身軽な格好で、とても楽しそうでした。
そして彼は「皆を悲しませて本当に申し訳なかったと言ってほしい」というようなニュアンスの事を伝えてから、少し照れくさそうに舞台へ続く長い階段を歩いて行きました。

この掲示板に書いていいのかどうか、一ヶ月程悩みましたが、
きっとここにいらっしゃるファンの方は心が温かく、
今も変わらずボウイの音楽を聴き続けている方たちかと思います。その方たちが悲しみに暮れて寂しがらないよう、何かのメッセージかと思いますので、ここに記しておきます。
不愉快に思われた方がいらっしゃりましたら、軽くスルーして下さい。


[6899へのレス] 投稿者:seven 投稿日:3/4-17:31 <HOME>
snow white様。実はボクもボウイがなくなる前に夢を見ました。イギリスでドラマの撮影をしていると言う夢でした。ボウイのニュースでクライムサスペンスについてのアナウンスメントがあったのでその影響だと思います。ボウイの影響はとても大きなものだと思いました。夢を見た時、確かボウイはまだ生きていました。その事を思い出させてくれてありがとうございます。僕はいずれどんな形でもいいからボウイさんに倣う何かをリリースしたいと思っています。

[6899へのレス] 投稿者:ゆめゆめ 投稿日:3/4-18:34
snow whiteさん、こんばんは。なんだかその夢の一言を読んでいて泣きそうになりました。やっぱり時間が経って気持ちが少し緩むとあとからグッときますね。とりあえずボウイさんが楽しそうでいてくださってよかったです。いいお話をありがとうございます。

[6899へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:3/10-13:11
snow whiteさん、ありがとうございます。読んでてじーんときました。。

[6899へのレス] 投稿者:Katei 投稿日:3/20-00:36
夢の中で、本当にお会いになれたのだと思います。メッセージ届けて下さり、ありがとうございます。

[6899へのレス] 投稿者:テキーラ 投稿日:3/21-17:52
ボウイの言葉を伝えてくださってありがとうございます。みんなの悲しみようにボウイもビックリしてるのかな…

[6896] UNBOUND:A★ InstaMiniSeries 投稿者:Hansa 投稿日:2016/03/04(Fri) 09:25
ボウイさんがこのInstaMiniSeriesのアーティスト達に去年の秋に★の音源を渡して、彼らの自由な解釈で映像を作って欲しいと依頼したそうです。
全16エピソードあり、月、火、木、金曜日に新しいエピソードが追加されていきます。https://www.instagram.com/instaminiseries/
新しいメディアの形をいち早くとりいれてきたボウイさんならではですね。

[6896へのレス] 投稿者:seven 投稿日:3/4-14:43 <HOME>
見させて貰いました。★を沢山見る事が出来ました。ボウイさんは自分が特別ではなく、たえす僕達のそばにいてくれるんだなと思いました。素敵です。

[6896へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:3/9-21:49
Hansaさん、ありがとうございます。まだ見てないですが、時間作ってみたいです。

[6885] 今日は桃の節句ですね。 投稿者:seven 投稿日:2016/03/03(Thu) 15:55 <HOME>
今日は桃の節句ですね。
そしてボウイの49日も過ぎました。
まだ受け入れ難い自分がいるけれどどうにかやっています。
自分も去年病気をして、今も不安だったり、正直自分の未来に恐怖を感じるけれどHeathenがリリースされてからずっと自分の傍らにいるボウイのSundayを聴きながら頑張ろうと思います。ボウイの音楽は天からの賜りものなんだなと言う意識が。そしてここで皆さんの言葉を読む旅に勇気づけられます。勇気をくれてありがとうございます。
桃の節句、ボウイと山口小夜子さんの写真がとても好きです。
片や史上最高のシンガーであり、ソングライターのボウイ。
片や東洋の神秘と呼ばれた唯一のミューズ。
ボウイのZiggy Stardustの北沢杏里さんの役で日本から来たクールな男さと言う訳があるんだけど、性別を越えて山口小夜子さんってそうだったんだなと思います。
皆さんがおっしゃっていたようにボウイのカヴァーは女性がいいですよね。
いつか・・僕は小説家としても活動しているので許されるならそれに倣う話を書きたいです。

[6885へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:3/3-19:32
山口小夜子さんは美人でした。ボウイの初期は細くて高い声でしたから、女性が歌うと合いますね〜♪

[6885へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/4-00:45
seven さん、桃色の文字いいですね。もう春ですね。お体お大事になさってくださいね。以前ご紹介させていただいたルイーズ.

[6885へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/4-00:49
ルキャヴァリエさんの公演を昨日観にいってきました。どうしても彼女の昔の姿が重なってしまい、「老い」というものを深く考えさせられました。いまだバリバリのシックスパックを維持されていて頭が下がりますが、それが一層切なく思えました。

[6885へのレス] 投稿者:seven 投稿日:3/4-00:49 <HOME>
ブラックブックさん、そうですよね。ボウイの儚げな声、切なくとも伝言を送り続けるそのイマージュ、確かに女性が歌うと素敵だなと思います。ボウイさんは天国でも仮面をかぶってバンドをしているのかな?

[6885へのレス] 投稿者:seven 投稿日:3/4-00:54 <HOME>
Hansaさんありがとうございます。ルイーズ・ルキャヴァリエの公演をご覧になったんですね。老い・・僕も自分がボウイさんと同じように愛するボードレールの歳に近づくにつれて意識します。死が胸元に迫るように。だけど出来るかぎり命を燃やしたいと思います。ボウイの50thaniverdaryの言葉、退屈だけはさせないよ。その言葉に倣うように。

[6866] 区切り 投稿者:zenstyle 投稿日:2016/03/01(Tue) 11:07
俗に言う『49日』も過ぎて彼の魂も、宇宙に旅発ったと思います。私なりに区切りをつけます。

[6866へのレス] 投稿者:zenstyle 投稿日:3/2-06:17
私的な書き込みですいません。どこかで区切りをつけないと、ズルズル引きずりそうなので書かせていただきました。

[6866へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:3/2-13:11
zenstyleさん、いえいえ。私がどうこういう話でもないので、レスうまくできませんが、お気持ちはわかります。

[6866へのレス] 投稿者:zenstyle 投稿日:3/2-21:36
Elmo様、お気遣いありがとうございます。最近は涙腺もユルユルで子供からも馬鹿にされているのに、今回の一大事では涙は出てきませんでした。無意識に現実逃避をしていたんですかね…。今日からバリバリ、ボウイを聴きます。ありがとうございました。

[6866へのレス] 投稿者:ゆめゆめ 投稿日:3/3-02:07
zenstyleさん、こんばんは。私も49日を意識して生活していました。同じ考えの方がいて下さって嬉しかったです。(そして私も泣けない派でした…)私の場合は49日間毎日ボウイさんの曲や動画、インタビュー、本に触れて彼を偲ぶ期間にしていました。同時に自分の気持ちを文字にあまりできない状況になったので、ブログやTwitterで語るのを休止する期間にしていました。(こちらの掲示板だけ唯一自分の気持ちを少しずつ語ることができました。Elmoさん、皆さん、いつもありがとうございます。)やっと49日も明けたので私も悲しみに負けずに前を向こうと思います。あんなに大きな病気と戦い、生きることを諦めなかったボウイさんの勇敢さを見習おうと思います。

[6866へのレス] 投稿者:seven 投稿日:3/3-05:44 <HOME>
季節も変わりますしね。もう桃の節句。僕はスマートフォンの待受をボウイさんと山口小夜子さんのショットにしました。

[6866へのレス] 投稿者:zenstyle 投稿日:3/3-20:02
ゆめゆめ様、seven様 レスありがとうございます。私はこれから、買ったけどまだ読んでいない雑誌をじっくり読みたいと思います。

[6863] ブリクストン行ってきました 投稿者:はく 投稿日:2016/02/29(Mon) 23:37
こんばんは。ブリクストン行ってまいりました。一人旅でしたが、地下鉄全く不穏な空気もなく、町の雰囲気私はかなり好きです。お花を駅前で売ってます。青バラなんかもあり、そこで買えば良かったなと。次回からはそうします。写真たくさん撮りました。言葉でお伝えできないのがもどかしいです。実物を前にすると涙溢れました。そして物凄い花束の数、横のレンガにもたくさんのメッセージ、隣にはイマンさんの広告がありそこにもたくさんのメッセージが書いてありました。行って良かったなと思いました。でも区切りが出来たかと言えば逆にもっともっと知りたい事がたくさん出来ました。

[6863へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:3/1-14:11
はじめまして。はくさんが行ったことで僕も少しは行った気になれました。ありg等ございました。

[6863へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:3/1-14:12
はじめまして。はくさんが行ったことで僕も少しは行った気になれました。ありがとうございました。

[6863へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:3/1-23:58
はくさん、おかえりなさい。感想と報告ありがとうございました。私も、少しブリクストンまでワープできたような気がしています。ブリクストンにはこの先もずっと残っていそうですね。いつになるかわかりませんが、私もいつか行って献花したいと思います。

[6859] オデッセイ 投稿者:tomo 投稿日:2016/02/28(Sun) 17:34
映画「オデッセイ」観てまいりました。
スターマンが丸々フルコーラス流れます。しかも、大事な場面で。
もう涙なしでは観れません。
まだ観てない方、映画館の大音量スピーカーでスターマンを聴いてあげてください 涙

[6859へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:2/28-19:15
観ましたよ(^_-) 決定的な場面でスターマン。ボウイに関係なく良い映画ですね。

[6859へのレス] 投稿者:みんみん 投稿日:2/29-01:37
観ました。全編通して懐かしい曲がちりばめられていますが、一番丁寧に使われてて嬉しく思いました。

[6859へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:3/1-23:55
私も是非見たいと思っています。

[6850] Lazarusの解釈について 投稿者:Hansa 投稿日:2016/02/27(Sat) 07:32
なんか、ものすごーく長い投稿ですみません。Lazarusの演出家がオランダの新聞に寄稿したものを訳しました。シェアさせてくださいね。
(書いて落ち着かせている自分がいます、まだ取り乱し中です、何度も投稿させていただきすみません。。)

-----------------------------------
Lazarus, 死から蘇らされた男。
この曲をメールでデヴィットボウイから受け取った時、私は彼がもう何ヶ月も前から死にゆく病に冒されていることを知っていた。
彼はまだ生きたかった。
これは彼がエンダウォルシュと共に書いたミュージカルのタイトルソングである。
私はその作品を演出する幸運を許された。

------------------------------------------

非現実的なサウンドが不吉な前兆のように遠くから響いてくる。
そしてまるで挽歌のようなイントロが始まる、痛みの音楽、体を麻痺させる苦痛。

Look up here, I'm in heaven
私は死んでいる。
この言葉の後に怒ったような宿命的な3つのギターの音が鳴り響く。

I've got scars that can't be seen
生き抜いた人生の傷跡、深い傷跡、誰にも知り得ることのできない傷、人生によって私は印をつけられた。

I've got drama, can't be stolen
私の人生は凄まじかった、誰も私からこの人生を奪い取ることはできない。

Everybody knows me now
私はみんなのものであり、みんなの為にいて、いつまでも存在する。
音楽が砂時計の砂のように柔らかい方へと流れてゆく。
ギターはサックスにとって代わる。怒りは苦悩へと変化する。

Look up here, man, I'm in danger
私は死んでゆく。
彼は死を怖れて唄う。

I've got nothing else to lose
命を除けば、もう何も失うものはない。

I'm so high it makes my brain whirl
私は頭の中ではもう既に天国にいる。
もう地球から切り離されて、まるでトリップ(麻薬の)しているよう。

Dropped my cell phone down below
デヴィットは結構不器用な方だった。
或いは、全ては地上に置いてきた。もう何も持っていない。

Ain't that just like me
優しい自己嘲笑、、

By the time I got to New york
音楽が展開する、、思い出。

ああ、あの頃、地球で、NYに引っ越した頃。。
「LAよりマシ、特にロンドンに比べてずっといい。だってNYではみんな僕をみても気に留めずに歩き去る。」

I was living like a king
Then I used up all my money
I was looking for your ass
騒々しいNYの暮らし、パーティー、ドラッグ、セックス、誘惑に満ちた生活。
私は全てを経験して楽しみ尽くし、そして全てを失った。
でもこれが本望だ!

This way or no way
She'll know, I'll be free (元はsheだったのか、彼が間違えているのか?)
逃げる術はない。
そして彼女は私が解放されると知っている。
地球から解放されて、そのかわりに「ブラックスター」へと、、

Just like that blue bird
青い鳥がまだ見える、アメリカでは幸福のシンボルの青い鳥。
私は幸せだ、心配しないで。

Ain't that just like me
僕はその小鳥さ、よく見てごらん。
僕ははまだここにいる、たとえ死んだとしても。
彼は嬉しそうに唄う、希望をもって。

Oh I'll be free
壮麗に歌い上げる、恍惚。

Just like...that bluebird
Oh I'll be free
Ain't that just like me
彼はme-e-e-e-e-e-と歌う。途切れてゆく言葉。痛みが激しくてもう語れない。

「Heroes」のように音楽は勝利の歌のように激しく演奏される。
サックスがそれを引き継ぐ、ボウイの分身のサックス。死に物狂いの闘い。
生きる為の闘い。彼は生き続けたかった。娘と素晴らしい妻イマンと共に。

突然またあの謎めいた、曲の始めにギターがかき鳴らしたメロディーが戻って来る。息をすることをやめた体のように。死が訪れる。
ギターが痛烈で決定的なノートを鳴らす。情け容赦なく。

私はデヴィットジョーンズという人物を知るという栄誉を得た。デヴィットボウイであった人を。これは彼の遺書だ。

イヴォヴァンホーヴェ


[6850へのレス] 投稿者:seven 投稿日:2/27-07:42 <HOME>
地球から解放されて、そのかわりに「ブラックスター」へと。デヴィッドは最後まで黒き星だった。片目の視力を殆ど失った時、既に仮面であるボウイを名乗った時、数々の比類無き奇跡の歌を作った時、そして70年代の追悼。生きていても死んでいても構わない。ディスコキングを連れてきてくれ。それはデヴィッド・ボウイが求めたデヴィッド・ジョーンズ。生きていても死んでいても構わない。ディスコキングを連れてきてくれ。僕はリアリティのこの曲が脳裏に宿ります。Hansaさんに感謝を。

[6850へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:2/27-07:54
sevenさんお付き合いいただきありがとうございます。最近ネットでボウイさんについて探し回るのが依存症めいてきたので、この訳でけじめをつけてネットから少し離れるつもりでいます。難しいですけど。。

[6850へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:2/27-20:05
Hansaさん、ありがとうございます。She'll knowのところは、Youで歌ってますが、確かにsheだったとしても違和感はないでますね。・・・ちなみにHansaさんはベルギーに詳しかったりするのですか?(私はオランダ、ベルギーはとても好きなのですが)

[6850へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:2/28-00:05
Elmoさんの旅行記読ませていただきましたよ。面白かったです。私は欧州に移住してもう四半世紀になります。色々な国に住んでいましたが、ベルギーが一番長いです。オランダもよく仕事で行ったり友達を訪ねたりします。私は演劇、アート、ロック界の狭間でふらふら生きてます。イヴォさんとは、少し一緒にお仕事させてもらったことがあります。彼はオペラの演出も有名なので、歌詞と音楽を切り離さずに解釈しているのが、心に沁みました。そういえば、ボウイさんはお兄さんのテリーに勧められてサックスを習い始めたのが、出発点でしたね。サックスが出てくると「あ、ボウイさんだ」と思いながら聴くようになりました。ジャズなアルバムにしたかったのも原点への回帰なのでしょうか。最後の方の描写はたまらないですね、涙が滲みます。それと歌詞の違いですが、もともとはShe だったのかも。イマンさんだとしたら、この方が何だかしっくりくる気もします。

[6850へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/1-07:32
ほんの少しですが、こちらで観れます。http://www.ny1.com/nyc/all-boroughs/theater-reviews/2015/12/15/th ..... arus-.html

[6850へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:3/1-23:54
Hanzaさん、お返事遅くなってすみません。やはりベルギーにお住まいなのですね。イヴォさんともお仕事されてるなんて凄いです。 (私はオランダやベルギーの人達の「精神」みたいなものが好きです。日本がお手本にすべきはアメリカではなくこういう国々なのではと思ったりします。)Lazarusの映像もありがとうございました!思ってたよりシンプルなセットで、確かに小劇場向けですね。Valentineはやっぱり殺人鬼なんだ・・・。日本にも来てくれないかな。(まずはロンドン公演からでしょうが)

[6850へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/2-02:11
お返事ありがとうございます。区切りってなかなかつかないものですね。。ベルギーは結構居心地のいい国です。いい意味でも悪い意味でもクールな国民性なのかな、、しかし今後どうなって行くかはわからないですね。街中にマシンガンを構えた兵士達や、装甲車がいるのが残念ながら日常になってしまいました。Lazarusの舞台けっこう狭いしシンプルですね。みなさんいい声してるし、、ああ観たいなあ。新曲が3曲もあるんですよね。実はボウイさんの亡くなった次の日にレコーディングが予定されてたそうです。Where the f**k did Monday go? ってなんか偶然なんでしょうか。。

[6850へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/2-02:23
段々映像が出てきました。ボウイさんも感動したクリスティン・ミリオリさんの"Changes" とインタヴューです http://www.rollingstone.com/tv/news/cristin-milioti-on-fargo-davi ..... 301?page=3

[6850へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/2-02:25
ミリオティさんですね、間違えました。。

[6850へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/2-07:03
Valentineに関して。悩んでらっしゃいましたよね、私も同感です、爽やかな曲調だし、ビデオだし。。でもどうやら欧米ではバレンタインというと、愛とロマンの日という以外に血なまぐさい日というイメージがあるらしいです。何故かあの日に殺人が起きることが多いそう。ロンリーな人が一層辛く感じるから?お暇があればこの記事を。http://www.therichest.com/rich-list/most-shocking/15-most-infamou ..... /?view=all

[6850へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/2-08:15
記事の中にバレンタインの日にSusanという妻を夫が殺した事件がありますね。。それとThe Next Day関連で、某ボウイ名言集のサイトでこんな言葉を見つけました。「三島の小説の中で『庭を歩いていると滝が上手く流れていないことに気付く、よく見ると滝の上に犬の屍体が引っかかっていた』というのがある。これは『世の中』について叙述した最も素晴らしいものだと思う。僕の作品はそういった感覚に負う部分が多い。普通の音楽だけど、どことなく変だ、、というような。」ネットにどっぷり浸かったままです。。

[6850へのレス] 投稿者:ともすけ 投稿日:3/2-12:18
Hansaさんいろいろありがとうございます。「The Next Day」の「Heat」に登場する小説『豊饒の海』の第一部『春の雪』の滝の犬について(Elmoさんも解釈で触れ、この掲示板でもちょっと議論がありました)こんなにはっきり述べていたことがあるのですね。ご紹介ありがとうございました。ホントLazarusの舞台観たいですよね。

