[7297] 地球に落ちて来た男 投稿者:seven 投稿日:2016/07/14(Thu) 04:53 <HOME>
地球に落ちて来た男が全国で上映されます。ピエロルフや勝手にしやがれなどのディジタルでの復刻をされたスタジオカナルの技術により蘇った地球に落ちて来た男、僕も観に行きます。皆さんも。

来週7/16(土)より『地球に落ちて来た男』の劇場公開がはじまります。7月の上映スケジュールはこちらです。

また各劇場にてパンフレット(800円税込)も販売します。

3館共通鑑賞券(1,500円税込:ユーロスペース、シネマート心斎橋、角川シネマ有楽町)は劇場窓口、プレイガイドにて発売中です。

<東京>
劇場:ユーロスペース
日程:7/16(土)〜29(金)※以降は1日1回上映予定
上映時間:10:30/15:40/18:20〜20:50

<大阪>
劇場:シネマート心斎橋
日程:7/16(土)〜22(金)※以降は1日1回レイトショー上映予定
上映時間:16:00より1回上映

<神戸>
劇場:神戸アートビレッジセンター
日程:7/16(土)11:30、20(水)13:50に爆音上映
※以降は8/13(土) 〜19(金)に通常上

<名古屋>
劇場:名古屋シネマテーク
日程:7/23(土)〜29(金)
上映時間:19:00より1回上映
http://cineaste.jp/

以降
京都みなみ会館(8/13〜)、星空の映画祭(8/19限定)、角川有楽町シネマ(8/27〜)、YCAM爆音映画祭2016(8/28限定)、シネマ・ジャック&ベティ(9/17〜)、シネモンド(2017年1月〜)、サロンシネマ、シネマルナティック、桜坂劇場ほかにて上映

HP
http://www.bowiechikyu.jp/

予告編
https://www.youtube.com/watch?v=Ay5e2NTIt2Y

[7297へのレス] 投稿者:みんみん 投稿日:7/19-00:44
ユーロスペースで見て来ました。DVDは複数枚持っていますが実は劇場で見るのは初めて。きれいな画像に感激でした。ついでに代官山へよりこちらの写真展も。こちらは明後日までです。http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/exhibition/1008002.html

[7297へのレス] 投稿者:みんみん 投稿日:7/19-00:46
正確にはもう明日まででした。マーカス・クリンコ写真展、20日(水)までです。

[7297へのレス] 投稿者:seven 投稿日:7/19-08:50 <HOME>
みんみんさん観てきたんですね。僕は予告編だけしかまだ観ていないのですがスタジオカナルの手によって蘇った映像、音ともにとても素敵だと思います。写真展のリンクも観ました。ボウイと犬

[7297へのレス] 投稿者:seven 投稿日:7/19-08:52 <HOME>
その写真もとてもいいなと思いました。憧憬ですがダイヤモンドドックスのポートレートを思い出したり。地球に落ちて来た男京都に来た時が楽しみです。

[7297へのレス] 投稿者:UNNPA 投稿日:7/19-17:51
sevenさん、みんみんさん、情報ありがとうございます。ボウイも犬もカッコイイ!映画は出来たら二回は行きたいです。パンフレットもどんな物か楽しみです。

[7297へのレス] 投稿者:seven 投稿日:7/20-05:20 <HOME>
UNNPAさん、僕は目に焼き付けてくるつもりで観てきます。パンフレット、僕もどういうものか楽しみです。夏の暑いさかりだけど地球に落ちて来た男のその悲しみを知りに映画館へ行きたいと思います。

[7297へのレス] 投稿者:みんみん 投稿日:7/20-21:43
私もできればもう一回見て来たいと思っていますが、、、。パンフレットも買いました。何度も見た映画で最近もDVDで見返したのですが劇場で見ると全然違いました。

[7297へのレス] 投稿者:seven 投稿日:7/22-14:10 <HOME>
みんみんさん僕も2回観たいです。2回続けて観れないかな。。僕も映画館は初見です。楽しみです。

[7296] デビッド・ボウイ「広島」への思い 投稿者:小嶋保 投稿日:2016/07/14(Thu) 03:10
デビッド・ボウイがポスターに込めた「広島」への思い


http://www.huffingtonpost.jp/2016/07/09/david-bowie-hiroshima_n_10908936.html


皆様はすでにお読みになられていると思いますが、少し感動したんで記念にアップします。

「low」のメッセージは核戦争の恐怖と考えている私にはボウイが広島・長崎にどう考えているのかと考えていました。

「第2次大戦から50年の節目で、ボウイさんは「広島への原爆投下」への思いを説明したという。ノブスさん側は「デリケートなテーマだ」と扱いに苦慮したが、ボウイさんが押し切ったという。「平成七年」などの日本語表記も加えられた。

[7296へのレス] 投稿者:seven 投稿日:7/14-04:59 <HOME>
小嶋さんのLowの考察素晴らしいと思います。そして、ポスターに対してデリケートなテーマでありながら押し切ったボウイも。表現者、ですよね。僕はヒーザンに世界の終末を感じます。だからこそサンディの歌詞、曲に心撃たれ、そして勇気づけられると思います。すべては覚えられていたとしても。

[7296へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:7/15-00:24
seven さんへ。ご返信ありがとうございます。暑いのでご自愛ください。

[7296へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:7/15-10:01
小嶋さんお久しぶりです。この記事を読んで色々と考えさせられました。私はボウイさんがドイツ語で一部歌う"Helden/Heroes" が好きなんですが、叫ぶようなボウイさんの声がより切実に響いて、歌詞も微妙に違いベルリンの若者達の視点で描かれている感じが強調されている気がします。東西冷戦の影響をもろに受けて苦しみ、恐怖におののきつつも無力な若者達にあきらめないでと鼓舞している力強い曲だなと改めて思います。https://www.youtube.com/watch?v=ytBsRXL0R6Q 「誰も僕らにチャンスをくれないけれど でも僕らは勝てるさ 永遠に永遠に」「いくら奴らが無敵のように見えても 僕らは英雄になる たった1日でも そしたら僕らはやっと僕らになる その日に」「僕は夢を見ていたんだと思う あの壁 背中が冷たい 銃弾が空気を引き裂いたけど 僕らはキスをする まるで何も起きていないかのように 恥は奴らの方に落ちていった」(英語と違う部分を意訳してみました。)

[7296へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:7/16-05:06
Hansa さん。お久しぶりです。「Helden/Heroes」の訳を読ませていただきました。熱い詩ですね。なんか「Rock 'n' Roll Suicide」のように熱く、演説のようですね。話が変わりますが、「ぴんぽんぱん ふたり話」美輪 明宏(著), 瀬戸内 寂聴(著)を読んでいたら、オノ・ヨーコが瀬戸内 寂聴に語ったジョン・レノンの幽霊の話が面白かったので少し抜粋します。「あの方(オノ・ヨーコ)は、彼(ジョン・レノン)に「ああしろ、こうしろ」と、全部教えられるんですって。何度か殺されそうになったときも教えてくれたそうです。ジョン・レノンが死んだあと、いろんな人に付け狙われて、とても命が危なかったんだけど、そんなとき、ちゃんと出てきて「子供を連れて逃げろ」とか言ってくれるんですって」このような話、初耳だったので驚いてしまいました。ちなみに「ぴんぽんぱん ふたり話」はタイトルが意味不明のタイトルですが、美輪 明宏, 瀬戸内 寂聴両氏が実際に接した三島由紀夫の話が多くおもしろかったです。とくに三島由紀夫が5年くらい成仏できず、美輪 明宏が自宅で三島由紀夫の首の無い霊を5年くらい供養していたとの文章を読み驚いてしまいました。ボウイは成仏したのかな?

[7296へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:7/17-01:31
Hansa さんへ。話は戻りますが、ドイツ外務省が、ボウイ死去に際し、「さようなら、デヴィッド・ボウイ。あなたは(我々にとっても)ヒーローです。 ベルリンの壁を崩す手助けをしてくれてありがとう」と公式発表していました。ドイツ外務省もお世辞で言ったわけではなく、東西に分断されていたドイツの多くの人々が「Helden/Heroes」を聴き、本当に勇気付けられた体験を踏まえてのことで嘘偽りの無い本音だったんだろうと感じ少し感動しました。

[7296へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:7/17-04:20
Hansa さんの訳やドイツの当時の諸事情を考えながら聴くと感慨深いです。 記念にyoutubeから David Bowie Helden, German version of Heroes  https://www.youtube.com/watch?v=nb6Gbi1MpoE&list=FLh9PaXedRSy ..... mp;index=1

[7296へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:7/17-07:21
そうですね、ボウイさんは外見はクールだけど、熱いお人なんですよね。当時はまだ壁の崩壊なんて想像もつかなかった頃ですね。私はゴルバチョフ政権下のソビエトに留学したことがあるんですけど、共産圏に暮らす苦しみや不自由さというものはかなり感じました。このドイツ語版の違いに気がついたのはごく最近で、ずっとダイレクトで話がクリアーに見えてくるんです。ちょっとした違いなんですが、見えてくるものが全然違うというか・・。「ぴんぽんぱん」のエピソード面白かったです。ジョンは死に切れなかったでしょうね。ヨーコさんがあちらにいらっしゃるまでは、こちらにまだいるのかもしれませんね。ボウイさんは、青い鳥になって世界中を飛んでいるといいな、と思います。

[7296へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:7/17-12:15
でも・・ボウイの詩はいつも幾重にも意味が重ねてあると思うので、政治的な意味にとれる一面の他にも別の面も持っていたと思います。デイビット・ボウイが「クイーン」彼の心デイビット・ジョーンズが「キング」、彼らは表裏一体で二人で一人。彼女は時には意地悪で、僕は酒ばっか飲んでる。。クルト・ヴァイル/ブレヒトの「7つの大罪」は実際は一人だけど二人のアナによって語られるんですが、ボウイさん「3文オペラ」のカバーもしてるのでそういう解釈もありえそうです。私は「チャイナガール」は麻薬のことでもあると思っているので。薬なしにはやってらんない僕(イギー)

[7296へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:7/17-12:18
・・何気なく聞いていたものを少しずつ別の視点で見る作業中です。

[7296へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:7/17-13:42
「チャイナ・ガール」も植民支配や西洋の文化的支配について語る政治的な面に、イギーとベトナム人女性との恋の話をからませつつ、麻薬という解釈も可能にしてあるんで、うーん複雑。個人的には「ファン」のことでもあるような気もするし。。長々失礼しました。

[7296へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:7/17-22:39
全てはボウイという一人の人物の頭の中の「王国」の中で完結しているという「Lazarus」の解釈から類推すると「チャイナ・ガール」でさえボウイのアルターエゴ、なのかもしれませんね。東洋的なもの、仏教や瞑想や京都などに惹かれる自分と世界を支配するロック・スターの自分。「シーッ」黙りなさいと自分の中で葛藤している様なのかもしれません。「Lazarus」では、トミーを救済しようとする天使のような少女=レクシーも、殺人鬼のヴァレンタインも皆んなトミー=ボウイの中の一つの人格にすぎないそうです。ボウイは限りなく孤独なボウイ王国の王様だったのかも・・・

[7296へのレス] 投稿者:seven 投稿日:7/18-02:25 <HOME>
小嶋さんHerosのヴィデオ観させて頂きましました。ボウイのエモーショナルな部分が垣間見えたような気がして素敵でした。ボウイってこんなヴォーカルをするんだと驚きました。Hansaさん、全てはボウイの頭の中と言う言葉理解できます。ボウイは自分の感性で詩でいう照応を起こし、それを自らの想像力で曲にしてきたのかなと思います。デヴィッド・ボウイのそれは孤高だったのでしょうね。だけどデヴィッド・ジョーンズとしての生にはイマン、アレキサンドリアと出会った。それは逆転してボウイとしての孤独も埋めたのだと思います。ロックンロールスーサイドのメッセージ、君は独りじゃないように。僕もボウイさんが青い鳥になって何処までも自由に飛んでいてくれる事を願います。

[7296へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:7/18-03:35
Hansa さんへ> 「ボウイの詩はいつも幾重にも意味が重ねてあると思う」に同感です。ボウイの詩を理解するのは抽象絵画の鑑賞と似ていますよね。絵の中の「●」「△」は人の想像力でどんなものにも変わる。ある人にとってはただの「●」「△」でも、想像力のあるひとは「●」は地球「△」は山に見えたりします。ボウイも曲を聴いている人に色々創造力は働かせてほしいと思い創作していたのだと思います。youtubeでボウイのインタビューでも「自分はFINE ART」を作りたいと発言していたのを見て納得しました。1万の解釈があったらすべて正解だと思います。不正解はゼロだと思います。

[7286] ボウイさんに関する記事 投稿者:Hansa 投稿日:2016/07/06(Wed) 03:31
オランダの新聞のサイトに載っていたイヴォ・ヴァン・ホーヴェの長いインタビューの内、ボウイさんに関する部分だけ訳しました。
思いっきり意訳ですが、お暇な方お付き合い下さい。

原文はこちらからで、新たな写真もあるのですが、ボウイさん闘病中なんだな、と切なくなる写真です・・ http://www.nrc.nl/handelsblad/2016/06/23/ik-voelde-me-veilig-bij-bowie-2845714

タイトル「ボウイのそばにいると僕は安全だと感じた」

(初めて出会った時について)
ー彼からは台本を貰っていなかったんだ。彼は自分で僕の前で朗読したかったんでね。
それは本当にここ数年の中で一番ドキドキした時間だった。
だって朗読の終わりに彼が僕にどう思うかって訊くってわかっていたからね。
僕はすぐに答えた。「まるでムンクの叫びみたいだ」って。
実存の叫びがたった一人の人物の頭の中に存在している・・
ボウイは「全くその通り」と答えた。

