BBS and GUESTBOOK 発言201〜312番

Elmo's Memo
最近のBOWIEのことを悪く書く雑誌や風潮に嫌気がさしてた私にとって、同じように今のボウイの凄さ、良さをわかってくれるファンの人がいっぱいいるのがわかりとても喜ぶ。また、若いファンの人が増えてるのも嬉しい。やっぱりボウイって凄い。
"DAVID BOWIE"の発音は海外では日本人がふつうに言っても伝わりづらいので、「だあ〜うぃ・ばおうい〜」くらいに言いましょう。


Q. 私はアンジーしか知りません。イマンってどういう人?
A. イマンは黒人の元モデル(それも元祖スーパーモデルというべき存在)で今はボウイ夫人兼イマンブランドの化粧品会社を経営(というのかコンサルティングというのか)をやっています。

イマンの化粧品を使った事ありますか?私は今使ってますけど結構いい色です。
ここのトップにある写真の化粧品はイマンのです。

Q. ボウイの左腕にはまってるバングルは、2連でつながってるのか、1個ずつ独立してるのか教えて欲しいのです。
A. それってアンジーと結婚した時に、エンゲージリングの代わりに二人でしてたもののことですか?それなら二つ別々ですよ。でもデザインまではわかりませんでした。服とかに隠れてて・・・。なんかちょっと模様が入ってたような。
ちなみにその腕輪はツアー中にファンにもみくちゃにされた時、取られちゃったから途中から別のをしてたそうです。

Q. アンジーの暴露本って日本で買えるんですか?ちょっと読んでみたいので。
A. アンジー本は日本タイトル「哀しみのアンジ−」です。ドきついピンク色のカバーです。私はよくタワレコで見かけますのでタワレコでなら見つかると思います。

Q. 「アースリング」のレコード(アナログLP盤)っていうのは無いんですか? 
A. 「アースリング」のレコードもありますよ。西新宿のビニール3には売ってました。

Q. ベルベットゴールドマインのストーリーブックを読みました。で、気になるのが、ビデオ化なんですが何か情報はありますか?
A. 「ベルベット・ゴールドマイン」のビデオ化の話はまだ劇場で大ヒット公開中なので、具体的には聞いていませんが、ご心配なさらなくても、ビデオには必ずなると思います。ビデオ化情報が出たらまたお知らせします。