[6850へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/2-23:26
ともすけさん、お元気ですか。三島に関するこの言葉、見つけた時「あっ」と思ってメモしました。いつ頃の発言かは不明です。Heatはいい曲ですよね。私のネット依存はもう少し続きそうです。ここに書かせてもらう事で色々と救われています。

[6850へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:3/3-13:38
Hansa さんへ 滝の上に犬の屍体の件 情報ありがとうございました。あと、Hansa さんが1日ごろアップしのち削除した翻訳は再度アップ可能でしょうか?勝手なお願いですが、ご検討を願い致します。

[6850へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/4-00:16
小嶋さん、お返事ありがとうございます。Girl Loves me の標準英訳を削除した訳は、まだまだ色々な説が出てきてもう少し考なくてはいけないのと、もしかして日本語訳のライナーの情報と重複してたら迷惑かな、と思ったからなんです。不正確な情報かもしれないですけど、お言葉に甘えてもう少し練った後またアップしますね。

[6850へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:3/4-00:28
>Hansa さんへ ご返信ありがとうございます。期待しています。お手数ですが、よろしくお願いいたし舞うs。

[6850へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:3/4-00:29
>Hansa さんへ ご返信ありがとうございます。期待しています。お手数ですが、よろしくお願いいたします。

[6850へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/4-12:51
Sophia Anne Carusoが歌う新曲「No Plan」です。https://www.youtube.com/watch?v=NhbvW2HIyTc

[6850へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/7-13:22
そういえばハインラインの"Stranger in a Strange Land"の主人公、火星から来た男の名はValentineでした。

[6850へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:3/9-21:51
えっと、亀レスですみません。自分で訳作っててかなり入りこんでしまっていました。Valentaineの件、ありがとうございます。こんなに殺人事件があったなんて(><)

[6850へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:3/9-22:02
それから三島の犬の件もありがとうございます。はっきりボウイがコメントしてたことがあったんですね。

[6850へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:3/9-22:03
Girl Loves meの訳もアップしていただいていたんですね。見逃しました。。またお待ちます。

[6850へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:3/10-05:20
Elmoさんお返事ありがとうございます。Girl Loves me は不正確な情報をのせてしまっていいのか迷いまして、今はちょっとおいておきます。なんだかボウイさんのことを知ろうとすればするほど混乱していく感じです。本当に彼という現象は何だったのでしょう。。

[6850へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:3/11-11:17
Hanzaさん、ものすごく解ります。。。

[6848] 「ゲイリー・オールドマン」とサイン 投稿者:小嶋保 投稿日:2016/02/27(Sat) 00:19

面白い話ですね。


このサイン貰った人も友達にサインを

「デヴィッド・ボウイからサイン貰ったんだぜ」


と見せても、

「ゲイリー・オールドマンと書いてあるじゃねえか!」


「ボウイがふざけて書いたんだよ」

「really?」


という状況が想定されますね。


何人にもこいいう事が続くとサイン貰った人も

もう「デヴィッド・ボウイからサイン貰ったんだぜ」とは言わなくなると思われ、、、


貰った本人は嬉しいような、悲しい様な気分でしょうね。

[6848へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:2/27-20:06
今回、ゲイリーが証言してくれたので、「だから言っただろ!」とか話してたりして。。。

[6845] ゲイリー・オールドマンのエピソード 投稿者:Elmo 投稿日:2016/02/26(Fri) 22:05
Brit Awardsのスピーチの中で、ゲイリー・オールドマンが、デヴィッドとの想い出エピソードを披露してますが、
訳したサイトがちょっと探した限りでは、見つからなかったので、ちょこっと記しておきます。

===
デヴィッドは面白くてとてもユーモアがあって、いつもたくさん大きな笑いがあって・・。思い出すと恋しくて寂しくなる。

関連した話をすると、
数年前のことだけど、街の片隅に私たちが立っていたときに、長髪でいかにもロッカーみたいな大柄な男がデヴィッドに近づいてきた。
男が一枚の紙をデヴィッドに渡してサインをねだってきたので、デヴィッドは紙にサインしてその場を離れた。
僕が跡をついていくとデヴィッドは振り返って
「彼はがっかりするだろうね」と言うので、「どうして?」と聞き返すと、「"ゲイリー・オールドマン"ってサインしたんだ」と。

彼は見た目、いつも前向きだったし、私は彼の愚痴を聞いたことがなかった。
みんなに話すけど、デヴィッドは、ものすごく勇敢に、威厳をもち、かつ上品に、そしていつもユーモアを持って、病気と向き合っていたんだ。
たとえどんなにひどい状況であっても。彼が癌であるという悪いニュースを私に連絡して来た時でさえも、良いニュースを追記してた。「僕の頬骨が戻ってきたよ」と。

===

最後の部分は、"I've got my cheekbones back" と聞こえるのですが、頬骨が戻ってくた(頬骨を返してもらった/取り返した?)というのは、
どんな状況だったんだろうと思ってしまいました。検査か何かで頬骨を削ったのか、頬骨が見えなくなるほど痩せてたのか・・
冗談にして笑っていたんだろうけれど、やっぱり闘病は大変だったのかなと感じました(涙)。

その前の男の人のサインの話は(どこかで聞いたことあったような)、デヴィッド・ボウイが「ゲイリー・オールドマン」と書いたサインなんて
超レアで逆に羨ましいです(笑)

[6845へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:2/26-23:27
頬骨がまた目立つくらい痩せてしまった、ということだと思います。極度に細かった70年代の彼のトレードマークが戻ってきたよ、みたいな。しかし今のところ、トリビュートを見るたびにボウイさんの歌唱力の偉大さをことさら感じてしまって悲しいです。

[6845へのレス] 投稿者:ゆめゆめ 投稿日:2/27-02:54
Elmoさん、ありがとうございます。サインの話、「なんだかボウイさんがやりそうな感じがするなぁ」とつい笑ってしまいました。辛く苦しい時でもどこか笑いにして、ご病気と戦っていたんでしょうね。ちょっとだけ自分もいつまでも落ち込んでいられないような気がしてきました。

[6845へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:2/27-19:52
Hansaさん、ありがとうございます!なるほどです、理解しました。・・・やっぱり大変だったんでしょうね(涙)

[6845へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:2/27-19:54
ゆめゆめさん、そうですね、私たちもポジティブに頑張らないとですね。

[6829] Brit Award David Bowie Tribute 投稿者:Hansa 投稿日:2016/02/26(Fri) 05:54
https://www.youtube.com/watch?v=C7l3y7LOzLc

前に投稿したサイトから観られなくなっているようなので。

こちらは、アニーレノックスさんのイントロダクションもあります。
リアリティーツアーのメンバー、皆さん元気でいらっしゃるんですね。

[6829へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:2/26-06:35
消されてましたね・・ファンが本当に望む演出で驚きです。超ビックスターの集まる中で・・営利無しで。日米では考えられませんよ。

[6829へのレス] 投稿者:seven 投稿日:2/26-18:06 <HOME>
皆さんの演奏に歌声・・最後のボウイさんの写真が好きです。

[6829へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:2/26-19:27
アニー・レノックスとゲイリー・オールドマンの震えた声を聴いただけで、涙腺がゆるみました・・・。

[6829へのレス] 投稿者:Xray 投稿日:2/26-21:09
本当に演奏終わりの最後の写真が素晴らしいです。「僕からの贈り物はこれだけ。もう十分だろう。そろそろお先に次のステージへと旅立つよ。それじゃあね。」みたいなボウイさんの言葉が聞こえてきそうで感動します。

[6829へのレス] 投稿者:Katei 投稿日:2/28-05:35
最後の写真で、やっと区切りがつけられた気がします。皆さんのように上手く表現出来ませんが、Hansaさん、ありがとうございました。

[6824] みてください 投稿者:Hansa 投稿日:2016/02/25(Thu) 09:43
http://flavorwire.com/562876/lordes-david-bowie-tribute-will-prob ..... ke-you-cry

ボウイさんのバンドメンバーによるトリビュート。すごい!

[6824へのレス] 投稿者:たくや 投稿日:2/25-21:00
素晴らしいトリビュートでした!

[6824へのレス] 投稿者:シュウ 投稿日:2/25-21:34
リアリティツアー思い出しました。よかったです。

[6824へのレス] 投稿者:ひろ 投稿日:2/25-23:18
アップしていただき感謝です。さすがボウイの母国。ファン泣かせの演出と選曲に感動しました。正直グラミーより好きです。

[6823] ミュージックシアター「Lazarus」 投稿者:Hansa 投稿日:2016/02/25(Thu) 09:27
ボウイさんが最期に残した★の双子ともいうべき「Lazarus」、どんな作品だったのか知りたくて少し調べてみました。

ちなみにミュージックシアターとはヨーロッパでは確立されているジャンルで、ミュージカルと違って役者は歌いながら芝居はせず、普通の演劇にライブミュージックが映画のように使われるもの。
アメリカではいまだこのジャンルが浸透していない為、不本意ながらこの作品をミュージカルと呼ぶことにしたそうです。

物語はあの映画から40年ほど経った現在、あいも変わらず老いることも死ぬこともできず、孤独で無為な暮らしを続けるトーマスジェロームニュートン。
あの聖書の中に出てくる「生き返らされてしまった」男Lazarusのように。
そんな彼の魂を救済しようと天使が奮闘する、、

ライブ曲は、Lazarus で幕を開け、その後It's No Game/This Is Not America/The Man Who Sold The World/No Plan新曲/Love Is Lost/Changes/Where Are We Now/Absolute Beginners/Dirty Boys/Killing A Little Time新曲/Life On Mars/Always Crashing in the Same Car/Valentine's Day/When I met You新曲/と続き、最後にHeroesで幕は閉じる。

ボウイさんにとってトーマスは本当に自分の分身だったようで、リハーサル中にトーマスのことを話す時に第三人称のHe/him を使うべきなのに、What's about ME?のように第一人称で語ることがよくあって、みんな「えっ」と固まることが多々あったそうです。
そして天使の役は13歳の少女によって演じられていて、彼女は娘のレクシーちゃんの分身。
トーマス(=ボウイ)と天使(=レクシー)は、数々のボウイさんの名曲を劇を通してデュエットし、最後にはHeroesを歌い上げる。(うう、、切ない)
そして結末は悲しいものだそうです。

最近の(晩年の)ボウイさんは自分の原点への回帰なのか、Where Are We Now? のように70年代の自身をテーマにしてますよね。
このThe Man Who Fell to Earth への新たな取り組み、、トーマスのことが心残りで、放っておけなかったのでしょうか。
それとも死とは彼にとってある種の解放であり、魂の救済であるということを伝えたかったのでしょうか。
彼がイーノさんに送った最後のメールに署名したDawn(夜明け)。死とは次の段階への夜明け、、なのかな。

[6823へのレス] 投稿者:seven 投稿日:2/26-18:01 <HOME>
Lazarus確かに近年のボウイさんの感性があるのでしょうね。それから70年代への追憶、リアリティもBting me Discoking即ち70年代の追憶で終わってます。トーマスはボウイさんのアウターエゴなのかなと思いました。一千年の孤独。日本でも観れたらいいのにと思います。

[6823へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:2/26-19:26
「Lazarus」の舞台、観たいです。日本でも公演してほしいですね。選曲もそそりますね・・・。結末は悲しいのか・・・。私もボウイは死は次のステージのようなものとして捉えていたように思います。

[6823へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:2/26-23:34
ロンドン公演は話が持ち上がっているようですが、チケットの争奪戦が凄そうです。もともと200人の観客の為に作られたようなので。NY公演の値段は最後には一枚2400ユーロ相当まで跳ね上がったとか。私は欧州住まいなので、こちらでの公演の情報が入ったらまた投稿します。

[6821] ボウイが笑わせようとしている! 投稿者:小嶋保 投稿日:2016/02/25(Thu) 01:55
Elmo さんへ


お返事ありがとうございます。

ボウイのお墓は僕の妄想です。

申し訳ありません。

「THE NEXT DAY」感想ですが、

詩は難解ですが曲調は優しいですね。

あとプロモーションビデオもおもしろい。


「The Stars (Are Out Tonight) 」では奥さんの尻敷かれた

なんかさえないおどおどした男を好演。


「Where Are We Now?」では

別れた2人、人形の顔も合成だろうと最初思わせて、

最後ネタばらしで2人は曲の間、狭いフレーム一緒に居ました、

という落ちにもクスッと笑いました。

「ボウイが笑わせようとしている!」

でも良く考えれば、ボウイは「難解な詩」とは反対に

みんなに分かりやすい曲調とプロモーションビデオで

自分のメッセージを伝えたかったんだと思いました。

[6821へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:2/26-19:17
そんな、謝らなくても大丈夫ですよ。そうですよね、結構笑えるつぼのあるPVは多いと思います。"Loving the Alien"も歌詞はなかなかヘビーですが、当初リリースされたPVに、鼻血シーンがありました。その後、カットされちゃったみたいですが。。。

[6821へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:2/26-20:17
ご返答ありがとうございます。鼻血シーンか!(笑)見たい!いつかyoutubeで。

[6821へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:3/9-13:21
Loving the AlienのPVを見ました。難解でした。宇宙人の話と思ったら違っていました。「Alien」は非キリスト教徒という意味も含んでいたんですね。でもPVではボウイは顔を青く塗り、水面上を静座で異動。これはイエスが「イエスは湖の上を歩いて弟子たちのところに行かれた」(マタイによる福音書14章22節〜33節)のパロデイですね。笑わせてくれますね。詩は難解なのに。

[6821へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:3/9-13:28
ボウイにとってこの曲は重要みたいですね。リアリティーツアーでアコースティックで演奏したという記事を読みました。

[6821へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:3/11-02:16
Elmoさんへ 「★」の解釈を読ませていただきました。今後、参考にします。

[6817] ご承知かと思いますが 投稿者:ひろ 投稿日:2016/02/24(Wed) 22:41
公開中のオデッセイという映画に、劇中にスターマンが流れるそうです。かなり効果的とのこと。まだ観てないので詳しく説明できなくてスイません。
そういえば、ちょっと前のインターステラーっていう映画もボウイがかかってませんでしたっけ・・・一瞬。いや気のせいだったかな。。。(苦笑
ボウイの曲ってたまに映画のbarのシーンでバックでかかってたりしてますよね・・・それに気づたときついニヤけたりしちゃいます。^^

[6817へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:2/26-01:40
良い情報ありがとうございます。ご存知だと思いますが、「ポンヌフの恋人」https://www.youtube.com/watch?v=409W8TzFT8Q

[6816] 今日WOWOWで 投稿者:seven 投稿日:2016/02/24(Wed) 22:01 <HOME>
今日の夜11時30分からWOWOWでジギースターダストモーションピクチャー、やります。まだ見ていない人がいたらぜひ。

[6815] 地方なもので 投稿者:Xray 投稿日:2016/02/24(Wed) 18:02
書き込み失礼します。
とても遅ればせながら、映画『Davidbowie is』を観てきました。オレンジジュースを飲みながら。
映画館でボウイの曲を聴くのはベン・スティラーの『LIFE!』以来ですが、やっぱり感動しました。
普段映画を観る時は、今どれ位時間経ったかなと時計を見ることが多いんですが、ずっと凝視してました。
来日予定の回顧展の予習になって良かったです。
この展覧会って一日で見きれるのかな…

[6815へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:2/26-19:11
Xrayさん、はじめまして。日本の会場の規模がまだわかりませんが、ロンドンで私が見たときは、8時間くらい会場にいました。。。 お察しのとおり、全てがレアものでファンにはたまらないので、ひとつひとつ足を止めて観て回ったり、流れている映像類を一通り観ていくだけでも、あっという間に数時間は過ぎていくと思います。 映画の中でトークショーをしてたと思いますが、そこでは、3面ボウイの巨大映像を流し続けていたのですが、腰掛けられたので、かなりそこにもいました。 ファンの方であればあるほど、ちょっと寄る程度ではなくてがっつり時間を作って見に行ったほうがよいかなと思います。入場料も5千円くらいしたので、がっつりみないと損ですが・・・。

[6815へのレス] 投稿者:Xray 投稿日:2/26-20:47
返信ありがとうございます。そうですよね、やっぱりいつまでも足を止めて見ていたい展示が多いんだろうなと予想します。写真撮影とかは当然できないんでしょうね。あと私は英語が全然なので、

[6815へのレス] 投稿者:Xray 投稿日:2/26-20:53
(切れちゃいました)英語ができないもので、日本語解説を付してくれるかなとか考えてしまいます。それを考えると主催者は準備が大変ですね。入場料の事も全然考えてなかったです。まあお金を出し惜しみするような類のものではないでのですが。あと映画ではトークショーの場面でティルダスウィントンが出てくるものと思い込んでいましたが、次かな次かなと思っているうちに終わってしまいました。(笑)

[6815へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:2/26-21:07
音声ガイドが全員必須で渡されて、ヘッドフォンをつけて回りました。立った場所の展示物の解説や音楽が、都度流れてきます。日本では、日本語の解説も流してくれるだろうと私も期待しています。

[6815へのレス] 投稿者:Xray 投稿日:2/26-21:13
是非遠慮せず、ロンドンと同等の大・大回顧展にしていただきたいと思います。

[6807] あなたもアラジンセインに 投稿者:Hansa 投稿日:2016/02/24(Wed) 07:34
こんなアプリが。http://extra.stubru.be/bowiefy/
Upload Foto をクリックして自分の写真を選ぶと写真の上にあのメイクが足されます。
しばし、遊んでみて下さい。

[6807へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:2/24-08:13
Cheer up の為に、このアニメすごくよくできてます。RIP David.. https://www.youtube.com/watch?v=FODvjYoVEi8

[6807へのレス] 投稿者:seven 投稿日:2/24-09:42 <HOME>
楽しそうだけど恐れ多い気も。ファニーですよね。

[6807へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:2/24-10:59
おふざけっぽいアプリに見えますが、結構真面目なんですよ。訳です。「あなたのプロフィール写真をボウイ化しよう! あなたもボウイの死によって心からショックを受けている一人ですか?あなたのプロフィール写真にあの伝説的な稲妻のメイクをして、シェアーしましょう。」という、ボウイさん追悼の運動なんです。Stu Bruはボウイ星座を申請したり、色々とボウイさん追悼のアクションをしてます。

[6807へのレス] 投稿者:seven 投稿日:2/24-14:29 <HOME>
ボウイの星座、とても好きですよ。ブラックスターのアートワークもクリエイティブ・コモンズでシェアしてアートモチーフに出来るみたいです。正しくボウイさんの音楽の愛はブラックスターのように大きな質量を持ち生き続けるんだなと思いました。

[6803] 正伝寺にボウイのお墓を立てる運動を 投稿者:小嶋保 投稿日:2016/02/24(Wed) 06:30
Elmoさんへ


はじめまして。
THE NEXT DAYの解釈とか、過去のBBS
を拝見いたしました。その驚異的なボウイ愛に圧倒されました。

そこで妄想を述べたいと思います。

ボウイが愛した正伝寺(CMの撮影場所としてボウイが指定した)

にボウイの墓があったら良いのにな、と思うんです。

ボウイはバリ島に散骨を頼みましたが、

京都にお墓があっても良いと思います。


Hansaさんへ

大変申し訳ありませんでした。

[6803へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:2/24-23:56
小嶋保さん、はじめまして。書き込みありがとうございます。そうですね・・。どこか献花できるようなところがあるといいのに・・・とも思うのですが・・・。★の解釈も作り始めました。ただ、どうしても"I can't give everything away"に来ると涙が止まらなくなってしまい、進みませぬ(/-;)

[6803へのレス] 投稿者:seven 投稿日:2/25-00:40 <HOME>
Elmoさん、僕も悲しみに打ちひしがれる時あります。だけどボウイさんの音楽としての熱は絶えず光を呼び起こし僕らを導いてくれると思います。★の解釈楽しみです。

[6803へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:2/26-12:08
Elmoさんの The Next Dayの解釈、すごく勉強になりました。読んだ前と後では、アルバムの印象がかなり変わりました。もし他のアルバムの解釈を過去にもされていたら、また投稿していただけませんか?