彼のそばにいると僕は安全なんだと感じたし、彼も同じことを僕に感じていたと思う。

リハーサルをしている途中、彼が全く違う劇の終わり方を望んだんだ。
彼はあるアルバムの歌を提示して、CDと歌詞を送ってきた。
僕はすぐに彼の意図するところがわかった。でも僕はその提案には少しの間触れないようにしたんだ。
3週間後彼から、「で、君はどう思う?」って本当にそれだけの短いメールが届いた。
僕は少し考え込んだ、でもすぐに短いメールを送った。なんで僕は最後は「ヒーローズ」で終わらせる方がいいかって理由をね。
彼はすぐに賛成してくれた。

皆様良い夏を。

[7286へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:7/6-08:43
veilig=安全という意味なのですが、意訳という点では安心と訳すべきか迷いました。お互い信頼しあえたということなんでしょう。ロンドン公演の情報もないまま、時間が経っていきますがやっぱり観たいですね。

[7286へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:7/12-14:14
Hansaさん、いつもありがとうございます。東京の夏は暑いです。 この文章からすると、ボウイは違う結末を望んでいたということでしょうか?確か、あまりハッピーエンドではない結末と聞いてましたが、ボウイはもしかしたらハッピーエンドを望んでたのでしょうかね。

[7286へのレス] 投稿者:テキーラ 投稿日:7/12-20:13
読ませていただきました。ありがとうございます。Bowieは本当に熱心に打ち込んでいたんですね…

[7286へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:7/13-01:28
Elmoさん、テキーラさん、お付き合いいただいてありがとうございます。この記事を読んでボウイさんのこの劇に込めた想いに少しだけ触れられたような気がしました。全てはトミー=ボウイの頭の中に響く叫びなんでしょうか。彼が提示した曲は何だったか気になりますが、最終的にはイヴォの提案に賛成したようですね。観劇することができたとして、平常心を保っていられるか自信がないです。いまだにボウイさんの曲を聴くのが突然できなくなったり、かと思えば取り憑かれたように聴き続けたりと、感情に波があります。ここで皆様のボウイ愛に触れることができて本当に救われています。

[7286へのレス] 投稿者:seven 投稿日:7/13-19:29 <HOME>
Hansaさん、僕もアップとほぼ同じタイミングで読ませて頂きました。ボウイの闘病中の件に感傷を感じてレス出来ませんでした。だけどElmoさんテキーラさんのレスポンスを読んでレスさせていただきます。「まるでムンクの叫びみたいだ」って。 実存の叫びがたった一人の人物の頭の中に存在している・・この部分本当に切なくなりました。闘病中のボウイの胸に何が去来していたんでしょうね・・。僕はボウイの遺した音楽に惹きつけられ、そして毎日のように聴いています。生前の頃と同じよう、ボウイの音楽に支えられて生きているのだと思います。だけどボウイの死を受け入れられた自分がいると言う事はまだ自分でも自信が無いです。京都の夏も暑いです。僕は昼夜問わず懊悩に悩まされます。だけどボウイの曲やここにくるとしゃんとします。Hansaさんも良い夏を。

[7286へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:7/14-10:11
https://www.youtube.com/watch?v=sIxfZEFSS0Y 私は昨日からボウイ漬け、夏休みなのでちょっとたがが外れてます・・。たまたま音の質の良いライブの録音を見つけたのでアップします。ベルギーの夏の名物「ロック・ウェルヒテル」にて97年のアースリングツアーのものです。

[7280] ライブ告知 投稿者:ボロミンクン 投稿日:2016/07/04(Mon) 21:21
Elmoさんお世話様です。ボウイファンのボロミンクンです。
今回、私はライブに出演することになったので、告知させてください。

【シャンソン カンツォーネの祭典 Vol.27】


日時:2016年7月21日(木)

場所:ティアラこうとう 小ホール
         (東京都江東区)

時間:開場6時/開演6時半

入場料:¥2,000

出演
  【斉藤ひろ子 阿部克行 高橋健三 片岡道子 秋山和紀
   
   高橋明雄 Azumi maki 窪川二郎 平沼肇 
    
   絵梨佳 関亜沙子(バレエダンサー)湊ゆに 神保仁美 
   
   朝田卓樹】(※私は本名の平沼で出演します)

【ティアラこうとう:地下鉄 半蔵門線 都営新宿線「住吉」駅
 A4出口より徒歩3分】

お問合せ「カンツォーネピウ」03(5832)9601

・・・・以上が概要になります。

 私はボウイ追悼の意をこめて、ボウイさんを歌いたかったのですが、いかんせん準備不足で断念しました。オアシスや沢田研二さんを歌う予定です。
 私は翌日からフジロックに行くという、強行日程なのですが
皆さま よかったらいらしてください。

Elmoさん、不適切でしたら削除してください。

[7280へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:7/4-22:34
素敵ですね。地球の反対側より応援しています。

[7280へのレス] 投稿者:seven 投稿日:7/4-23:36 <HOME>
ボロミンクンさん頑張って下さいね。

[7280へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:7/12-14:07
ボロミンクンさん、すごいですね。曲はシャンソン風にアレンジされているんでしょうか。頑張ってください!

[7278] 『あわれ彼女は娼婦 』放送 投稿者:マーキー 投稿日:2016/07/04(Mon) 08:32
猛暑ですが、皆様お元気でしょうか?
8月7日BSプレミアムステージで(夜中0時~)、
演劇「あわれ彼女は娼婦」が放送予定です。出演:浦井健治、蒼井優
ボウイの世界観を感じられる作品であれば…と期待してます。

[7278へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:7/6-05:32
蒼井さんは存在感が不思議に強い女優さんですよね。ネットにアップされることを期待してます。

[7278へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:7/12-14:06
来月ですね。観られたら観たいと思います。

[7275] WARCRAFT 投稿者:Elmo 投稿日:2016/07/04(Mon) 00:07
ダンカンが監督した映画「ウォークラフト」を観てきました。
公開してすぐの週末だったのと、それほど大きな映画館でなかったこともあったせいか、満席でした。
ゲームの知識など一切なかったですが、普通にエンタメとして楽しめました。
父と息子のエピソードの部分は、ちょっといろいろイメージしてしまいましたけど。
続編もあるのかな・・という感じの終わり方でしたね。

P.S.
久しぶりの書き込みですが、どうしてもネットの情報をみると感傷的になってしまうことが多くて、
私は少しネットから離れた生活しています。。。すみません。

書き込み続けてくれているみなさまありがとうございます。
BBSは置いておきますので、自由に使ってください。

[7275へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:7/4-00:32
お気持ちお察しいたします。こちらこそ、すみません、そしてありがとうございます。

[7275へのレス] 投稿者:マーキー 投稿日:7/4-08:23
>Elmoさんお気持ちわかります、日常雑事の合間に急にどっと感傷的になります。暑くなりますがご自愛を!

[7275へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:7/5-04:01
Elmoさん お元気でなによりです。The Next Day Extraの翻訳のご検討をお願いいたします。

[7275へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:7/12-14:05
Hansaさん、マーキーさん、小嶋保さん、ありがとうございます。お互いゆっくりと日々過ごしましょうね・・。

[7270] 七月になりましたね。 投稿者:seven 投稿日:2016/07/01(Fri) 20:23 <HOME>
早いもので七月になりましたね。ボウイが★に帰ってから半年が過ぎます。みなさんいかがお過ごしですか?僕は仕事中(自宅が仕事場なので)殆ど行ってボウイの曲を流しています。どのヴィデオでもスペースオディティとロックンロールスーサイドの時は手が止まります。

世界はどんどんひどくなっていますよね。日本も海外も。何処も争いと報復の連鎖で、嘘つきで。

そんな中自分ができる事がないか深く、目を瞑るように考えます。

ボウイの娘は幸せな未来を歩めるかな。

ボウイの娘のためにもこの世界には絶望しないと言う言葉がエコーのように耳に残ります。

自分のhnのsevenはhours...のsevenから。
ボウイの誠実に生きろと言うメッセージは伝わるんだけどそれに倣えない自分が苦しいです。

だけど頑張りますけどね。

皆さんもボウイの送り続けた伝言を胸に持って生きていきましょうね。

[7270へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:7/3-23:23
sevenさん、お元気ですか。もうそちらは猛暑のようですね。異常気象で雨ばかりで寒いままのベルギーにいると暑ささえうらやましいんでうが、熱中症にお気をつけ下さい。私はちょこちょこレア映像などアップさせていただきます。こちら新たネットにアップされた76年のツアー映像です。https://www.youtube.com/watch?v=XAj2iX9xqCo

[7270へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:7/3-23:27
美しすぎて息が止まるということはこういうことでしょうかね・・本当に人間離れした方でしたね。

[7270へのレス] 投稿者:seven 投稿日:7/4-18:35 <HOME>
Hansaさん日本は信じられないくらいの暑さです。僕は部屋で自分の小説の執筆をしています。そこにボウイの送り続けた伝言をイデアとして伝えられればと思って。今は休憩中、ボウイのヒーザンのツアーを観ています。丁度ヒーザンが流れていた時にHansaさんのレスを見れて嬉しいです。今はホワイトライトホワイトヒートに変わりました。Hansaさんの紹介してくれたヴィデオ、今のヴィデオを観終わったら観てますね。僕はどんどんボウイに惹かれていきます。ベルギー、暖かくなるといいですね。テキストのカラーを変えました。日本の夏の青空を感じてくれたら。

[7270へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:7/4-22:30
毎年7月は湖で泳いだりしていたのですが、今年は20度あたりから気温があがらず寒いです。街からプラシーボのポスターがなくなったと思ったらキング・クリムゾンのポスターに変わりました。なんでボウイさんだけこんなに早くに・・と思ってしまいますが、、そうですね、永遠に残っていく方なんですよね。良い夏をお過ごし下さい。

[7270へのレス] 投稿者:seven 投稿日:7/4-23:41 <HOME>
Hansaさん、ボウイのヴィデオ見ました。本当に素敵でした。僕はボウイが亡くなってから、生前の時からそうですがどんどんボウイに魅了されています。その美しさにもイデアにも、だけど1番好きなのは人間としてのボウイの心なんだと思います。少しでも近づきたいです。Hansaさんも良い夏を。

[7265] 伊勢丹新宿 ショーウインドー 投稿者:マーキー 投稿日:2016/07/01(Fri) 16:00
こんにちわ、今日は暑くなってますね。
伊勢丹新宿のショーウインドーに寛斎さんの衣装レプリカが飾ってあります。5日までだそうです。黒の引抜きジャンプスーツ、ワンショルダーニット。
「元氣祭り」というイベントの一環のようです。
ちょうど寛斎さん、秋元梢さんという女優さんのトークショーもやってて、やっこさんもいらしてて畏れ多くも挨拶してしまいました(汗。8日にもトークショーあるらしいです、
今、詳細確認できませんが取り急ぎ。

[7265へのレス] 投稿者:seven 投稿日:7/1-20:09
マーキーさん貴重な情報ありがとうございます。だけど僕は京都、行けないです・・。寛斎さんのトークショーも羨ましいなー。

[7265へのレス] 投稿者:マーキー 投稿日:7/2-00:53
>sevenさん そうですか…中々日本も気軽には遠征できませんものね、私はいつか京都のボウイ所縁の場所を訪ねたいです。

[7264] 伊勢丹新宿 ショーウインドー 投稿者:マーキー 投稿日:2016/07/01(Fri) 15:59
こんにちわ、今日は暑くなってますね。
伊勢丹新宿のショーウインドーに寛斎さんの衣装レプリカが飾ってあります。5日までだそうです。黒の引抜きジャンプスーツ、ワンショルダーニット。
「元氣祭り」というイベントの一環のようです。
ちょうど寛斎さん、秋元梢さんという女優さんのトークショーもやってて、やっこさんもいらしてて畏れ多くも挨拶してしまいました(汗。8日にもトークショーあるらしいです、
今、詳細確認できませんが取り急ぎ。

[7264へのレス] 投稿者:マーキー 投稿日:7/1-16:05
すみません、連投になってしまいましたm(__)m削除法がわからないです

[7264へのレス] 投稿者:マーキー 投稿日:7/1-16:39
やっこさんのTLによると、9日鋤田さんとやっこさんがゲストみたいです。

[7264へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:7/2-02:21
さらっと、ショウィンド覗きました!是非!!!