「BOWIE FANになった時期・きっかけ」〜「BOWIE バッシングと戦う」編
私は、中学のときにブラックタイを聴いてロックに目覚め、いまは、高校生です。このなかにも、高校生のかたは、いませんか?
Bowie(や音楽・ロックにはまる時期)というのは、やはり中学、高校時代が多いのでしょうか?でも、中学・高校時代は私の周りにはボウイのファンの子なんていなかった・・・(--;;)でもだんだん(高校2、3年にかけて)、洋楽にはまってくれる子も出てきて、一緒に雑誌とか買って盛り上げったけれど(イギーのファンに友だちもできたし)。大学時代になるとさすがに「ボウイはいいね、好きだよ」言ってくれる人が増えました。でも結構意外だったのが、会社に入ってから「デヴィッド・ボウイが大好き」というと「若いのに渋いね〜」とか「古いね〜、私の青春時代だ」というおじさまが多いことでした。でも、今ではスーツ着て普通に働いてる方にもボウイはヒーローだったんだあと思うとなんかとても嬉しいのでした。
そんな私も実を言うと高校生なんですよ。元から洋楽好きだったんですが、私とボウイさんとの徹底的な出会いは一昨年程前で、テレビで「地球に落ちてきた男」をやった時だと思います。「デヴィッド・ボウイってこんなに美しかったんだー。」って印象で。その後なんかテレビで70年代名盤特集みたいを見てたら、ZIGGY STARDUSTがもちろん入ってまして、今でもはっきり思い出せますよー。(そんな昔じゃないし・・。)スターマンが流れてて、でも映像はJohn, I'm Only Dancingだったんですよねー。で、「絶対明日買ってこよ」とか思って次の日即行CDかってきたんです。で、修学旅行カナダだったんですが、(ちなみにうちの学校は高2の時行くんです)その間ずーっと聞いてました。でもホームステイの人に「音楽何が好き?」ってきかれて、「David Bowie」っていったら知らなかった。私の発音がダメだったのかしら・・・。いやそんなはずは・・・。
私もボウイ歴、短いです。EARTHLINGがでてしばらくしてからなんです。ちょうどEARTHLINGがでた時にブラジルにいて、MTVでLITTLE WONDERを聞いてからです。おもしろかったのが、先日ボウイ写真集(大分前に出たやつ)を購入して眺めていたら母親に「私もファンだった」と言われてびっくりしました。血は争えないってことかしら???
アースリングからBOWIE道へ入る方がいらっしゃるのなら50歳ライブで言ったBOWIEの「最近僕の音楽を聴きはじめた皆さん」という台詞も納得できます。リトル・ワンダーのクリップは前作アウトサイドより門戸が広い感は確かにありますね。ジャングルへの傾倒が功を奏したということで、新たなファン層を築こうとしたBOWIEの計算通りですね(すごいや)。人に自分がBOWIEファンであると公言したときの反応は様々ですが、僕も以前はやれ変わり者だのゲイだの言われて困りましたが、最近はそういった反発は無く胸を張って「ボウイー最高!!」と言っております。suziさんと似たような経験での英語の先生(アメリカ人)に好きなアーティストを聞かれ「DAVID BOWIE」と言ってもしばらく解かって貰えなかった事があります、発音が難しいみたいです。
ファンになるきっかけって様々ですよね。でも、いろんなパターンでいろんな世代にファンを作ってしまうBOWIEってやっぱり凄すぎます。それだけはまりやすいというか引き込まれる魅力があるのですよね。雑誌とかに今のボウイはダメなんて書く人、残念だけど少なくないですよね。確かに好き嫌いはあって当然なのだけど、ダメとか良くないとかと書いてしまうのが理解できない・・。そんな風に書く人の中でリアルタイムにジギーを知ってる人なんてほとんどいないのに・・。今のボウイをリアルに感じとれない人にジギーやホワイトデュークの何が分かるんだだろうと思うことってよくあります・・。
Bowieなんてロウ(ヒーローズ?)を出した後に死んでしまえばよかったんだ、なんて暴言を吐いたミュージシャンもいたようですが、私は、以降のBowieの曲の中にも好きな曲はたくさんあります。やはり他を圧して才能のある人であることは間違いないと思います。
つい最近までアースリング最高!と思ってたし、モダン・ラブとか好きですぞ。前雑誌で、<嫌いな70年代のアーティストは?>っていうのがありまして、誰かが「デビッド・ボウイ。嘘っぽいから。」と書いてました。でも、その嘘っぽさが好きだったり、やっぱ好みの問題だと思います。だから別に嫌いなのは嫌いでいいけど、何がダメとかはないですよねー。
「BOWIEなんてヒーローズの後に死んでしまえ」とお馬鹿な発言をしたミュージシャンの事について一言・・・その後のBOWIEがいなければ今この時間僕はこのBBSに居る事はないということです。ラビリン組を舐めちゃいけません!!
ボウイのあの年代が好き、嫌いっていうのはあくまで自分の好みであってボウイが自分の好みに合わない作品を作るとすぐ「終わったな」なんて言う人は許せませんね。特に雑誌なんかでボウイの事ボロクソに書きながら新作が出たり来日したりするたびにまた聴いて(観て)、それでまた文句書く人、そんなにいやならもう聴かなきゃいいのにって思ってしまいます。愛情の裏返しという事もあるんでしょうけど・・・文句を言いながらもやっぱり抜けられない魔力がボウイにはあるという事も言えるかな?私も一番好きなのはやっぱり70年代のボウイですが、今の現在進行形のボウイが輝いているからこそ余計に過去も魅力的に見えるんだと思います。暴言を吐いたロバ・スミくんも「やっぱりボウイは偉大だ」って前言撤回してましたよね(^^)


お客さまの記録 〜Welcom and Thanks〜 
MAKAさん、はらぴんくさん、まろぴんさん、SYNNさん、岡野充良さん、えみゅさん