868831



新しいBBS 投稿者: 投稿日:2016/09/19(Mon) 17:02 No.7438 
新しいBBSを設定しました。
これからはこちらをご使用ください。

http://www3.ezbbs.net/32/tvc15/

お手数おかけしますが、宜しくお願いしますm(_ _ )m

Hansa > Elmoさん、色々ご苦労さまです。お元気ですか。新しい掲示板に投稿しようとすると、以下の表示がされてしまいます。お手数おかけしますが、設定変更お願いいたします。「設定によりプロキシ経由による投稿は禁止されています。解除する場合は管理画面のセキュリティの項にある「プロキシ経由の投稿」を「許可」に設定してください。」 (9/22-22:21) No.7440
> Hansaさん、すみません。海外からのアクセスだと拒否されてしまう設定のようでした。解除しましたので、また試してみてください。 (9/25-23:47) No.7441


「★」アートワーク 投稿者:Hansa 投稿日:2016/09/17(Sat) 04:17 No.7432 
マルタ十字https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/8/8b/Maltese ..... ss.svg.png
は聖ヨハネ騎士団や聖ラザロ騎士団の象徴。

アルバム「★」の表紙、星のシンボルの下にそれを分解したようなものでBOWIEと書かれていますが、その形はこの十字も想起しますね。

「➤」が4つ、8の角を持つ十字は民間伝承ではアッシリアの四大神、または太陽神アポロンの象徴とも言われています。
騎士団においてはこの8つの角は騎士道における美徳を表しているとされています。
忠誠
敬虔
率直
勇気
栄光と名誉
死を恐れないこと
貧困者と病人への援助
教会への敬意

そしてこれはイエスの弟子への「山上の説教」に通じます。
「私のために罵られ迫害され、身に覚えのないことであらゆる悪口を浴びせられる時、あなた方は幸いだ。大いに喜びなさい。天には大きな報いがある。」

「Lazarus Cast album」のアートワークでは、US=私たち、が強調されているな、と思ってなんとなく色々調べてみました。。

Hansa > Lazar=Leper でハンセン病を表すそう。起源は聖ラザロ騎士団より。US =United statesなんて深読みもしてみました。ジギーはLeper Messiahだったな・・とか。 (9/17-04:50) No.7433
Hansa http://amass.jp/78263/ キャスト・アルバムのプロモ映像。 (9/17-06:13) No.7434


URL変更のお知らせ 投稿者: 投稿日:2016/09/15(Thu) 21:24 No.7426 
★Niftyのホームページサービスの変更により、URLが変更になります★

現URL
http://homepage2.nifty.com/tvc15/

新URL
http://tvc15.music.coocan.jp/

現URLは9月30日以降、表示されなくなりますので、ご注意ください。

また、Niftyがレンタル掲示板サービスを10月4日10時をもって完全終了してしまうので、この掲示板も引越しします。

今週末には、どこにつくるか決めようと思っていますので、また連絡します★


小嶋保 > Elmo さん お久しぶりです。了解いたしました。よろしくお願いいたします。 (9/16-00:28) No.7428
ブラックブック > Elmoさん、有り難うございますm(__)m末永くお願いします! (9/16-07:04) No.7430
Hansa > Elmoさんありがとうございます。ツイッターなどに移行していく世の中ですが、この掲示板はオアシスです。。 (9/17-03:02) No.7431
> 時代の流れですね。。。 (9/19-17:03) No.7439


生前の最後の録音 投稿者:ブラック ブック 投稿日:2016/09/13(Tue) 19:01 No.7419 
ご存知と思いますが・・重要なニュースです。
https://www.barks.jp/news/?id=1000130766

Hansa > 今日色々なところで目にしました。ボウイさんの歌う新曲が聴けるんですね。素直に嬉しいです。 (9/13-20:22) No.7420
ブラックブック > リアルタイムの曲は、これが本当に最後になるかも知れません(>_<) (9/13-20:49) No.7421
Hansa > ファイナルレコーディング・・やっぱり切ない。。バーニングマンフェスについての偽情報とかで、ちょっと気が滅入ってます。 (9/14-01:31) No.7422
小嶋保 > 貴重な情報ありがとうございました。明るい曲があったら良いな。無理かな? (9/14-04:38) No.7423
シュウ > どんな曲か気になりますが聞けることはファンとしては嬉しいです。 (9/14-21:43) No.7425
> 公式アナウンスをもってリリースされるのはやっぱり嬉しいです。Who Can Be Now? 共々楽しみにしてます。 (9/15-21:30) No.7427


Peaky Blinders season 3 episode 5 投稿者:Hansa 投稿日:2016/09/08(Thu) 23:54 No.7418 
以前投稿したBBC ドラマ「Peaky Blinders」から、ボウイさんの曲「ラザルス」が使用されている回の映像です。
あらすじのあとすぐ、0046秒から。
ボウイさんがとても好きだったドラマ・・天国から見ていらしたのでしょうかね。

http://www.dailymotion.com/video/x4e6pnl_peaky-blinders-s3e5_tv


地球に落ちて来た男観に行きました! 投稿者:seven 投稿日:2016/08/29(Mon) 06:20 No.7417  HomePage
木曜日に京都みなみ会館に地球に落ちて来た男を観に行きました!

地球に落ちて来た男は何度か見ているのですがスタジオカナル版は初めてなので・・!

観ているうちに引き込まれ、ボウイの美しさに魅了されましま。

時が進んでいくのに永遠の若さを持つボウイ。

そのラストシーンが胸に迫りました。

孤独と永遠。

スタジオカナル版のBlu-rayが早く欲しいです。

帰って来てから何度か★を聴きました。ラザルス良かったです。

みんみん > 見に行かれましたか!綺麗で引き込まれますよね。 (9/16-00:32) No.7429
myu > 35年前、映画館で観ました。 (9/17-16:05) No.7435
myu2 > 途中で送信してしまいました。35年前、映画館で観ました。エイリアンとの2本立てでした。エイリアンは大好きな映画でしたが、この組み合わせには、戸惑った覚えがあります。 (9/17-16:14) No.7437


イギーのボウイ追悼ラジオ番組 投稿者: 投稿日:2016/08/21(Sun) 15:27 No.7415 
ボウイ追悼ラジオ番組で最後のイギーの「Dollar Days」へのコメントは最高に変なテンション、Hansaさんが言われているようにバナナの叩き売りのような大げさに