[7263] 英国諸問題 投稿者:francoise 投稿日:2016/06/25(Sat) 22:43
ボウイが亡くなった時、どこの新聞のウェブサイトを見ていたときだったか、横に「トヨタはBrexitでも英国に残る」というような見出しがあったので、離脱派のタブロイドかもしれません。その時は「ふーん」でしたが・・・。

映画「ビギナーズ」ではファシストが登場しますが、勝利した形になる極右政党の党首の周りにいる青年たちが、まさにあの映画に出てきたファシストみたいな恰好・顔だちの人ばかりでびっくりしました。ちょっと出来の悪い映画と思われていますが、そういう面では正確な描写(?)なんですね。

Disclosureというグループが「ボウイと一緒に火星に移住する」とツイートしてました。

でもロジャー・ダルトリーとかミック・ジャガーは離脱派なんですね。モンティパイソンのジョン・クリーズも。(彼はリベラルな「自由民主党」の党員)

[7263へのレス] 投稿者:seven 投稿日:7/1-20:07
なんか、どんどん世界がひどくなっているような気がします。日本も世界も。世界はボウイの鏡に映らなかったのかもしれませんね。。

[7261] 感動です 投稿者:シュウ 投稿日:2016/06/24(Fri) 21:21
今日のミュージックステーションで桑田圭祐さんの新曲ヨシ子さん聞きました。
「ブラックスターでボウイさんが別れを告げた〜」
桑田さんは我々BOWIEファンの代わりに日本中にメッセージしてくれたとおもいます。良かったです。

[7261へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:6/25-22:08
その前の週に見ました。いきなり出てきて驚きました

[7255] 株式会社オポッサム 投稿者:Hansa 投稿日:2016/06/15(Wed) 09:18
どうしても気になるのです・・
ボウイさんの遺言でココさんに残されたのは二百万ドルと、株式会社オポッサムの株の利益。
でも株式会社オポッサムなんて会社は存在していないらしいです。

オポッサムといえば死んだふりをすることが上手くて有名な動物。死臭まで出してかなり本格的に死を偽装するそうな。

ボウイさんの最後のジョークなのか、謎かけなのか・・
なんかまだ実は亡くなってないのでは、とどこかで期待してしまいますが、そんなファン心理を見越しての遺言なのでしょうか。

[7255へのレス] 投稿者:seven 投稿日:6/17-13:11
気になりますよね。ボウイはとてもリドルが好きだから。なにかの謎かけかも知れませんよね。僕はピーキー・ブラインダーズ日本でやって欲しいと思います。

[7250] ロックンロール・スーサイド 投稿者:Hansa 投稿日:2016/06/12(Sun) 23:22
最近みなさんいらっしゃいませんね・・

プロモビデオとしてミック・ロックによって74年のシングル・リリースの時に作られていたものがアップされていたのでご紹介。
72−73年のライブのコラージュだそうです。
https://www.youtube.com/watch?v=EIDUvLAr4Q4

[7250へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:6/13-17:32
今日街のそこかしこにプラシーボのポスターが貼ってありまして、20周年のコンサートツアーのようです。ボウイさんのそばにいた人達を感じたいので見に行くつもりです。

[7250へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:6/15-08:39
83年のボウイX坂本龍一の対談の映像もアップしておきます。http://www.dailymotion.com/video/x4ge2w4_david-bowie-interviewed- ..... 3_creation

[7250へのレス] 投稿者:seven 投稿日:6/17-13:07
Hansaさん、すみません!チェックはしていたのですがなかなか・・。梅雨のせいかメンタル的に落ちているみたいです。このロックンロールスーサイドのヴィデオいいですよね。だけどボウイが旅立ってからもう半年ですね。今年は様々な分野で素晴らしい方たちが亡くなっています。哀しい事です。どうにかして僅かながらも意思を継いでいけたらとおもうのですが・・。追悼の手向けだけでなく、何かを残せればと思います。

[7250へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:6/18-09:16
日本は梅雨ですか、気が滅入りますね。この頃何か不穏なニュースも続いてますしね。ご自愛ください。

[7248] 教えてください! 投稿者:シュウ 投稿日:2016/06/06(Mon) 20:49
お台場・デックス東京ビーチで6月19日まで開催している「David Bowie の軌跡 追悼(1947-2016)写真展&ストア」に行った方いますか?
写真パネル50点のほかに、お台場イルミネーション「YAKEI」×ボウイも気になります。
http://www.pgs.ne.jp/new/2016-04-24-004305.html

[7248へのレス] 投稿者:LOWIE 投稿日:6/13-07:15
「David Bowie の軌跡 追悼(1947-2016)写真展&ストア」に6月4日行ってきました。不覚にも写真を見ていたらウルウルと涙がでてきてしまいました。BOWIEが亡くなったという現実をまだ認識できていません。プロモーションビデオが放映されていたので反対側のイスに座りながら全部見てました。小さな声を出して歌ってました。やっぱり涙がでてしまいました。

[7248へのレス] 投稿者:シュウ 投稿日:6/13-23:44
LOWIEさん。情報ありがとうございます。なかなかいい写真展なんだなと感じれました。ありがとうございます。

[7247] ジョナサン・リッチマン 投稿者:Hansa 投稿日:2016/06/06(Mon) 08:05
sevenさんお久しぶりです。
ボウイさんの世代のミュージシャンの輪って凄かったですよね。
レノン、リード、イーノ、ポップ・・
結構ミュージシャン同士ってフレンドリーで和気藹々としてるんだと思います。
とはいえ、ジョナサン・リッチマンをボウイさんがカヴァーした時はあんまりにも違うタイプなんでちょっと驚きました。
テキトー男の典型みたいな面白い人でよく聴いていたのです。

でもよくよく調べると「パブロ・ピカソ」はジョン・ケールのプロデュースだし、リッチマンもボウイさん同様ベルベット・アンダーグラウンドに憧れて若い頃NYに行った人なので結構つながってますね。

好きな曲ちょっと貼ってみます。
https://www.youtube.com/watch?v=XjFU98mEem4
https://www.youtube.com/watch?v=blJldvAPwpQ

イギーバージョンの「パブロ・ピカソ」もカッコイイです。
https://www.youtube.com/watch?v=7g1f7vQx5Fc

[7247へのレス] 投稿者:seven 投稿日:6/7-06:31 <HOME>
Hansaさん曲ありがとうございます。こうして聴いてみると新鮮ですよね。イギーバージョンのパブロピカソ格好良いです。確かにボウイの世代のミュージシャンの輪って凄いですよね。ボウイとマーク・ボランの初対面のシーンとか微笑ましいです。

[7245] ジョン・レノンとボウイ 投稿者:seven 投稿日:2016/06/06(Mon) 00:19 <HOME>
ブラックブックさんのビルボードライブのレポートHansaさんエルヴィスのテキストなどいつも勉強させてもらってます。
エルヴィスとの関連性も興味惹かれるのですが最近ジョン・レノンとの関係に興味を持ち始めました。再びですが・・。
ボウイはリアリティーのインタビューで言ってますよね。ジョン・レノンの言葉を引用して。
「言いたいことがあればはっきり言え、そして韻を踏んでバックビートに乗せろ」
途中で命を奪われたジョンとある意味運命のままに・・というボウイ。
そのロックンロールの天使とも言える二人の関連性に惹かれます。
ジョンが天使なら、ボウイは堕天使かな。
ただひとついえるのは彼らの歌はずっと誰かの心に残り続けるということですね。
天使の歌のように。

[7244] Lazarus on Peaky Blinders 投稿者:Hansa 投稿日:2016/06/04(Sat) 08:07
今週のBBCドラマ「ピーキー・ブラインダーズ」第5話にてついにボウイさんの曲が使われました。
いつもはニック・ケイブの「Red Right Hand」の主題歌で始まるのですが、今回は前回までのあらすじの後、どーん、と「Lazarus」の曲で始まりました。
主人公トミーが前回放送されたエピソードで致命傷を負った為、トーマス・ニュートンのような器具を頭に付けられて病院のベットに横たわりつつ幻覚を見ているという設定でした。
とてもボウイ的な映像で、オマージュっぽさが漂っていました。

[7244へのレス] 投稿者:seven 投稿日:6/6-00:23 <HOME>
すごいです。観てみますね。日本でも放送されないかな・・!

[7241] A5月4日東京ビルボードStation S 投稿者:ブラックブック 投稿日:2016/05/30(Mon) 16:39
続き
様々な理由で観覧できなかった方には自慢の様に感じてしまうかもしれませんが、すみません。

自分は故ミック・ロンソンが好きでして、以前イアン・ハンターと来日予定があったのですがミックの病の為にキャンセルに成りました。
その想いも有り、娘のリサ・ロンソンに逢えた事、握手、サインも頂、感無量でした。目が合った瞬間、サンキュー、ミック・ロンソン以外、言葉が見つかりませんでした・・写真もOKって言われたのに・・何もできず(笑)

妹のマギー・ロンソンにも逢った事が有るのに結局ミックには逢えなかったのです。

ボウイ・ミック共に楽曲の中で、いつでも逢えるし、胸の想いがスッキリしました・・

今後も往年のメンバーなどでボウイ、ミックなどの再現ライブも期待します!

[7241へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:5/30-16:51
東京のライブは有料チャンネルBSで生中継されました。録画を依頼中です。

[7236] @5月4日東京ビルボードStation S 投稿者:ブラックブック 投稿日:2016/05/29(Sun) 09:19
遅くなりましたがご報告させて頂きます

はじめに、このライブはボウイが亡くなる前から企画されていた事が意義が有ると思います。
アールスリックも76年ライブは金銭トラブルで不参加だった事を考えると意味深いです。

自分が観覧した席は最前列、Vo.バーナードの右側です。
前回の世界を売った男の際は、最前列の左のアンプ前でした。
いずれも最前列(狙った訳では有りません)

ここの会場は音に徹した最新の設備と聞いており、素晴らしかったです(2階席の方が良かったかも)
レストラン形式でワイン、ビールを片手に軽食して一人で来ている方も多く、う〜ん大人の雰囲気(笑)

内容は、76年を忠実に再現したと思います。正式なライブ映像は少なくニッチでコアなソウル/ファンク+ロック
ステステ以外はダイヤモンドドッグス、ウインなど、ヒーローズが歌われたのは追悼の意味で追加されたのかな?

ソウルは余り聴いて無い自分にとって斬新でシックな世界感を満喫できました。

[7236へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:5/30-05:30
ご報告ありがとうございました。行きたいですねー。今の所UKと日本しか公演してないようですが、近くにきたら行ってみたいと思います。

[7236へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:5/30-16:42
Hnsaさん、今後、ベルギーか近隣国の公演が有ると良いですね!

[7234] BOWIE 投稿者:ブラックブック 投稿日:2016/05/25(Wed) 15:18
Hansaさん
有難うございます。研究熱心で尊敬いたします

ホテルの部屋のBOWIEのプレートについて、通訳の方にもしや、ボウイが泊った事が在るのでないか?ホテルのオーナーへ確認して頂いたら歴史上の人物(英雄)?との事でした。ドラマの事は言われませんでした。直接は関係無かったけど繋がってますね・・

コミックのジム・ボウイは確かに似ています(笑)

[7234へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:5/26-23:31
時々取り憑かれたようにボウイさんについて調べてしまいます。私なりの喪のプロセスなのかもしれませぬ。遥かなお人の心情を少しでもなぞりたいんですね。今でもボウイさんは世界のどこかで自身の追悼のニュースをひっそり見守っているんじゃないかと妄想してしまいます・・お付き合いありがとうございました。

[7229] JIM BOWIE 投稿者:Hansa 投稿日:2016/05/24(Tue) 19:06
ブラックブックさん、

これも文化史の勉強・・ということで、もう少し調べてみました。

ディズニースタジオが55年に作ったドラマ、アラモの戦いでジム・ボウイとともに戦った英雄「デイヴィー・クロケット」によって、アメリカ、イギリスを始め各国の子供達の間でクロケットの特徴だったアライグマの毛皮の帽子が大流行したそうです。
ニクソン大統領のライバルの政治家がスピーチ中に被ったりもしたそうで、すごい熱狂ぶりですね。
ボウイさんはこの頃8歳。
映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー」ではちょうど55年にタイムスリップするので、登場人物がこの帽子をかぶっていたり、ラジオから「デイヴィー・クロケットのバラード」が流れたりしてます。

日本人にはピンとこないけれど、David (Crokett) + (Jim) Bowieという芸名は、郷愁やアメリカへの憧憬を表現したものでもあったんですね。

その少し後56年に出版されたコミック「ジム・ボウイ」、ボウイさんも読んだことでしょう。
http://kirbymuseum.org/blogs/dynamics/2010/06/13/jim-bowie-davy-crockett/

The boy from Bayou(「地球に落ちて来た男」でかかるオービソンの「ブルーバイユー」のバイユーです)who rode alliators=アリゲーター(I'm a alligator..)を乗りこなしたバイユー出身の少年
Jim Bowie...who fought heroically against the most fanstastic odds
=ジム・ボウイ、英雄的に最も風変わりな不均等と戦った者

・・なんか80年代のボウイさんのアウトフィット、特に髪型が似ていると思いませんか?

ローリングストーン紙にて、「16歳の頃の僕はとても哲学的で、嘘を切り裂き隠された真実を暴くというつもりでボウイナイフから名前を借りた」と語っています。
「アラモ」はお気に入りの映画とも。

ボウイさんについて調べていくと世界の文化史を学んでいく感じになります。

ステステのリポートお暇の時に宜しければお願いします。

[7229へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:5/25-00:52
余談なんですが、NYベースのオルタナバンド「They Might Be Giants」が「The Ballad Of Davy Crockett(In Outer Space)」というパロディーの曲を作っていて、スペースシップの中に生まれ変わったデイヴィーを歌ってるんですけど、アニメがボウイさんっぽいです。http://tmbw.net/wiki/Lyrics:The_Ballad_Of_Davy_Crockett_(In_Outer_Space) 「Boss Of Me」という曲で グラミーを受賞してる二人組です。(「The Next Day」収録曲とは違う曲)

[7229へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:5/25-00:55
リンク間違えました。こちら。https://www.youtube.com/watch?v=3QxeSfn1ME4

[7229へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:5/25-01:13
さらにググったら、彼らの04年の曲Au Contraire(全く逆、という意味のフランス語)の歌詞は、「デイヴィッド・ボウイが街にやってきた。」で始まります。ボウイさん同様、彼らもスポンジボブのミュージカルに曲を提供してます。無駄なトリビアでした。

[7229へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:5/25-02:08
Davidと Jimの英雄コンビ、なんか引っかかったんですが、そういえばイギーさんの本名はジムでした。イマンさんの時と同様に出会った時に運命的なものを感じたんでしょうか。ボウイさんの人生は不思議な偶然で彩られてますね。エルヴィスの誕生日に生を受けて。エルヴィスってもとはボウイさん同様子供時代はプラチナブロンドなんですよ。

[7221] チョック&ベイツ組FDに「Under Pressure」 投稿者:ともすけ 投稿日:2016/05/20(Fri) 07:10
フィギュアスケートの話題です!