[6801] イギーポップ 投稿者:jack 投稿日:2016/02/24(Wed) 05:43
レディガガのも良かったですが、こちらはもう感激します。沢山共作し、イギーのカバーをするボウイの曲は聴いてきたけど、ボウイの曲をカバーするイギーポップは個人的に初めて聴きました。もう少し良い画質音質で…いや是非とも生のライブで聴いてみたいです。
http://www.billboard.com/articles/news/6882961/iggy-pop-david-bow ..... ight-tibet

[6801へのレス] 投稿者:jack 投稿日:2/24-05:50
トゥナイトは自身のアルバムにも入ってますが、ジーンジニーってのがまた良いです。

[6801へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:2/24-06:35
tonightの作詞はイギーポップで作曲はボウイです。ちなみに意義ーの誕生日は4月21日。私と同じです。

[6801へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:2/24-07:18
マリリンマンソンがキャットピープルのカヴァーをしました。なかなか聴きごたえがあります。彼の書いた追悼文も私は個人的にはかなり心に響きました。http://stubru.be/popnieuws/mafmarilynmansoncovertbowie

[6801へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:2/24-07:21
tonightはイギーののアルバム「Lust For Life」の4曲目1977年製作で、この年はボウイも「Low」「Heroes」 を製作しています。イギーの詩良いですよ。ボウイがイギーが好きな理由が分かります。イギーの歌詞で笑える詩を紹介「She laughed and said "iggy,You have got a biggy!"I had no reply.So I just closed my eyes.In wild America」

[6794] 正伝寺にボウイのお墓を立てる運動を 投稿者:小嶋保 投稿日:2016/02/24(Wed) 04:25
Hansaさんへ

はじめまして。
THE NEXT DAYの解釈とか、過去のBBS
を拝見いたしました。その驚異的なボウイ愛に圧倒されました。

そこで妄想を述べたいと思います。

ボウイが愛した正伝寺(CMの撮影場所としてボウイが指定した)

にボウイの墓があったら良いのにな、と思うんです。

ボウイはバリ島に散骨を頼みましたが、

京都にお墓があっても良いと思います。



[6794へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:2/24-05:22
きっとElmoさんとお間違えになっていらっしゃいますよ。私はごく最近こちらにお邪魔させていただきはじめた者です。そうですね、日本にもファンの方たちの拠り所となる場所があるといいですよね。ちなみにボウイさんの亡くなった日に、彼の追悼の為に新しい星座が申請され、許可されました。http://stardustforbowie.be 私は空をよく見上げてはボウイさんに勝手に話かけています。

[6790] 続けて書き込みしてしまって・・ 投稿者:seven 投稿日:2016/02/24(Wed) 02:50 <HOME>
続けて書き込みしてしまってごめんなさい。
ボウイさんのブラックスターとエルヴィスのブラック・スターの符号が気になって調べてみました。
言葉を失いました。
次のulrからエルヴィスのブラック・スターを観てみてください。
https://youtu.be/h0Jkv1cs6PE
皆さんならきっと分かるはず。
後ブラックスターとブラック・スターの符号について言及しているリンクもあります。僕はテキストは読めるのですがヒアリングが駄目で、ニュアンスだけでも伝えてくれる人いないかな。
https://youtu.be/t49bJzEcV9E

[6790へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:2/24-03:19
http://www.telegraph.co.uk/music/news/does-a-1960s-elvis-song-hol ..... r-and-5-o/ ボウイさんは自分が「キング」と同じ日に生まれたことにある種の運命を感じていたようだし、エルビスのこの歌もレフェレンスの一つではあったけど、それだけではないと思います。星が死んで熱がなくなっても、巨大な塊は残り、それをブラックスターと呼びます。肉体がなくなった後も彼の残したものは大きい。そんな彼の人生のメタファーとしての★でもあると思っています。乳がんの容態をブラックスターと呼ぶとか、色々と言われてます。様々な謎を投げかけるのはボウイさんらしいのでしょうね。このことについては色々探しました。テキストが読めるのならこちらの記事を。

[6790へのレス] 投稿者:seven 投稿日:2/24-03:30 <HOME>
Hansaさんありがとうございます。巨大な塊、メタファー。ブラックスターにはそのような意味もあるのですね。凄くイマジネーションを感じます。ボウイが送り続けた伝言みたいな。記事これから読ませてもらいますね。本当にありがとうございます。

[6790へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:2/24-05:13
各国のメディアをさまよって、ボウイさんに関する記事を拾い集めています。言葉の勉強になるし、と言い訳しつつ。記者との相性があったり、ご当地色があったり、、

[6790へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:2/24-07:59
この記事も色々と、レフェレンスと噂されていることについて書いてあります。トリビアというか、、http://www.theguardian.com/music/2016/jan/21/final-mysteries-davi ..... a-of-ormen

[6790へのレス] 投稿者:seven 投稿日:2/24-09:26 <HOME>
記事訳するのに時間かかったけれどどうにか読めました。イコノグラフィを感じさせる記事でした。そしてボウイの人生を遡るようにエルヴィスも聴けたらなと思いました。ありがとうございます。また新しい記事読ませて頂きますね。

[6790へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:2/24-17:32
Blackstarのビデオを読み解こうとするサイトなんかもあって、皆さんそれぞれ論文が一つ書けそうな感じです。昔リンチの映画、マルホランドドライブが上映された頃、沢山の人が謎解きに熱中したのを思いだしました。

[6790へのレス] 投稿者:seven 投稿日:2/25-01:05 <HOME>
マルホランド・ドライブ、素敵な映画ですよね。しーっ、お静かに。海外の方の★の謎解きのサイト見てみたいなと思います。僕も昔ですがヒーザンの読み解きとリアリティのドキュメントサイトに載せていました。ボウイさんは最後まで、そしてこれからも僕達を退屈させないんでしょうね。50thanibersaryのライブの「退屈だけはさせないよ」の言葉のように。目頭が熱く、瞳が赤くなります。

[6790へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:2/25-08:07
今の時点で177コメント、皆さんアイデアが豊富。さすがに読みきれません、、そしてボウイさんへの愛を感じます。http://flavorwire.com/548737/deconstructing-the-imagery-in-david- ..... star-video

[6785] サウンドアンドビジョン 投稿者:seven 投稿日:2016/02/23(Tue) 06:51 <HOME>
ボウイさんの1990年の東京ドームの映像です。
いつまでも残るように。
https://youtu.be/HtU4-dil84g

[6785へのレス] 投稿者:ひろ 投稿日:2/23-22:57
懐かしいですね!初の生ボウイさんに絶叫しました。奇をてらった演出はなかったけど、ベストヒット曲ツアーでベストば

[6785へのレス] 投稿者:ひろ 投稿日:2/23-22:58
ヒット曲ばかりで、とてもいいツアーだったと記憶しています。

[6785へのレス] 投稿者:seven 投稿日:2/24-00:55 <HOME>
ひろさんそうですね。ボウイはこのツアーで自分の仮面を葬ろうとしたのかな。スペースオディティで始まりロックンロールスーサイドで終わる。素敵なライブでした。

[6778] Berklee commencement address 投稿者:Hansa 投稿日:2016/02/22(Mon) 18:51
ボウイさんが亡くなったのをきっかけに、色々と映像がネットにアップされてきていますね。
https://www.youtube.com/watch?v=IZNEvTYVo4s&ebc=ANyPxKoBiYTif ..... DPVUL-YWLc

学生達に伝わりやすいようにかなりジョークを交えたスピーチ、彼の優しさが伝わってきますが、面白すぎて泣き笑いました。

[6778へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:2/22-21:26
ロシアのファンの方のサイト?写真がいっぱい。http://twiggalina.tumblr.com/archive

[6778へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:2/22-21:45
SNSは要チェックですね♪消される可能性も有りますもんね。

[6767] レディガガのパフォーマンスは 投稿者:seven 投稿日:2016/02/22(Mon) 06:09 <HOME>
YouTubeで見れますよ。
https://youtu.be/3fGBZhsa4VU
確かに賛否両論あると思うけどボウイさんの音楽が皆に開かれていると思えば良いと思います。
布袋さんのBOOWYもかな・・詳しくは知らないけど。

後ボウイさんのブラックスターとエルヴィスのブラック・スターには何か符号性が有るみたいですね。

確かボウイネットで読んだけどエルヴィスはボウイさんのアイドルだし、近年かな・・ボウイさんの写真でエルヴィスとオーバラップする写真を見たし。

ボウイさんが死んだ事まだ受け入れられなく、ふとした拍子にうちひがれます。だけどボウイさんがそうだったようにボウイへの愛は永遠です。

[6767へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:2/22-21:42
ガガさん、歌が上手いのでビックリ。ボウイの曲は女性のカバーが良いんです。

[6767へのレス] 投稿者:ひろ 投稿日:2/22-22:26
米国人Rebel Rebel好きですよね。マドンナも唄ってたし。ほかにもノリのいい曲あるのに。特徴あるギターリフとロック的なメッセージが彼らに好まれるのでしょうか。

[6767へのレス] 投稿者:seven 投稿日:2/23-04:18 <HOME>
ブラックブックさん、レディガガ、確かにそうですね。ボウイのカヴァーは女性でいいですよね。

[6767へのレス] 投稿者:seven 投稿日:2/23-04:20 <HOME>
ひろさん、Rebel Rebelのギターリフ確かに印象的ですよね。胸の高鳴りを感じます。

[6767へのレス] 投稿者:seven 投稿日:2/23-16:05 <HOME>
レディガガはボウイを意識したメイクなど以前からしてましたよ。興味があって色々検索しました。確かにアンジーにそっくり!

[6766] ローリング・ストーンズマガジン 投稿者:seven 投稿日:2016/02/22(Mon) 04:58 <HOME>
今晩は。
今ローリング・ストーンズマガジンでボウイさんのインタビューが読めます。ゲイル・アン・ドロシーのインタビューから様々な時代のインタビューを。
ボウイさんが僕達に与えてくれたイマージュは本当に偉大だったんだなと思います。その表現者としての苦悩すら。
もし興味を感じたら読んでくださいね。
http://rollingstonejapan.com/articles/detail/25432/ALL
ボウイと手塚治虫を愛するsevenより。

[6766へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:2/22-17:55
読ませていただきました。ありがとうございます。ボウイさんがステージの袖にバケツを置いていたくだりは切ないです。体調が悪くても誰も彼の代わりにステージに立てないんですよね。。2万人の観客がいれば、2万x2時間分の人生を良いものにするか、つまらないものにするかが、彼一人の肩にかかっている。I've got scars that can't be seen.. 底なしの孤独。でも彼の周りにはいつも素敵な仲間が集まっていましたね。

[6766へのレス] 投稿者:seven 投稿日:2/22-18:11 <HOME>
Hansaさん、ボウイのバケツを置いていた描写、その頃から体調悪く、心臓の病気も進んでいたのかなと思うと本当切ないですよね。僕はリアリティツアーの武道館2日目でボウイが僕に手を振っていたように見えた感覚があります。まだ死んでしまったなんて信じられないです。だけどゲイル・アン・ドロシーやマイク・ガーソン、トニー・ビスコンティ達素晴らしい仲間に囲まれていたんだと思います。イマンやアレクサンドラとも。リアリティの最終曲ブリングミーディスコキング、それが追悼になりリアリティが終わる、ボウイは今までの集大成だったのかなと思います。本当の引退宣言のように。家族に囲まれて、沢山の仲間、ファンに囲まれて生き続ける。時々いたたまれる時もあるけど幸せな記憶と共にボウイは生き続けるんだなと思います。

[6765] ボウイはfine artistを求めていた。 投稿者:小嶋保 投稿日:2016/02/22(Mon) 02:32
youtubeでボウイのインタビューを見ていたら、ボウイが「自分はfine artistになりたかったんだ」と言うのを見て、ボウイの謎が少し解けた気がした。

ボウイは使い捨てのポップスターになりたいと思っていなかった。ビートルズの曲のように人々の心に残りいつまでも歌い続けられる曲を作るアーティストになりたかったんだろうな、と思った。

誤解を招くかもしれないが、「fame」を求めていたんだろう。それも真剣に。

「Serious Moonlight Tour」の「Serious」の意味は「使い捨てのポップスターのようだけど、自分気持ちを伝えたい気持ちはSerious」なんだという意味と思う。

[6765へのレス] 投稿者:seven 投稿日:2/22-07:04 <HOME>
僕もそう思ってました。レノンが銃殺されてから2年の沈黙を守ってからのツアー。同じことを考えている人がいて嬉しいです。

[6757] ボウイさんと仕事をした人々 投稿者:Hansa 投稿日:2016/02/21(Sun) 19:51
https://www.youtube.com/watch?v=osnmCDwwA1s 
元La La La Human Steps のダンサーのルイーズさん、カナダの追悼番組で、ボウイさんとの出会いや公演中のエピソードを語ってらっしゃいました。あまりにも魅力的で仕事に集中するのが大変だったそう。
最近、ご自身で作品を作っていて、ボウイさんにどこか似ていると批評されてます。来週 彼女のステージ見てきます。

[6757へのレス] 投稿者:世界に売られた男 投稿日:2/21-20:41
この人、fame90やlook back in anger(new version)に出ていてボウイを持ち挙げた人ですよね?もうそれなりの歳になると思いますが、歳を全く感じさせないキレキレのダンスでしたね!スゴイ!

[6757へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:2/21-22:05
あのワイルドなプラチナブロンドは憧れでしたね。もう57歳だそう。現役でいてくれるのは嬉しいです。

[6757へのレス] 投稿者:マーキー 投稿日:2/21-23:16
情報ありがとうございます!セルフプロデュースなんですね!シャープな動き、凄く音楽性ありますね!ご覧になった感想を是非!

[6757へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:2/21-23:50
もっと長めのプレヴューも。https://www.youtube.com/watch?v=F516qFx7zdw ちょっと遠いんですが行ってきます。

[6757へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:2/22-16:40
筋肉が凄くて、美人でしたよね!

[6754] レディー・ガガ 投稿者:UNNPA 投稿日:2016/02/21(Sun) 16:07
グラミー賞でのデヴィッド・ボウイ追悼パフォーマンス、良かったです。タトゥーまで入れちゃったんですね。

[6754へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:2/21-17:51
賛否有るかもですが、素直に良かったです。後から気づいたんですが、アンジーにそっくり!

[6754へのレス] 投稿者:UNNPA 投稿日:2/21-22:34
よく気づきましたね!言われてみれば確かにソックリです!

[6751] 哀悼のバラ 投稿者:シュウ 投稿日:2016/02/20(Sat) 09:51
感動しました。久しぶりに京都に行きたくなりました。
リアリティツアーでは南禅寺にも行ったんですよね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160219-00000020-kyt-l26

[6751へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:2/20-10:59
なんと、一昨年の夏にこの商店街の中の旅館に泊まって、ここで買い物しました。ボウイさんがいらしてたとは驚き。

[6751へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:2/20-22:11
細かい話ですが、前は「デビットボーイ」って書いてあったのが、ちょっと修正してあります。

[6751へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:2/21-19:04
何度も前を通ったはずなのに気がつかなかった私って、、とても良い旅館だったんで、また行きたいです。

[6751へのレス] 投稿者:Xray 投稿日:2/21-20:34
う〜ん。一昨年の暮れに行って写真を撮らせてもらいましたが既に「ボウイ」と修正されていました。「ボーイ」のままでも味が有ったかもですね(笑)

[6745] はじめまして 投稿者:はく 投稿日:2016/02/17(Wed) 20:45
初めまして。色々調べていたらここに辿りつきました。私は生のボウイさんを観た事はありません。2013年にDAVID BOWIE ISをロンドンまで観に行きました。そして★になってしまいました。少し休暇が出来たので2/22日からブリクストンまで行ってきます。治安は心配ですが、訪れずにはいられなくなりまして…。
ちなみに一人旅行です。

[6745へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:2/18-20:58
はくさん、はじめまして。私も2013年にロンドンまでDAVID BOWIE ISを観に行きました。素晴らしかったですよね。Brixtonにもその時に行ってみたのですが、地下鉄で普通に行けましたよ。 昔は怖くて近づけなかったのですが、かなり明るい雰囲気になってました。ボウイの生家も駅から遠くないのでよかったら行ってみてくださいね。(といっても普通の家ですが。)

[6745へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:2/18-20:59
お戻りになったら、どんな感じだったか教えてもらえると嬉しいです。Brixtonの壁の絵はそのままあるんですよね、きっと・・・。

[6742] アーサー・フォーゲル&NHKスペシャル 投稿者:Elmo 投稿日:2016/02/17(Wed) 12:15
映画「アーサー・フォーゲル〜ショービズ界の帝王〜」が3月5日から公開になります。
ボウイもちょっと出ているようです。

http://www.arthurfogeljapan.com/

後、今週末はNHKスペシャルですね。「1960年代末、若者たちの反乱」2月21日(日)21:00
http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/trailer.html?i=03758


[6742へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:2/17-19:32
Elmoさん、ありがとうございます。BSかと思ってアレって…??通常のNHKでした!