「Dollar Days」はアメリカのスーパーが特売の期間に特に使うキャッチフレーズでーーーす!(意訳)」と言っているように聞こえました。




「この"Dollar Days"は、英語ネイティブのファンから、「アルバムの中で、一番聴くのがつらい」

「おそらく一番最後に作った曲」「病床で歌っているみたいだ」という書き込みが見受けられました」(elmoさん「Dollar Days 勝手に解釈)から 

私のような一般のファンは「これがイギーのボウイ追悼番組の最後の言葉か。ボウイファンにとっては「アルバムの中で、一番聴くのがつらい」曲なのに。

曲に対するコメントが「バナナの叩き売り」風の言い方で終わるのか。ボウイに対する感謝とかなにもないのか」

とあきれてしまいましたが、よく考えれば、ある種、イギーらしい屈折した最後のコメントだと思いました。、

天国にいるボウイもこの番組を聴いて「イギーにしか出来ないお別れの言葉だ」と苦笑いしていたと思います。



レア映像 inイタリア 投稿者:暇人Hansa 投稿日:2016/08/19(Fri) 08:03 No.7408 
各国のメディアからボウイ情報の落穂拾いをしてます。。
イタリアの有名なパーソナリティー、赤い男爵ことレッド・ロニーさんの追悼番組にてレア映像をみつけました。

https://www.youtube.com/watch?v=ic_OWshYmMY

ロニーさん曰く、インタビューの前後にボウイの素顔があらわれているとの事。
結構彼の語りが長いので、ボウイさんの映像の部分のみ書き出してみました。
ボウイさん凄くリラックスしていて楽しそうです。ロニーさんとはウマがあったのかな?

12:34 87年3月のインタビュー 
14:45 同インタビューの後
17:08 コンサートの模様
19:40 87年6月 インタビューの前
22:08 グラススパイダーのリハーサル
25:12 93年 ロンドンにて インタビューの前 タバコについて語る
(禁煙したけど8日間でギブアップ。。)
26:58 インタビューの後ポラロイド撮影 見守るココさんが印象的
28:28 撮影したポラロイド写真
29:18 アウトサイドの頃? インタビューの前
30:44 同インタビューの後 自身のマスクを見て「若さ」について語る

Hansa > 若い頃に作られた自分のデスマスクの様な石膏像を見て、何故不幸そうな顔をしているんだと問われた時に答えた「若さというものは不幸を虚栄としてまとうものだから・・・不幸でいることが詩的に思えるんだよ若い時はね」という言葉が印象的でした。後年は幸せの中に詩を見出されたような気がします。「Lazarus」サウンドトラックの新曲楽しみです。 (9/14-07:37) No.7424


イギーのラジオでのコメント 投稿者:Hansa 投稿日:2016/08/19(Fri) 05:44 No.7407 
訳されたものが載っていました。

前半 http://ro69.jp/news/detail/147089?rtw
後半 http://ro69.jp/news/detail/147334

小嶋保 > Hansaさん、ロッキング・オンのみなさん翻訳のアップありがとうございました。多分、これがボウイに対するイギー最後のコメントでしょね。貴重です。色々考えましたが、主なものは以下の3点でした。1.“Moss Garden” 「その頃ガムランを買いにインドネシアまで行った時に付き合ったことがあって」→感想ボウイの遺灰が撒かれるバリ島にもイギーは行ったんでしょうか?インドネシアでのボウイの話が聞きたかった。2.“Dirty Boys”「熟練した歌詞がなんともいえないね」→感想「I will pull you out of there」「私が君をここから連れ出してあげるよ」精神病院にいたイギーをボウイが救い出したことを連想しました。3.“Dollar Days”「「ダラー・デイズ」っていうのはアメリカの日用雑貨店とかスーパーが特売の期間に特に使うキャッチフレーズ」→elmoさん「Dollar Days 勝手に解釈」から 「この"Dollar Days"は、英語ネイティブのファンから、「アルバムの中で、一番聴くのがつらい」「おそらく一番最後に作った曲」「病床で歌っているみたいだ」という書き込みが見受けられました」→感想“Dollar Days”の一般的意味が「スーパーが特売の期間に特に使うキャッチフレーズ」か。“Dollar Days”のタイトルは色々な解釈が可能でしょうが、ひとつの意味ではボウイ最後のブラック・ジョークだったのかな。この曲紹介するとき、イギーはこの番組で最高に変なテンションでした。 (8/20-04:40) No.7410
小嶋保 > イギーは何故、こんな悲しい曲を紹介する前にハイテンションなのでしょうか?多分、それはイギーのアルバム「American Caesar」の中の曲「Louie Louie」の歌詞に現れています。「but i 'm as bent as dostoevsky(でも俺は屈折してる、ドストエフスキーと同じくらい)」 (8/20-07:20) No.7411
Hansa > 「★ 」の中で「Dollar Days」は私は一番好きな曲です。。ランボーの恐らく最後の詩作「セール」はまさにイギーのようなバナナの叩き売りのようなテンションで「大安売りだ、男も女もあらゆる人種も世界も、大安売りだ、愛も無政府状態もむごたらしい死も・・・」という感じに続いて行く詩です。彼がアビシニアの砂漠の彼方へと消えて行く前の詩人としての総決算。。ジム・モリソン、パティー・スミスと共にランボーへの傾倒が知られていたイギーは、もちろんボウイとランボーについて熱く語り合ったこともあったでしょうし、この曲の題名に含まれたボウイからの暗号のようなメッセージが読み取れたのじゃないかな、と勝手に思ってます。私はこの二人のコンビがとても好きなんです。ちなみにこのハイテンションはちょっとQueens of the Stoneage のアルバムの調子に似ています。 (8/20-11:08) No.7412
Hansa > 余談・・パティー姐さんが今週うちの街のジャズ・フェスティバルでコンサートをしたのですが、ジャズということで、詩の朗読とかをするはずが、「あー、私はジャズミュージシャンじゃないわ、やっぱりロックミュージシャンよ!」といってガンガンとロックなコンサートにしてしまったのです。姐さんさすがです! (8/20-11:33) No.7413
Hansa > ボウイの曲は幾重にも意味や引用が重ねてあると思うので「★」の曲たちには様々なレイヤーを使って「さようなら」を伝えているのかなと思います。ドストやランボーの引用の部分があればそれはイギーへのさようならなのかな。。「Girl Loves Me」はもちろん「機械仕掛けのオレンジ」にはまっていた自身への追慕でもあるけれど、ナッドサットがロシア語を基に作られていることも実はポイントなのかも。ボウイがロシア語で歌っているようにも聞こえますからね・・最後の曲「I Can't Give Everything Away」はフランク・シナトラが娘のナンシーとデュエットしてヒットした「Somethin' stupid」に曲調が似ていると指摘されています。ミュージカル「ラザルス」の最後もレクシーの象徴である天使のような少女とトミー・・ボウイが二人で「"ヒーローズ"」を歌い上げて終わるので、これも娘レクシーへのさようならのレイヤーなのかな。。色々と妄想を重ねつつ聴いています。 (8/20-22:05) No.7414
> Patti Smith の 「Because the Night」 はNHKラジオ「サウンドストリート」DJ渋谷陽一で聞いたのが最初でそれからずーと時々口ずさんでいます。「頑張ろう」という気持ちのとき、口ずさみます。 (8/21-15:35) No.7416