今季の世界大会で銅メダルを獲得したアメリカのアイスダンスカップル、「チョックベイ」ことチョック&ベイツ組は来季(2016年7月〜2017年6月)のフリーダンス(長い方)の楽曲にクイーン&ボウイさんの「Under Pressure」を使用するということです。

振り付けは「ボレロ」でサラエボオリンピックにて芸術点オール6.0満点での金メダルを取り、伝説のアイスダンスカップルとなった英国のトーベル&ディーン組のディーンさん(男性の方)ということなので、この選曲に納得(57歳…きっとどちらのアーティストも大好きなのだと思います)。とても楽しみです!!!

チョックベイ組はどちらかと言うと力強い滑りと雰囲気を持っていると思うので、曲に負けない演技を魅せてくれるかなと期待しています。

クイーンの曲は全カテゴリーで特にエキシビションでよく使われますが、アイスダンスでは、最近ミューズやコールドプレイの曲で競技プログラムの名作が生まれているので、今後、ボウイさんの曲でも名作が生まれてくれるといいなぁと思っています。

[7221へのレス] 投稿者:みょんこ 投稿日:5/21-17:37
フィギュアボウイの曲使ってる人いたような。気のせいかな。

[7221へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:5/22-07:09
ともすけさんお元気そうで何よりです。「Under Pressure」でフィギュアスケートってなかなか難易度が高そうですね(曲が凄すぎて)。ボウイさんが亡くなったことでボウイさんの曲に触れる機会が増えてきているのは慰めになりますね。

[7221へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:5/29-22:21
フィギュアスケート好きなんだけど、陳腐なものになりそうで不安。ジョニー・ウィアーもボウイの前ではペンシルバニアの田舎の子が何かやってると思った・・・(御免)

[7221へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:5/29-22:23
ある意味陳腐というかcheesyなものがはまる競技だと思うんですよね。ポップス音楽使う場合は

[7221へのレス] 投稿者:ともすけ 投稿日:6/18-19:28
特にシングル種目だとまだ歌詞付曲の使用の歴史が浅いので手探り状態かなというプログラムもありますが、アイスダンスではロックポップスでも結構名作が出てきていると思います。かなり前に書き込んだカナダ選手のNature Boy使用で、結構ボウイさんの声は演技を邪魔しない、合っているなぁとは思いました。EXでもボウイさん使ったのは確かにジョニー・ウィアーさんくらいかな。ステファン・ランビエールさんのジャック・ブレルの名曲での表現とか(バンクーバー五輪EX)最近のコンテンポラリーダンス的発展を観ていると、やっぱり欧州選手やプロの方の方がボウイさんの曲には合うかも。いつか名作が生まれることをゆっくり期待しています。

[7221へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:6/19-22:53
世界的に有名なDJになったマッシュアップの創始者 Soul Wax (2 many DJ's)はボウイさんの超大ファン。ボウイさんの曲とニルバーナとかをどんどんマッシュアップして人気が出たのです。ある日ボウイさんに曲使わせてもらってます、と一応許可をしてもらいに行ったら、「もうどんどん使っちゃって!」と笑顔で言ってくれたそうです。寛大なお人だ、と感動したそう。ボウイさんは自分の曲が色々な人に使われるのを喜んでいるんじゃないかなあと思います。

[7220] 増井 修さん 投稿者:ボロミンクン 投稿日:2016/05/18(Wed) 23:29
元rockin'on編集長で、ボウイ論客の増井 修さんの

「ロッキング・オン天国」という単行本が発売されました。
当然、ボウイにも言及があります。

第7章より〜〜デヴィッド・ボウイに認知してもらえた〜〜


.

[7220へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:5/29-22:24
お元気だったのですね。出たばっかの本なのにアマゾンにレビュー沢山^^;。

[7211] ボウイとウォーホール 投稿者:seven 投稿日:2016/05/11(Wed) 21:41 <HOME>
ボウイとウォーホールの初対面の事です。

どこかでボウイは冷たくあしらわれたと読んだけど違っていたようですね。

ツィッターのDavidBowie.botに書いてありました。

彼は僕の靴に目をつけました。黄金色と黄色を塗り分けた靴を履いてたんですが、「いい靴ですね。どこで買いました?」と。それからですよ、氷が解け始めたのは。

バスキア、見直したいなー。


[7211へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:5/12-17:57
バスキアつい今週見直しました。これ1996年にNYのソーホーの映画館で見ました。NYは好きな街です。またいつか行って

[7211へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:5/12-17:57
ボウイさんゆかりの場所を巡ってみたいです。

[7211へのレス] 投稿者:みょんこ 投稿日:5/14-00:42
ウォーホールはミュージシャンのためにルー・リードのパトロンさんになって援助したらしいから当然ボウイと仲がいいよね。

[7211へのレス] 投稿者:seven 投稿日:5/14-04:01 <HOME>
Hansaさん、バスキア良いですよね。ニューヨーク!僕はイギリスしか行ったことがないのでいつか行ってみたいと思います。

[7211へのレス] 投稿者:seven 投稿日:5/14-04:03 <HOME>
みょんこさん、そうですよね。最近というかこのBotでウォーホールのことが出てからまた見直してみたいなと思います。

[7211へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:5/14-21:11
こちらニューヨークタイムズの記事で、ボウイさんがよく立ち寄ったばしょなど、説明してあります。バーチャルボウイツアーができます。http://www.nytimes.com/2016/01/31/travel/david-bowie-new-york-the-strand.html ボウイさんのウォーホール、味があっていいですよね。ニューヨークは一度行ったきりで、楽しかったのでいつかまたと思いつつ20年経ちました。「ハンガー」もニューヨークですよね。

[7211へのレス] 投稿者:seven 投稿日:5/17-17:11 <HOME>
記事見させて頂きました。ルーリードもニューヨーカーですよね。とても良いなと思いました。後ハンガーは映画の方ですか?そこまで意識して観ていなかったので見直して観ようと思います。カトリーヌドヌーヴ好きです。

[7211へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:5/22-07:16
初対面のアンディーにボウイさんは「アンディー・ウォーホール」を歌ったんですよね。アンディーは褒められているのかけなされているのか分からずに困ったらしいです。想像するとなんか微笑ましい・・「ハンガー」は映画の方です。出だしのバウハウスが衝撃的で好きです。彼らのジギースターダストのカヴァーもいいですよね。

[7211へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:5/22-08:28
ウォーホールの有名な「ダブル・エルヴィス」などに使われている写真は「Black Star」という題名になるはずだった「Flaming Star」という映画のものです。けっこう好きな映画で印象に残っていたのですが、見返してみるとエルヴィスの扮する主人公はボウイナイフを携帯していますね。テキサスの開拓者役というと、「アラモの戦い」で有名なジム・ボウイを彷彿とさせますね。エルヴィス、ウォーホール、ボウイナイフにブラックスターがつながっている・・うちの居間にいる等身大のエルヴィスの写真もウォーホールの絵からのコピーなので、「不思議な一致だね」とエルヴィスに話しかけました・・

[7211へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:5/24-07:26
hansaさん、凄い詳しいですね!偶々なんですが、先週、アラモの砦に行きました!

[7211へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:5/24-17:33
http://ww1.hdnux.com/photos/33/72/52/7318200/3/1024x1024.jpg ブラックブックさん、ステステの後テキサスにいらしてたんですか!アメリカ旅行憧れます。ボウイさんも少年の頃からのアメリカへの憧れをよく語っていましたよね。1960年の映画「アラモ」、ジム・ボウイがなんとなくボウイさんっぽい。この写真なんかグラススパイダーツアーを思い出すんですが・・

[7211へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:5/24-18:56
確かに似てますね! テキサスで泊まったホテルにBOWIEってプレートが付いてる部屋が有りビックリしました!

[7204] BBC ドラマ「Peaky Blinders」 投稿者:Hansa 投稿日:2016/05/08(Sun) 05:36
今週、イギリスのBBCで人気のドラマ「Peaky Blinders」の第3シーズンが始まりました。
それに伴って、監督のスティーブ・ナイトがボウイさんから音楽を使って欲しいと半年ほど前に(12月頃?)要請があったとメディアに明かしました。

このドラマは第1次世界大戦の直後にバーミンガムで暗躍したPeaky Blinders という実在したギャング団について描いたもの。
このギャング達はFlat caps という帽子をかぶるのが特徴。
参照写真 http://www.digitalspy.com/tv/peaky-blinders/news/a791990/david-bo ..... /?zoomable

ボウイさんはこのドラマの大ファンで、主役のシリアン・マーフィーに彼の役のコスプレをした写真を送ったのだそう。
マーフィーも役に使った帽子をボウイさんにクリスマスにプレゼントしたのだとか。

このドラマの世界観は「 'Tis a Pity She's a Whore」や 「Sue」に繋がっている感じがします。

そしてなんと、シーズン1の第5話には、★が出てきます。
主人公トミーが恋人グレースのスケジュール帳に「★」のマークを書き込みます。
彼女は彼に聞きます。「ブラックスター?一体どういう意味?」と。

ここから発想を膨らませていって★は生まれたんではないか、とBowiewonderworldというサイトの方が考察されてました。

興味のある方はこちらのリンクの3分50秒あたりからに注目してください。
http://www.dailymotion.com/video/x3hu06g_peaky-blinders-s-1-e-5_tv


[7204へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:5/8-18:50
この第3シーズンの第5話か6話に「★」のアルバムから曲が使われるそうです。ドラマが始まった2013年からマーフィーとボウイさんは交流があったそう。シーズン1の帽子をプレゼントしたみたいです。それにしても、ボウイさん色々とファンを飽きさせない準備をしていかれたんですね。

[7204へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:5/8-18:57
バーミンガムメイルの記事を読んだ感じでは、ボウイさんはこのドラマの為に曲を作って、監督にまだ発表前の「★」のコピーを託した、というニュアンスでした。

[7204へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:5/8-19:20
マーフィーは、96年にエンダ・ウォルシュ(ミュージカルLazarusをボウイさんと共同執筆)台本の映画でデビュー。Breakfast on Pluto という映画でグリッターなミュージシャン役で高評価を得ました。トレイラーはこちら。https://www.youtube.com/watch?v=5blVrqSKiRc 大のボウイファンだそうです。色々繋がってますね。

[7204へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:5/8-20:03
シリアンじゃなくて、キリアン・マーフィーですね。アイリッシュネームは難しい。

[7204へのレス] 投稿者:seven 投稿日:5/11-21:32 <HOME>
このドラマ前から観たかったんです。だけど★が徴として使われていたとは・・!僕のスマートフォンでは回線が重いらしく観れなかったのでタブレットかパソコンで観てみます!!

[7201] Elke Luyten 投稿者:Hansa 投稿日:2016/05/06(Fri) 08:40
「Lazarus」や「 Blackstar」の映像に出てくる女性はElke Luytenというベルギー出身でNYで活動しているダンサー/パフォーマーです。

ロバート・ウィルソンやマリナ・アブラモヴィッチなんかとも仕事していて、コンセプチュアルな作品を作っています。

ブラックスターの撮影の時、ボウイさんは自分で自分の動きを作って練習したものを彼女に見せて「この動きは、どう思う?君のやりたいこととマッチするかな?」と、凄くオープンな姿勢だったそう。
http://deredactie.be/cm/vrtnieuws/videozone/nieuws/cultuurenmedia/1.2544207

ちなみにこのヨハン・レンクのインスタのボウイさんの笑顔が好きです。https://www.instagram.com/johanrenck/?hl=nl

[7201へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:5/6-09:05
エルケ・ラウテンと読みます。(uy=アウに近い読み)

[7201へのレス] 投稿者:seven 投稿日:5/11-21:25 <HOME>
Instagram観ました。素敵な方ですね。ボウイも写っていて嬉しいです。

[7201へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:5/12-17:00
ボウイさんと仕事をした後の彼の写真、なんだか穏やかで透明感がある優しい感じに変わっていってますね。

[7199] ミュージカル「Lazarus」 投稿者:Hansa 投稿日:2016/05/06(Fri) 07:39
ミュージカル「Lazarus」のまだ出ていなかった写真もあります。http://tga.nl/nieuws/lazarus-in-premiere-07122015

イヴォがオランダのトークショウで初日の少し後に語っている映像もみました。
http://tga.nl/nieuws/van-hove-schuift-aan-bij-dwdd-10122015

初日にボウイさんはトイトイ(こちらの演劇界の風習で、関係者が初日に小さな贈り物を互いにしあう)として、イヴォに親指の先くらいの大きさのかわいいロケットをくれたそうです。(映像の最後にイヴォが見せてます。)

イヴォはもともとかなりダイハードなボウイファンで、10代の時に76年のステステのライブに衝撃を受け、その後エレファントマンを観にNYに行ったのが彼のブロードウェイとの初めての出会いだったそうです。

このミュージカルはもともとボウイさんは世界各地で上演するつもりでいたそう。彼が亡くなって色々とあったものの、ロンドンを皮切りにツアーにでるようです。
ロンドンの情報待ちです。

[7199へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:5/6-08:01
ちなみにボウイさんはイヴォに2014年の11月に末期がんだと伝えたそう。

[7198] David and I 投稿者:Hansa 投稿日:2016/05/05(Thu) 23:44
ボウイの写真展「David and I 」
http://amass.jp/72353/

記事の中のリンクの映像が高画質でとても綺麗です。
いままで見たことのない写真がいくつかありました。
80年代の憂いを含んだ表情が美しいです。

[7182] ステーション トゥ ステーション ライブ 投稿者:ブラックブック 投稿日:2016/05/02(Mon) 23:06
東京ビルボードライブ

決めました

5月4日の前半に行きます!

