クリックすると、収録曲、ジャケットが見られます。
まだ、未聴のものがあれば、ご参考にして下さい。

デラム(ポリドール)より
1967デヴィッド・ボウイ
DAVID BOWIE
「デヴィッド・ボウイ」としてのデビュー盤。最近「デラムアンソロジー」というCDが出ましたけど、 この頃(スペイス・オディティ以前)の収録作品は今までもちょこちょこ出ている。



東芝EMIより(輸入盤はRYKO・発売当初はRCA盤)
1969スペイス・オディティ
SPACE ODDITY
スターとしての第一歩、実質的な!?デビュー盤といったところ。
1971世界を売った男
THE MAN WHO SOLD THE WORLD
ドレス姿のジャケットの復活が何より嬉しい。
1971ハンキー・ドリー
HUNKY DORY
ジギー・スターダストの影に隠れてしまいそうだけど
‘CHANGES’‘LIFE ON MARS?’‘ANDY WORHOL’‘QUEEN BITCH’等名曲が多い。
1972ジギー・スターダスト
The Rise and Fall of ZIGGY STARDUST
and The Spiders From Mars
言わずと知れた名盤。ジャケット撮影場所はロンドンのHEDDON STREET。
1973アラディン・セイン
ALADDIN SANE
アメリカ版ZIGGYといったところ。マイク・ガースンのピアノが美しい。
1971ピンナップス
PIN UPS
全曲カヴァー曲。ジャケットに一緒に写っているのはミニスカの女王、モデルのツィギー。
1974ダイヤモンドの犬
DIAMOND DOGS
ジョージ・オーウェルの小説「1984年」をモチーフにしている。
1974デビッド・ボウイ・ライヴ
DAVID LIVE
ZIGGYが墓場から出てきた様なジャケットで、大嫌いなアルバムだ、と以前ご本人は言ってました。(今はどう思ってるんだろう)
1975ヤング・アメリカン
YOUNG AMERICANS
原題はヤング・アメリカン、邦題はヤング・アメリカン_(^^;)
1976ステイション・トウ・ステイション
STATION TO STATION
ヨーロッパ回帰第1弾。でも録音はアメリカ・ハリウッド。
1977ロウ
LOW
ENOと組んだベルリン時代の第一作。
1977ヒーローズ
“HEROES”
ジャケット写真は日本人カメラマン鋤田正義さんによるもの。
1978ステージ
STAGE
曲順はライヴの演奏通り通りではなく、アルバム用に変えられている。
1979ロジャー
LODGER
「間借人」というサブタイトルがRCA盤の時ついてましたが、ちゃんと ジャケットの裏に日本語プレスされてます。
1980スケアリー・モンスターズ
SCARY MONSTERS
いきなり日本語朗読から入るので、ビックリするかも。でも、BOWIEの絶叫(!?)がかなりかっこいい。
1983ジギー・スターダスト・モーションピクチャー
ZIGGY STARDUST THE MOTION PICTURE
映画のサントラ盤。「もうこれで最後」という旨のセリフも収録されています。



ヴァージンより(発売当初は東芝EMI盤)
1983レッツ・ダンス
LET'S DANCE
世界中でBOWIEブームを起こした大ヒットアルバム。
賛否両論あるようだけど、この成功がなければ、 逆にそれまでの作品の評価を今ほど得られなかったのでは・・・。
1984トゥナイト
TONIGHT
大ブームの中、翌年すぐ出されたアルバム。BOWIEって割とコンスタントにアルバムを出し続ける人なんですよね。(大スターなのに)
1987ネヴァー・レット・ミー・ダウン
NEVER LET ME DOWN
日本盤ボーナストラックにガールズ日本語ヴァーションが収録されてる。(海外ではコレクターズ・アイテムなんじゃないかな)(*^^*;)



ヴァージンより(ティン・マシーン)(発売当初は東芝EMI盤)
1991ティン・マシーン
TIN MACHINE
vo.デヴィッド・ボウイ g.リーブス・ガブリエル b.トニー・セールス dr.ハント・セールス
最近たまに‘I CAN'T READ’をライヴで演ってたりする。

ビクターより(ティン・マシーン)
1992ティン・マシーンK
TIN MACHINEK
ティン・マシーン第二弾。(でも、第三弾は無い模様。)
1992ラジオ・セッション
RADIO SESSION
BBCのスタジオ・ライヴ4曲収録。
1992ティン・マシーン・ライヴ OY VEY,BABY
TIN MACHINE LIVE OY VEY, BABY
8曲収録のライヴ・アルバム。



