BBS and GUESTBOOK 発言425〜543番

Elmo's Memo
ブリット・アワードで見たボウイは本当に格好良かった(*^^*)
ボウイの髪はさらさらヘアーがよいな(^▽^)。

Q. LITTLE TOY SOLDER」に入っている(私の買ったのは「ULTRA RARE TRAX VOL.1」の方ですが・・・)「RIGHT ON MOTHER」について教えてください。大好きなんだけど、いつの誰の曲で・・・等なにもわかりません。
また「1980FloorShow」にでてくるワイルドシング歌ってる人たちは誰ですか?
A. "Right On Mother"もボウイのオリジナル曲だと思います。正式なオフィシャルリリースはされてなく、初期のものなので、あまり知られてませんが。1970年の録音・・!?こちらを参照してください。(この曲ですよね)

この曲はもともとボウイがピーター・ヌーン(元ハーマンズ・ハーミッツ)に提供した曲で、彼のソロ・シングル「ウォルナット・ホイール」のB面に収録されました(1971年)。海賊盤に収録されているのは、そのときのための、ボウイによるデモ・ヴァージョン。また、同年、「ウォルナット・ホイール」に先駆けてピーター・ヌーンは「オー・ユー・プリティ・シングス」をA面としたシングルもリリースしており、そのヴァージョンではボウイのピアノも聴くことができます。このシングルのヒットにより、ボウイとRCAの契約がスムーズに結べ、『ハンキー・ドリー』制作につながったといわれています。
『フロア・ショウ』に出演しているのはトロッグスです。

補足しましょう。69年ボウイはハーマンズ・ハーミッツとトロッグスとのパッケージ・ツアー(一組30分くらいのショーの合体)を経験しています。ボウイはやっと初ヒット「オディティ」を出した直後でしたが、前2組はこの時点でもはやナツメロのポップス・バンドでした。 ハーミッツはこの後解散し、その歌手ピーター・ヌーンのソロ・デビューとなったのがボウイ作品「ユー・プリティ・シング」なのです(これはハーミッツの日本盤CD「ホールド・オン」か、英盤「EMIイヤーズVol.2」で入手可能)。 一方トロッグスの方は「ワイルド・シング」1曲でその名を残すバンドですが、この曲はジミ・ヘンのカヴァーで有名です。「フロア・ショー」自体がナツメロ・アルバム「ピンナップス」のお披露目を目的としていたため、ナツメロ・バンドのトロッグスを引っ張ってきたようです。マリアンヌ・フェイスフルも同様です。あと「ソロウ」に登場するのはロキシーのセカンドを飾ったアマンダ・レアです。この女は画家ダリのモデルでして、のちにディスコ・ヒットを放ちます。

Q. 突然ですが、「戦場のメリークリスマス」の舞台になったラロトンガ島に一度行ってみたいと思っているのですが、その島ってどこにあるか知っている方はいらっしゃいますか?
A. ラロトンガはクック諸島にある島ですね。タヒチやトンガの近くです。日本からの直行便はなく、大抵ニュージーランドから乗り継いで行くようです。(あとはハワイなどからも行けるみたい)でも、ニュージーランドからもちょっと遠いみたいですね・・。

Q. 『OUTSIDE』のビジュアル・デザイン(CDの歌詞カードのデザインなど)は誰がやっているんですか?
A. "Outside"のグラフィックはボウイのデザインだと認識してますが・・・。自分でキャラのコスプレして写真にとり、それをまたCGにしたんだと思います。

Q. Vevet Undergroundのボックス・セットってどんなのなんでしょう?
A. CD5枚入ってまして、おそらくそれまではブートとしてしか手に入らなかった音源も入れてあるという代物です。たぶんライブ版とかをのぞくとVUってオフィシャルではCDを4枚しか活動当時は出してなかったようなことが書いてあったんですが(不確か)それが5枚になってボックスセットでVUファンに応えてるというもの。でも一枚一枚のジャケットがちょっと、あれえ???という感じなので、今まで出てるジャケット目当てだったらやめた方がいいし、でもバナナは今普通に買ったらむけないけど、ボックスセットのボックスは当時のバナナを忠実に再現してあって、ちゃんとむけるようになってるんです。たぶんそれが一番の売りじゃないかな。私もそれに一番ひかれたし。それにライナーノーツは日本版を買うと、日本人が書いたノーツもあるのでより詳しくて、それにわざわざ英文ライナーを訳して読む必要もないし、いいのでは???