各国からのニュース 投稿者:Hansa 投稿日:2016/08/19(Fri) 05:27 No.7404 
ボウイTシャツを作っているJoe Jonesさん(ボウイさんの息子ではない。。)の弟さんが1983年に何気なくロンドンのSOHOで撮った普通にお散歩中のボウイ写真!
世界にたった一枚の写真たちをずっと大切にしてきたけれど、皆さんとシェアーしたくなったそうです。

ありがとうジョーさん。素敵な写真です。
http://www.mdepdesign.com/#!Bowie-Soho-1983/uzn5n/57b350f90cf21544b7ed6443

ちなみにベルリンでは来週の月曜にボウイさんがイギーやココさんと住んでいたアパートに、「ここにボウイが住んでいた」という看板が立てられ、ベルリンの市長さんがスピーチをします。




Hansa > こちらの方に日本語で記事がでていました。http://amass.jp/76839/ (8/19-05:37) No.7406


日にち過ぎちゃったけど 投稿者:seven 投稿日:2016/08/18(Thu) 00:29 No.7402  HomePage
レクシー誕生日おめでとうございます!日本から尊敬と愛を込めて。
Lexi. Birthday Congratulations ! With great respect and love from Japan .


ボウイの純粋さと「白痴」の主人公 投稿者: 投稿日:2016/08/17(Wed) 03:12 No.7399 

Hansa さん>「ムイシュキン公爵とボウイはイメージがかなり違うのですが」(「The Idiot」ドストエフスキーとボウイ
から)

私もボウイの「シン・ホワイト・デューク」とドストエフスキー「白痴」の「ムイシュキン公爵」は違うイメージでした。


「シン・ホワイト・デューク」のイメージはコカイン中毒のイメージと

もうひとつ付け加えれば、私にはヒトラー崇拝イメージがあります。





しかしムイシュキン公爵はボウイと似ているのではないかと2.3日思っています。

第1に「ムイシュキン公爵」はスイスの精神療養所で治療していた。当時のボウイの精神状態を表している気がします。


第2に「ムイシュキン公爵」は純粋な人のイメージです。


ボウイも純粋な人です。ベルリン三部作を製作する前は「俺は無一文になって」(ボウイ談)いるにも拘らず、


「私たち3人 (ボウイとイーノとヴィスコンティ) は、アルバムが完成してリリースできるかどうか保証しない、って約束で始めたんだよ」

(ヴィスコンティ談)と売れるためのアルバム作りではなく、純粋に「自分たちが作りたい音楽を作る」という目的でアルバムを製作しはじめます。


これほど純粋な人はいないのではないかと思いました。お金がないなら、普通は売れるアルバム作りを目指しますが。

あえてしなかった。

「当時は最悪だった。身体も精神も限界だった。自分が正気かどうか、本気で疑ってた。

だが、「Low」の絶望のベール越しに、

楽観につながる感触がつかめたんだ。快方に向けてもがく自分の声が聞こえたんだ」(ボウイ談)

ボウイの音楽製作に対する純粋な気持ちが、ボウイの病んでいた精神を救ったんだと思います。


詳しくは下記、記事をご参照ください。

http://rocqt.net/150615
デイヴィッド・ボウイ+トニー・ヴィスコンティ、2001年のインタビュー (まとめ)





あと「デビッド・ボウイがポスターに込めた「広島」への思い」の記事を読んでも

ボウイの純粋性が良く現れていると感じました。

ボウイが「モントルー・ジャズフェスティバル」の1995年のポスターに「被爆地・広島」を

イメージするものをデザインした。それも「モントルー・ジャズフェスティバル」創始者の反対を押し切る純粋な勇気。

さらに「デヴィッド・ボウイと舞う折鶴 ★ このボウイの折鶴に込められた表現を想う」というブログ記事を読んでもボウイの純粋性を感じました。


10年ぶりのアルバム「THE NEXT DAY」発売にあわせ、イギリスの週刊音楽雑誌「NME」2013年10月9日号の表紙に登場したボウイ。

地味な服装のボウイと折鶴がデザインされています。折鶴は日本では平和を祈るために折られたものとすぐ分かりますが、ほかの国のひとにとっては

ちんぷんかんぷんだったと思います。折鶴を捕らえようとするボウイは純粋性の塊であり、「ムイシュキン公爵」そのものと思いました。



詳しくは下記、記事をご参照ください。

デヴィッド・ボウイと舞う折鶴 ★ このボウイの折鶴に込められた表現を想う

http://claranomor.exblog.jp/21388650/





Hansa > 確かに「ヤング・アメリカンズ」の頃のボウイさんはちょっと怖いです。コカインやっている人独特の、自分がハイスピードになっているから周りのもの全てがトロくさく感じて凄くイライラしている感じですね。でも彼が当時薬にはまってしまったのも、ネオナチ的な思想やオカルトにはまってしまったのも、彼の純粋さ故だったと思います。私も本を読み返しはじめてみてムイシュキンの哀しくなるほどの純粋さとボウイさんが重なってきました。悲しい結末なのにどこかホッとするような優しい読後感もボウイさんの人生を振り返った時に感じるものと似ています。 (8/17-10:34) No.7401
> 日本のドストエフ好きの代表的なホームページとして「ドストエフ好きーのページ 」があります。http://www.coara.or.jp/~dost/1-9.htm (8/18-01:00) No.7403


写真家 Philippe Auliac 投稿者:Hansa 投稿日:2016/08/16(Tue) 10:45 No.7386 
ボウイを長年撮影してきた写真家のオーリアックさんのアップしている音源集。
私はそんなに詳しくないので、The King Bees時代のボウイさんのものを聴くのは初めてでした。
https://vimeo.com/user30209172/videos

