ボン公演もミュンヘン公演も、ネットを通じてドイツのプレイガイドから買ったのですが、ボンのチケットは早々に売り切れてしまい、なんとかホテル一泊付のものだったら買えたので、ホテルとセットで購入しました。 ノボテルです。世界的なチェーンホテルですし、駅からも会場からも近いだろうなんて 思って買ったのですが、これが、大違いでした!

ノボテル・ボンはちょっとボンの市内から離れたところにあり、ボン中央駅からはタクシーで20分くらいもかかりました。車じゃないと不便なところ。
12ユーロくらいタクシー代でかかるので、またコンサート会場に行って、戻って、翌日ボン駅まで行くと計、5、6千円もかかってしまいます。市内にそれくらいで泊まれるホテルはいくらでもあるでしょうに(涙)

なぜこんなに不便なのー!なんでこんなホテルとセットで売るんだー!と内心、部屋で怒っていましたしが、もう仕方がないし、ライヴはいよいよ今夜だし、気を取り直して、お化粧していざ、出発。朝、雨が降っていたのですが、部屋を出るときは空が明るくなっていたので、傘は置いていくことにしました。荷物になるし、今夜のライヴは雨にはならない!と信じて。

ホテルを出て、バス停に向かって歩いていると、(でもこのバス停までもちょっと遠くてよくわからない)雨がぽつぽつ、その5秒後くらいに、一気にざざーと、いえ、どどーというくらいの大雨に! すぐに戻って結局タクシーに乗ることにしました。

ボン市内まで20分くらいかかるので、いろいろ話をするうちに運転手さんと仲良くなりました。この運転手さんは、あまり上手ではなかったですが、英語を話してくれました。
「傘持ってないの?」と聞かれたので「持ってるけど、部屋に置いてきた」というと、笑われました。ドイツの天気は、晴れたと思ったら雨、雨だと思ったら、また晴れるんだよと教えてくれました。確かにもう青空が見えて、晴れています。
そのタクシー運転手さんはラヒムといって、アフガン出身ということでした。あのアフガニスタンです。アフガニスタンにはもう何にもないと言ってました。

ボン駅まで行った後、ボン市内観光を少しした後で、ミュージアム・マイル(ここがライヴ会場です)に行くと告げると、ミュージアム・マイルに行くんだったら、地下鉄を使うといいと教えてくれました。ボン中心地から歩くと20分くらいかかるそうな。(このときはまだ私は歩いて行くつもりだったのですが)。

ボン駅に近づいた頃、市内観光が終わったら、何時ごろ戻るか教えてくれたら、ミュージアム・マイルまで無料で連れていってあげるよ、と言われたので、4時に待ち合わせしました。別のお客さんが乗っていたのですが、同じ方向だからと、私が来るのを待っていてくれて、ミュージアム・マイルでおろしてくれました。(確かに歩いていくには遠かったです。)
30人くらいの人がすでに待っていました。リハの音が聞こえてきます。でも演奏だけで、ボウイの歌は無し。思ってたよりも会場は広そうだったので、まだもう少し後に来ても大丈夫かなと思って、周りをふらふら散策。

まず、カフェなどに入ってちょっとサパーでもと思っていたのですが、そのカフェが見当たらない。美術館になっているので、美術館に入って、そこのカフェにでもと思っていたのに、警備が厳戒になってて入れそうな雰囲気じゃない。どうしようかなとふらふらしてたら、心配してくれたのか、またラヒムが戻ってきました。
で、もう一回ボン市内まで戻って、軽く食事をすることに。チケットもボンに住んでる知人に渡すつもりだったのですが、都合が悪くなってしまい、一枚あまっていたので、ラヒムにあげました。それで、また18時半くらいにラヒムに会場まで送ってもらい、ライヴの帰りもボン市内を案内してもらい、ホテルまで送ってくれました。
不思議ですね、遠いホテルで不便だったのに、こんな親切な人に出会えるなんて。しかも、部屋を出るとき、ひどい雨に遭わなかったら、私はバスを使ってたでしょう。

次の日の朝も駅まで送ってくれるようにお願いしたのですが、(これはもちろんお仕事として)、用事があるそうで、来れるかどうかわからないということでした。でも、来れるようにするよ、と言って別れました。

翌朝、ラヒムのタクシーを探したのですが、ラヒムはいませんでした。他のタクシーに乗って帰ったのですが、少し悲しくて涙がぽろり。もう少し、きちんとお礼を言いたかったなと後悔する気持ちも・・。本当にどうもありがとう、ラヒム。

ボン大学 ボンは静かで落ち着いたいい町でした。

ボンから見たライン川
戻る