前置き?がいろいろ長くてすみません。ここからがライヴレポートです。

ドイツに入ってから、天気があまりよくなく、ボンのライヴは屋外だったので、少々心配だったのですが、ライヴの時にはすっかり晴れていました。とはいえ、会場には大きく立派なテントが張ってあって、雨でも大丈夫そうでしたが。

オールスタンディングで、席は自由です。なるべく前で観ようと思っていたのですが、みんな背が高い!オランダ人も大きかったけど、ドイツ人も負けてないですね。ゲルマン系は背が高いのかな。180、190cm、中には2mくらいの人もざらにいます。なので前に行けば行くほど、人の背中しか見えなくなってしまうんですっ。かといって一番前までは入りこめない。少し離れたほうが見えやすかったので、前に行くのは諦めて、少し後ろへ。
だけれど、どうしても少しでも近くにいたいという気持ちもあって、だいたいステージから、50mくらいのところに落ち着きました。
それでも、背伸びをしてないと見えづらかったです。(私の身長は162cmですが、)海外でスタンディングはつらいなと痛感しました。
下が砂利だったので、少しでも見えるのようにと、砂利を足元に集めて台を作ってみたりもしてました(笑)ほんの気持ち程度、高くなりました(^^;;)


ショウのスタート時間は19時予定でしたが、30分ほど立って、やっとスタートしました。ボウイのライヴを観ることが一番の目的だったのですが、ここに来るまでにいろんなことがあったので(この日は旅行8日目)、とても長く感じましたし、実感が沸かなかったです。ずっと立ちっぱなしで待っていたし、疲れが出てきていたのですが、いざ、ボウイが登場し、ライヴが始まると、そんな思いや疲れは一気に吹っ飛びました。

ヘアスタイルは流れるストレートの金髪、白のシャツと黒のスーツ。今回もまた一段と麗しい・・。
Thin White Dukeを彷彿させるスタイル。ボンとミュンヘンの間にあったパリ公演では、また違った衣装だったし、ドイツということを、意識してたとも思うのですが。
ステージセットはバックに"BOWIE"と電光の文字があるだけのシンプルなもの。

一曲目は"Life On Mars"。99年のロンドン・アストリアでの大合唱を思い出しましたが、その時と大きく違ったのが、お客さんが歌わないということでした。 ロンドンだとその大合唱が、感動だったのだけれど、ドイツの人って歌わないんですよ(^^;)。
そもそもドイツ人は、私たちが想像してるより、英語が通じないんだと思います。 ドイツに来て、あまりに英語が通じないので、びっくりしましたし、苦労もしました。 オランダもベルギーも基本的に語学に達者な人が多いので、その点は大丈夫だったのですが、ドイツは英語で話し掛けても、解らない人が多かったです。意地悪で英語を話してくれないのではなくて、解らないのです。(でも、ドイツに行っているのだから、こちらがドイツ語を話すべきなのでしょうけれど・・。)
MCの時に、ボウイが普通に英語で話しているのを聞いて、「ああ、ドイツでも、ボウイは普通に英語で話すんだなあ」と思っていたら、思い出したようにボウイが 「ところで、みんな英語話すよね?」と確認してました。一応みんな「YEAH!」と答えていたけれど(本当かなあ・・笑)
2曲目の"Ashes to Ashes"で、泣くとは思っていなかったんですが、もうすでにここで涙が溢れてきてしまいました。心の底から「大好き!大好き!大好き!!!」と思ってました。 "Look Back In Anger" "Survive" "Breaking Glass"と怒涛のごとく続く曲の数々。

"Heathen Tour"なので、もちろんHeathenの曲も大切にしているようでした。 「次の曲は「スペイス・オディティ」とか「ジギー・スターダスト」とかじゃないからね。Heathenだよ、Heathen、いい?ニューアルバムHeathenからの曲。これから演奏するんだから。買わなくていいよ。」」なんて冗談も言ってました。 "Cactus"の紹介のとくにフランク・ブラックの素晴らしい曲と紹介すると、ピクシーズのファンらしき人が、ものすごく喜んでました。 "Slip AWay"、"5:15 The Angels Have Gone" 、"Heathen(The Rays)"などはライヴで生で聴くと、また絶品でした。 一部のラストが"Heathen(The Rays)"だったのですが、"Rebel Rebel"、"Heroes"と来た後での、締め。でも素晴らしかった。
ゲイルの肩にボウイがつかまり、誘導されるようにひっそりとステージを後にして、一旦終了。ゲイルは今では、本当にボウイのバンドの中で重要な人ですね。

ボン中央駅。ドイツ語だと、「セントラル・ステーション」が「ハウプトバンホフ」になるのですが、この一単語さえ、なかなか覚えられませんでした(^^;)

BOWIEの機材トラック。稲妻がかっこいい!!

ライヴ会場

チケット
ボンではこのちょっと立派なチケットに入り口で引き換えてくれました。
戻る 次へ