BMGジャパンより
1993ブラック・タイ・ホワイト・
ノイズ
BLACK TIE WHITE NOISE
BMGへの移籍+ソロ復活第一弾。ギターにミック・ロンソン。
1995アウトサイド
1.OUTSIDE
何気にキャラクターを全て自分でコスプレ!?している姿に感動(*^^*)
‘HALLO SPACEBOY REMIX’やライヴ収録曲の入った<スペシャル・パッケージ>(2枚組)の2種類ある。
1996アースリング
EARTHLING
ドラムンベースをもとにつくられたアルバム。ツアーのノリをそのまま盛り込んだノリの良さがある一枚。



ヴァージンより
1999アワーズ
‘hours...'
「時間」と「私たち」の両方をかけたタイトル。ボウイの優しさが詰まっているしっとりとしたアルバム。

ISO(ソニー/コロンビア)より
2002ヒーザン
HEATHEN
"無感情人間"という意味合いのタイトルを通じて、人間性や未来を唄った完成度の高いアルバム。

RYKOベスト盤
1990チェンジス・ボウイ
CHANGESBOWIE
RYKOシリーズのCD発売に伴って出されたベスト盤。 国内盤は東芝EMIより
1991サウンド・アンド・ヴィジョン
SOUND+VISION
輸入盤のみBOXセット CD4枚(ASHES TO ASHESのCD VIDEO付)+ブックレット
限定盤で出され、最近は手に入りづらい・・・。
また、BOXではなく、JKLとバラ売り(?)もされました。
1993ザ・シングルス・コレクション
THE SINGLES COLLECTION
輸入盤には、RYKO盤の“THE SINGLES 1969 to 1993”とEMI盤の“THE SINGLES COLLECTION”2種類がある。ジャケットは同じだけど若干、曲数と収録曲に違いがある。



クラッシック系
1975ピーターと狼
PETER AND THE WOLF
ユージン・オーマン指揮、フィラデルフィア管弦楽団の演奏にボウイがナレーターを入れたもの。たまにBOWIEのコーナーにおいてあったりするけれど、見つからなかったらクラッシックの 管弦楽「プロコフィエフ」のところを探してみよう。
1996ロウ・シンフォニー
LOW SYMPHONY
フィリップ・グラス+ブライアン・イーノ+デヴィッド・ボウイ
BOWIEの曲をフィリップ・グラスが交響曲にしたもの。
1997ヒーローズ・シンフォニー
“HEROES” SYMPHONY
日本盤初回特典でボウイのヴォーカルの入ったエイフェックス・ツインREMIXがついてます。



その他、今、店頭で売られている日本盤CD
1997デラム・アンソロジー
1966〜68
THE DERAM ANTHOLOGY 1966-1968
ポリドールより。
デラム時代の音源を集めたもの。
1997ライヴ1972
DAVID BOWIE LIVE 1972
テイチクより。
ZIGGY時代のSANTA MONICAでのライヴ。モーション・ピクチャーと聴き比べてもいいかも。音も良くかっこいい!
1997ザ・ベスト・オブ・デビッド・ボウイ1969-1974
THE BEST OF DAVID BOWIE 1969/1974
東芝EMIより。
国内盤には、“SUFFRAGETTE CITY”の代わり(?)にCMに使われていた“LADY STARDUST”が収録されています。
1998ザ・ベスト・オブ・デビッド・ボウイ1974/1979
THE BEST OF DAVID BOWIE 1974/1979
東芝EMIより。
輸入盤のみBOXセット“SOUND+VISION”にしか入っていなかったB・スプリングスティーンのカヴァー“IT'S HARD TO BE A SAINT IN THE CITY”収録 。
1998レアエスト・ワン・ボウイ
RAREST ONE BOWIE
テオドール・ミュージックより。
70年代のレアな音源を集めたもの。
2000BBCセッションズ / BOWIE AT THE BBEB THE BEST OF THE BBC SESSIONS 1968-1972
東芝EMIより。
初回には3枚組みの限定盤も発売された。
2002ベスト・オブ・ボウイ / best of bowie
東芝EMIより。
世界各国収録曲が違い、23バージョン(実際はそれ以上)あるというおそるべきベスト盤。



曲使用の映画は、他にもあるかもしれません。(忘れて抜けてるのもあるかしら?)
もし、他にご存じのものがあったら、是非教えてくださいませ。m(_ _)m

戻る