彼の数奇な人生と彼が撮った写真についての記事など
https://social.shorthand.com/LaurentGaudens/n26uWQcAIDc/philippe- ..... e-de-bowie

http://culturebox.francetvinfo.fr/david-bowie-l-homme-aux-mille-v ..... nde-233459

1972年に初めてボウイの曲を聴いた13歳のフィリップ少年は、ボウイに会う為にはどうすればいいのか考え、写真家になろうと決意。
若くしてコレーズ県の田舎からパリに上京する。
76年RCAに1週間だけ写真家として仕事を依頼されるも、仕事の内容はしらぬままロケ地、パリの北駅へ。
そこでボウイとイギーに出会う。彼らはモスクワ帰りで、ロンドンへ行く途中だった。
あの有名なロンドンのヴィクトリア駅でのボウイの写真は彼が撮った。
彼は当時若干17歳だった。「緊張しないでいいよ。僕らはごく普通の人間だから」とボウイは彼に言った。
そこから結局ヨーロピアンツアーについて行きボウイの「オフィシャル」な写真家となった。
ボウイを通じて様々なミュージシャンと出会い、写真を撮ることができた。
しかし、マーク・ボランは撮影をする約束をした3日前、ジョン・レノンは約束の5日前にそれぞれなくなってしまった。。

彼のアーカイブから、76年パリ公演での「TVC 15」
https://www.youtube.com/watch?v=3RTtko7-k9k

seven > Hansaさん、今オーリアックさんのプレイリスト聴いています。ロンドンの話は有名ですよね。記憶にあります。鋤田さんもジャズのポートフォリオ持ってマークやボウイの元を訪ねたんですよね。マークとジョンの事は悲しいです。僕は二人とも大好きなので。ジョンはボウイのリアリティの「言いたい事があるなら韻を踏んでバックビートに乗せろ」の台詞がジョンからの引用ですよね。確かジョンはボウイより年上ですよね。ボウイは強く影響を受けたのでしょうね。・・オーリアックのプレイリスト、素敵なモメントです。こうして音楽は続いていくんですよね・・! (8/16-17:37) No.7388
seven > 今日、日本は送り盆です。京都に1人出てきた僕は母親に供養を頼もうと思います。Hansaさんも良い夏を。 (8/16-17:43) No.7389


LPについて 投稿者:ぼうい少年 投稿日:2016/08/14(Sun) 07:19 No.7380 
最近こつこつボウイのLPを買いあさっています。 
ジギースターダストは80年米国盤、ヒーローズは米国オリジナル、 
犬、駅、ロウ、モンスターは国内初回盤。 
世界男とハンキ―、ヤン米は国内再発盤です。 
ジギ―は80年米盤で特に不満はないのですが、英国オリジナルとなるともっとすごいのでしょうか・・・。 
また英国盤は国内初回盤より大きく優れていると考えていいんでしょうか?

ブラック ブック > 個人的な結論から、アナログで有れば殆ど同じと思います。ジギーはUK初回プレス盤(マトリックス1)が良いとされてます。(持ってませんが)高価なので、掘り出し物を探すか、オークションで落とすかです。最近だとリマスター180g重量盤のアナログも発売してます。(推奨) 個人的にはCD対レコードは確実に違いますが、初回盤などは保有する満足感が大きい?と思います。 (8/14-08:27) No.7381
ぼうい少年 > そうですか、個人的にヤン米と世界男の音が弱い気がしてるんです。ハンキーはそんなことないんですけどね。確かにストーンズも集めてるんですが、ボウイはストーンズほどには国の盤の違いを感じませんね。英国盤は聴いたことないですが・・・ (8/14-13:52) No.7382
ぼうい少年 > あとリマスター180はデジタル処理でアナログ特有の何かが失われてるような感じがしました。アラジンと世界は買ったんですけどね。あれが一番いい音だったらありがたいんですけどね…。 (8/14-15:12) No.7383
ブラックブック > 音楽ってロマンが有りますね。同じレコード、CDを何枚買ったら気が済むんだ…って思います(((^_^;)でも買っちゃうんですよね!!! (8/16-19:13) No.7391
ブラックブック > ZIGGYサンタモニカのライブ盤でしたら、オフィシャルでない盤が粗くて好みです!!! (8/16-19:23) No.7392
Hansa > 皆さん凄い。。私はカセットで聴いていたので、、少しずつCDに買い換えました。LPは味がありますよね。 (8/16-19:43) No.7393
小嶋保 > Hansa さんへ ボウイのカセットは今、日本のヤフー・オークションでは高額で取引されています。「David Bowie Let's Dance 」 EMIカセットは7月3日落札で5000円です。ボウイだけが高いというわけではなく、今、日本でもレコードブームです。それと関連して人気ミュージシャンのカセットも人気です。 (8/17-01:11) No.7395
Hansa > ボウイさんのものは売りたくないですが、他のアーティストならまだ少し押し入れのどこかにあるかも。。お宝なんですね。レコードは唯一83年発売の英国盤「Fame/Right」があります。 (8/17-09:10) No.7400


「The Idiot」ドストエフスキーとボウイ 投稿者:Hansa 投稿日:2016/08/11(Thu) 08:24 No.7369 
前述ワルシャワのドキュメンタリーでボウイとイギーのワルシャワ経由モスクワ行きの列車旅行の出発地がチューリヒだったことが引っかかっていたのですが、小嶋さんのドストエフスキーに関するコメントを見てふと思いついたことがあります。

もしかして彼らは「The Idiotー白痴」のムイシュキン公爵の旅をなぞったのかな、と。

小説はスイスからロシアへと帰る旅の途中の主人公のムイシュキン公爵がペテルブルク・ワルシャワ鉄道の三等車室の中でロゴージンと乗り合わせることから始まります。
ムイシュキンの描写は、明るいブロンドの髪に高めの背、こけた頬に細面で肌は生気がない、、、シン・ホワイト・デューク。。
とても大きな頭巾(フード)のついたダブダブしたコートを羽織っていた、とあり、「Low」の表紙の写真(トーマス・ニュートン)を連想させます。