今まで結構、悩んだ挙げ句、後悔した事が有りますんで…

ボウイは居ないけどね!!!








[7182へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:5/3-06:20
ブラックブックさん楽しんできてくださいね。後でレポートお願いします。ボウイの不在がじわじわと身に沁みてきている今日この頃です。

[7182へのレス] 投稿者:ぼう 投稿日:5/3-13:22
thin white dukeのいないstation to stationですが、「guitar、 Earl Slick!」、ボウイの近くにいた人の空気を少しでも感じたいから行きます。

[7182へのレス] 投稿者:みなき 投稿日:5/3-14:49
フジNEXTが見られる方は生放送等あります!

[7182へのレス] 投稿者:世界に売られた男 投稿日:5/3-16:20
僕も感想聞きたいです!レポートお願いします!

[7182へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:5/4-19:48
戸惑う必要は有りませんでした!

[7182へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:5/4-19:50
ステーション トゥS、1曲だけで満足出来ました

[7182へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:5/4-19:52
明日も有るので是非、と言うしか無かったです!!!

[7182へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:5/4-21:55
あっ、ボウイ、他のグッズを買うとアールスリック、リサ ロンソンなどのサインして頂けますよ。一生の思い出に成りました。

[7182へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:5/4-23:13
細かいレポートはツアー中なので控えます(((^_^;)。

[7182へのレス] 投稿者:TOMO 投稿日:5/5-01:35
5日の方に行きます。楽しみです…

[7177] 投稿者:seven 投稿日:2016/04/27(Wed) 18:12 <HOME>
今ポールスミス三条店にいます。
ポールスミスの店員さんはとてもkingnessでコーラやジュースなどのドリンクも頂きました。

皆さんとこの幸福をシェアしたいです。

FacebookやInstagramをされている方汐野達司(カラーのボウイと山口小夜子さんのアイコンです)InstagramはShionotatsujiで検索してください。

今ボウイのイマジンのカバーが流れている!!

[7177へのレス] 投稿者:seven 投稿日:4/27-18:44 <HOME>
Instagram対応しました。 Paul Smith #Bowie #ボウイ #PaulSmith #ポールスミス #kyoto #京都 #三条 #sanjho #ポールスミス三条店ボウイ展 #AtomIsBorn #Noborderwehavecross009 #Art #Photo #Movie で見れますよ。

[7177へのレス] 投稿者:seven 投稿日:4/28-01:49 <HOME>
Facebookも対応中です。上のハッシュタグで。ボウイのフレディへの追悼、イマジンのカヴァーなど音拾える限りムービーにしました。★は確認済みです。来年David Bowie Isで皆さんと会いたいですね。

[7177へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:5/5-01:20
とても良い店でした。東京とはえらい違い・・・。東京は別に悪くはないのだが、対応の違いに驚きでした。

[7172] yes〜明日への便り「昨日の自分を捨てる」 投稿者:ひろ 投稿日:2016/04/25(Mon) 22:17
毎週土曜の18時からTFMのラジオ番組に「yes〜明日への便り」という長塚圭史のナレーションが印象的なとても味のある番組があります。
聞いた方もいらっしゃるかもしれませんが、先週末はデビッドボウイの特集でした。
レッツダンスが生れる前夜、ボウイが京都でたまたま出会った学生に語った
有名な逸話などのエピソードが語られます。
興味ある方は、よかったらPodcastで聞いてみてください。
番組ではボウイの曲が途中に挿入されますので、より胸に染みます。
事前に判っていたら告知してたのですが、全くノーマークだったで事後報告になってしまいました。すいません。



[7172へのレス] 投稿者:ゆめゆめ 投稿日:4/25-22:39
ひろさん、こんばんは。Podcast聞けました。検索したらウェブサイトもあっても文字でも読むことができました。教えてくださってありがとうございました。

[7172へのレス] 投稿者:ひろ 投稿日:4/26-00:37
ゆめゆめさん、有難うございます。53歳と23歳のボウイの会話、とても心に残りますね。

[7172へのレス] 投稿者:masato 投稿日:4/27-00:12
53歳と23歳のボウイの会話は以前「ROCK JET」という今でもある雑誌に確か全文掲載されてました'hours...'をリリースした時期でした。

[7172へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:5/3-08:06
ひろさん、今日聞きました。長塚さんのナレーションとてもいいですね。ありがとうございました。こちらに英語ですが、ボウイシニアとボウイジュニアの会話が載っていました。http://www.angelfire.com/la2/bitingfae/bowienbowie.html

[7172へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:5/5-01:22
シンコーミュージックが出した追悼本では、フリーライターの男がその学生とのエピソードを嘘と断定し罵倒して書いていたのですが、何もここでそんなこと書かなくても・・・。と呆れました。雑誌が売れないのはこういう売文業者の変な文章を読ませられることに辟易してるからかも。

[7166] NHKラジオ第一で 投稿者:ゆめゆめ 投稿日:2016/04/24(Sun) 20:24
お久し振りです。

4月27日(水) 午前10:05〜午前10:55「すっぴん!」でダイアモンド☆ユカイさんがボウイさんのことを語るみたいです。

4月29日(金) 午後7:20〜午後7:55「音楽ドラマ「ロックレジェンド降臨」 − デヴィッド・ボウイ −」という番組でも取り上げられるとか。

どんな内容かはわかりませんが、とりあえず情報が入ったので書き込みしました。


Elmoさん、DAVID BOWIE ISの情報ありがとうございました。
来年が楽しみです。
ちょっと知り合いが熊本に住んでいて今回の地震のことでバタバタしてましたので、なかなかこちらにお邪魔することができなくて申し訳ありません。
また時々、寄らせていただきますね。
(「★」の解釈も全部読み切れてないので・・・ごめんなさい。)

[7166へのレス] 投稿者:ゆめゆめ 投稿日:4/24-20:25
すみません。タイトルにだけ書いちゃいましたが、ラジオ番組です。NHK第一で放送予定です。

[7166へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:4/25-09:59
ゆめゆめさん、ありがとうございます。ユカイが語るボウイってどんな感じになるでしょうね。 地震大変ですよね。収まる気配すらなく・・。熊本まではいけませんが、私も今は、自分にできることをして過ごしています。

[7166へのレス] 投稿者:ゆめゆめ 投稿日:4/25-22:43
NHKからのメールでの情報なのですが、ユカイさんのルーツをさぐる・・・というような内容みたいです。地震、本当に収まらなくて大変みたいです。知り合いは余震で夜寝られないと言ってました。私もできる限り支援していきたいです。

[7166へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:4/29-21:06
「ロックレジェンド降臨」さきほど聴きましたが、なんかある意味インパクト大な内容でした(^^;)ユカイさんのほうは終わりのほうしか聴けなかったのですが、どうでしたでしょう?

[7166へのレス] 投稿者:ゆめゆめ 投稿日:5/4-17:46
やっと連休中に録音したのを聞きました。ユカイさんの方はボウイさんのこれまでのヒストリーを説明して、ルーツは後半の終わりの方に少しだけ語るというものでしたね。ロックレジェンド〜の方は・・・確かにすごい内容でしたね。夜中聞いてて「えー!なんだこりゃー(笑)」って感じでした。

[7162] プリンスとボウイのエピソード 投稿者:ブラックブック 投稿日:2016/04/24(Sun) 05:51
ボウイの優しさを感じられる意外と有名なエピソード

プリンスはローリング・ストーンズの前座としてツアーに帯同していたが、公演によっては、物(キャベツ等)を投げつけられるなどストーンズ目当ての客からのブーイングを受けた。当時、ストーンズの楽屋を訪れたデヴィッド・ボウイが、トイレで泣いているプリンスの姿を見掛けたため、以後の自身のツアーでは前座ミュージシャンをつけることをやめた。

[7162へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:4/24-14:40
胸に迫るお話、ありがとうございます。Princeは孤高の人というイメージがあるのに、、泣いていたなんて。20年ほど前に強烈なコンサートを見まして、尊敬してました。ボウイさんの時と同様ベルギーではテレビもラジオも新聞もプリンス一色です。(新聞がパープルに印刷されてます。)

[7162へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:4/24-14:48
プリンスの歌詞が新聞の見出しに使われていました。「Sometimes it snows in April Sometimes I feel so bad, so bad Sometimes I wish life was never ending And all good things, they say, never last」

[7162へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:4/25-10:01
ボウイの前座は、いつもいたようなイメージを持っていましたが、そんなことがあったんですね・・。

[7161] プリンス 【ヒーローズ】カバー 投稿者:ブラックブック 投稿日:2016/04/24(Sun) 05:38
www.youtube.com/watch?v=8mD6Ik0IFPg
不思議な縁を感じます。

[7161へのレス] 投稿者:seven 投稿日:4/25-03:15 <HOME>
イルカからキングへ・・多分続くカヴァーが掲載されていました。関連動画で出てきます。

[7159] Piecescon Damnees as Ziggy Stardust 投稿者:seven 投稿日:2016/04/23(Sat) 01:55 <HOME>
皆さんこんばんは。今日電子書籍の出版社Piecescon Damnees(受刑された紙片の意)を解放、リリースしました。
それについてボウイに対する自分の想いと評論を少し書いてみました。
それでも長いですが・・
上手く掲示板に反映出来なかったので、Piecescon Damnees(ウェブログ)のメニューから読んでみて下さいね。
Atom Is Bornは来年のBlack Jack as Pinokoに向けて動き出しますが、まずこのPiecescon Damneesをよろしくお願いします。

今日不慮の死を遂げたプリンスへの哀悼を・・。

ボウイへの・・遠い愛です。

[7152] Prince 投稿者:Hansa 投稿日:2016/04/22(Fri) 05:11
プリンスまでなくなりましたね。。2016年はなんだかどうしてしまったのでしょう。

[7152へのレス] 投稿者:ともすけ 投稿日:4/22-05:32
夜のニュースで聴いて、私も驚きました。ボウイさん同様多くの人の灯台であるタイプのアーティストなので、多くの方が(私の友人にもいます)喪失感に襲われているのではないでしょうか。安らかにそして…多くの人の中に生き続けますよね…

[7152へのレス] 投稿者:seven 投稿日:4/22-06:38 <HOME>
僕も今知りました。好きなアーティストだったのに・・。RIP・・。

[7152へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:4/22-07:51
ともすけさん、sevenさん、何か一つの時代の終わりが急激にやってきてしまった感じがします。淋しいですね。

[7152へのレス] 投稿者:seven 投稿日:4/22-08:04 <HOME>
だけど皆永遠ですよ。

[7152へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:4/22-21:27
驚きました。CNNはそれ一色ですね。

[7152へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:4/25-04:02
「Essence Festival」のヘッドライナーを務めたプリンスが、同フェスに出演していたナイル・ロジャースのセットに飛び入りし、デヴィッド・ボウイの「レッツ・ダンス」をカバー(ウィキペディアから) https://www.youtube.com/watch?v=BSUGJBcNF0E 「プリンス」の「HITnRUN Phase」は 「The Pop Group 」「For How Much Longer… ? 」以来の衝撃的なファンクだったのに残念。ご冥福をお祈りします。

[7139] 限定販売商法には意味はあるのか? 投稿者:francoise 投稿日:2016/04/18(Mon) 21:23
ポール・スミスの限定Tシャツ(ブラックスターではない)、青山の店舗に行ったら売り切れでした。2日目に売り切れたそうです。

しかしヤフオクに出ています。予想通り。
こんな限定商法意味があるのか。結局、転売する奴が出るのでは。
あ〜〜ムカツク!!