[6742へのレス] 投稿者:ゆめゆめ 投稿日:2/18-20:50
Elmoさん、情報ありがとうございます。インフルエンザ、大変でしたね。今月になってなんだか流行っているみたいですね。ご自愛くださいませ。NHK見ます。

[6742へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:2/22-16:43
時間短縮の流れだったけど、見応え有りました。東ベルリンの映像は感動しました。

[6725] 投稿者:ブラックブック 投稿日:2016/02/13(Sat) 07:27
Hansa さん、下記内容が多かったですね・・お付き合いさせて頂きます。

ボウイは初期の作品から死を意識した内容が多かったと思います。

スペースオデティ〜アッュドゥトゥアッュドゥなど有る意味、間接的というか芸術的内容でした。

アースリング以降は老い、宗教的な詩や麻薬の批判、戦争などリアルなインタビューも多く感じました。ボウイも一人の人間なんだなぁと。
個人的には好きで無かった。

★のジャケット見たとき、最後のアルバムです。ってインタビューが有るんではと思いました。何も起こらずほっとしました。
【ラスト】コンサートやります。ってコミットするんでは無いかと予想しました。(最後って言わないで)笑。

★はファン一人に個別に送った贈り物として大事に受け取っています。

[6725へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:2/13-17:26
私も後年の作品は数年前まではあまり好きではなかったです。Low、Station to Station あたりの刹那的な彼と仲間達の感じが好きで。それが自分自身老いを感じるようになり、守るべきものができてしまい、友人が亡くなってゆく中、後年の作品を好んで聴くようになりました。最後まで死期を隠したのは彼らしく思い、そうですね、私もほっとしましたね。

[6725へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:2/13-18:30
そして、、若者にとって死とは選べるもの。死を意識していても、どこか贅沢な美しさや輝きがある。老いていくものにとって死は避けられないある意味醜い終わり。★はいまのところ聴くのが辛いですね。これからどう生き進めるのかの覚悟をしなくてはなあ。

[6725へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:2/14-07:38
一ファンとして最大の衝撃を受けてから。69歳-00歳(自分の歳)=00歳。 悔いを残さない様に大切にしたいと教えられた気がします。肉親も含めて・・そんな事を考える何て余りしていませんでした。 

[6725へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:2/14-10:35
ボウイさんの人生を振り返って、ふと世阿弥の風姿花伝の第1章を思い起こしました。能役者としての人生の7つの時期を描いているものです。その老年期の部分で彼は父観阿弥の逝去する直前に舞った能についてこう語ります。「能は枝葉も少なく、老木になるまで、花は散らで残りしなり。これ、眼のあたり、老骨に残りし花の証拠なり。」彼の舞いはあまり動かず控えめなのに、そこにこれまでの芸が残花となってあらわれたと。青少年期の時分の花、壮年期のまことの花を経て、残花となる。これこそが芸術の完成であると。日本文化に造詣が深かったボウイさんなら花伝書も読んでいたかも。さて、真面目な話はしばし置いておいて、少しレアな映像を。http://atv.be/nieuws/antwerpen-sprak-nog-met-david-bowie-na-laats ..... rpen-23118 ベルギーの都市アントワープのローカルテレビで流れたボウイさんが亡くなった日のニュースです。リアリティーツアー時のそのローカル局での独占インタヴューなどが少しですが。それでは。

[6725へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:2/14-18:06
とても良い話、有り難うございましたm(__)m。

[6725へのレス] 投稿者:Katei 投稿日:2/15-00:27
ボウイを知らない人に、日本人に例えるなら誰?と聞かれ、私も「強いて言うなら、能の世阿弥かなぁ」と答えてました。間違ってなかったと、嬉しくなりました

[6725へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:2/15-20:56
おお、そうなんですか。私も嬉しいです。長年考え続けてきた「花」ということがおぼろげながらにわかった気がしています。それにしても彼の死に様は凄まじい。そして美しい。あまりの衝撃にまだクラクラしています。Elmoさん、素敵な掲示板をありがとうございます。駄文を長々と失礼いたしました。

[6725へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:2/16-17:26
Hansaさん、こちらこそありがとうございます。(インフルエンザにかかってしまいレス遅れてすみません。)能のお話興味深かったです。ベルギーの映像もありがとうございました。「ブリュッセル」の綴りに複数形のSがつくことについてつっこんでて、ボウイらしいですね(涙)

[6725へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:2/17-08:52
お大事になさって下さいね。私はなかなかネットから離れられない日々です、、ダメですね。今日ガガさんのトリビュート見て、そのあとHeroesのアルバムを聴きました。(涙)

[6724] ルールを変えてくれ 投稿者:Hansa 投稿日:2016/02/12(Fri) 23:36
ブラックブックさん、そうですよね、彼は本当に予言者だったのかも、、

こんなインタビューも見つけました、意訳ですが、お付き合い下さい。
Heathen発売時のものです。(原文は独語)

「僕は誰とも心を通い合わせることができずにいた、でも今は違う。全てがうまく落ち着いた、クールな場所にね。
(ロボットのような声で) ボクはコノ世界デ、ウマくやってるよ、他の生き物タチとも関係を修復デキタ。。
でもそんな僕をナーバスにさせるのが、生命には終わりがあるってこと。自分自身と他人のことをようやく理解することができたのに、死ななきゃならないなんて何てクソみたいなゲームなんだ。
誰かこのゲームのルールを変えてしまえないかな?
僕は200、いや300歳にはなりたい。」

ボウイさんは200、いや300年もの時を経ても皆の心に生き続けるでしょうね。

[6721] Under your heaven 投稿者:Hanza 投稿日:2016/02/12(Fri) 20:18
初めてお邪魔させていただきます。
ボウイさんがお亡くなりになってから、どうにもいたたまれなくてネット上をさまよい、こちらにたどり着きました。

色々な追悼記事や雑誌によってあらためてボウイさんの偉大さをかみしめているところです。
ボウイさんのインタビューを読むと、ボウイさんが目の前で語ってくれているような臨場感があり、亡くなったことをしばし忘れてしまいます。

今繰り返し読んでいる93年のインタビューからなんですが、

「僕には世界に対して大切な贈り物があると知っていた。自分でも何だかわからなかったけど、何か芸術的なことだろうなと思った。子供時代を僕は自分にこう言い聞かせながら過ごしたー「僕は偉大な芸術家だ、僕は認められるべきだ。」僕の目的はそれを世界中に知らしめることだった!今となっては簡単に言えることだけどね。でも本当に僕がいつか成功することに関して一抹の疑いも持っていなかったんだ。僕はいつか有名になる、そしてそういう人生に対してとても若い頃から覚悟ができていた。外から見たらただの恥ずかしがり屋で臆病な少年だったろうけど、僕の深いところでの自信はまったくもって驚くべき異常な現象だった。」

こんなことが言い切れてしまうボウイさんが私は好きです。そして素晴らしい驚くべき現象を体現いてくれた。贈り物は受け取り続けます、これからも永遠に、、、


[6721へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:2/12-22:55
残した曲の節々に予言の様な詩が沢山有りますね。

[6720] 追悼ストア 投稿者:TOMO 投稿日:2016/02/12(Fri) 11:50
池袋パルコで11日から開催中の「デヴィッド・ボウイ追悼ストア」に行ってきました。
Tシャツはデザイン、サイズとも割と豊富でしたが、他のグッズ類はストアのHPで見た種類より少なかったです。
これら順次入荷するのかもしませんが、入ったらすぐ売切れもあり得ると思います。
CDはありましたが映画など映像類は少なめ、洋雑誌はすぐ在庫切れになると予想されます。すでに売切れかもしれません。国内の雑誌はありました。

狭いスペースですが、初日の午後でレジ待ち5分程度の混み具合といったところでした。
3月1日まで。パルコ別館の方の1Fです。

行かれた方、その後の状況、品ぞろえなど教えていただけたら助かります。


[6720へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:2/12-22:59
まだ、行ってないのですが情報と戦利品など、お伝えします!

[6720へのレス] 投稿者:りゅうちゃん 投稿日:2/13-08:54
11日に心斎橋OPAの地下1Fの追悼ストアに行ってきました。激混みではないものの、まあまあお客さんは入ってました。みんなボウイのファンなんやなぁと思いながら、グッズを物色してましたが、おもったほど種類が少なく感じました。Tシャツは割と品揃えあった方ですが、あとは雑誌、CD、ダイヤモンドドッグスのマグカップ、ステッカー、キーホルダー、ポスターなどがありました。僕はアラジンセインのポスターとマグカップ、Tシャツを購入しました。ポスターは家の壁に勝手に張りましたが、1歳と5歳の子供がポスター見るたびに「こわいー」と言うので、「かっこええやろ!」と教育?しております。あと、お店にはブラックスターの白い大きなシートが壁にかけてあり、マジックでメッセージを書けるようになってたので、僕も残してきました。

[6720へのレス] 投稿者:TOMO 投稿日:2/14-12:02
りゅうちゃんさん、情報ありがとうございました。ストアのつくりはどちらも同じみたいですね。グッズが少なくてがっかりでした

[6720へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:2/16-23:18
今日行ったんですが悲惨でした。★TのサイズはXLのみ。Tシャツ以外殆ど無かったです。

[6720へのレス] 投稿者:TOMO 投稿日:2/17-11:44
ブラックブックさん、そうでしたか。こういうイベントはスタート・ダッシュが大事なのですかね。初日にはTシャツは豊富でしたが。今後グッズ類の新入荷があるのかどうかも疑問ですね

[6720へのレス] 投稿者:TOMO 投稿日:2/21-22:04
店のHPから通販でマグカップなどのグッズが買えます。店舗にないものでもOKです。

[6716] オフィシャルのフェイスブック 投稿者:jack 投稿日:2016/02/11(Thu) 18:21
すみません。英語が読めないのではっきりわからないのですが、ダンカンジョーンズさんにお子さんが出来たのでしょうか?ボウイの初孫ってニュースですよね?

[6716へのレス] 投稿者:世界に売られた男 投稿日:2/11-18:56
僕もオフィシャルとイマンのファイスブックでみました。僕も英語はできないですが、これはダンカン夫人のローニー・ロンクゥイロが懐妊したことに間違いないと思います。終わりを終える命もあれば、これから始まる新しい命もある。ボウイが亡くなった年に、その子供のダンカンに子供が生まれる。不思議な縁を感じるものです・・・・。日本語ではこちらに詳しく載っております。http://www.barks.jp/news/?id=1000124177

[6716へのレス] 投稿者:jack 投稿日:2/11-19:02
ありがとうございます〜!やっぱりそうなんですね!フェイスブックの翻訳の機能を使うとますます意味不明で困ってました。いやーもう少し時間が…などと思ってしまいますが、素直におめでたいニュースとして嬉しく思います!

[6716へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:2/16-17:10
jackさん、世界に売られた男さん、ありがとうございます。久しぶりにほっこりしたニュース、ほんとにCircle of lifeですね。元気な赤ちゃんが生まれてくれることを祈ってます。

[6715] Station to station 投稿者:ボロミンクン 投稿日:2016/02/10(Wed) 22:50
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160209-00138600-rorock-musi

皆さんご存知とは思いますが、ボウイさんの片腕アール・スリックらが、ビルボードライブで、Station to station再現ライブを行うそうです。

去年の「世界を売った男」再現と同じ趣向でしょうか?

[6715へのレス] 投稿者:crimson4000 投稿日:2/15-13:23
情報ありがとうございます。

[6715へのレス] 投稿者:crimson4000 投稿日:2/15-13:27
このニュースを見て、ふと、カルロス・アロマーさんは元気なのかしら?と思いました。

[6714] 火星の生活 投稿者:ボロミンクン 投稿日:2016/02/10(Wed) 22:40
僕は、ボウイさんが亡くなってから、実はそのことで泣くことは
一回もありませんでした。もちろんそれを知った時点では、立ちくらみがして、立っていられませんでしたが・・・

自分が冷たいだけかな?とも思ったのですが 
なんか「ボウイさんは火星に帰った。」みたいなイメージのほうがとても強いのです。

私だけでしょうか・・・?

[6714へのレス] 投稿者:ゆめゆめ 投稿日:2/12-01:40
ボロミンクンさん、実は私もです。あまりにもショックが大きすぎて、訃報から5日くらいは全く涙が出てきませんでした。少しだけボウイさんの冗談を言ってるインタビューやコントみたいな動画を見てから心がリラックスしたところでやっと少し泣けたのが一度きりです。悲しい感情が表に出せず、内に籠る感じのまま、ずっと過ごしてます。たぶんこの悲しさや喪失感は今年いっぱい消えないんじゃないかとも思ってます。私も自分がドライな人間なのかとずっと悩んでたので同じような方がいらっしゃって安心しました。ありがとうございます。

[6712] グラミー2016 投稿者:ひろ 投稿日:2016/02/10(Wed) 12:58
グラミーで、ボウイファンのレディガガが、ボウイを追悼するパフォーマンスをするそうです。ナイルロジャースが監督するそうですが、かこのコンビ、いったいどんな内容になるのでしょうか。かなりスタイリッシュなものになるのでしょうね。

http://www.barks.jp/news/?id=1000123917

[6712へのレス] 投稿者:farncoise 投稿日:2/17-15:45
衣装はマーク・ジェイコブスによるものだそうです。内容は見ていないので何とも言えませんが、写真だけ見ると「ヴェルヴェットゴールドマイン」みたいな雰囲気。現代のファッションリーダーが咀嚼するとだいたいああなるのか、という気も。マントは山本寛斎(本物?)

[6710] スーパーボウル 投稿者:ひろ 投稿日:2016/02/08(Mon) 22:26
言わずと知れた世界最大のスポーツイベント。
ハーフタイムショーがいつも話題になりますが、もちろんCMも凄いです。
30秒で4億とも5億とも言われ、今回、車のアウディR8のCMは
ボウイのスターマンが使われてて大きな話題となってます。
ご存知の方も多いのではないでしょうか。(マジこの車カッコいい)
全米で2人に1人が見たことになるので、スターマンを知らない米国人はいないと言っても過言ではないでしょう。(ほんと感動します)

http://news.aol.jp/2016/02/07/superbowl/


[6710へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:2/9-19:33
嬉しい事です(^-^) 日本のCMでもやんないのが不思議!

[6710へのレス] 投稿者:ひろ 投稿日:2/10-12:59
ホント。日本でも見たいですね。

[6705] IMANのコメント 投稿者:Elmo 投稿日:2016/02/07(Sun) 15:58
イマンがIntagramにコメントを投稿しました。

http://www.eonline.com/uk/news/737631/david-bowie-s-widow-iman-sh ..... topstories

あと、パパの顔した写真です。癒しに。
http://www.spokeo.com/David+Bowie+1/May+09+2005+Other+Photos#20173681:98832611


[6705へのレス] 投稿者:seven 投稿日:2/7-18:27 <HOME>
ボウイさんの素敵な笑顔が印象に残ります。追悼の写真とかだと意識しないのですがこういう写真を見ると悲しみが・・だけど幸せそうなボウイを見て幸せだと言い聞かせます。Elmoさんありがとうございます。

[6705へのレス] 投稿者:ゆめゆめ 投稿日:2/7-23:06
Elmoさん、情報ありがとうございます。一番初めの愛と感謝という言葉でグッときました。イマンさんがボウイさんをとても愛していたのがすごく伝わってくる言葉の数々ですね。そしてパパ業も頑張ってらっしゃったのですね。娘さんはきっと今頃かなり美人さんになっているように感じます。

[6705へのレス] 投稿者:世界に売られた男 投稿日:2/8-13:11
ボウイが亡くなってからイマンの沈黙が続きましたが、少しは前向きになったみたいで安心しました。本題とは関係ないですが、ボウイもイマンと結婚しなければ不幸なロックスターのまま、生涯を閉じたかもしれません。僕たちファンもボウイの家族ももっと長生きして、もっと多くの作品を出してもらいたいというのが本音ですけど、イマンのお陰でデヴィッド・ロバート・ジョーンズは幸せの人生を終えたことはファンとしても救われてた気分がします・・・・。

[6704] METROPOLIS 投稿者:Elmo 投稿日:2016/02/07(Sun) 15:24
関東限定になりますが、フリーペーパー「METROPOLIS」の2月号はボウイが表紙です。
http://metropolisjapan.com/

設置場所は渋谷・新宿のタワレコ他、以下にあります。
http://metropolisjapan.com/where-to-find-metropolis/

在日外国人向けのフリーペーパーなので英文ですが、
ボウイと日本との関係、鋤田さんのインタビューなどが載っています。

[6704へのレス] 投稿者:ゆめゆめ 投稿日:2/7-23:10
Elmoさん、情報ありがとうございます。今週入手しようかと考えていたら、公式ページでPDFが見られました。アルバムレビューもBLACKSTARでしたね。

[6691] ミュージックラーデン 投稿者:ニャチャまる 投稿日:2016/02/03(Wed) 01:57
2月10日のスカパーのミュージックエアにてミュージックラーデンライブが放送されます。
Sence of Doubt が一曲目で大好きなStayも、演奏してくれます。1978あたりの映像は見逃せないですね!
情報まで。

[6685] リアリティツアー日本公演 投稿者:seven 投稿日:2016/02/02(Tue) 12:45 <HOME>
今YouTubeでボウイさんのリアリティツアーの日本公演の動画がリリースされています。かなりのリリースでボウイさんを追って東京、大阪を巡ったのを思い出します。
そこから1曲リンク載せますね。
https://youtu.be/3c15kWRQTeE
ボウイさんは死さえ解き放って★になったんだなと思います。

[6685へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:2/4-11:16
ブートで出てるものですよね。どこのどなたか知らないし、違法なのも分かっていますが、日本公演の映像を残してくれて、本当に嬉しいです。いろんな想い出がありますが、2004年の武道館が一番かな・・・。

[6685へのレス] 投稿者:seven 投稿日:2/4-19:45 <HOME>
僕は最終公演大阪が一番かけがえのない公演でした。だけどアウトサイドではないけれどボウイさんはいつも皆の側にいると思っています。それからボウイさんの音楽はこれからも新しいオーディエンスを熱狂させますよ。きっと。

[6685へのレス] 投稿者:zenstyle 投稿日:2/5-22:02
私も2004年の武道館が最高の思い出です。こちらのサイトを知ったのも2004年の来日がきっかけです。あの頃はネット上でのマナーも知らず、Elmoさんにご迷惑をおかおかけしたことを恥じる次第です。でもあれから12年も経ってしまったなんて信じられないです。

[6684] ラジオ 投稿者:UNNPA 投稿日:2016/02/02(Tue) 08:57
本日、NHKFMミュージックプラザ(午後4時00分〜午後5時20分)で追悼 デヴィッド・ボウイ パート2があります。

[6684へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:2/4-11:14
聴きました。↓にもありますが、2回はルーシー・ケントさんでしたね。しめっぽくなくて、またいろんな方からのリクエストも聴けてよかったです。(でもやっぱり涙でちゃう)

[6681] SONG TO SOUL 投稿者:ひろ 投稿日:2016/02/02(Tue) 01:11
BS TBS見逃しました。すごくショックです。(涙)
見た方いらっしゃいますか?再放送とかないんでしょうか?…ってか、その追悼がすでに再放送なんですね…。悔しくて仕方ありません。
やはりすべてをエアーチェックするのは無理ですね。
ちなみに今週のジェットストリームは、やっとこ特集してくれてます。
先にグレンフライの追悼があって、もう取り上げられないのかと思ってました。初日はスターマンとブラックスター。明日は何がかかるのかしら。金曜までやるかわかりませんが…。

[6681へのレス] 投稿者:UNNPA 投稿日:2/2-03:24
ひろさん、私も同じく見逃してしまいました。(お役に立てなくてすみません!)ソニーミュージックのサイトで知った時は既に終わってました。本当にガッカリです。再々放送してほしいです。ご存知かもしれませんが、2月5日(金)の『ベストヒットUSA』( 夜11:00&#12316;11:30放送)はボウイ特集だそうです。