ドストエフスキーはムイシュキンについて「完全に美しい人を描きたい」と滞在先のスイスから親友宛に送った書簡に書いています。

ボウイとイギーのアルバム「The Idiot」は丁度モスクワ旅行に行った76年から製作され「Low」と同じ年の77年に発表されていますね。

「Read」というポスターでもボウイさんこの本を読んでいますし、とても特別な小説のよう。

・・実は私にとってもこの小説は初めて演劇を演じた作品として特別な意味を持っているので、なんだか嬉しくなりました。。
久々に読み返してみようと思います。


小嶋保 > 過激なカトリック批判のミュージック・ビデオ「The Next Day」を見た第一印象はドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」「大審問官」みたいな感じ、ということでした。ボウイはドストエフスキーをすべて読んでいるでしょうし、タルコフスキーの映画も見ていると予想されるので、ロシアに行ってみたかったのか、と思います。私もドストエフスキーにはまっていた時は「ロシアに行ってロシア料理食いてー」と思っていました。 (8/12-07:02) No.7371
Hansa > 「The Next Day」のビデオ、おっしゃる通りですね。独特の不思議な「濃さ」がありますね。私は昔モスクワのバレエ学校に短期留学したのですが、今でも記憶が新鮮に蘇る衝撃的な体験で、モスクワは東方と欧州の文化が衝突、融合した魔術的な街だと感じました。ロシアの人々の激情さにも驚き、感動しました。諸々のことを念頭に置いてボウイさんの曲を聴いてみようと思います。 (8/13-05:18) No.7372
Hansa > 私の好きなタルコフスキーのポラロイド写真集についての記事のリンク貼っておきます。「Lazarus」のビデオの美術に通ずるものがあるでしょうか。http://www.gwarlingo.com/2013/the-polaroids-of-andrei-tarkovsky-t ..... yday-life/ (8/13-05:48) No.7373
小嶋保 > 「The Idiotー白痴」のムイシュキン公爵の旅に影響された曲としては「Station To Station」もあると思います。詩の内容は神秘思想カバラの生命の木に影響されていますが、10:05という長い曲のイメージは1973年初来日の際のシベリア鉄道に影響を受けたのかなと思います。 (8/13-15:17) No.7375
Hansa > 「痩せた白い公爵の帰還」ですからね。ただ私のイメージしていたムイシュキン公爵とボウイはイメージがかなり違うのですが、、ロシア上流社会にスイスから来た「異質な」公爵、というイメージは「地球に落ちてきた男」にも通じるのかもしれませんね。 (8/13-21:48) No.7376
Hansa > 何気なく聴いてしまっていた曲たちがもっとずっと壮大なイメージを元に作られているんだな、と感動中。。。ムイシュキンはドスト曰く「キリスト公爵」、、アポロ神やカバラ、ランボー、仏教と色々なものを飲み込み融合させた錬金術的な魔力のある音楽なんですね。。 (8/13-22:10) No.7377
Hansa > 「Station To Station」が「白痴」ならば、呼応する「★ 」の中にも「悪霊」「罪と罰」「カラマーゾフの兄弟」といったテーマが見え隠れしますね。ラザロの復活譚の部分は指摘している人も多いですけど。。 (8/13-22:30) No.7379


ボウイのWarszawa 投稿者:Hansa 投稿日:2016/08/10(Wed) 09:32 No.7367 
ボウイさんの70年代のワルシャワ滞在中の足跡をたどる短いドキュメンタリーをアップします。
73年と76年にモスクワ旅行の際に立ち寄ったワルシャワ。
ボウイさんが曲のインスピレーションとなる民族音楽のレコードを買った広場にボウイさんの壁画が描かれました。
高画質の綺麗な映像です。
https://www.youtube.com/watch?v=qPX8zWSXcyc

小嶋保 > Hansaさん アップありがとうございます。「ボウイさんの壁画」が強大なので驚きました。壁画が描かれているビルが取り壊されても保存されそうですね。話が変わりますが、昨日リサイクルショップに行き、会計を済ませようとしていたところ、ギターを試演していた人が「Rebel Rebel」のイントロを弾き始めてました。驚いたので会計が終わり試演していた人に「すみません。今弾いていたのはボウイの「Rebel Rebel」ですよね」と声をかけてしまいました。その人は多分驚いたと思いますが、少し笑いながら、「はい、そうです」と答えてもらいました。でも私の顔は見なかったんですけど、いやそうな感じではなかったと私は信じたかったですが。帰り道では曲中のスキャット風「Doo doo doo-doo doo doo doo doo」を口ずさみながら帰りました。 (8/12-06:49) No.7370


広島、この時代の玉音放送、そして長崎。 投稿者:seven 投稿日:2016/08/09(Tue) 05:34 No.7361  HomePage
今日、天皇陛下の生前退位の放送がありましたね。

広島、長崎の原爆の日を挟んで。

小嶋さんのスレッドに書いてあるようボウイの広島のポスター、核についてこうは書かれています。

1945年の広島の原爆以来、黙示録のプロセス−終末的観念は私達の意識に完全に組み込まれた。−そこには道徳的権限は全く見当たらず、真実の信頼された戒律は崩壊したようだ。

この言葉、鎮魂のように響きました。
黙示録のプロセス。確かに自分たちはその道を歩んでいる。

ヒーザンで語られたように神に覚えられ、すべてが変わったように。

世界は・・「人間」の終末のプロセスを歩んでいる。

僕はボウイがやり残した「仕事」。チベットについて今も考えています。

侵略され断種の危機に瀕している民族。

ローマ法王は言いました。
「世界は第三次世界大戦下にあると」

天皇陛下は言いました。
「民の幸せを願うと」

そしてダライラマは言いました。
「私は(このまま弾圧が続けば)ダライラマの名を捨てなければならない」

と。

世界はボウイの言う終末に歩んでいるのでしょうか?
ヒーザン、異教徒に歌われているように。すべて過ぎ去るだけなのでしょうか?