[7139へのレス] 投稿者:seven 投稿日:4/19-00:30 <HOME>
francoiseさん、下でも書いたけどポールスミス三条店では代引きで注文できますよ。まだ予約の段階だから間に合うはず。取り急ぎレスを。

[7139へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:4/19-12:56
sevenさん、情報ありがとうございます!問い合わせましたら、既に予約はほぼ満杯のため、サイズで空きのある場合、22日に取りに来られる場合のみ可、ということでした。幸い私はサイズに空きがあったので・・・。

[7139へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:4/19-12:58
ちなみに東京店は予約自体不可だったそうです。でも店員の方が「関西は経営が違うので、こちらには全く情報がないけれど、問い合わせだけでもなさったら・・・」と言っていました。

[7139へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:4/19-12:59
同じブランドでも色々あるのですね。でもsevenさんと京都店さんには感謝です。ありがとうございます。5月初頭に京都に行けますから、展示も見に行こうと思います。

[7139へのレス] 投稿者:seven 投稿日:4/19-16:36 <HOME>
5月に京都行かれるんですね。三条店は赤い入口が目を引く町屋づくりのお店です。行き方も三条京阪駅からまっすぐなので、わかりやすいと思いますよ。後確か展示自体は四月までだったような気がしたのでもう一度問い合わせした方がいいと思います。

[7138] ヨガ/ボウイ 投稿者:Hansa 投稿日:2016/04/18(Mon) 21:16
最近見つけたシャピロさんのボウイ写真。よく見るとヨガマット!https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/236x/29/58/0b/29580b280f454a ..... de41e1.jpgボウイさん体幹がすごくしっかりしてるし、ヨガをやっていたのかなと調べたんですが、詳しいことはわかりませんでした。
ご存知の方いらっしゃいますか?
ミック・ジャガーのヨガの写真とかもあったので、どうやら60−70年代のアーティストの中で流行ったみたいですが、ボウイさんのポーズの決まり具合は、かなり上級者っぽそう。
スティングやウィレム・デフォーさんはヨガ界では上級のヨギとして有名ですが。
https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/736x/06/9c/4f/069c4fe1842d7b ..... f043c8.jpg

これは実際やろうとすると結構難しいポーズですよね。https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/236x/08/a8/fc/08a8fc003ac0b6 ..... 185770.jpg


[7138へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:4/23-04:33
最後のポーズ、Thin White Duke ポーズと名付けてチャレンジ中。3ヶ月後位にはできるようになりたい。肩甲骨から、肩にかけてのリリースの練習としていいポーズですよ。みなさんもどうぞ。

[7128] ボウイさんの通訳だった方の文 投稿者:Hansa 投稿日:2016/04/17(Sun) 03:13
とてもいい記事でした。
http://cinefil.tokyo/_tags/小林禮子

もうご存知でいらっしゃるかもですが、あとこのドラマのプレヴューはかっこいいです。音楽がいい!https://www.youtube.com/watch?v=VPV4T6Ou-iI

[7128へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:4/17-03:15
http://cinefil.tokyo/_ct/16934330 どうも日本語が入ると記事に飛べないみたいです。こちらから。

[7126] チャット大会中 投稿者:Elmo 投稿日:2016/04/16(Sat) 22:25

http://tvc15.chatx2.whocares.jp/

パスワード tvc15 で入室ください。

[7126へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:4/17-02:19
チャット楽しかったです。いま見返してしまいました。。皆さんありがとうございました。

[7126へのレス] 投稿者:Wisteria 投稿日:4/17-08:14
私も今見返してきました。皆様ありがとうございました。

[7126へのレス] 投稿者:あおきし 投稿日:4/17-22:21
金曜日から38度の熱がでてしまい参加できませんでした。皆さんのお話伺いたかったです。

[7126へのレス] 投稿者:seven 投稿日:4/18-05:10 <HOME>
あおきしさん手塚プロダクション公認の手塚治虫先生のトリビュート展、Atom Is Born -そしてアトムが生まれた- Chapter0 成功させました予告編。 月のメトロポリス、ロックが見守る中で・・ Atom Is Born・・ そして火の鳥の炎はアストロシステムのハートになり、なおも奇跡を起こす。 ブラックジャックがピノコと恋に落ちるといいな。 20170406。 Atom Is Born chapter ''1'' Black Jack and Pinoko. 京都ライト商会で開催。 20180406 Tezuka Girlfrend 2019 Message To Adolf 2020 Neo.Faust Finale と展示を続けることが口頭ながら契約しました。これもあおきしさんのおかげです。感謝します。ありがとう。

[7126へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:4/18-17:46
生前の頃の様な話が出来ました。ありがとうございました。

[7125] ゴッデス ブレス クイーン 投稿者:seven 投稿日:2016/04/16(Sat) 17:43 <HOME>
熊本、西日本の方、大丈夫ですか?
京都も揺れました。

不謹慎かもしれないけど あらゆる状況における保護と浄化 そして神の守護 ゴッデス ブレス クイーンのシェアとしてボウイのRedferns gallaryでの「Pin up」のアナウンスメンとのテキストを。




イギリスのロンドンのRedferns misic gallaryでデビット・ボウイのフォトグラフィエキビジョン「Pin up」が行われている。
それは6月13日から8月13日まで行われるボウイのデビューから現在までのシンガーソングライティング、パフォーマンスを撮影した素晴らしいエキビジョ ンであり、それはこのエキビジョンのルーティーンとして伝えらえる時間の壁を燃やすように過去のボウイの姿をそして現在を彼の音楽を愛する人たちに伝えて いく。
それは変わるものがない美しいショーであって、写真がうちに止める瞬間の一つ一つを見るものへその現実を伝えていく写真の本質そのものであるエキビジョンとして数々の写真を私たちの瞳に映し出す。
Redferns misic gallaryはこのデビット・ボウイの写真をはじめとする様々なロック、ジャズアーティストの写真をオンラインで手にする事ができ、そはボウイのエキビ ションニおいてはボウイのプレシャスなモッズのフォトグラフィをはじめとする数々の写真をクリックすることにより世界中から自分の望む写真をオーダーする ことができるメールを送ることができる。同時にボウイのファンへのプライベートのエキビジョンの日も解放された。
この特別なフォトギャラリーをロンドンのでリリースするRedferns misic library、そのライブラリーはDavid Redfernsが1960年代ビートルズやローリング・ストーンズを撮影していた時、音楽におけるシックスティーズスターの時に作られ、その夜はデュー ク・エリントンからマイル・デービスまでフィルムの中に捕らえていった。
その視線はディランやジミ・ヘンドリックまで深く下っていき規則的なジャズとロックのビジターとしてのフォトグラファーの概念理論を作っていった。

そして過去からの彼の、そして幾つかの並ぶもののない写真家の視線が炎を抜けるようにRedferns misic gallaryギャラリーでデビット・ボウイのその姿を映し出していく。
それはたった一瞬だけの白熱した望みとして。

Redferns misic gallaryがExbition DAVID BOWIE:pin upで映し出していくその写真はボウイの美しい、ロンドンボーイの時代からの彼の姿の一つ一つを、そして彼が作り、演じる音楽への強い望みをフィルムの中 で白熱させる。
デビット・ボウイ、史上最高のシンガーソングライターの一人であり最もエニグマティクである30年に渡り音楽家、演奏家、そしてソングライターとして神と も悪魔とも対立するかのような異邦人の実存、その存在の定義を表現し続けてきた何よりもロックの美しさそのものである希有のロックンローラー。彼は常に変 わる音楽様式、オペラ的な概念理論、リリースされるイメージ、そしてそのキャラクターとともに存在することにより、圧倒的な輝くスターとして長い時間の中 で音楽を誰かに伝えてきた。その光り輝く一つ一つの写真を撮影したAndy Kent、Ray stevenson、Mick RockそしてIan Dicson・・・
それが彼等伝説と同じフォトグラファーDavid Redfernが音楽の美しさを、写真の本当の価値を伝えていくライブラリーそしてギャラリーで行われるエキビジョンとしてリリースされる。
スペース・オディセィがまだボウイがスターダムにのぼる前の演奏されるソングライティングのように。
それは時が止まる美しさ。音楽の生み出していく瞬間。
そしてそれはこの時代を燃やす。
English Text

英語のテキストは日本的な英語だと良く褒められましたが皆さんほど載せられないので・・

確か2005年くらいだったかな?ここから翻訳者としてのボウイとの関わりが始まりました。

儚げなものですけどね。

Redferns Music Picture Gallery3 Bramley Road London W10 6SZ

[7121] 九州のみなさま 投稿者:Elmo 投稿日:2016/04/14(Thu) 22:31
震度7とニュース速報でみて、思わず、二度見してしまいました。

大丈夫でしょうか?
今夜はあまり眠れないかもしれませんが、被害が少ないことを祈っております。

[7121へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:4/15-01:48
被害が最小限でありますように。

[7117] チャット大会 投稿者:Elmo 投稿日:2016/04/14(Thu) 11:25
明後日、4月16日(土)にチャット大会いたします。
お時間あるかたは、お気軽に遊びにきてください。

4月16日(土)21時ごろから
http://tvc15.chatx2.whocares.jp/

[7117へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:4/14-17:29
都合が合えば是非、参加させて頂きます。

[7117へのレス] 投稿者:たくや 投稿日:4/15-03:52
参加させていただきたいと思います。

[7116] ボウイ/アポロン考 (by暇人Hansa) 投稿者:Hansa 投稿日:2016/04/14(Thu) 07:51
David Jonesという人は「 David Bowie」という壮大な総合音楽芸術作品の有能な演出家にして魅力的な主演、演奏、作曲者であり、舞台装置や衣裳にプロモーションまで全て自らオーガナイズした稀有な人物だったのだな、としみじみ思います。
彼が自らを化身のようになぞってポーズをとったり、アルバムの表紙にも使用したアポロン神についての記述で関連してそうなものをピックアップしてみました。

アポローン(古希: ΑΠΟΛΛΩΝ, &#7944;π&#972;λλων, Apoll&#333;n)は、ギリシア神話に登場する男神。オリュンポス十二神の一人であり、ゼウスの息子である。
詩歌や音楽などの芸能・芸術の神として名高いが、羊飼いの守護神にして光明の神でもあり、イーリアスにおいてはギリシア兵を次々と倒した「遠矢の神」であり、疫病の矢を放ち男を頓死させる神であるとともに病を払う治療神でもあり、神託を授ける予言の神としての側面も持つなど、付与された性格は多岐に亘る。(治療の神にも奇跡は起きなかったけれど)
アポローンの出自については諸説あり、複数の神格の習合を経て成立したものとも考えられている。古典期のギリシアにおいては理想の青年像と考えられた。

イルカ(デルピス)との関係も深く、イルカの姿に変身したという神話からデルピニオスとも呼ばれ、「デルポイ」という地名はここから来ているともいわれる。

あらゆる知的文化的活動の守護神とされ、詩神ムーサイを主宰するとともに、オルペウス教の伝説的開祖である詩人オルペウスの父親ともされる。

ボクシングを創始した神としても知られる。(Let's danceの頃はまってませんでしたっけ)

ウロボロス - 十二支 - 黄道十二宮 - アポローンは光明神なので、円環の、0時=12時、一番上、一番北(極北)、冬(冬至)、最初と最後=始まりと終わりの場所=エデンの園=理想郷、に位置する=住む。

[7103] I'm sittin' in the chestnut tree 投稿者:Hansa 投稿日:2016/04/12(Tue) 11:32
「Girl Loves Me」の歌詞にある"the chestnut tree" ですが、「1984」の中にチェスナッツツリー・カフェという場所がでてきます。

憩いのカフェに見えるけど、そこも支配されている。
いつも通りの席に座ったウインストン。
テレビ画面から音楽が聞こえてきます。
本当の歌詞は「Underneath the spreading chestnut tree, I loved her and she loved me」なのに、ウインストンにはこう聞こえてきます。
「Under the spreading chestnut tree, I sold you and you sold me…」
彼の瞳からどっと涙が溢れだしまします。

難解な曲ですけど、色々なレフェレンスが重なってるんですよね。
バーンブルックさん、最新のペンギンブックスの「時計仕掛けのオレンジ」の表紙をデザインしているんですよ。日本の国旗みたいに白地にまあるいオレンジのみのシンプルなものです。それも、ボウイさんがナッドサットを使った一つの理由みたいです(彼のツイッターより)。

私には、真っ赤な口のいかした女がアンジーっぽく思えるんですが。
人生を振り返ってみて70年代の女性というと彼女かな、と。
「時計仕掛けのオレンジ」の映画は1971年公開ですし。

原文で読むと、ルー大柴のような頻度でナッドサットが挟み込まれてますが、そんなに読みにくくないです。
「Girl Loves me」 はポラーリも相まってもっとずっと難しいですね。


[7103へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:4/12-15:59
読み返してみたら、何だかわかりにくい説明でしたね。「in "the" chestnuts tree」なので、あのチェスナッツカフェの中に座っているという意味じゃないかなと思います。

[7103へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:4/12-16:51
あと、「時計仕掛けのオレンジ」の著者バージェスは、「1985」というオーウェルへのオマージュ本を出版していますね。Mondayはどこから来たんでしょう。ボウイさん、70年代によく当たる占い師に「あなたは69か70歳で死ぬ」と言われていて、それを信じていたそう。もしかして日曜になくなるとも言われてたのかな、と想像してしまいました。

[7103へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:4/12-21:36
占い師の話、ゾッとしますね。知りませんでした。マークボランの死を彷彿します。

[7103へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:4/13-00:37
マイク・ガーソンさんが占い師の話を語ってます。http://nme-jp.com/news/12595/

[7103へのレス] 投稿者:世界に売れらた男 投稿日:4/13-15:49
僕もマイクガーソンが話していた占い師の話は結構ショッキングでしたねぇ・・・。たしかにマークボランの死を彷彿させるものですよねぇ。

[7077] 3ヶ月経ちましたねぇ・・・・。 投稿者:世界に売られた男 投稿日:2016/04/11(Mon) 14:56
ボウイ様が他界して3ヶ月経ちましたねぇ・・・・。

以前、ボロミンクンさんも同じことを書かれていたと思うのですが、僕もボウイが亡くなった時って全く涙がでなかったんですよ・・・。何ていうか未だに亡くなったっていう現実感がなくて。

もともと人間離れした存在だったから、キザな言い方ですが「そもそもデヴィッド・ボウイという人は実在しない幻で、今まで全世界の人間が壮大な幻想を見せられて(ボウイが亡くなったということは)、僕たちはただ夢から覚めたのかな・・・」ではないかと割と真面目に考えたりもしましたものです・・・・。

ただ、つい最近「I Can’t Give Everything Away」のビデオクリップをみたら、急に涙がボワァ〜が流れ出てきましたねぇ・・・。僕の中でやっと受けいることもできなかったし、受け入れたくなかったデヴィッド・ボウイの死を自分の中で受けれた瞬間だと思います・・・・・。

さて、そんな個人的な感傷はどうでもいいですが、「Lazarus」にビデオクリックにボウイが着ていた服装(ラストにクローゼットに入ったときの服装)。この服装ってStation to Stationの旧ryko版の裏にプリントされていた服装と同じような気がしたんですけど、違いますかね?