[6681へのレス] 投稿者:UNNPA 投稿日:2/2-03:33
↑(夜11:00〜11:30)です。

[6681へのレス] 投稿者:ひろ 投稿日:2/2-12:57
UNNPAさん、貴重な情報有難うございます。忘れずに録画します!小林克也が何てコメントするか気になるところです。SONG TO SOULについては、BS TBSに電話して再々放送頼んでみます。

[6681へのレス] 投稿者:TOMO 投稿日:2/3-19:14
song to soul は以前から見ていますが、毎回新しいものを放送するほどネタがないみたいなのです。私が初めてジギーの回を見たのは2年ぐらい前で、それからも何度か再放送があったと思います。ですので気長に待てばまた放送してくれるでしょう。番組HPにリクエスト書き込める欄があるので、送ってみたらいかがですが。反響が大きければ早めの再放送もあるかもしれません。

[6681へのレス] 投稿者:たくや 投稿日:2/6-19:15
ベストヒットUSAの放送日を土曜日と勘違いしており、見逃してしまいました(°_°)

[6677] ニコニコ動画 投稿者:たくや 投稿日:2016/01/31(Sun) 23:27
きょう21:00から、ニコニコ動画でBOWIEの追悼特集がありました。
3万人以上の視聴者数だったようです。

大勢の仲間と2時間以上も悲しみを分かちあえたひと時でした。

[6677へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:2/4-11:12
よかったですね。以前、ニコ動に、日本未公開映画のMISHIMAをアップしてくれている方がいて、とてもありがたかったです。

[6672] 映画観て来ました 投稿者:snowwhite 投稿日:2016/01/31(Sun) 12:53
『David Bowie is』観て来ました。吸水性の高いハンカチを一枚握りしめていましたし、途中でグッと来ましたし、泣いている人もかなりいらっしゃったようですが、私は泣きませんでした。涙で何も見えなくなったら、余りにも勿体無い。そう思わせる程の熱狂的なファンの言葉や、ボウイのお陰で人生変わった芸術家の人達の言葉、そしてボウイ自身の言葉がちりばめられた、素敵な時間を過ごしました。私は追悼しないことにしました。それぞれの心の中にボウイは生きています。それをはっきりと確信した映画でした。

[6672へのレス] 投稿者:zenstyle 投稿日:1/31-20:35
私も見てきました。寛斉を日本人として誇らしく思えました。

[6670] rockin'on3月号 投稿者:ボロミンクン 投稿日:2016/01/30(Sat) 21:53
明後日2月1日、ボウイさん追悼号のロッキンオンが発売されます。よく知られているように編集長がボウイ信者なので、いい意味でへヴィーな特集になると思われます。

なんか、「ボウイは本当に死んだ。」というトドメをさされそうで、複雑な気分です。
でも、保存用に2冊くらい買っちゃうんでしょうけど(笑)

[6670へのレス] 投稿者:ゆめゆめ 投稿日:1/31-21:32
ボロミンクンさん、情報ありがとうございます。明日書店で見てみます。お礼に私もボウイさん情報を。NHKマイあさラジオ (2/7(日)午前6:10〜午前6:25 ラジオ第1)で80年代を代表する洋楽男性シンガー特集があるみたいです。ボウイさんの曲は2曲かかるようですね。

[6670へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:2/1-11:25
ページめくるごとにぽろぽろ泣けてしまうので全部読みきれてませんが、裏表紙の何気ない演出がすてきです。

[6670へのレス] 投稿者:jack 投稿日:2/1-12:17
たしかに裏表紙、ステキですね。先月号と同じ裏表紙と思いきやと言った感じです。★の情報が欲しくて先月号を買って、まさか次が追悼号になるなんて未だに信じられませんが…とにかく帰宅したらしっかり読みたいです。あ、二冊買ってしまいました 笑

[6670へのレス] 投稿者:ボロミンクン 投稿日:2/1-21:51
Earthling以降の近年のインタビューは何回も読んだものでしたが、改めて読むと本当に面白い!ボウイはインタビューも最高だった、と再確認しました。渋谷さんのインタビュー、「言葉はコミュ二ケーションにおけるもっとも不明瞭な方法である。」というのは、70年代roのキーワードでしたね(ニヤリ)?

[6670へのレス] 投稿者:zenstyle 投稿日:2/2-19:57
RO買いました。私にとってボウイを聴くきっかけを作ってくれたのは、渋谷陽一さんでありROでした。多分、ROを買うのもこれが最後かなと言う気がしてます。

[6670へのレス] 投稿者:ゆめゆめ 投稿日:2/2-21:14
遅ればせながら今日やっと読み終えました。見ごたえがありますね。写真あり、インタビューあり。個人的には阪急電鉄の梅田行きの電車をバックにした白黒写真がすごく好きです。この写真、Twitterでも見たことがあって、余談ですが阪急電鉄の公式アカウントの担当者さんがこの写真ともう一枚の写真についての電車と駅の回答を丁寧に書かれているのも優しさを感じました。

[6670へのレス] 投稿者:世界に売られた男 投稿日:2/3-10:18
僕も欲しいのですが、どこの書店にも売っていませんでした(涙)。田舎の本屋さんではロッキングオン扱っていないみたいです・・・。予約して買おうかなぁ・・・。

[6670へのレス] 投稿者:zenstyle 投稿日:2/3-19:14
Elmoさんやjackさんのおっしゃっていた、裏表紙の素敵な演出に.今頃気が付きました。笑 粋な演出ですねー。

[6664] 普通の父親 投稿者:jack 投稿日:2016/01/30(Sat) 01:18
体調に関係なく、ジョンレノンみたいな気持ちだったんですね。時代を反映するイメージチェンジの人ではありますが家族や普段の生活の影響もかなり強く作品に表れる人ですからね。晩年は愛娘と素敵な時間を過ごしたんでしょうね…。まだまだ過ごして欲しかったです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160129-00010003-elleonline-ent

[6664へのレス] 投稿者:みょんこ 投稿日:1/30-09:30
その頃って日本ツアーのときでしょうか。大阪ではファンの人がたくさん子ども連れてきてたのでステージでイギリス風子どもあやしをボウイがしてるのを見て唖然となりましたが、ボウイが帰り子育てしたら、ファンの子どもたちは小さいのに楽しんでるのに、娘はロックが好きじゃなく僕の音楽聴かない記事がありました。嘆いてるのはボウイかわいそうでした。・ステージであやしてるボウイやさしい姿はますます好きになりました。

[6664へのレス] 投稿者:snowwhite 投稿日:1/31-12:45
自身が余り恵まれない家庭環境だったから余計に家庭を大事にしたいと思ったのかもしれませんね。音楽を作るのは物凄くエネルギーがいる作業だと思うから、そのエネルギーを娘の為に備蓄していたのかもしれません。でも最後に素敵なアルバム作ってくれた事はファンにとっては辛くてもとても嬉しい事だったと思います。

[6660] David Bowie is  投稿者:はるかパパ 投稿日:2016/01/29(Fri) 18:14
ドキュメンタリー『David Bowie is 』が全国拡大ロードショウになりました
当方、福岡在住なので嬉しいニュースです。
各上映スケジュール参考までに。

http://www.fashion-press.net/news/13909

来春公開される『David Bowie is』回顧展も全国巡廻開催してほしいです。

[6660へのレス] 投稿者:snowwhite 投稿日:1/29-22:19
まるで全国ツアーですね。明日、ハンカチ一枚余分に持って彼に会ってきます。

[6660へのレス] 投稿者:シュウ 投稿日:1/30-08:46
とても嬉しい情報です。絶対に見ます!

[6660へのレス] 投稿者:みょんこ 投稿日:1/30-09:55
ありがとうございます。そうだねハンカチがいるね。

[6660へのレス] 投稿者: めぐみとりあ 投稿日:1/30-14:50
情報ありがとうございます。私も嬉しい!同じく福岡です、、、

[6649] エイドリアン・ブリュー 投稿者:Elmo 投稿日:2016/01/28(Thu) 18:13
新作のFLUXを待っている間に、出来たばかりの曲を届けるよ。新曲を無料でダウンロードできるよ。

2016年の1月11日の8時5分の朝、僕はデヴィッド・ボウイがなくなったという信じられないニュースで目が覚めた。
数分ベッドに横たわりながら、たくさんのデヴィッドと過ごした楽しい時間を考えてた。
大勢の人の前で一緒にステージに立ったこと、不安定なリアジェット機に乗って二人して目を閉じて怯えたこと・・・
そして僕の気持ちはいつも同じ感情に落ち着く。僕はまた彼に逢えると。僕は再び彼と話ができないなんて思えない!
自分勝手な想いかもしれないけど、最終的にそう思うことにした。

あの日は一日中、予期せぬインタビューに追われて慌ただしかった。タイム、ピープル、エンタテイメントウイークリー、BBCラジオ・・他にもあったかな。
2つの地元のテレビ局は僕のスタジオに中継に来た。
友達からの電話はなるし、僕のFacebookも書き込みで溢れかえってた。僕は、世界的な偉人をなくしたことも自分自身の個人的なことも考える時間がなかった。

翌日の火曜日、僕は寝室の椅子に腰掛けて、アコースティックギターで曲を作り始めた。
少しづつゆっくり翌週にかけて作っていって、録音した。
それが今日、出来上がったよ。"you never know"という曲だ。
ストレートで、やさしくて短い(it's straight to the point, sweet, and short)。
僕が言えるのはこれだけ。
エンジニアのキャメロンと僕は急いでビデオも編集した。
YouTubeで見てね。

https://www.youtube.com/watch?v=Q00TNTTjVkg&app=desktop


Facebookのやりとりを読むと、曲の最後は「very heavy」というボウイの声とのことです。

[6649へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:1/28-20:14
ありがとうございます。また遇える…。今は何時でも遇えるに変わってます。

[6649へのレス] 投稿者:マーキー 投稿日:2/3-19:17
Elmoさん、ありがとうございます。悲しみは消えないですが、自分の中では存在は強まってきて…それって益々ボウイの魂が生きて輝いてるって思う、思おうとしてる最近です。

[6647] Elmoさん&英語ができる方にご質問。 投稿者:世界に売られた男。 投稿日:2016/01/28(Thu) 14:01
Elmoさん&ここに書き込みをしてくださっている英語ができる方にちょっと聞きたいことがあります。

エイドリアン・ブリューのフェイスブックを見ていたらこんな書き込みを見つけました・・・・。

https://www.facebook.com/AdrianBelew/?fref=nf

英語ができないのでわからないのですがこの「You Never Know」というブリューの新曲。ボウイの追悼ソングっていうことなんですかね?

何かフェイスブックのコメントとか読んでいるとそれっぽい感じがするのですが、非常に気になります。

[6647へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/28-18:17
世界に売られた男。 さん、ありがとうございます。上に訳を載せました。泣きながら書いたので、ちょっと間違いあったらごめんなさい

[6647へのレス] 投稿者:世界に売られた男 投稿日:1/28-18:19
Elmoさん、いえいえ。こちらこそ翻訳ありがうございます。この歌スゴく言い歌です!涙腺緩みまくりです。

[6647へのレス] 投稿者:snowwhite 投稿日:1/29-22:11
心地よく聴きながら、夢に青い鳥が出てきたのを思い出し再び泣けました。。。

[6644] 順次リリース 投稿者:jack 投稿日:2016/01/28(Thu) 03:16
ボウイは自身の音源管理にはかなり厳しくしていたらしいので、たしかに未発表の曲はたくさんあるんでしょう。音源はたしかに聴いてみたいですが、宝の山とか表現されるとあんまり嬉しくないような。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160127-00034907-exp-musi

[6644へのレス] 投稿者:ボロミンクン 投稿日:1/28-09:50
ファンのみなさんが喪に服いている時点で、少々不謹慎ですが、Outsideの続編Insideとか、dbマニア的には興味深い音源があると思われます。ビートルズみたいに丁寧な音源発掘/管理を期待したいです。

[6644へのレス] 投稿者:世界に売られた男。 投稿日:1/28-14:05
僕も実はアウトサイドの続編すごく気になっています・・・。ボウイとイーノがここ1年の間メールでアウトサイドのことで話し合っていたみたいで、イーノはやる気満々っていう感じでしたが、ボウイサイドがどう行動をとるか・・・・。できれば残っている音源をイーノが編集して発売はしてもらいたいんですけどねぇ〜。ボウイもフランク・ザッパみたいに大量の音源が残っていて、ちょくちょく発売したりすることになるのかな?

[6644へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:1/28-20:32
未発表などに関して素直に嬉しいです。2017年末とかじゃなくて、永遠に期待しますよ。話題等々が途切れるのは… 。悲しい。

[6625] 追悼コメント 投稿者:シュウ 投稿日:2016/01/27(Wed) 08:28
国際宇宙ステーションやクリントン、小池一夫さんや岩手県知事までもがコメントしてたんですね。
これ読みながらの★聞くと涙が出ます。

http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/DavidBowie/2016/

[6625へのレス] 投稿者:世界に売られた男。 投稿日:1/27-09:32
何か想像もつかない人からのコメントもいっぱいありましたね。それほどボウイ様の存在って大きなものだったんですねぇ・・・・。個人的には盟友リーヴス・ガブレルスのコメントが一番心に刺さりましたね・・・。もう一度ボウイとガブレルスの二人がステージたった姿を見たかった。

[6625へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/27-13:13
トニー・ヴィスコンティやポール・マッカトニーなどのコメントと並べてほしくないような、よくわからないコメントまで拾ってあって、正直、複雑な気持ちになってしまいました・・・。それとボノのコメントの”Planet Earth is blue”は、Space Oddityからの歌詞の引用に「地球上がブルーな気持ちに沈んでいる」という意味を掛け合わせたものですね

[6625へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:1/27-16:44
有難うございます。コメントがまとまっていてるので見やすいです。アニーレノックス、感情入ってますね。

[6625へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/27-21:07
参議院議員とか市長や知事のような人がコメントしてるのが印象深いです。一昔前の日本の政治家といえば後援会のご老人連中と演歌や軍歌なんてイメージだったけど・・・。ここには出てないけど、渡辺えり子などがコメントしていました。

[6625へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/27-21:09
あとバチカンがコメントしてたような。何も貢献してない、むしろ彼らには悪いことをしたように思うけど

[6625へのレス] 投稿者:ゆめゆめ 投稿日:1/27-23:00
Elmoさんのお気持ち、ちょっとわかります。でも、まぁ、さまざまな方々に影響を与えたんだなぁと思います。一人一人の心にそれぞれのボウイさんがいますね。

[6625へのレス] 投稿者:ゆめゆめ 投稿日:1/27-23:04
そういえば明日のNHKFMの「ミュージックプラザ」でボウイさんの特集をやるみたいです。午後4:00〜午後5:20.明日と2月2日と2回放送するとかで。

[6625へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/28-18:23
ゆめゆめさん、ありがとうございます。DJは矢口清治さんなんですね。最後しか聞けなかったのですが、Part2の2日はしっかりきこうと思います。

[6625へのレス] 投稿者:世界に売られた男 投稿日:1/31-13:55
僕、2月2日のルーシー・ケントさんの回にリクエストしました。「Strangers When We Meet」をリクエストしたのですが、流してくれたら嬉しいなぁ・・・。

[6617] クリスマーチンとのコラボ!? 投稿者:ひろ 投稿日:2016/01/25(Mon) 22:32
昨日のJ-WAVE TOKYO HOT100 聴いた方いますか?
残念ながら二週連続1位はなりませんでしたが、クリスペプラーが
こんなこと言ってました。
ボウイは、クリスマーチンからコラボを依頼されて、彼の曲を聴いたところ、あまりいい曲じゃないね!って断ったそうです。f^_^;)
もし実現してたら、とんでもなく話題になってましたね!
歳を経てもボウイの魅力がいかにすごいかってことの証明です。
一応、ネットに記事が載ってました。

http://m.elle.co.jp/culture/celebgossip/david-bowie-coldplay_16_0122

[6615] 追悼STORE 投稿者:シュウ 投稿日:2016/01/25(Mon) 21:23
東京と大阪にて2016年2月11日(祝)より期間限定にてオープンするそうです。
何とかして行こうかと思っています。
東京:池袋P'PARCO 1F 特設会場
大阪:心斎橋OPA B1F 特設会場

http://pgs.ne.jp/shopbrand/davidbowie

[6615へのレス] 投稿者:tomo 投稿日:1/25-21:29
行くか!

[6614] 夜の瞑想 投稿者:tomo 投稿日:2016/01/25(Mon) 20:53
今はsuedeの新作、聴いてます。
ブレッドもきっと相当なショックだったと思います。。。

[6614へのレス] 投稿者:TOMO 投稿日:1/26-02:08
私はまだ聴けないです。ネットで何曲かは聴いたけど、あの日以来ボウイ以外だめで…

[6603] オリコン5位↑ 投稿者:ボロミンクン 投稿日:2016/01/25(Mon) 04:52
ボウイさんのBlackstarが、最新のオリコンチャートで先週の

9位から、5位に上昇↑しました。

francoiseさんのご指摘どおりでしたね。

[6603へのレス] 投稿者:世界に売られた男 投稿日:1/25-11:14
このランクは洋楽では1位ですかね?まだレコード店のブラックスターの品不足は続いているのかな・・・。

[6603へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/25-14:01
洋楽チャートは2週連続1位です。ところで、アマゾンUSにタイム誌の臨時増刊ボウイ特集号をオーダーしたので、届いたら中身をお知らせしますが、たぶん、熱心なファンなら持ってる写真ちゅうしんじゃないかな。タイム誌(US)の先週号の表紙写真自体は1990年にInterview誌のために撮り下ろされたものです(ハーブ・リッツによる)

[6602] デビットボウイ イズ 投稿者:ひろ 投稿日:2016/01/24(Sun) 23:56
新宿ピカデリーに行ってきました。フェイムのイントロでもう涙が・・・。
個人的に好きな「火星の生活」とか「ビギナーズ」、「5年間、ロックンロールの自殺者」など、過去の名曲ががかかるともうダメ。
パブロフの犬のように涙腺が反応しちゃいます。(苦笑)
帰ってからは昨夜の録画をチェック。久しぶりにグラススパイダースツアーを見ましたが、改めて凄いの一言。(忘れてたけどチャリ坊出てたんだっけ?
驚き、まあカッコいいけど・・・)
以前は普通に見てたのに、居なくなった事実を想うともう涙無くしては見れませんでした・・・。こんな素敵な人が居なくなる事実を受け入れるの本当辛いですね。

[6602へのレス] 投稿者:世界に売られた男 投稿日:1/25-11:12
僕も見に行きました!個人的にはボウイ様本人のダイヤモンドの犬の映画化やプロモのラフ案のスケッチが大変興味がありました!あれを見て「ダンカンの父親のああいう才能を受け継いだんだな・・・」と思いました。

[6602へのレス] 投稿者:リアリ茶 投稿日:1/25-12:31
フェイムのイントロでうるうる状態、ビギナーズで号泣、ダメだこれ以上観られないと思ったんですが、ボウイの幼少の姿を観て何故か落ち着きを取り戻し、最後まで観られました。

[6602へのレス] 投稿者:リアリ茶 投稿日:1/25-12:32
会場の皆さんと合唱したくなりましたが、そういう感じにはならないもんですね。

[6602へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:1/27-16:47
2回目行ってきました。結構、忘れてるもんですね。流石にグリイニング ソウルは、グッときましたよ。