ボウイの実質的なラストアルバムになるリアリティ、そして空前のツアーがヒーザンで神に覚えられた世界を救うイデアの何かの道になるようなものを伝えたかったのだと思います。

イマン、そして娘の為に。

リアリティツアーは神の配剤かそのクライマックスで頓挫します。

僕はその時美しいものが次々と死んでいくと感じました。

そして2003年にアトムが生まれなかったことにより(僕は手塚プロダクションと少し関わりがあるので)人類は滅びたのだと。

その復活の未来がネクストデーでその蘇りの秘密を歌ったのが★だと思います。

僕はライター、芸術のオーガナイザーから仕事を小説や何か形になるものとして取り掛かろうと思ってます。

その一つにチベットの事を。

7年間の。
1997年にボウイがリリースしたアルバム『アースリング』に収録されて、シングル盤にもなった『セブン・イヤーズ・イン・チベット
https://youtu.be/84RBZb8OxT0

僕もチベットを題材にした小説を書いています。

Hansa > seven さん、余談なんですけど、手塚さんもドストエフスキーの大ファンだったそうですね。好きな人同士の好きなものが被るのは当然かもしれませんが・・私も幼い頃から「七色いんこ」や「ブラック・ジャック」を読んで育ちました。 (8/13-22:15) No.7378
seven > Hansaさん、手塚先生のドスエフスキー好きは有名な話ですよね。特に初期作品は海外の文学者の作品をモチーフにした作品が多いです。絶筆となったネオ・ファウストも。僕も子供の頃から宮沢賢治や中原中也などの詩人と共に馴れしんできました。七色いんこや特にブラックジャック好きです。後アトムの史上最大のロボットの冒頭の「アトムの詩」がきっかけで自分を表現することを始めした。ボウイさんと同じように手塚先生もスターマンなんでしょうね。 (8/16-17:16) No.7387


ランボーとロック 投稿者:Hansa 投稿日:2016/08/08(Mon) 13:21 No.7351 
"Heroes" について調べていたらランボーの「イルミナシオン」の中の「王権」という詩にもインスパイアされているとそこかしこで読みました。
ある穏やかな人々の国で美しい男と女が高らかに宣言をする。その1日だけ2人は王と王妃であった。。という寓話的な詩です。
ドイツ語のウィキペディアでも関連性が指摘されていました。

イギーもパティー・スミスもランボーから多大な影響を受けたと語っています。ある意味パンクロックの原点?でしょうか。

同じく「イルミナシオン」の中の「セール/バーゲン」という詩は「Dollar Days」を連想します。とてもロックな過激な詩なんです。

「小話」という詩は「★」を。

・・ボウイさんを巡って妄想が広がっていきます。

前述のラジオ番組ですが「プロム」というまあ全然ロックでない催しからの依頼ということもあって、あえて「ボウイ」と距離をおいた呼び方をしたんではないのかな、と思います。というかそうであってほしい。。

イギーの真意は小嶋さんのおっしゃるように曲に込められているのかもしれませんね。
「Warszawa」はイギーとボウイの旅の思い出でもありますから。。


小嶋保 > > イギーとボウイの友情紹介番組がありますので記念にアップ。 1/3と3/3はつまらないので見ないほうがよろしいかと思います。金髪先生16限目:IGGY POP:RAW POWER 2/3https://www.youtube.com/watch?v=g-S862LHWC8 (8/8-15:14) No.7355
Hansa > 面白い番組ですね。2000年位までのイギーについては、伝記を一冊読んだことがあります。なにぶん昔のことなので記憶が曖昧ですが、イマン、デイビッド夫妻とイギーと日本人の元奥様と4人でゴルフをしたりの交流があったと読んだ気がします。「リアリティー」と同時期に「スカル・リング」が発表されて、二人のことが音楽雑誌で特集されたりしたのを覚えていますが、あの頃から既に疎遠気味だったような気がします。マイアミへの転居がきっかけっぽそうですが、それに伴った人生の志向の違いとか、もしくは新しいパートナーとボウイ夫妻のウマが合わなかったりしたのかもしれませんね。ジム・ジャームッシュのドキュメンタリー映画の公開を楽しみにしています。イギーのステージ上の神々しさは格別です。。 (8/8-23:42) No.7356
Hansa > おまけ: The Stooges 初期の写真です、うっわー。https://tobedamit.files.wordpress.com/2014/05/iggy-and-the-stooge ..... &h=698 (8/9-00:04) No.7357
seven > ジム・ジャームッシュがイギーを撮影するんですね?楽しみです。それからランヴォ僕とても好きなんだけどヒーローズにはそんな逸話があったんですね。確かにランヴォーの詩的霊感を持って超自然な力を得ると言うのがロックの衝動と重なると思います。イシュミナリオン、その視点で読むと面白いかもしれませんね。 (8/9-04:59) No.7358
小嶋保 > Hansaさんへ  >「4人でゴルフをしたりの交流」 があったんですか。貴重な情報ありがとうございます。ボウイとイギーが仲良く会話し、じゃれあっている姿とそれを見つめるイマンの姿が想像出来ます。多分ボウイはイマンに「イギーって面白いやつだろう。ハ、ハ、ハ」とか話しかけていたんでしょう。イマンの真っ赤な嫉妬心がメラメラと瞳の中に燃えていたんでしょう。 (8/9-15:27) No.7363
Hansa > 「Gimme Danger」今年のカンヌで公開されました。映画館での公開は冬頃でしょうか。http://www.imdb.com/title/tt1714917/ ボウイさんとの結婚生活って普通の人が考えるものとはかなり違ったものだったと思いますよ。ココさんが常に影のようによりそっていましたしね。私はイギーかボウイのどちらになりたい?と問われたらイギー派です。ジーパンかパンツ一丁でやっていきたい(笑)。でもスタイリッシュなボウイさんに憧れます。。 (8/9-19:39) No.7364
小嶋保 > Hansaさんへ イギーを紳士のスポーツゴルフに誘うなんて、冗談好きのボウイらしい。いつも上半身裸のイギーにポロシャツをボウイは貸してあげたのでしょうか?それを見てボウイは大笑いだったんでしょうね。ご存知とは思いますが、イギーらしいエピソードをひとつ。布袋寅泰がイギーと米マイアミで2014年にレコーディングした際、イギーは「上半身裸、それにサンダル履きでロールスロイスを運転して現れた」そうです。http://www.oricon.co.jp/news/2042000/full/ (8/10-02:17) No.7365
Hansa > いつも裸ってわけではないでしょうが、、そのイメージが強いですね。でも素顔のジムは読書好きで物静かだそうです。良く見るとドラマーのスコット・アシュトンの右腕に★の刺青がありますね。なんかイギーファンサイトっぽくなってきたのでここらでやめておきます。。 (8/10-05:34) No.7366
小嶋保 > イギーが読書家というのはアルバム「American Caesar」の「Louie Louie」で「but i 'm as bent as dostoevsky(でも俺は屈折してる、ドストエフスキーと同じくらい)」を見て分かっていました。私もドストエフスキー好きで、この曲をはじめて聴いたときはニヤッとしました。ストゥージズの頃のイギーにはあまり興味はなく、「Blah Blah Blah」や「American Caesar」が一番好きです。ステージパフォーマンスやビジュアルより詩の内容が好きなんです。>「物静かだそうです」は分かる気がします。忌野清志郎も普段は無口だったみたいですね。 (8/10-14:36) No.7368