VUボックスは結構お買い得な一品だと思います。未発表音源がルーリードのソロ曲も含んでおり、たっぷり入ってますしネ♪でも、シールはもったいなくって剥がしてません(苦笑)赤バナナがでてくるんですよね?確か・・・・。

バナナはむいても大丈夫!!私も最初は「ああー、もったいなくてむけない!!」とか思ってましたが、やはり誘惑に負けてちょっとだけね、とぺりぺり・・・・・でも、あれって別にいわゆるシールじゃなくて、なんだろう???とにかく普通に元に戻るんです。私もこれにはかなり驚いたのと同時に感動さえしました。みんなもってたらゆっくりとむいてみましょう。

Q. ニュージーランドのコンサートの申し込みってどうすればいいんですか?Gisborne 2000のページにいってみたんですけど、英語がわからないので、何が書いてあるのかも、いくらするのかもよくわかりませんでした。
A. Gisborne2000のページって本当にわかりずらいですよね。
メールでGisborne2000のHPに問い合わせをしていたところ、パンフレット一式が届きました。このパンフレットに書いてあるツアー代金は、1999ドル、899ドル、799ドル、699ドル(すべてアメリカドル。値段は座席の良し悪しで変わっています。)です。興味のある方は、Gisborne2000の資料請求(というか問い合わせ)してみてはいかがでしょうか。


 