何かすごく気になります〜。

[7077へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:4/11-17:32
ステステとラザルスの衣装こうして比べてみると全く同じでざいんですね。http://www.rooseggenhuizen.nl/wp-content/uploads/2016/03/1-bowie- ..... ation.jpeg ボウイさん、グラススパイダーやアウトサイドツアーの時にも似たようなデザインの衣装を着ています。ボウイは幻だったのではないかというお言葉とてもうなずけます。皆さんのボウイさんへの思いを読むと心が落ち着いてきます。

[7077へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:4/11-17:37
一度にいっぱいリンクをつけると投稿が受け付けて貰えないので。前述の写真のポーズは、ギリシャ彫刻のアポロ神が引用されているそうです。http://www.rooseggenhuizen.nl/wp-content/uploads/2016/03/4-bowie-kouros.jpeg これはティンマシーンのアルバムの表紙にも引用されています。「David Bowie is」の展示されていたフローニンゲン美術館の冊子からの受け売りです。

[7077へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:4/11-17:39
アウトサイドツアーの衣装も。http://www.rooseggenhuizen.nl/wp-content/uploads/2016/03/3-bowie- ..... outfit.jpg

[7077へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:4/11-17:54
この「クロノスのアポロ神」という彫像は、死と不死という二つの正反対のものを同時に表すものとして、魔術的なパワーがあると信じられていたそう。(アポロは、音楽や詩、治癒の神

[7077へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:4/11-20:11
このボウイさんの最後のオフィシャルの写真もアポロ像に似てますね、左足が少し前に出ていて。新しい旅立ちへの一歩目なのかな。https://metrouk2.files.wordpress.com/2016/01/david-bowie-promo.jp ..... ;strip=all

[7077へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:4/11-22:15
"I Can’t Give Everything Away"のPV、いいですよね。衣装はステステと一緒だと思いますよ。体型が変わってないのが凄いですよね。

[7077へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:4/11-22:15
Hansaさん、フローニンゲンのDavid Bowie Isは行かれましたか?規模は、どんな感じでしょう?

[7077へのレス] 投稿者:masato 投稿日:4/11-23:24
この曲は「地球に落ちてきた男」でトーマス・ジェローム・ニュートンが「オレは人間が歌ってる曲が聴きたいんだ!」と言った後にかかったロイ・オービソンの「ブルー・バイ・ユー」に似てると思うのはただの気のせいですかね?

[7077へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:4/12-06:51
David Bowie Is....誕生日のサプライズで連れて行くよと相方に誘われたんですが、家計が厳しいので泣く泣く辞退してしまいました。フローニンゲンまで5時間近くかかるので日帰りが難しいのと、チケットの入場時間が指定されていて、例えば11時−12時に入場予約のチケットは12時を過ぎると無効になってしまうんです。こちらは列車が遅れるのは日常茶飯事なので、リスクが高すぎるんですよね。カタログをかわりにもらました。(しかしオランダ語。。)冊子の記事はネットで見つけました。フローニンゲンの美術館はとてもいい展示をすることで有名で、近代的でかっこいい建物、けっこう広いです。何度かツアーで行って好きな街です。来年日本か、ボローニャに見に行きたいですね。ベルギーにも来ないかな。

[7077へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:4/12-09:00
masatoさん、英語のボウイファンサイトの沢山のコメントの中に同じように感じてらっしゃる人も結構いました。聴き比べたら特に出だしのビートが似てますね。歌詞が「I feel so bad, I've got a worried mind」とはじまるところも。ボウイさんはエレファントマンのシカゴ公演中にオービソンのコンサートに行って、その後彼がボウイさんの公演を観に来て一緒に食事をしたりの交流もあったみたいです。「Word on a Wing」はオービソンの影響を受けた曲と書いている批評家もいました。新しい見方を教えて下さってありがとうございます。

[7077へのレス] 投稿者:世界に売れらた男 投稿日:4/13-15:46
Hansaさん、Elmoさん、masatoさんレスありがとうございます♪やっぱり同じデザインの服だったんですねぇ〜。貼り付けてあったサイトの写真やHansaさんの解説を読んで見ますと、何気なくみていた写真にもいろいろな背景というか意味が含まれているんですねぇ。「I Can’t Give Everything Away」。いいビデオクリップです。あのできでしたらあの世のボウイ様も十分納得するものですねぇ。

[7077へのレス] 投稿者:AK 投稿日:4/14-21:51
同じ衣装の件でこんな記事がありました。http://www.huffingtonpost.jp/2016/04/13/never-before-published-ph ..... 87670.html

[7076] ポールスミスのイベントなどで 投稿者:seven 投稿日:2016/04/11(Mon) 10:21 <HOME>
皆さんおはようございます。パルコ、オーパのショップやポールスミスのイベントなどやDavid Bowie is の日本開催を記念してまたチャット大会をしませんか?
イデアを僕達に残して宇宙に帰ったボウイに話しかけるように。
もし出来たらポールスミスのイベントの写真とかお見せしたいし。みんなでボウイさんに向けて手を振りましょう。またねって。

[7076へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:4/11-22:10
そうですね・・。1月9日以来のままですものね。sevenさん、みなさま、今週末あたりいかがでしょうか?

[7076へのレス] 投稿者:seven 投稿日:4/12-05:50 <HOME>
僕はいいと思います。皆さんのお話とても理知的でエモーショナルで素敵です。

[7076へのレス] 投稿者:たくや 投稿日:4/12-22:28
是非参加して、

[7076へのレス] 投稿者:たくや 投稿日:4/12-22:29
是非参加してみたいです。

[7076へのレス] 投稿者:seven 投稿日:4/13-05:41 <HOME>
土曜日しましょう。それまでに初めて書いたボウイのアーティクル載せますね。僕達にイデアと共に地球に帰還したトム少佐の宇宙服を残して★になったボウイ。皆で送り出しましょう。

[7076へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:4/14-11:25
sevenさん、たくやさんありがとうございます。21時くらいからでよいですかね。取り急ぎ、告知しておきました。

[7067] Girl Loves Me のイラスト 投稿者:Hansa 投稿日:2016/04/09(Sat) 10:00
Elmoさんへ

★の解釈、完成されましたね。
追悼ものがまだ見れない、聴けないというお気持ちわかります。
私は、まだ★を聴くのが辛いです。

こちら、「Girl Loves Me」のイラストについての情報です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/パイオニア探査機の金属板

[7067へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:4/9-10:06
記事に飛べませんね。すみません、検索してください。パイオニア探査機に取り付けられた絵で表した宇宙人へのメッセージだそうです。

[7067へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:4/9-12:39
Elmoさんへ 「★解釈」完成おめでとうございます。「I Can't Give Everything Away 勝手に解釈」を楽しく読ませていただきました。履く靴に死神マークがつけられて、いよいよ死の世界にいかなきゃいけない状態を描写しているようです」>「red shoes」とか。ボウイにとっては「靴をはく」とは重要なんですね。「Seeing more and feeling less」「頭でっかちにならないでね」という意味だと思っています。」give 〜 away"ですが、「与える」の意味のほか、「秘密を明かす」、giveaway"とすると「抽選プレゼント」などなど、Elmoさんならではの客観的な解説に「なるほど、なるほど」と一つ一つに納得しきりでした。私は「I Can't Give Everything Away」のタイトルは正確には 「I Can't Give Everything」と「Away」に分かれている気がします。そして「Away」は「farewell」の意味も込めていると妄想しています。曲の最後の最後のイメージはギターの音色のイメージから、「black star」が死に、新しく「star」 が空に輝いているというイメージです。曲の最後の最後が暗くなく肩の力を抜いた明るいイメージなので、「ボウイの死の瞬間もこんな気持ちだったのかな?良かった」と思っています。

[7067へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:4/11-22:02
Hansaさん、見れました。ありがとうございます!Pioneer plaqueというものだったんですね。後で、参考メモを追加させていただきますね。 人類からの宇宙へのメッセージという他にも、NASAが「地球や太陽よりも長く生き残ることを期待」してたとか「発見者がメッセージを読み解くためには数世代を必要とするかも」とか、いろいろ興味深かったです。(女性の描き方についても、なんか、月のイメージともそんなに遠くないようにも思いましたし。)それにしても、この絵を採用するのに、NASAに許可取ったんですかね?それとも著作権フリー?

[7067へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:4/11-22:09
小嶋保さん、ありがとうございます。"I Can't Give Everything Away"は、betrayという意味を辞書で引いて見つけた以外は、ほとんど最初に聴いたままのイメージです。肩の力が抜けてるというのも、私もそう感じます。とてもストレートに素直に最後、メッセージをくれたのかなと。それと、きっとボウイも自分にこれから起きること、これからすべきことを前向き受け入れたのかなと私も思います。

[7067へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:4/12-09:33
Elmoさん、あの絵じゃ宇宙人にはわからないだろうなーと思います。地球や太陽よりも長く生きる銘板なんて、アイデアは壮大ですよね。それにしてもボウイさんの写真の何気ないポーズも、多分ライブ中のちょっとした仕草なんかも色々とレフェレンスのある考え抜かれたものなんですね。歌詞も前に投稿したイギリスの民謡が取り入れられていたり、色々と重ね合わせているんでしょうね。「Then I will be king, dilly dilly, You will be my queen...」

[7067へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:4/12-23:42
「I Can't Give Everything Away 」にはボウイは「天国に行く」とも「輪廻する」とも言わず,ただ「I Can't Give Everything」と「Away」を繰り返しています。もし、「THE NEXT DAY」がボウイの遺作となり「Heat」の「I am a seer but I am a liar. My father ran the prison」が最後の言葉になっていたらと思うと暗い気持ちでした。しかし明るい「I Can't Give Everything Away 」を最後の最後に残してくれて、ホッとしています。私はボウイの軽やかで遊び心のある明るい曲が好きなので(笑)。

[7067へのレス] 投稿者:テキーラ 投稿日:4/24-19:35
Elmoさんの解釈が一番好きです。

[7064] いくつかいい記事があったので 投稿者:Hansa 投稿日:2016/04/09(Sat) 07:15
★スマッシングパンプキンズのビリーさんがボウイさんについて語っている記事 http://amass.jp/71220/

もう20年ほど昔になりますが、コーガンさんとは某ロックフェスの楽屋にてご一緒させていただきました。その時のラインナップが、ボウイさんを筆頭に、Smashing Pumpkins, Radiohead, Placebo, Beckなどなど、今思えば本当にまだまだいい時代でした。

★「ボウイが"I Can't Give .."のビデオを公開」とあったので、なんかまだ生きてらっしゃるような錯覚をしてしまいました。
http://nme-jp.com/news/17657/

★ミュージカル "Lazarus"のインスタ、映像や、リハーサル風景など。https://www.instagram.com/explore/tags/lazarusthemusical/

[7064へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:4/9-07:40
記事のリンクの一つ目と二つ目が逆でした。すみません。

[7064へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:4/11-21:55
ビリー・コーガンのインタビューも、"I Can't Give Everythig Away"のPVもどちらもよかったです。一時期のボウイの扱いのひどさったら・・・本当にありましたよね。ボウイ叩いて、偉そうにしてた人、いたよなあ。。

[7064へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:4/12-06:10
Elmoさん、お久しぶりです!ベルギーはボウイ愛の強い国なので、あまり扱いのひどさを感じたことがなかったのですが、日本ではそんなに叩かれてたんですね。以前ともすけさんのサイトの方に書かせていただいたんですけど、ボウイさんが亡くなった後に貼られた市立図書館の「良い子のみんな静かにしようね」というポスターはボウイさんが「シーッ」と唇に指をあてている写真です。

[7064へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:4/18-06:21
Elmo さんへ 90年代のボウイの扱いひどかったですよね。 私も96年頃、会社の残業で夜9時頃、ボウイのCD「stage」をCDラジカセでかけていたら、親しい営業の田辺君がやってきて「何聞いているの?」ジャケッツトを見て「ボウイ!」 と冷笑していました。悔しいので私も田辺君の席に行きCDウォークマンで聴いている田辺君CDを見たら、「BECK」でした。ひどい扱いを受けていたボウイの映像1996年(扱いひどかったを念頭に見ることをお勧めします)https://www.youtube.com/watch?v=Ptc5EcJdb9w&list=FLh9PaXedRSy ..... ex=19David Bowie '96 Fashion Awards-Fashion多分、自社レーベル設立でひどい扱いから開放されたボウイの映像(ひどい扱いから開放されたことを念頭に見ることをお勧めします。ボウイ笑っています)https://www.youtube.com/watch?v=KDrhwuaaG6Y&index=20&list ..... dTKWGvrExQ https://www.youtube.com/watch?v=KDrhwuaaG6Y&index=20&list ..... dTKWGvrExQ

[7064へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:4/18-07:02
Hansa さんへ 「日本ではそんなに叩かれてたんですね」 私の体験では笑われていました。 ボウイはなぜベルギーでそんな知名度が高いんでしょうか?ベルギーの20代、10代はボウイが分かるんでしょうか?