イギーコンフィデンシャル感想 投稿者: 投稿日:2016/08/08(Mon) 02:40 No.7348 
Hansaさん アップありがとうございます。聴きました。イギー&ボウイで一番聴きたかったのは、

イギーがボウイに会わなくなった理由です。イギーがボウイと最後に話したのはボウイから

「BLACKSTAR」に参加してほしいというものだったと思いますが、イギーは断っています。

イギーはボウイの死が迫っており「BLACKSTAR」が遺作になるという事が分かっていても会おうとしなかった。

イギーが何故かたくなまでにボウイに会おうとしなかったのか、そこが知りたかったんですが、

しかしそのようなデリケートな話しはするわけも無いわけで。

イギーはこの番組中ボウイを呼びなれたファーストネームの「デビット」と呼ばず、

「デビットボウイ」と距離を置いた呼び方をしていました。

エピソードも当たり障りの無いがそこそこリスナーを喜ばせるもの。

しかし曲を聴きながら、イギーのボウイに対する思いは曲の順番と詩の内容に現れている気がしてきました。


「Where We Are Now?」の「We」は「イギー&ボウイ」のこと。

ボウイとっては思い出深いドイツを思い出しながら、今は会えないでいるイギーを念頭に作られた曲なんではないのかなと

思いました。

その次の曲が「I Can't Give Everything Away」。


また番組最後の曲が尊厳な「死」をイメージさせる「Warszawa」ですが、

そのひとつ前の曲がアルバム「BLACKSTAR」の「Dollar Days」です。

この曲の詩で「Don’t believe for just one second I’m forgetting you

愛する人たちのことを忘れてしまうなんて信じたくない」

解説として「"you"は誰を差すのかですが、ひとつの考えとしては、

「私」が心の奥で真に想っているだたひとりの愛する人。イギリスにいて、会いたくても会えないし、

会いにいったところで、決して結ばれる運命にない人。」(elmoさんの「勝手に解釈」から)。

イギーは「Warszawa」が葬儀の曲でその前の曲「Dollar Days」の詩のメッセージを借り、

ボウイに最後のメッセージ、一種の弔辞を送った気がします。






「会いたくても会えないし、
会いにいったところで、決して結ばれる運命にないデビットよ。忘れてしまうなんて信じたくない」

Hansa > 「★」への参加要請のエピソードは初めて聞きます。ちょっと信じられないのですが。。昔仲の良かった二人でも、それぞれが家庭を持ったり子供が生まれたりと人生の転機を経験して行くうちに、少しずつ距離が離れてしまうことはよくあることかなと思います。イギーさんマイアミに引っ越した頃から疎遠気味だったんじゃないでしょうか。何年か前のインタビューで、一度電話でお互い話したけど、たわいもない日常のこと、家庭や子供のこととかを話したと書いてあったと思います。ボウイさんはリアリティーツアー以来家庭を重視したいわば隠遁生活を送っていましたからね。イギーさんの本当の心は流石にラジオで語ることはないでしょうね。 (8/8-09:31) No.7350
小嶋保 > Hansaさんへ > 「★」への参加要請のエピソードは初めて聞きます。ちょっと信じられないのですが。  Hansa さんに指摘されると違っていたのかもしれません。大変申し訳ありませんでした。ただ、長年2人は疎遠であったことに間違いはないので、すみません。 (8/8-15:10) No.7354


イギーコンフィデンシャル 投稿者:Hansa 投稿日:2016/08/05(Fri) 09:45 No.7338 
http://nme-jp.com/news/24147/

みなさん多分チェック済みかもしれませんが、イギーのボウイ追悼のBBCラジオ番組をあと23日間聴くことが可能です。

思いっきりブロークンなイギーの語りが入った2時間、有名すぎず思い出の曲を選んだそうです。
けっこうツボにはまる26曲。

ボウイさんや周りのミュージシャン(ガーソン、ヴィスコンティ、デイビス、アロマーなど)への愛やリスペクトがたっぷり感じられます。
「ボウイは他人の仕事(作品)を認めて評価できる人だった。」という言葉が印象に残りました。

イギーさんも69歳になりましたね。長く活躍し続けて欲しいです。

seven > 今聴いてます。ボウイの儚げな、だけど力強い声、素敵です。 (8/6-21:00) No.7339
ブラック ブック > あの三人(ルー、ボウイ、イギー)唯一、現役バリバリ。嬉しい限りです。選曲もジーンジニーが入ってない事やイギーの影響を受けていない曲が、占めている感じです。  (8/7-09:22) No.7341
Hansa > 「思い出」と「コンフィデンシャルー機密の」が選曲の基準ということで、やっぱり70年代の曲が多いですね。「スケアリー・モンスターズ」はステステと同時期に既に作られていて、当時聴かされたことがあったよ、とのこと。「イギーは人間じゃなくてイギーという名の新種生物」だと思ってますから、まだまだガンガンステージで暴れまくって欲しいものです。 (8/7-16:08) No.7342
Hansa > 余談ですが、私の義弟が高校生の頃、イギーにトイレで遭遇し「I love you, baby!」とガシッとハグされたそう。中年のおじさんになった今でも、そのことを興奮気味に「すごかったー」と話してくれます。。 (8/7-16:32) No.7344
> Hansa さんへ 義弟イギートイレハグの件面白かったです。できれば詳細をお教えください。お願いいたします。 (8/8-03:52) No.7349
Hansa > イギーと同じロックフェスに出演していた兄に会いに楽屋を訪ねて行った時のことです。義弟はボノにちょっと似た純朴そうな少年だったと思います。 (8/14-18:29) No.7384
小嶋保 > Hansaさんへ ご返信ありがとうございます。 明日は日本での終戦記念日です。 平和への祈りを込めて 記念にアップ「デヴィッド・ボウイと舞う折鶴 ★ このボウイの折鶴に込められた表現を想う 」http://claranomor.exblog.jp/21388650/ (8/14-22:51) No.7385


1000人,デボウイRebel Rebelカヴァー映像 投稿者: 投稿日:2016/08/03(Wed) 03:36 No.7335 
皆様はすでにお読みになられていると思いますが、また少し感動したので記念にアップします。