[6596] ダンカン・ジョーンズとの写真 投稿者:snow white 投稿日:2016/01/24(Sun) 19:51
再びお邪魔致します。
ご存知かもしれませんが、
息子さんのダンカン・ジョーンズ氏がtwitterを再開されて
トップにお父さんとの2ショット画像がありました。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10153199903592665

一瞬、どちらがお父さんなのか分かりませんでした(苦笑)


[6596へのレス] 投稿者:ひろ 投稿日:1/24-21:18
すごい似てる〜。楽しそうなツーショットで和みます。今まではそうは見えなかったんですが、この写真はまさに親子ですね。

[6596へのレス] 投稿者:世界に売られた男 投稿日:1/25-11:13
僕も見ましたが、ダンカンも悲しい気持ちは変わらないと思いますが、前向きな気分になったようで安心しました。

[6593] ”ヒーローズ” 投稿者:ボロミンクン 投稿日:2016/01/24(Sun) 16:55
今日の朝日新聞に

『壁の向こう 自由のロック〜デビッド・ボウイ「ヒーローズ」』という記事が掲載されています。

[6593へのレス] 投稿者:wisteria 投稿日:1/25-16:14
興味深い記事でしたね。

[6592] びっくりしたなもう 投稿者:francoise 投稿日:2016/01/24(Sun) 14:21
NHKFM「きらクラ!」を聞いていたら、いきなりデヴィッド・ボウイ追悼で「ピーターと狼」(ただし全部ではなく抜粋)が。

きらクラ再放送は月曜朝7:25−9:20です。(ピーターと狼が流れるのは冒頭の15分の部分)

ちなみにTIME誌(米本国版)、ビルボードマガジン、エンターテインメントウィークリーの表紙・特集がボウイです。洋書を扱う書店、ネットで購入可。

[6592へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/26-15:03
TIMEは買おうかな・・・。Amazon.co.jpだと扱ってないみたい(これから?)なので、紀伊国屋あたりにいったほうがいいですかね。

[6592へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/26-23:12
TIMEは紀伊国屋のみの取り扱いで、木曜に入るらしいのでお早めに。ブラジルのTIMEにあたるような雑誌は12種類の表紙で発売と言う異例の対応をしたとのこと。ボウイのインスタグラムに載っています(他にフランスのルモンド誌が出す雑誌版(日曜版のようなもの?)が2種類の表紙でした。ルモンドはともかく、ブラジルのは群馬か鶴見にあるようなブラジル雑貨店にけばあるのかな、読めませんが・・・。

[6592へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/27-13:04
francoiseさん、ありがとうございます。紀伊国屋に行ってきますね。

[6592へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/27-20:52
今日行ったら、売り切れでした(TIME)

[6592へのレス] 投稿者:あおきし 投稿日:1/27-20:55
francoiseさん、タイム誌の入荷状況など、ありがとうございます。先週、僕も紀伊国屋で注文したのですが、まだアメリカの問屋からの返事が来ないという状態です。また教えてください。

[6592へのレス] 投稿者:あおきし 投稿日:1/27-20:57
え、売り切れですか…

[6592へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/27-23:24
通販ではまだ「注文可」でしたが、あれは在庫がなければ、「在庫がない」メールが来るのかも。ただ、新宿店では「昨年のTIME誌(US?)バックナンバーフェア」なるものをやっていましたので、バックナンバーを取り寄せてもらえるかもしれません・・・

[6592へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/27-23:27
ちなみにTIME【US】が出した増刊号(ボウイ特集)はアマゾンUSにオーダーしました。日本のアマゾンにも扱う業者が出品していたのですが、アメリカ(郵送料込みで)価格の2倍以上の額を提示してたので・・・。

[6592へのレス] 投稿者:あおきし 投稿日:1/27-23:36
francoiseさん、ありがとうございます。僕が頼んだのも増刊号の方です。すいません、感違いしましたm(__)m。

[6592へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/28-11:30
TIMEの増刊号はamazon.comで、1月号はebayで注文しました。気長に待ちます。

[6592へのレス] 投稿者:あおきし 投稿日:1/28-21:41
タイム誌増刊号、紀伊国屋さんから注文する経路がないとお詫びの連絡がきました。急いでアメリカアマゾンに注文しました。お二人のようにはじめから、そうしとけばよかった。。

[6592へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/29-00:12
あおきしさん、私も昨日注文したばかりです。どちらも送料込で約20ドルほどでした。

[6592へのレス] 投稿者:あおきし 投稿日:1/29-21:50
Elmoさん、ありがとうございます。同じく20ドルと少しでした。そして今、発送メールが来ました。

[6592へのレス] 投稿者:TOMO 投稿日:1/31-15:29
きょう米アマゾンから届きました。じっくり読みます。

[6592へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:2/2-15:13
新宿のディスクユニオンで、TIMEの増刊号が2800円で売られていました。

[6592へのレス] 投稿者:あおきし 投稿日:2/3-22:58
TIMEの増刊号<なんと、今日、紀伊国屋さんから電話があり、明日、入荷する、ということです。

[6586] ボウイのイマジン 投稿者:ブラックブック 投稿日:2016/01/24(Sun) 06:38
https://youtu.be/pSx3uT9cJ04
映像、しかもプロショットで初めて見た!
昔、ひどい音のブートを馬鹿っ高い値段で
買いました。

[6586へのレス] 投稿者:マーキー 投稿日:1/24-12:54
こんなに映像がたくさん見られるようになるとは!ボウイがレノン、フレディなど他の人を追悼している映像は涙があふれます。

[6586へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:1/24-20:30
二週間前の1ファンに戻る事に必死です!

[6586へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/26-15:26
ブラックブックさん、ありがとうございます。私もイマジンは音源でしか聴いたことなかったです。

[6586へのレス] 投稿者:ひろ 投稿日:1/26-23:13
有難うございます。これは貴重ですね。恥ずかしながら初見。いつ?察するに80年代前半でしょうか。正直こんなユルいイマジンは初めて、ボウイ流ですね。意外なチョイス。

[6586へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:1/28-20:50
83年の香港。オーディエンスがうるさくて聞き取れないのしか、有りませんてした。

[6580] 今夜は・・・ 投稿者:ひろ 投稿日:2016/01/23(Sat) 22:54
皆さんご承知の通り今夜はNHKでの追悼番組ですね。
悲しいけど見なきゃと録画も準備してたところですが、23時からTVKでも洋楽天国プレミアムで特集をやるようです。全く気が付きませんでした。。。
あわててこっちもセット。
明日は新宿ピカデリーに行ってきます。



[6580へのレス] 投稿者:ひろ 投稿日:1/23-23:04
やばい、涙腺緩みっぱなしです。

[6580へのレス] 投稿者:ひろ 投稿日:1/23-23:13
洋楽天国の追悼特集の内容は、

[6580へのレス] 投稿者:ひろ 投稿日:1/23-23:33
レッツダンス、チャイナガール、モダンラブ、ブルージーン、バレンタインズデイ、ブラックスター、ラザルスのミュージッククリップでした。何度見ても涙が止まりません。

[6580へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/24-01:46
NHK(BBC)の番組、すごくよかったです。tvkは、なかなか我が家には電波が届かなかったですが、ファンキートマトとか、観てたのを思い出しながら観てました。

[6580へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/24-01:49
ひろさんも元気だしてくださいね。

[6580へのレス] 投稿者:zenstyle 投稿日:1/24-08:47
5つの時代はとても良かったですね。ただ、録画に失敗&#8252; 最後が切れました。涙

[6580へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:1/24-19:54
5つの時代、ストーリー番組で一番良かったです!

[6580へのレス] 投稿者:ゆめゆめ 投稿日:1/24-20:10
昨日ちょうど見てました。BBCのものは結構よかったですよね。ライブはビデオを持ってるのですが、やっぱりBSで最後まで見てしまいました。

[6573] 1/25早朝です。 投稿者:みなき 投稿日:2016/01/23(Sat) 15:23
TBSラジオを聴いていたら告知がありました。
1/25(月)朝4:00です。

別サイト
http://www.sonymusic.co.jp/artist/DavidBowie/media/445994

[6573へのレス] 投稿者:ボロミンクン 投稿日:1/24-17:33
みなきさん<情報ありがとうございます。

[6573へのレス] 投稿者:UNNPA 投稿日:1/25-16:38
頑張って早起きして聞きました。

[6573へのレス] 投稿者:UNNPA 投稿日:1/25-16:47
選曲も良かったです。時間帯か久しぶりにラジオを聞いたせいなのか不思議な感覚でした。

[6572] デヴィッド・ボウイ・イズ 投稿者:たくや 投稿日:2016/01/23(Sat) 14:46
今日、「デヴィッド・ボウイ・イズ」を観に行きます。
大きなスクリーンと音響でBOWIEに包まれてきます。

映画館でBOWIEを見るなんて、ZIGGY STARDSUT THE MOTION PICTURE以来です。
その時も確か新宿だったような・・・・

ともあれ、映画を見た後には一人弔い酒をしながら、想い出に耽ってきます。

[6572へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:1/23-19:49
新宿は何かボウイぽっい所ですね!初めて、ここのオフ会行ったし(*/ω\*)自分は渋谷でZIGGY観ました!

[6572へのレス] 投稿者:たくや 投稿日:1/24-08:54
昨日は満席でした。映画のパネル(アラジンセインのジャケ写)の前は、写真撮影の人だかりりでした。

[6572へのレス] 投稿者:たくや 投稿日:1/24-08:59
満席でした。映画のパネル前は写真撮影の人だかりでした。

[6570] 鋤田さんが語る。 投稿者:ボロミンクン 投稿日:2016/01/22(Fri) 22:46
http://www.barks.jp/news/?id=1000123541

1月24日、日曜日、TokyoFMで、ボウイ特番が決定しました。

【写真家 鋤田正義が明かす、David Bowieの素顔】

亡きデヴィッド・ボウイを偲び、その偉大な足跡をたどる特別番組『TOKYO FMサンデースペシャル David Bowie〜宇宙(そら)に還ったロックスター』が、1月24日(日)19:00よりTOKYO FMにて放送されることが決定した。番組ナビケータ―は1990年の東京ドーム公演時に通訳として同行したRomy。番組は40年以上デヴィッド・ボウイと公私にわたって親交のあった写真家・鋤田正義へのインタビューを軸に展開される。

[6570へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/23-21:57
「宇宙(そら)に還ったロックスター」っていうのがいいですね・・・。

[6570へのレス] 投稿者:ゆめゆめ 投稿日:1/24-20:15
しまった・・・聞き逃しました。残念。

[6570へのレス] 投稿者:wisteria 投稿日:1/25-16:17
充実した内容でよかったです。身近な人たちへのインタビューだったのでぐっと胸にくるものがありました。

[6570へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/26-13:23
ルキノ・ヴィスコンティがボウイを認めていたというのには驚きました。恋人だった俳優のヘルムート・バーガーはビアンカ&ミック・ジャガーと非常に親しかったことは知っていたが。

[6564] ボウイ 物真似 投稿者:ブラックブック 投稿日:2016/01/22(Fri) 20:44
https://www.youtube.com/watch?v=NrtXFTw2ico
泣いて笑って下さい!
観れるかな?

[6564へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:1/22-21:07
最近、発掘されたみたいです。ブルーススプリングスティーン他、誰だか分かるかなぁ?本当、笑っちゃいますよ!面白い人だったんですね(^-^)

[6564へのレス] 投稿者:Qqq 投稿日:1/22-21:23
前からあるやつですが、私はこの動画のジョークが好きです。https://www.youtube.com/watch?v=xZehkqr2f64

[6564へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:1/28-21:01
ティンマシーンの頃、さらけ出してましたよね。

[6562] Iggy Pop 投稿者:ボロミンクン 投稿日:2016/01/22(Fri) 18:36
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160122-00034781-exp-musi

ボウイさんのソウルメイト、イギーポップの新作が3月発売です。

Lust for life,Idiotに匹敵する作品らしいです。

[6561] それほどの記事ではありませんが・・・・。 投稿者:世界に売られた男 投稿日:2016/01/22(Fri) 17:42
元官僚で最近ではテレビにでもでる岸博幸さん(一応、文化人の枠に入るのかな・・・)がボウイのことのついて描かれています。

http://diamond.jp/articles/-/85018?page=3

皆さんの書き込みの内容と比べて大した記事ではありませんが、こういう人がボウイのことを書くのもスゴく意外です(それに共感できる内容でしたし)。

でも、この人、ハードロックマニアなんだよな・・・。

[6561へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/22-21:37
SMAP騒動の時のコメントが気持ち悪かった(=メリー喜多川寄り)なので、この人嫌いです。すいません。まあ新自由主義者に好かれちゃうボウイ、ということで。

[6554] 戦場のメリークリスマス 投稿者:ボロミンクン 投稿日:2016/01/22(Fri) 05:30
以前 ご紹介させていただいたように、今夜

「戦場のメリークリスマス」が放送されます。

夜11:45〜〜1:50 BSプレミアムにて。

[6554へのレス] 投稿者:wisteria 投稿日:1/22-15:39
ミュージックエア、有料ですが・・・ http://www.musicair.co.jp/special/?id=1842

[6554へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/23-22:26
昨日、しんみりと、今までとは違った涙を流しながら観させていただきました・・・。

[6554へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/23-22:29
francoiseさんが書かれてましたが、私もできればライブはグラススパイダーツアーではなくて、来日公演の映像がよかったです。せっかくNHKで収録したのに・・と思います。78年か90年、またはティン・マシーンでも。。

[6548] 追悼特集 投稿者:tomo 投稿日:2016/01/21(Thu) 18:44
まだ自分の中で消化できてなくて、追悼特集の雑誌を買うことができません・・・。

[6548へのレス] 投稿者:ボロミンクン 投稿日:1/22-00:11
僕も「ボウイのいない世の中」というのが、いまだに信じられなくて戸惑っています。しかし、ボウイが居ないからこそ、これからは自分自身がしっかりしないといけない、という心境です。

[6548へのレス] 投稿者:TOMO 投稿日:1/22-01:31
日経以外にもひどい勘違い記事や事実誤認、残念な内容のものもありますね。腹がたつというより悲しいです

[6548へのレス] 投稿者:seven 投稿日:1/22-02:40 <HOME>
日経、Facebookでそういう記事があると言う事だけ知りました。僕はボウイさんの真実はオフィシャルサイトにあるものだと思います。

[6548へのレス] 投稿者:seven 投稿日:1/22-02:42 <HOME>
連続すみません。ボウイさんの血や肉は灰になったけれどその霊は写真や音楽に残っています。だから悲しまないで下さいね。

[6548へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/22-12:51
tomoさん、無理して買うも必要ないと思いますよ。私も、奇しくも同じ写真の表紙でしたが、STRANGE DAYSは買ってきたけれど、CDジャーナルは買えませんでした。。

[6548へのレス] 投稿者:wisteria 投稿日:1/22-15:36
わかります・・・。私はとりあえずネットで買ってます。読める気持ちになったら封を切ろうかと。各テレビのMVは録画してすんなりと観ることができました。

[6548へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:1/22-18:48
ボウイは死なないっと思ってましたから。今でも自分の中では死んでない!

[6547] reality tour 投稿者:snow white 投稿日:2016/01/21(Thu) 17:23
最後の来日になった『reality tour』の様子が知りたくて、過去のレポートから辿り着きました。当時私は自分の事で精一杯だった為、観に行く事が出来ませんでした。レポートのお陰で当時の様子がとてもクリアに伝わってきました。
過去の記事を丁寧に残して下さり、ありがとうございます。
日本のファンとの固い絆が、暖かいやりとりの中に記されていて、彼はとても幸せだったのではないでしょうか。
これ以上、なんて言ったらいいのかちょっと言葉が見つかりませんが、私も皆さんと同じ、David Bowieというアーティストが大好きです。



[6547へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/22-12:48
snow whiteさん、書き込みありがとうございます。来日の際は、いろんな方に協力してもらったりして、とてもよい思い出になっています。そんな風に思っていただけると本当にありがたいし嬉しいです。

[6540] ボウイの星座 投稿者:Geek好き 投稿日:2016/01/20(Wed) 19:57
http://www.gizmodo.jp/2016/01/post_663825.html

なんか、ちょっといい話。

[6540へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:1/20-21:38
スターマンになったのですね!

[6539] CDジャーナル2月号 投稿者:ボロミンクン 投稿日:2016/01/20(Wed) 14:00
ボウイさん表紙のCDジャーナル2月号を購入しました。

★について、小野島大さんがお書きになっています。



[6533] 緩和ケア医師の感謝の手紙。 投稿者:世界に売られた男 投稿日:2016/01/19(Tue) 21:25
ボウイが亡くなってから、ツィッターの更新がないダンカン・ジョーンズですが、本日ボウイの緩和ケアを担当した医師のボウイの感謝の言葉を記したエッセイの記事をリツィートしたとのことでした。

http://nme-jp.com/news/12754/

図らずしも本日NHKの「クローズアップ現代」で在宅の終末医療の特集がやっており、オフィシャルでは「安らかな最後」とはいってたものの、ふとボウイが死の間際、本当に安らかに亡くなったかとファンの一人として不安になりましたが、ダンカンがシェアをしたこと、またこの医師のエッセイを読みボウイの死に際は社交辞令ではなく、本当に安らかで本人が満足する形で亡くなったのだと救われた気持ちになりました・・・・。

悲しい気分は変わりませんが、少し気持ちが前向きになるようなボウイ関連の記事でした・・・・。

[6533へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/20-23:52
世界に売られた男さんありがとうございます。ただこの方は、ボウイの担当医の方ではなく、緩和医療の専門としてボウイの死のあり方や残した音楽について、 感謝されているようですね。安らかだったのはきっと本当だろうと思っています。

[6529] 感謝 投稿者:ココ 投稿日:2016/01/19(Tue) 19:46
最初に、不謹慎な内容と思われたら大変申し訳ありません
D.Bのファンです

深い悲しみの中、数日たって個人として思うのですがファンにとってはの最高の時に、亡くなられたのではないでしょうか。

引退からの復活、魂の2作目を発売して来日などの沢山の期待はありましたが最後の最後で最高の形でファンへのプレゼントをして頂き、ファンとして私たちは今、生きて最高の形で見送れた事は幸せだった。

自身もこのTVC15の情報に救われ、大変感謝しております
永久的にサイト運営をと願っております。

[6529へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/20-23:30
ココさん、書き込みありがとうございます。確かに、なにか説明できない神がかったものも、感じます。

[6529へのレス] 投稿者:ココ 投稿日:1/24-19:51
Elmoさん、元気出して下さいね!

[6529へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/26-15:02
ココさん、ありがとうございます!