[7064へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:4/19-07:37
ボウイさんが亡くなって2日後の全国紙は全32ページの内8ページがボウイ特集で、他の全てのページも上部には時系列でボウイさんの写真が載ってました。日本ならNHKにあたる Radio1では、ボウイさんの曲全てを何十時間もかけて流し続け、グランプラスという首都の中心の広場ではボウイさん追悼に大音響で音楽がかけられ、皆集まって泣いてました。ボウイ星座が申請されたり、追悼番組が流れたりもしました。心理学者や哲学者がボウイロスになる国民を心配する記事も出回りました。小学校のクラスでもボウイさんという人が亡くなったと子供達が教えあってました。なんででしょうね、この国の人は一度好きになった人には忠誠心があるというか、家族の一員みたいな親近感をボウイさんに抱いている気がします。普段クールに見えても結構情に厚いというか。いい音楽は年代に関係なく好まれるものだと思います。

[7064へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:4/19-07:43
書いていたら思い出してきて泣いてます。。

[7064へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:4/19-10:08
あとファッション界が仕掛けてるのかもしれませんが、定期的にボウイルックが流行りますね。私も12年位前にマレットヘアーにしてました。日本じゃ流行らなそうな髪型ですね。。

[7064へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:4/19-16:26
こちらは芸術というものは政府からサポートされていて、アーティストが試行錯誤して、またいつかいい作品を作るまで見守る傾向があります。それに批判をするなら自分がその人を超えるような存在になってから、という謙虚さも意外とあります。情報だけとりいれて自分は高見の見物をしつつ批判をするというのはクールじゃないんです。なのでボウイさんはかなりリスペクトされてますね。

[7064へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:4/20-03:25
>Hansa さんへ 詳しい返信ありがとうございます。ベルギーでのボウイ死去の衝撃のすさまじさ、すごいですね。予想以上でした。親が聞いていたボウイのCDを子どもが聞き好きになる、というパターンが多い気がします。例えばピストルズのジョニーロットンもインタビューで、ロットンの母親がビートルズ好きで小さいころからビートルズばっかり聴かされていた、という記事を読んだことがあります。小さいころからずーとビートルズばかりを聴かされたこともあり、ロットンの好きなミュージシャンは「デヴィッド・ボウイやロキシー・ミュージック、クラフト・ワーク、ピンク・フロイド」ということです。(ロットンはここではビートルズが好きとは言っていませんが、ほかでは言っています。親の影響はすごい)(Hansa さんもご存知かと思いますが)」参照 http://ro69.jp/blog/kojima/94749ジョン・ライドン先生の「俺の音楽キャリアを形成した曲」DJ(2時間)が聴けます      ちなみにジョニーロットンはボウイが亡くなった日、公式PILブログを1年半ぶりに更新しました、それはyoutubeDavid Bowie - Cygnet Committee https://www.youtube.com/watch?v=OKMSgZo9c8s でした。ジョニーロットンが何故、この曲を選んだかは謎ですが。

[7057] ボウイの別荘 投稿者:UNNPA 投稿日:2016/04/08(Fri) 17:40
4月6日のノンストップという番組でマスティク島にあるボウイの別荘が一般に貸し出されるという話題がありました。7日間の宿泊が条件で約800万円だそうです。セレブじゃなければ無理ですね。

[7057へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:4/11-21:44
私も見ました。TVつけてたら、ボウイのことだったので、びっくりしました。夢の話になりますが、いつか、お金が貯まったら泊まりたいですねぇ。

[7057へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:4/12-21:41
百人で宿泊しましょうかね(笑)。

[7055] R.I.P. DENNIS DAVIS 投稿者:crimson4000 投稿日:2016/04/08(Fri) 17:13
Dennis Davisさんも亡くなったんですね。 NHKのヤング・ミュージック・ショーで、ゴリラの被り物してドラム叩いてたように記憶しているんですが、違いましたっけ? ボウイの動く姿を初めて見たのが、同番組だったことを思い出しました。。。

[7055へのレス] 投稿者:目撃者 投稿日:4/8-20:19
仰るとおり、あの番組で放送された78来日公演で叩いてました。何故か78ツアー、ここ日本だけドラムがチェスター・トンプソンだった、というガセ情報が広まってますが間違いなく(他国公演と同じ)デニスです。個人的には初めて生で観たボウイがあのライヴ、ゴリラマスクの他にも、TVに映らなかった場面も含め、今も鮮烈に記憶に焼き付いています…合掌。

[7055へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:4/9-04:08
crimson4000さん、目撃者さん 始めまして。「NHKのヤング・ミュージック・ショーで、ゴリラの被り物」はyoutube David Bowie Tokyo 12 12 1978 full video https://www.youtube.com/watch?v=teO--o7T4GQ&index=1&list= ..... dTKWGvrExQ で見れます。多分数ヵ月後には消されると思います。なんせNHKですから。私はこれ、高校生のとき田舎でリアルタイムで見ました。コンサートの最初照明も暗いんですが、最後の2曲目で長細い蛍光灯が1000本くらいが点滅するという演出に驚いた記憶あります。また、このころのライブ版CD「stage」はボウイがなくなる以前では1番好きなアルバムでした。

[7055へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:4/11-21:40
トニー・ヴィスコンティがFbにアップした写真にまた涙してしまいました・・。

[7055へのレス] 投稿者:目撃者 投稿日:4/12-21:39
デニスは、スターリング・キャンベルのお師匠さんだそうですね。子供の頃彼が家族と住んでいたアパートにデニスが引越してきたのだとか。そして、78年MSGでのボウイのショウのチケットを貰って観に行ったそうですよ…。スターリングにとっては、今年はボスと恩師を続けて失うという辛いことになってしまったようです。

[7053] フィギュアスケートでの珍しい使用例 投稿者:francoise 投稿日:2016/04/07(Thu) 16:15
以前こちらで、高橋大輔選手が2002−2003シーズンに「ヒーローズ・シンフォニー」を使用していた、と投稿されていましたが、もしかするとTBSチャンネル2で放送される2002年度全日本選手権でそれが流れるかも・・・。

放送は

4/7(木)午後10:40〜午後11:50
4/22(金)午後11:59〜深夜1:00
4/29(金)深夜2:00〜深夜3:05

あと、4/7 午後6時から放送の「日米対抗戦のエキシビション」ではアメリカのジョニー・ウィアー選手による演目は「Enchanted(パッサカリア&Nature Boy)by シークレット・ガーデン&デヴィッド・ボウイ 」
これはyou tubeにも上がってますね。

[7053へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:4/11-21:26
画像悪いですけど、高橋大輔さんのヒーローズ・シンフォニーは、こちらでも見られますね。(若い・・^^)

[7053へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:4/11-21:38
https://www.youtube.com/watch?v=MjOjGSeWs-k  ちょっと演技の出来もいまひとつの時ですが・・・。

[7053へのレス] 投稿者:francoise 投稿日:4/22-21:27
全日本は当時男子はSP放映なし!でした。今では信じがたい・・・。どちらにしてもフリーの演技もイマサンな人ばかりでした。(当時一位の本田選手から高橋選手までイマサンばかり・・・そのくせキスクラで変なテンションで、なんだか賭博でぽしゃったバドの選手みたいなノリでした。その後の成功が信じられぬような、まるで田舎の村の祭りに来てる少年の集まりのような感じでした)

[7051] DAVID BOWIE IS 投稿者:jack 投稿日:2016/04/07(Thu) 08:44
来年ではありますが日程や会場が発表されました!
楽しみですね。地方に住んでる者としては東京はちょっと遠いけど絶対いくぞ!
http://www.davidbowie.com/news/david-bowie-tokyo-dates-announced-55866

[7051へのレス] 投稿者:seven 投稿日:4/7-13:46 <HOME>
みんなで行きましょう!

[7051へのレス] 投稿者:シュウ 投稿日:4/7-21:36
北国の大雪からですが絶対に数回は行きます!

[7051へのレス] 投稿者:UNNPA 投稿日:4/8-17:16
やったー!嬉しい!今から楽しみです。

[7051へのレス] 投稿者:たくや 投稿日:4/8-17:44
楽しみです。何が何でも行きます!

[7051へのレス] 投稿者:ブラックブック 投稿日:4/8-20:11
一回で良いので観たい!初日とか贅沢は言いません!

[7051へのレス] 投稿者:Elmo 投稿日:4/11-21:32
チケット、いくらくらいになりますかね。

[7046] 世阿弥と花 投稿者:seven 投稿日:2016/04/02(Sat) 04:05 <HOME>
この掲示板で一ヶ月程前に世阿弥とボウイの関連性について書かれたテキストありましたよね。
もっと深く知りたいです。
もしご迷惑でなかったら教えて欲しいです。

それから告知を1つ。
僕がオーガナイズする手塚治虫先生のトリビュート展Atom Is Bornが京都のライト商會で開催します。4月6日から4月12日(8日休み)です。
もしボウイのポールスミスのシャツを買いに来るのなら(距離も近いので)遊びに来てくださいね。僕も在廊の帰り道伺ってシャツを買おうと思っています。
展示は高校生からプロのイラストレーターの作品が待っています。

いつかボウイのトリビュート展もやってみたいな。

[7046へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:4/9-05:53
sevenさん、遅くなってすみません。世阿弥の語る能役者の人生「花」というものの考察とボウイさんの人生を勝手に結びつけたのは私です。その後、Kateiさんから、ボウイさんをしいて日本人で例えるなら世阿弥と答えていた、とお返事をいただきました。サイトの上部の「過去ログ」というところから過去の投稿が見れます。「風姿花伝」は講談社文庫から現代語訳つきのものがでているので、よろしかったら目をお通し下さい。

[7046へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:4/9-05:58
投稿番号6725番、ブラックブックさんの投稿へのお返事として書かせていただきました。

[7046へのレス] 投稿者:seven 投稿日:4/9-17:18 <HOME>
Hansaさんありがとうございます。ボウイと世阿弥の事や三島由紀夫の考察など非常に脳裏に残っていたので・・!風姿花伝読もうと思います。 過去ログ読めるんですね。皆さんのコメントは凄く勉強になるので嬉しいです。それからポールスミスのTシャツ23日からでしたね。つい間違いを。電話で問い合せたら小さなボウイのエキビジョンもされるそうです。京都三条のポールスミスは町屋を元に作られてとてもいい雰囲気ですよ。手塚治虫先生のトリビュート展の在廊から。

[7044] A Grave For A Dolfin 投稿者:Hansa 投稿日:2016/04/01(Fri) 06:21
ボウイさん自身が、刺青の由来と、この本の関係について、イマンさんの本「I Wish I Could Swim」に書いてました。

「She swims as if born and nurtured in the sea, catching fish with her hands.
She swims with the sharks yet does not get torn to pieces. She slyly jokes
that the sharks are her "uncles".」

「 A Grave for a Dolphin」は"Heroes"の歌詞の参考に使った本、何年も後にイマンさんと運命的な出会いをするとも知らずに。

イマンさんはこの本を映画化する話が持ち上がった時に、主役のソマリア人女性の役をオファーされ、イタリア人兵士の役はボウイさんにオファーされるはずだったそうです。結局実現はしなかったのですが。
ボウイさんはこのことに不思議な宿命を感じて、ふくらはぎにイマンさんの名前と、イルカに乗る男の刺青を入れたそうです。

ボウイさん曰く、(あまり綺麗な英語なのでそのままで。)
"Things like this happen to us all the time. Mystical, I bet. Like, we're both skinny and we both get up about five thirty in the morning. The list goes on and on. I'm glad our story doesn't follow the one penned by the Duke. We love the dark velvet sky and the moon that throws streaks of gold onto the deep silver sea. We want to swim side by side as long as we've been given, till one of us slips under the waves for the final time."

注: Dukeとは、著者のこと、彼は公爵でした。

[7044へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:4/4-04:26
アップありがとうございます。ボウイとイマンは仲が良さそうですね。でもボウイにとってイルカとは何かの意味があったのかと思います。

[7044へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:4/4-04:31
「Never Let Me Down」の中の「TIME WILL CRAWL」。「時間がクロールする」という文句は私には謎だったんです。水泳でクロールしても水の抵抗にあう。年齢を重ねるごとに、時間の進行は加速的に早く感じるのに、「TIME WILL CRAWL」の推移する時間のイメージは私の時間のイメージとは正反対だったんです。でも「Heroes 」の「I, I wish you could swim Like the dolphins, like dolphins can swim」をボウイの死後再読し、泳ぐという意味で2つの詩は共通していると感じました。ボウイが思い描く推移する時間のイメージは泳いでいるイルカと似ているのではないかと私は妄想しています。「TIME WILL CRAWL」の後に「Like the dolphins, like dolphins can swim」という語句を付け加え「TIME WILL CRAWL Like the dolphins, like dolphins can swim」とするとボウイも「時間は早く過ぎると考えていたんだろうな」と納得しました。

[7044へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:4/4-04:52
ボウイさんの刺青のアップをお手すきの際にでも、お願いできればと思います。

[7044へのレス] 投稿者:Hansa 投稿日:4/9-07:38
あまりいい写真がみつからなかったのですが、とりあえずこちらを。http://raredeadly.tumblr.com/post/1539583161/bowie-drew-the-artwo ..... -a-dolphin

[7044へのレス] 投稿者:小嶋保 投稿日:4/9-11:49
Hansa さんへ アップありがとうございます。一番良い画像で文も少し読めました。ボウイは平仮名とか読めたのかなー?、と妄想しました。