記事はhttp://nme-jp.com/news/24067/

youtube https://www.youtube.com/watch?v=VFdG3htWJmA



ブラックブック > 感動しました。レベル2での追悼が多いですね、絶え間なく続いて欲しい! (8/3-19:34) No.7336
小嶋保 > ブラックブックさん。 返信ありがとうございます。1000人の追悼の気持ちが伝わり少し涙が出ました(年かなー)。「Rebel Rebel」は余り好きな曲ではなかったんですが、今回のアレンジで好きになりました。曲中のスキャット「Doo doo doo-doo doo doo doo doo」はボウイ・プロデュースのルー・リード「walk on wild side 」ぽいし。「Rebel Rebel」がこんなに合唱に向いているなんて、意外でした。 なお、ルー・リードでの面白い記事があったので記念にアップ。http://stsummersky.blogspot.jp/2015/02/walk-on-wild-side-lou-reed.html (8/5-02:00) No.7337


ミュージカル「ラザルス」ロンドン 投稿者:Hansa 投稿日:2016/08/03(Wed) 02:55 No.7334 
https://lazarusmusical.com

休暇から戻ったらロンドン公演のお知らせのメールが届いていました。
10月25日から1月22日までの長期公演で、毎週8公演もあるのでチケットもまだまだ沢山あります。
値段は良い席から順に75、55、35、15ポンドで、結構リーズナブルです。




エレファントマン 投稿者:seven 投稿日:2016/07/31(Sun) 12:18 No.7331  HomePage
ボウイのエレファントマンの映像です。
貴重なはず。ごらんになって下さいね。https://youtu.be/cPithDmHrd0

UNNPA > sevenさん、ありがとうございます。私にとってエレファントマンは大好きな映画の一つです。それをボウイが演じると知った時はとても見たかったです。でも現実は写真でしか見る事が出来ませんでした。なのでとっても感動です!何かの記事で左右違った動きをするのがとても難しく、かなり体に負担がかかると言っていたのを思い出して見ました。 (8/7-01:34) No.7340
seven > UNNPAさんレス遅くなってすみません。僕もエレファントマンは大好きでボウイのエレファントマンの映像を観た時エキサイトしました。探すともっと出てくるんじゃないかな。確かに左右違う動きですよね。ボウイは役者としても1流だと思います。 (8/16-18:17) No.7390


ボウイ様、孫誕生! 投稿者:世界に売られた男 投稿日:2016/07/30(Sat) 11:01 No.7327 
既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、ダンカン・ジョーンズの子供が生まれたみたいですね。誕生日は7月10日ですかぁ〜。

https://twitter.com/ManMadeMoon/status/759171744590553088

めでたい!おめでとうございます!

seven > 僕も知ってました。おめでとうございます!! (7/30-11:57) No.7328
小嶋保 > >世界に売られた男さんへ 貴重な情報ありがとうございます。男の子みたいですね。ボウイ似になるんでしょうか?楽しみですね。 (7/31-04:10) No.7330
ブラックブック > 奇しくも、亡くなって半年後の10日って…ミュージシャンに成って欲しい。 (7/31-21:06) No.7332
ぼう > おじいさんにそっくりな美男子が我々の前に現れるかもと思うとワクワクしますが、果たしてそれを見届けることが出来るかどうか微妙… (8/1-01:54) No.7333


『Who can I be now?』 投稿者:ボロミンクン 投稿日:2016/07/29(Fri) 08:39 No.7326 
みなさんすでにご存じかと思いますが、ボウイさんの
Five Years(1969~1973)に続くボックスセット

Who can I be now?(1974~1976)

が9月にリリースされます。

目玉は、お蔵入りアルバム「The Gouster」
の初リリースでしょうか?

たのしみです♪♪


http://amass.jp/75785/


seven > サイトのトップページもリニューアルされてましたね。期待大です♪後ライブお疲れ様でした♪ (7/30-12:01) No.7329


ブリングミーディスコキング 投稿者:seven 投稿日:2016/07/20(Wed) 11:25 No.7323  HomePage
今日マイク・ガーソンのサイトでボウイがブリングミーディスコキングを歌っているヴィデオを観ました。

リアリティツアーの衣装、白いギブソンも置いてありました。

僕はブリングミーディスコキングを聴くといつも思います。

アルヴァム、リアリティはボウイの本質的な最後のアルヴァムだと。

ネクストデー、★がボウイの生まれ変わるための、あるいは開放の、復活の約束事についてソングライティングされたアルヴァムなら70年代の追憶で終わるブリングミーディスコキングで終わるボウイのリアリティはボウイの音楽への決別ーーそれが70年代の追憶と言うオリジナルの鍵で閉じられたボウイの活動のピリオドとして作られたんじゃないかなと思います。ボウイがリアリティツアーが終わった後イマンとアレキサンドリアと家族の生活を営むと言うインタビューを聞いてそれが確信めいたものになりました。

ネクストデー、★は排他主義の岐路に立つこの地球にまだ生きている善意への遺言であるように。

ボウイは小嶋さんが書かれているようにヒロシマやヒーローズのドイツ語訳でのメッセージのように絶えず伝言を伝えて来ました。まだ音楽が世界を変えることができるかもしれないと言うイデアを信じて。

この時代、自分の感傷だけでなく、何かを、誰かに伝えると言う事を意識しなくてはならないのでないかと思います。

「それが私の送り続けた伝言だ」のように。

マイク・ガーソンとのブリングミーディスコキングのリンク載せておきます。

ボウイは幾度なく自分の活動にピリオドを打とうとしてました。

その最後の曲に。

http://mikegarson.com/bowie_discoking09082003.html


ライブ告知A 投稿者:ボロミンクン 投稿日:2016/07/16(Sat) 00:16 No.7302 

皆さま お世話様です。

「シャンソン カンツォーネの祭典 Vol27」の開催が近づいてきました。皆さまふるってお越しください!

今回のコンサートを主催するライブハウスのリンク載せておきます。    

         ↓
http://www17.plala.or.jp/takutaka/link3.htm

カンツォーネ ピウ

seven > ボロミンクンさん僕は京都なのでいけませんが成功を願ってます。頑張って下さいね。 (7/18-02:26) No.7314
ボロミンクン > sevenさん<ありがとうございます。頑張ります〜〜〜〜 (7/18-21:39) No.7316



- PetitBoard Antispam Version -