[6528] 週刊朝日 投稿者:ボロミンクン 投稿日:2016/01/19(Tue) 19:30
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=17731

今日発売の週刊朝日最新号に、数ページに渡ってボウイさん

の追悼特集が載っています。

[6528へのレス] 投稿者:zenstyle 投稿日:1/19-20:11
週刊朝日で特集が出るほどボウイって人気があったんですね。うれしいのですがちょっと違和感も感じます。スーっと引いた時に寂しさが増しそうで・・・

[6528へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/19-22:01
2004年来日時にグラビアページを割いたのは確か同じ会社のアエラだったような・・・。朝日新聞の天声人語は日経と違って明後日の方向の論調でもなかったようですし・・・。

[6528へのレス] 投稿者:ボロミンクン 投稿日:1/20-13:20
追悼文を書いているのは増井修さんです。

[6524] Ashes to Ashes 投稿者:Elmo 投稿日:2016/01/19(Tue) 13:16
いつか気持ちの整理ができたら、献花に行きたいなと思っていましたが、
そんな気持ちの整理は必要なさそうですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160118-00000027-mvwalk-movi

死して生を体現している気がする・・・。

ただ、同時とても切なくなってまたぼろぼろ泣いてしまいました。。。
I miss you...

[6524へのレス] 投稿者:mona 投稿日:1/19-14:41
とてもボウイらしいと思いましたが、その山地をMAPで見ながら、涙です。いつか、この山で気配を感じたいです。山とボウイを結びつけたことがなかったのですが、山荘でのくつろぎがあったのですね…。今になってさまざまな姿を知ることになりました。

[6524へのレス] 投稿者:あおきし 投稿日:1/19-17:01
たしかヒーザンを制作したのは、この付近ですよね。献花できるのは、Allaire Studiosになるなかな

[6524へのレス] 投稿者:mona 投稿日:1/19-17:18
まあ!そうなんですね。行きたいです!

[6524へのレス] 投稿者:あおきし 投稿日:1/20-00:11
すいません。献花できるなら〜になるのかな とお読みください

[6524へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/20-23:29
moraさん、あおきしさん、ありがとうございます。ちょっと落ち着きました(TT)。。いつか私も山を見上げてみたいです。

[6524へのレス] 投稿者:あおきし 投稿日:1/20-23:46
https://m.facebook.com/Allaire-Studios-148482468523976/ スタジオの方も偲んでくれていますm(__)m。

[6520] ZIP 投稿者:みょんこ 投稿日:2016/01/19(Tue) 06:50
今日朝7時25分からZIP!でボウイ特集するみたいです。

[6520へのレス] 投稿者:みょんこ 投稿日:1/19-07:37
20分から始まりました。ちゃんと時間間違えないように予告しなくちゃだめですよね。予約するんだからね。10分ぐらい短いないようですがビートたけしさんのコメントや尊厳された内容でよかったです。

[6520へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/19-13:00
みょんこさん、ありがとうございました。見られました。たけしさんのコメント、良かったです。

[6518] 追悼Shop 投稿者:ボロミンクン 投稿日:2016/01/18(Mon) 22:37
http://www.pgs.ne.jp/shopbrand/DavidBowie

ボウイさんを追悼して、PGS音楽市場の追悼Storeが、池袋と

大阪に限定オープンだそうです。まあ、ショーバイかもしれませ

んが・・・

[6518へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:1/19-05:36
池袋は行きます!!!★シャツ買いたい!

[6507] 秘められた80年代名曲 投稿者:zenstyle 投稿日:2016/01/18(Mon) 17:04
一週間が経過しましたね。相変わらずの感じではありますが、昨日ちょっとだけ、BOWIE関連でうれしいことがありました。
私的で面白い話ではありませんが、後日、書かせていただくかもしれません。その際はご了承ください。

以前、Elmoさんからお教えいただいた「80年代 秘められた名曲選」は結構興味深い内容であったのですが、訃報のショックでレスできなかったので再度、記載させていただきます。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamazakitomoyuki/20160112-00053360/ 
                             
                             私の選ぶ80年代の裏ベストは

・This is not america
・Time will crawl
・Neighborhood Threat
・When the wind Blows
・Girls(もちろんEnglish Ver)

裏と言えない曲もありますかね・・・?

またネバレミのToo Dizzyオミットの件は私も気がつきませんでした。ちょっと確認したところネバレミは最低でも4種類ありますね。

・国内初回盤 (全12曲)
 Girls(日本語Ver) Too Dizzy 入り

・Ryco盤 (全13曲)
 Girls(日本語Ver) Too Dizzyはオミット
 Girls(English Ver) When the wind Blows  Julie 入り

・国内再発盤 (全13曲)
 Girls(日本語Ver) Too Dizzyはオミット
 Girls(English Ver) When the wind Blows Pretty pink rose 入り

・紙ジャケ(全10曲)
 Girls(日本語Ver) Too Dizzyはオミット
 ボーナストラックはなし。

私のレベルではここまでです。もしまだあればご指摘ください。
まさか初回盤にプレミアがついたりして・・・。




[6507へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/18-17:28
ご紹介のサイトの中にもベスト盤に入っているものやチャート成績の悪くないものも含まれているので構わないと思います。This is not Americaは私も選出しますが、パット・メセニーファンのDJが時々かける印象あります。

[6507へのレス] 投稿者:ボロミンクン 投稿日:1/18-17:39
かつて大失敗作といわれ、コテンパンに酷評されたNever let me downも、こうなってしまった今となっては、再評価の機運 高まることでしょう。僕も結構好きです。Low

[6507へのレス] 投稿者:ボロミンクン 投稿日:1/18-17:40
やHeroesと比べるから、いけないんですね。

[6507へのレス] 投稿者:wildlife 投稿日:1/18-20:55
そうそう、逆にLet's Danceは売れたんだろうけどそんなにいいか?と思ってます。Beat of your drumと87 & cryなんか、いいと思いますけどねー。

[6507へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/18-22:01
ちなみにアルバムに対してはわからないが、かつて酷評されていたグラススパイダーツアーは21世紀になってから評価が様変わりしているそうです。理由としては例によって当時の人がついていけなかった(ただし観客動員は良かった)というよりは、ベビーブーマーの評論家が退場したから、という理由が大きいのではないかと思います。ちなみに欧米のベビーブームはアメリカに関しては1946-61?です。

[6507へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/18-22:11
ただ、NHKはDVDが出ているグラススパイダーツアーではなく、ヤングミュージックショーを放映してほしかった。珍妙な字幕も味があって良いので・・・。

[6507へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/19-13:03
zenstyleさん、ありがとうございます。文章も面白くて、救われた気がしました。「彼を失ったことを嘆き悲しむよりも、デヴィッド・ボウイという偉大なアーティストとその楽曲にリアルタイムで接することが出来たことが幸運だっただったのだと、自分を納得させようとしている」っておんなじ気持ちです。

[6507へのレス] 投稿者:zenstyle 投稿日:1/19-19:53
francoise様 ボロミンクン様 wildlife様 Elmo様 レスありがとうございます。私もようやく昔の作品が聴けるようになり、80年代のアルバムを聴きなおしてます。あのころはボウイの批判をするのが’ロックつう’みたいな風潮が蔓延してましたよね。ちなみに二十歳を過ぎてもアニソンに夢中の娘にブルージーンのPVを見せたところ「日本のビジュアル系がバカっぽく見えるね」とマジで言ってました。一番好きになったのはレベルレベルだそうです。

[6507へのレス] 投稿者:zenstyle 投稿日:1/19-20:04
でも娘が「ボウイをかけてくれ」「かっこいい」と言ってくれたのは正直うれしかった。こんな些細なことや渋谷氏や今回の山崎氏の言葉にホッとします。

[6507へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/19-21:59
zenstyleさん、その批判者の代表格が先日素敵な追悼記事を書いて、好番組を流してくれた渋谷陽一さんでしたね^^;。

[6507へのレス] 投稿者:zenstyle 投稿日:1/20-08:06
francoiseさん ロッキンオン誌で、デビッドボウイは本当にダメになったのか?という文章を書いてましたね。

[6507へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/21-14:36
まだロックで革命とか社会変革とか反資本主義のような幻想があったし、日本のロックなんてまさにそういう箱(京大の講堂や法大の会館)が主戦場だった時代ですしね。

[6507へのレス] 投稿者:zenstyle 投稿日:1/21-20:53
私は今でも、ロックは体制側に居るべきではないと思ってます。笑

[6507へのレス] 投稿者:wisteria 投稿日:1/22-15:26
ボウイが来日してNHKの夜11時jくらい?の報道番組に出たときキャスター(男性、お名前失念。)が大真面目に「あなたは神のような存在ですよね」みたいなことを言ってボウイが失笑していたのを思い出しました。今の若い方たちにはびっくりかもしれませんが。

[6507へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/22-21:40
zenstyleさん,気持ちは判るが、年収何百億ならどっかの国の革命に貢献できるはず。そういう意味で、もうロックにそこまでの価値を信じられないのです。

[6507へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/22-22:11
佐々木守が(もしかすると大島渚も)日本赤軍にカンパした金額を思うと・・・、と。

[6507へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/23-03:52
少し酔っていたのでちょっと言葉足らずだったかも。希望を感じつつ絶望したんです。くどくてごめんなさい。

[6507へのレス] 投稿者:zenstyle 投稿日:1/24-10:59
francoise様 飲みすぎ注意ですよ。私も最近、酒の量が増えてます。francoise様の思いに対し、私の発言はちょっと軽すぎましたね。 

[6506] 初の全米1位 投稿者:ボロミンクン 投稿日:2016/01/18(Mon) 17:01
以前、世界に売られた男さんの情報にもありましたが、
ボウイさんの★が、最新の米ビルボードチャートで、
1位を獲得しました。ちなみに4位は「Best of Bowie」
で、トップ5に2作ランクインとのことです。

[6506へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/18-17:32
日本は第9位。一位がアニソンとはトホホ・・・。

[6506へのレス] 投稿者:世界に売られた男 投稿日:1/18-19:30
ボロミンクンさん、僕も今日見ました!!全米1位ですね。wikiの英語サイトでみたのですが、ブラックスターって結構いろいろな国で1位になっていましたね!でも、日本で9位っていうことは前作の「The Next Day」よりも順位は落ちちゃったのかな・・・。

[6506へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/18-22:02
日本チャートは集計が1/10までなので若干順位が上がる可能性があります。

[6502] NHKの追悼放送 投稿者:ボロミンクン 投稿日:2016/01/17(Sun) 09:05

ご存じの方も多いと思いますが、NHKの追悼番組です。


●『戦場のメリークリスマス』
NHK BSプレミアム 1月22日(金)午後11:45&#12316;1:49放送


●『デビッド・ボウイ 5つの時代』
NHK BS1 1月23日(土)深夜24時 [1月24日(日) 午前0:00&#12316;]
イギリス、BBCが保有する演奏シーンや未発表インタビューを交え、彼がロック史に残る傑作群を生み出した5つの時代(1972年、1975年、1977年、1980年、1983年)に焦点をあてることでボウイの真実に迫るドキュメンタリー。


●『デビッド・ボウイ ライブ』
NHK BSプレミアム 1月23日(土)深夜26時5分&#12316;放送 [1月24日(日) 午前2:05&#12316;午前3:50(105分)]
87年作『Never Let Me Down』リリース後のグラス・スパイダー・ツアーより、オーストラリア公演。

[6502へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/17-13:04
昨日の情報7daysでたけしさんが、戦メリのあのコマ送りの接吻シーンは、カメラの故障で偶然撮れたものと話していて、驚きました。なんか本当に奇跡的・・・。

[6502へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/17-14:29
一番良い画質で撮ります。

[6502へのレス] 投稿者:ゆめゆめ 投稿日:1/18-18:02
ボロミンクンさん、情報ありがとうございます。そういえばベストヒットUSAで2月5日ボウイさん特集を放送すると番組内で見ました。録画準備しないと。

[6496] ブラックスターPV 投稿者:たくや 投稿日:2016/01/16(Sat) 18:12
ブラックスターのPVに出てくる宇宙飛行士はトム少佐なのでしょうか?

[6496へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:1/16-18:58
アシュドゥトゥアシュドゥの反面、表?そういう見方も有りますよね!

[6496へのレス] 投稿者:みょんこ 投稿日:1/17-08:17
月に囚われた男にニコちゃんマークが所々出てきます。ボウイのブラックスターに同じマークが最初でます。

[6496へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/17-11:15
私も「月に囚われた男」を連想しました。ダンカンへのオマージュ?そのあと、骸骨が宙に浮いているところあたりは、トム少佐っぽいですよね。

[6482] ボウイ情報 渋滞中 投稿者:ブラックブック 投稿日:2016/01/15(Fri) 19:23
トリュビートやら、販売、雑誌、記事の情報が錯綜して消化でき無く混乱中です。
優先順位がわかりません(*/ω\*)
一挙にきて、さっと引くのは勘弁です。



[6482へのレス] 投稿者:TOMO 投稿日:1/16-00:28
『デヴィッド・ボウイ・イズ』の追悼上映が決定しました。1月23日(土)から、新宿ピカデリー、なんばパークスシネマにて1週間限定上映

[6482へのレス] 投稿者:世界に売られた男 投稿日:1/16-12:07
確かにいろいろな情報が錯綜していますよね。僕が知っている限りではアーケイド・ファイアが本日、ニューオリンズで追悼パレードを行うという話し。あとはトニー・ヴィスコンティによれば死去の原因に「心臓疾患は関係ないのでは?」という話し。あとこれはショッキングな話しでもありますが、マイク・ガーソンによれば、アウトサイド〜アースリングの時期に「ボウイは自分が69か70歳で死期を予期していた」という話しです。70年代後半に出会った超能力者に言われたて、それを信じていたということらしいです・・・。

[6482へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:1/16-21:06
今日、BS日テレでボウイやりますよ〜♪

[6480] 追悼雑誌 投稿者:ボロミンクン 投稿日:2016/01/15(Fri) 14:44
追悼雑誌のご紹介です。

・【追悼緊急出版】CROSSBEAT Special Edition
  増強改訂版デヴィッドボウイ(シンコーミュージックmook)
  2/8発売

・CDジャーナル2016年2月号 
 1/20発売。

[6480へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:1/16-18:53
クロスビートだけにしようかと、思ったけど多分両方買います。

[6479] 渋谷さんの番組 投稿者:ボロミンクン 投稿日:2016/01/15(Fri) 14:15
今夜11:00〜〜のNHKFM、渋谷陽一さんの番組、

「ワールド ロック ナウ」は、おそらくボウイさん

がフィーチャーされるものと思われます。




[6479へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/15-17:35
かぶりますね。今夜のベストヒットUSAでも・・・。https://twitter.com/besthitusa_bs5

[6479へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/15-23:18
聞いていますが、良い内容ですね。本日の日経文化面に氏による追悼文が載っていました(本人ブログとだいたい同じ内容)。逝去翌日の「インインメツメツ」としか新作のことを表現できぬ自称「交流のあった」音楽評論家や、一面コラムの珍妙な内容には呆れて苦情ものだったが(まだ書いていないが)、渋谷陽一氏に収めてもらった。氏を見直しました。

[6479へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/16-01:38
しばらく「追悼」「哀悼」の波は続くんでしょうね。玉石混交で、本当に偉大さを表現してくれるものもあれば、 ここぞとばかりに一儲けしようとするものもあるんだろうなと・・・。"Blackstar"の棚に「追悼」と掲げてあるのは胸が張り裂けそうになり、ファンとしては「新譜」とだけに紹介しててほしい気持ちがあったので、 渋谷さんが当初の予定通り、敢えて"Blackstar"(Heroesは流してましたが)を特集してくれたのはありがたかったです。また、それこそジギーからボウイを論じ続けてきたこの評論家に、昔の曲を聴くにさせないボウイもやっぱりすごいなと感じました。

[6479へのレス] 投稿者:ボロミンクン 投稿日:1/16-07:32
渋谷さんの一番好きなボウイソングはHeroesのようです。過去のボウイ特集では、必ず流してました。渋谷さんは年末特番のオープニングナンバーに、必ずジョン・レノンのスターティング・オーヴァーを流すんですが、今後、Heroesという曲も渋谷さんのラジオにとって、特別な場面で流れる曲になりそうな気がします。

[6479へのレス] 投稿者:zenstyle 投稿日:1/16-07:58
渋谷さんのコメントはすごく良かった。「昔の曲とは、まだ向き合えない」というコメントは評論家としてでなく,いちファンのコメントでしたね。

[6479へのレス] 投稿者:zenstyle 投稿日:1/16-08:08
追記 :francoiseさんの「収めてもらった」というコメントは、昨日の番組をお適切に表現してると思います。私も渋谷さんのお陰でだいぶ気持ちが軽くなった気がします。

[6479へのレス] 投稿者:mona 投稿日:1/16-11:35
ボロミンクンさん、告知ありがとうございました。渋谷氏の、新しい曲の世界にボウイが興奮して、ワクワクして作っている。みずみずしい音楽、というような言葉に、目が覚めるような気がしました。1月8日撮影とされるあの笑顔を思い、しみじみと。しかし、ラストのheroesで一気にきてしまいました。ずるいと思ったのですが、ボウイ特集では定番だったのですね。

[6479へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/16-15:48
zenstyleさん、感謝状を差し上げたいほどです。

[6479へのレス] 投稿者:zenstyle 投稿日:1/16-21:35
francoiseさん、皆様、渋谷さんも一流の表現者の一人だと思いました。

[6479へのレス] 投稿者:wisteria 投稿日:1/22-15:18
『ベルリン3部作を聴いたときのような気持ち』とおっしゃっていましたが、私もそう感じました。『幸福な最期』といった言葉もそうかもしれないと少し安堵されられました。

[6477] ボウイ トリビュート 投稿者:ボロミンクン 投稿日:2016/01/15(Fri) 05:26
crimson4000さんの投稿と連携しますが、

you tubeにトリビュート画像が無数にアップされています。

代表的なのは


アダム・ランバートのLets dance

https://youtu.be/YOPualkQX8w

マドンナのRebel Rebel

https://youtu.be/lnBwJQnHH8o

エルトン・ジョンのSpace oddity

https://youtu.be/JNXI2fkSCjQ

です。

また、訃報が流れた瞬間のBBCニュースのニュース速報です。

https://youtu.be/jJURjWIBUJY

[6476] ボウイ追悼 投稿者:UNNPA 投稿日:2016/01/15(Fri) 02:49
ノルウェーとオランダは鐘でトリビュート
http://amass.jp/67700/

ボウイ自宅マンション前でグレン・ハンサードが弾き語り
http://amass.jp/67717/

鐘の音は綺麗ですが切ないです。住んでいたら毎日泣きそうです。

[6476へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/15-21:45
オランダのほうが良いと思いました。でもオスロのも良いです。確か市庁舎の前に平和賞博物館もあって、とても良い所でした。5月までなら行けたら行きたいです。

[6476へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/15-23:04
bowienetで友達になったノルウェー人は元気でいるかしら、そんなことを最近思っていました。

[6470] 各国の一面ギャラリー 投稿者:francoise 投稿日:2016/01/14(Thu) 21:59
http://www.huffingtonpost.fr/2016/01/12/hommages-david-bowie-pres ..... 59938.html

米国(NYタイムズ国際版)、英国、フランス、ギリシャ

http://www.buzzfeed.com/passantino/david-bowie-mourned-on-newspap ..... .ro9e57Znq
英の他に、伊仏独

http://www.garciamedia.com/blog/tributes_to_david_bowie
スペイン(かなり凝ったの有)、フランス、デンマーク、スロバキア(たぶん)、ブラジル、ニュージーランドなど


http://www.theguardian.com/music/gallery/2016/jan/12/how-the-news ..... n-pictures
英国と英語圏(米、豪)、オランダ、フランス、アイルランド

高級紙は写真のチョイスが良いです。フランスのリベラシオン紙が特にいいと思いました。

ところで英ファイナンシャルタイムズは現在日本経済新聞社の傘下にありますが、本日の一面コラム「春秋」の内容は「???」でした。ボウイはゴジラかウルトラマンが好きだったんでしょうか?その辺不勉強にて大変疎いのです。(現在一般にウルトラマンの脚本家として知られる人物が私の故郷に住んでいたのですが、その人物は大島渚の盟友の一人として大変有名でしたけど・・・)

[6470へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/14-23:33
私も写真はLiberationがいいですね。豪 The Courier Mailの"Planet Earth is Blue"と持ってきたところも好きかも。。。うまい表現っていったら変な感じがしますけれど、ボウイもこれなら気に入ってくれそう(・・と思ったのは私だけ?)