「YOUNG AMERICANSが好きだあ」〜「BOWIE+PLACEBO共演!」編
RCA盤はアルバムによっては再発盤とMIXが全然違うのですが、「YOUNG AMERICANS」はRCA盤と再発盤の違いが最も顕著なのです。まず、再発盤の方は2曲目以降のピッチが遅いのです。特に4曲目の「RIGHT」という曲がイチバン確認しやすいです。さらに、この曲イントロをよ〜く聞き比べると再発盤の方は音の分離が悪いのがおわかりになるのでは。特にDAVID SANBORNのSAXの息づかいとかがRCA盤の方がはるかにクリア。再発盤は1本のマイクに集まって録音している感じだけどRCA盤はちゃんと離れた場所に立って録音しているって感じがするはず。マニアックではありますが是非ご一聴を。
早速、今"Young Americans"を聴き比べています。ほんとだあ!"Right"はすぐわかりました。RCA盤のほうが、左右のスピーカーでの音の流れが良いですね。
"Young Americans"って良いですよねえええ(*T0T*)))しみじみ〜。ボウイのヴォーカル炸裂って感じで。きなり聴くにはとっつきにくいアルバムかもしれませんが<BR>Bowieにはまってる人にはたまらないアルバムだと思います。私も若い頃はいまひとつピンと来なかったのですが、ある日突然、異常にはまる時がやってくるアルバム・・・。
「Young Americans」好きです!寝る前によく聴きますね〜。確かに聴けば聴くほどはまるアルバムかも。(ボウイのアルバムは<BR>ほとんどそうとも言える・・。
RCA盤と再発盤がそんなに違うなんてびっくりです。聴き比べたいけど、再発前のはレコードでしか持ってないのでした。
ヤングアメリカンズ!実は、最近今まで以上に良く聞いています。と、言いますのは、実は今年に入ってからサックスをはじめまして、まだ、全然吹けませんが「サックスの音を聞く」というので、「ヤングアメリカン」を、良く聞いています。当然、車の中・寝る前・家へ帰ってきてからと、ずーっと、聞きっぱなし!
で、ぼくも思っていたのですが、再発売のCDは、2曲目からやったら、エコーがかかったようになっていると思いませんか?ぼくも、それ以前はレコードしか持っていないのですがそれは、はっきりわかりますね!そうそう!僕が買った「ヤングアメリカン」は<BR>「Fame90」と抱き合わせケースに入って売ってました。で、それをGETしたわけです!
私もヤンアメ大好きです。冬はヤンアメばっかり聴いています。なんか体があったまるものですから。私もヤンアメCDはRVC・RYKO・東芝EMIの3枚もってますけど聴くのはいつもRVC盤です。ただ、ヤンアメのイントロ部が少しカットされているような気がしてちょっと残念ですけど。RYKO盤は、FAME90が抱き合わせだったので泣く泣く買いました。ホントはFAME90だけ欲しかったのにぃ。
ヤングアメリカンズ」を聴いている人(好きな人)がたくさんいてうれしいです。このアルバムは今聴いてもめっちゃカッコイイもんね。なんたってSANBORNのSAXですよ。歌うSAXですから!「ヤンアメ」が気に入った人は是非、デビッド・サンボーンのCDも聴いてみてください。オススメは「CHANGE OF HEART」「CLOSE UP」「UPFRONT」あたり。ちょーファンキィでカッコイイっす。ちなみにBOWIEのライブアルバム「DAVID LIVE」でSAXを吹いているのもデビッド・サンボーンです。(この時期のサンボーン参加のライブのBOOTもいくつか出ています)
ところで確かにオリジナルのCDは1曲目のイントロが切れていますよね。
サ、サ、サンボーン!私も一頃サンボーン好きだったのだ。ボウイ・バンド直後に録音されたサンボーンのファースト(飛行機のジャケ)に入ってる「ジョージアから遠く離れて」は涙なしに聴けない名演。「恋のささやき」にも似たあまーいブロウが私の心を締め付ける、のだ。それとそのまた直後のブレッカー兄弟のファーストもカッコイイんだよね。ところでRCAのCDってそんなに違うのですか?アナログとも違うんですかね?「ファシネイション」なんかは確かにライコではエコー・ミックスされてますけど。
日本盤・US盤のCDのNO.が同じなのでマスターは2種類かもしれないのです。ELMOさまのCDでは1曲目のイントロが切れていなかったそうなので、マスター2種類説が最有力なのでは。
ボウイ+プラシーボのブリット・アウォードちょっとだけ映像が見れるようになってますよ!みなさんもう見ましたか??
Brit Awardsの映像見ました!Teenage Wildlifeってば!!!写真まであんなにいっぱい!さっそく壁紙にしました。はやくBSでやってくれないかな。ビデオにとって永久保存版にするのに〜!
見ましたよーブリット・アウォードの映像!!!あまりにもかっこいいんでプリントアウトしてちょっとした友達にみしたんですよー、「52には見えないよねー。」って話してたら1人が「整形じゃん?」って言ってました。 ちょっとそんな可能性もあると思いませんか???まだ動いてるボウイを見ないことには何もいえないけど、2つに意見が分かれますね。 1,本当に整形。2,本当に宇宙人。
Teenage〜にも「この男は本当に52か?」って書いてありますね。 (受けちゃいました(^o^))1はないと思います。昔の写真もあの顔立ち。2はあるかもしれない・・・。(笑)。
正解は、2の「本当に宇宙人」、じゃないですか?(爆爆爆)ブリット・アウォード、リアルプレイヤーでフルパフォーマンスが見られるようになってましたよ!美少年と美中年(失礼)の共演、かっくいい!
ブリアワの画像ボウイさん、ちょっと太られたように見えるのですが・・・。気のせいかな!?
私もTeenage Wildlifeからさかのぼって映像をチェックしました。うー、こちらのサイトのおかげです。本当に見られるなんて、嬉しいよー!やっぱり大物と並ぶと、Placeboは可愛くみえちゃいますね(^-^;;;)とにかく興奮しました、今日は!
今TWに行ってBritの写真をちょっと見ました!何かますます若返ったような。3日ぶりに見るDAVIDはまた一段と素敵です。ハートマーク×∞


お客さまの記録 〜Welcom and Thanks〜 
おささん、SHIRO AKIRAさん、ゆかさん、schneiderさん、けいさん、kiさん