[6462] / _ ; 投稿者:Katei 投稿日:2016/01/14(Thu) 18:42
悲しくて錯乱しそうです
でも、曲を聞くたびに 充実した生を全うされたんだなと‥合掌

彼は自分の死すら芸術にしてしまったんですね
でも今も 大勢の心の中で化学反応を起こし続けている
私の中でも ずっと。更に激しく。
空で更に輝いて!


[6462へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/14-22:58
Kateiさん、大丈夫ですか?イギリスのファンの人が「夜空を見上げて、Blackstarを見つける」と言っていた人がいました。それから私もなんとなく、時々空を見上げたりしてます。

[6462へのレス] 投稿者:Katei 投稿日:1/15-22:17
お陰様でだいぶ落ち着きました。実生活ではボウイを知ってる人も居ない環境なので。皆さんの

[6462へのレス] 投稿者:Katei 投稿日:1/15-22:19
想いが、世界中で溶け合ってる気がします。

[6454] ひっそりと 投稿者:Elmo 投稿日:2016/01/14(Thu) 15:57
これは本当っぽいな・・・。
ボウイは祭り上げられるのは嫌ってましたものね・・・。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160114-00000029-mvwalk-movi

[6454へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/14-16:06
素晴らしい態度です。ハイエナを呼ぶだけだから。

[6454へのレス] 投稿者:UNNPA 投稿日:1/14-17:33
記事を読んだらまた泣けてきました。最後までDAVID BOWIEでしたね。

[6454へのレス] 投稿者:Katei 投稿日:1/14-18:50
また尊敬新たに。灰は灰に‥

[6454へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:1/14-19:59
ウォーホルと思想が似てますね。作品の中で生き続けます!

[6454へのレス] 投稿者:世界に売られた男 投稿日:1/15-09:00
ボウイの魅力の一つに圧倒的な才能があるにも関わらず、名声に溺れず自分のスタイルを貫くところもあると思うのですが、まさしくボウイらしい最後だと思います。こんなカッコいいこの世の去り方をしたスターはボウイ様だけです!

[6449] Tribute To 投稿者:crimson4000 投稿日:2016/01/14(Thu) 12:41
Rick Wakeman's Tribute To David Bowie - Life On Mars

https://www.youtube.com/watch?v=jogv7tD18gs

素敵な追悼/演奏です。

ちなみにKing Crimsonも追悼ということで、過去の映像を公開。
https://www.youtube.com/watch?v=Lm8xCYZjB-M

レコーディングに参加していた人たちがこぞって追悼の意を表しているようで、なんだか感動してます。


[6449へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/14-23:05
ありがとうございます。キング・クリムゾンがかつてこんなに嬉しそうに"Heroes"を演奏してたなんて知らなかったです。Bowieのことが大好きだったのが伝わってきます。。

[6448] ブラックスター限定版。 投稿者:世界に売られた男 投稿日:2016/01/14(Thu) 11:38
すみません。ボウイ訃報に接し、まだ日が浅い時期にこのような書き込みは不謹慎かも知れませんが、ブラックスター限定版を注文された方にご質問したいことがあります(Elmoさん、すみません。この場にそぐわない不謹慎な書き込みでしたら削除お願い致します)。

DAVID BOWIE / ★ BLACK STAR (LIMITED CLEAR VINYL LP+ALL 3 LITHOGRAPHS BUNDLE)をディスクユニオンで注文したのですが、ディスクユニオンサイドで入手不可になったとのお詫びのメールが届きました。

あまりの悔しさに苦情のメールを出したのですが、担当者の方から誠実な対応を頂きましたので、今は残念ですが現実を受け入れるしかないな・・・・という心境です。

その担当者の話によれば全店舗で限定盤は10枚程度しか入手できなかったみたいです。

このような状態になったのはやはり今回の訃報が影響あったのかな・・・。

僕と同じ限定版を注文した方は無事に届きましたでしょうか?

[6448へのレス] 投稿者:jack 投稿日:1/14-18:42
私のもキャンセルになりました。注文した時点ではまさかこんなことになるなんて夢にも思わなかったので、あらゆる意味でガッカリしました。限定盤に関しては訃報が関係なく売り切れたと自分は思うようにしてます。購入できた方はほんと羨ましいです。

[6448へのレス] 投稿者:jack 投稿日:1/14-18:46
世界に売られた男さん。私も同じ気持ちだったので投稿はある意味嬉しかったです。同様に不謹慎かもですが…。

[6448へのレス] 投稿者:TOMO 投稿日:1/14-19:11
私はリトグラフ付きのCDを予約しましたが、やはりキャンセルの連絡がありました。訃報と関係あるかどうかわかりませんが予約の段階で、どのくらいの枚数が確保できるかわからないのでキャンセルの場合もある、というような記載があったと記憶しています。

[6448へのレス] 投稿者:世界に売られた男 投稿日:1/14-19:53
jackさん、TOMOさん、コメントありがとうございます。お二人ともキャンセルになりましたか・・・。こちらの書き込みの後に担当の方から再度メールが来まして、今回は発表と発売の間のスパンが非常に短く、その影響があったのでは?という話でした。訃報はあまり関係ないみたいですね・・・・。残念な結果になりましたが、無事に限定版を手に入れることができた方はおめでとうございます♪

[6448へのレス] 投稿者:seven 投稿日:1/14-23:54 <HOME>
僕もディスクユニオンからメールが来ました。残念だけど、いつかきっとと思います。

[6447] 写真家ミック・ロックインタビュー 投稿者:雨柳 投稿日:2016/01/14(Thu) 10:59 <HOME>
初投稿です。いつも閲覧させていただいていました。
ローリングストーン紙の記事が素敵だったので。


[6447へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/14-16:09
ミック・ロックの写真は色がとても素晴らしいので好きです。

[6443] Tribute To David 投稿者:nas 投稿日:2016/01/14(Thu) 01:28
Mike Garsonによる追悼曲です。

http://www.mikegarson.com

[6443へのレス] 投稿者:nas 投稿日:1/14-01:31
録音は2011年でした、すみません。

[6443へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/14-23:34
マイク・ガースン、大好きです。CD買いました。今、聴くとまたじーんときます。

[6438] ボウイ ロス 投稿者:ブラックブック 投稿日:2016/01/13(Wed) 21:17
世界中のCD、レコード店で★他、完売ですっからかんとのニュースを朝、テレビで見ました!
何であれ正直、嬉しい。
この世を売った男は69万まで上がってるらしいです。

こんな社会現象は予期しなかった!
皆さん、自分だけじゃないんで、元気だそう!!!
(T-T)

[6438へのレス] 投稿者:マーキー 投稿日:1/14-09:50
思いっきり泣いた方が、しっかりボウイのプレゼントを心に受けとめられるような気がしてきましたが、ひとりじゃなく皆で。。。

[6432] 少しでも、明るい話題を・・・ 投稿者:ボロミンクン 投稿日:2016/01/13(Wed) 17:27
ダンカン ジョーンズの3作目、「ウオークラフト」が今年3月公開予定です。

http://www.cinematoday.jp/page/N0058536

[6432へのレス] 投稿者:シュウ 投稿日:1/13-23:00
ダンカンこそ、辛いはずですよね。

[6432へのレス] 投稿者:TOMO 投稿日:1/14-02:10
ダンカンに、何かしらボウイの香りがする映画を撮ってほしい!

[6432へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/14-16:10
親と子供は別人格だから、自分の道を歩んでいただきたいです。

[6432へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/14-17:28
きっとダンカンのもとには、ごく親しい人から訳わからない人まで、いろんな人からの連絡が入っていて大変でしょうね・・。イマンとレクシーを気遣っていそうですし。 一人前になったら父親に正式に出演オファーしたいという息子と、チケット買って一般人と一緒に映画館で息子の映画をみる父親・・・お互いをリスペクトした本当にいい親子関係ですよね(TーT)。 映画楽しみです。スターウォーズとかぶらなくてよかった。

[6431] オフ会など 投稿者:Elmo 投稿日:2016/01/13(Wed) 17:27
少し話があがっていたオフ会ですが、
希望する方がいれば、遠慮せずに是非是非募ってください!
チャットルームもよかったら使ってください。

私はというと、実際にお会いして悲しみの共有をしたい気持ちもありますが、
反面、遠出する気力はまだ持てなくて・・。すみません。

みなさんの中でも、一人でつらくて気持ちをどこに向けたらよいのかわからない時は、
書き込みでもして想いの丈を吐き出してくださいね。
(ただこの掲示板、セキュリティが強いので、句読点がなかったり、URLがだぶっていたりするだけで
はじかれてしまうので、その点ご了承を。。。)


さて、80年代の隠れた名曲(というより、光を放つことのない曲たち)でこんな選曲されてる方がいました。
この選曲はなかなかできない・・。結構マニアですよね。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamazakitomoyuki/20160112-00053360/

"Too Dizzy"ってネバレミの再発盤からカットされてたんですね。知らなかったです。
紙ジャケシリーズで確認したら、確かに入ってなかった・・・。

Pretty Pink RoseはPVともに好きです。

[6431へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:1/13-18:33
ブリューのソロって以外に忘れですよね、PVはカッコ良いです。

[6431へのレス] 投稿者:wisteria 投稿日:1/13-18:33
今日初めて外出しましたが、つらかったです。今のところ安定剤のお世話になってます。チャットあったら参加したいです。

[6431へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/14-00:23
wisteriaさん、大丈夫ですか?私もいろんなとこで「追悼」の文字とか見ると辛くなります・・・。

[6430] BBC radioの追悼番組 投稿者:世界に売られた男 投稿日:2016/01/13(Wed) 17:09
今日は連投してしまいまして、失礼します。取り急ぎですが、こちらでBBC radioのボウイ様の追悼番組が聴けるます。

http://www.bbc.co.uk/programmes/b06z0lns

[6430へのレス] 投稿者:wisteria 投稿日:1/13-18:31
ありがとうございます。今聴いてきました。選曲は人それぞれですね。

[6430へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/14-14:25
先ほど聴き終わりました。愛と敬意が感じられるいい番組でした。とりわけ、ボウイが大阪から電話してきたときのヴォイスメッセージを流してくれて嬉しかったです。

[6430へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/14-16:46
冒頭の曲名や歌詞の一部の引用から良かった。

[6418] 全米初1位確実・・・。 投稿者:世界に売れれた男 投稿日:2016/01/13(Wed) 09:09
ro69のサイトでみましたが、ブラックスターの全米初1位なる見込みとのことです。

http://ro69.jp/blog/miyazaki/137133

ボウイ様にとっては難攻不落のアメリカ。1位になることは僕たちボウイ信者にとって大変嬉しいですが、ボウイ様本人はもうこの世にはいない・・・・。

ですがラザウルの歌詞に書いてあった今頃「天国から見渡している」ボウイ様もきっとガッツポーズしているかと思います・・・。

[6418へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:1/13-14:09
他のイギリス人もなかなかアメリカで恒久的な成功は難しい中、最後に大花火ですね。昨日までCNNとBBCをニュースのみ一日分録画していたが、どちらもトルコのテロまでは一日トップ扱いで手を変え品を変え出してきて興味深かった。BBCはともかくCNNがここまでやるとは思わなかったです。

[6418へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/13-16:53
"Everybody knows me now" ですかね・・・。日本でも在庫切れみたいですね。さきほど近くのTSUTAYAをちらっと見ましたが、本当にBlackstarが完全に在庫切れしてました。

[6418へのレス] 投稿者:yoshi 投稿日:1/13-20:49
・・現在、iTunesのアルバム部門では2位。トップ100位までにベスト版を含めて、14作品入っていました。

[6418へのレス] 投稿者:シュウ 投稿日:1/13-22:59
皮肉にも今回の死でBOWIEの凄さが評価されてます。ファンとしては誇りでありますが、まだ彼の死を受け入れられません。

[6418へのレス] 投稿者:UNNPA 投稿日:1/14-13:52
francoiseさん、私も訃報を聞き急遽CNNとBBCを申し込み交互に見ては録画してました。改めて存在の大きさを実感しました。

[6415] Facebookの記事だけど・・ 投稿者:seven 投稿日:2016/01/13(Wed) 03:06 <HOME>
Facebookの記事だけど見れるかな。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=10153749084371043&id=18658326042

みんな、笑顔で。

ボウイさん、さよならは言わないよ。

[6415へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/13-16:46
Our Brixton Boy かあ・・。ロンドン、ニューヨーク、ベルリンと、ボウイの聖地と呼べるところがあるのは羨ましく思います。私もできることなら献花したいけれど。。。"Yonug Americans"あたりをアカペラで合唄できちゃうあたりは、さすが英語ネイティブですね。

[6415へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/13-16:48
それから私もさよならは言わないです。

[6415へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:1/13-18:26
絶対、言わないから書けません!

[6415へのレス] 投稿者:UNNPA 投稿日:1/14-14:16
Elmoさん、私も献花したいです。でも、こちらで皆さんと気持ちが共有出来る事に感謝しております。

[6415へのレス] 投稿者:UNNPA 投稿日:1/14-14:33
サイトを続けて下さったおかげです。心の寄り所です。

[6410] つらすぎるので 投稿者:Elmo 投稿日:2016/01/12(Tue) 22:27
なんの癌だったのかなと思っていましたが、このサイトに
肝臓癌、または、肺癌から転移した肝臓癌だったのでは?との記事がありました。噂レベルですが。。。
http://www.newsmax.com/Health/Health-News/David-Bowie-death-lung/ ..... id/708995/

あと、少し気分転換に。。。
ちゃんと"David Bowie"って発音できますか?

https://uk.celebrity.yahoo.com/post/137151882639/how-do-you-actua ..... unce-bowie
1番目のビデオでは
BOO-IE

2番目のビデオでは
BOW-EE

3番目には本人の発音があります。
日本人には難しいけど、ネイティヴにも結構難しい発音なんですね。

[6410へのレス] 投稿者:☆♂ 投稿日:1/13-01:08
発音どころか、『デビット・ボーイ』とか酷い表記が未だに見受けられますよ〜

[6410へのレス] 投稿者:世界に売れれた男 投稿日:1/13-09:02
僕もローリングストーン誌のwebサイトでみました。普通肝臓がんってウィルス感染が一般的ですけど、ミック・ロンソンも、ルー・リードも肝臓がんでしたよね。あくまでも僕の憶測ですが、ドラックとかやっているときに注射器から感染したのかな・・・・。ただ、ここ20年間のボウイ様は健康体そのものに見えましたから(心臓疾患のトラブルはあったものの)、突然の亡くなったのはショック過ぎて、未だに受け入れることができない状態ですね・・。

[6410へのレス] 投稿者:世界に売れれた男 投稿日:1/13-11:19
今先ほどNME Japanのサイトを見たのですが、やはり心臓にも問題を抱えていたみたいですね・・・・。ここ数年間6回の心臓発作に見舞われたみたいです。

[6410へのレス] 投稿者:mona 投稿日:1/13-11:43
もはやどこのサイトで読んだのかわからないのですが、lazarusの演出家の談話として、ボウイは肝臓がんのために全てのリハーサルに立ち会うことはできないだろうと聞いた、という記事がありました。

[6410へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/13-16:41
肝臓癌の原因は不明だけれど、肝炎から悪化することが多く、肝炎は注射針の使い回しなどによって引き起こされることがあるとか。でもボウイには肝炎の病歴はなかったようです。

[6410へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/13-16:42
NME JAPANのサイモン・ル・ボンがアップした動画、いいですね!

[6394] 大変ご無沙汰しております。 投稿者:しぃきゃっと 投稿日:2016/01/12(Tue) 00:12
Elmoさん、大変ご無沙汰しております。
あまりの突然の訃報で、言葉をうしなっしまい、慌ててエルモさんのサイトを探しまくりました。
実はPCの調子が悪くデーターが飛び、こちらのページも探しまくった次第です。
久しぶりのご連絡で、この様な場面に遭遇するとは・・・
何とももの悲しいですが、最近の近況もわからないまま、訃報を聞く事になってしまいました。
私もボウイとたいして年齢は変わらないので、なんだか身につまされます。
悲しみと脱力感でいっぱいです。
エルモさんもさぞかし気落ちしているのでは・・・本当に残念でなりません。

[6394へのレス] 投稿者:tomo 投稿日:1/12-00:15
わかります。お気持ち

[6394へのレス] 投稿者:tomo 投稿日:1/12-01:34
私も死んでないことにします。

[6394へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:1/12-14:57
しぃきゃっとさん、こんにちは。1日たっていろんなニュースを見るたびに現実なんだなと思い知らされて、辛いです。。でも、最後の最後までアルバム残してくれて、これまで本当にありがとうと ボウイに感謝です。来世でもファンになります。

[6394へのレス] 投稿者:シュウ 投稿日:1/12-22:08
Elmoさん。bowieファンでよかったです.

[6394へのレス] 投稿者:☆♂ 投稿日:1/13-01:07
暴威がziggy stardust引っ提げてのドサ回りは御免だという発言を思い出します。最後まで創作に尽くしてくれた…

[6394へのレス] 投稿者:テキーラ 投稿日:1/13-13:18
最期まで私たちファンのことを考えて、★という素晴らしいメッセージを残してくれたBowieに感謝します。Ziggyをステージ上で終わらせたときのように、完全に残りの人生自由になりたくてDavid Bowiewo

[6394へのレス] 投稿者:テキーラ 投稿日:1/13-13:22
すみません。途中でEnterしてしまいました。 つづき→ 完全に残りの人生自由になりたくてアーティストDavid Bowieを終わらせただけで、実はまだどこかで生きているような気がしてます…。

[6394へのレス] 投稿者:テキーラ 投稿日:1/13-13:25
まだまだ涙がとまりませんが、天国でBowieに会えた時に恥ずかしくないように一生懸命に自分の人生を生きていきたいと思います。