ベルギーはもともと行ってみたい国でした。だからベルギーには今回ではなく、別の機会にゆっくり行きたいと思っていました。
鈴木選手に会いたいから・・・という理由ではなくて(^^;)、ルネ・マグリットの故郷だからです。
出発当初、ドイツ入りするまでは、オランダ巡りをするつもりだったのですが、持っていたヨーロッパ・レイルウェイ・パスを有効使うには、もっと遠出をしたほうがよかったようで(アムスの鉄道窓口のおばちゃんに言われた・笑)急遽ブリュッセルまで行くことにしました。幸い、持っていたガイドブックもベネルクス(オランダ・ベルギー・ルクセンブルク)用だったので、ベルギーについても載っていました。(でもアムスからブリュッセルもそれほど遠くないのですが)

オランダ再南のローダを抜けて、ベルギーに入ってまもなく、今度はベルギー人の車掌さんたちがチケットチェックにやってきました。制服が違うのと、フランス語を話していたので、すぐにわかりました。でも、国境を越えても違いはこのくらいで特にパスポートチェックをすることもなく、ブリュッセルに到着。

ブリュッセルはあこがれていたのとは裏腹に、正直なところがっかりすることのほうが多くて、あまり感動しませんでした。オランダに感動しすぎていたからというのもあるのでしょうけれど。

一番がっかりしたのが、最大の目的だったマグリットの家、兼、美術館がお休みだったこと。私がブリュッセルに滞在したのは月・火で水曜にはドイツに向かう予定だったのですが、このマグリット美術館は月・火がお休みだったのです(涙)。

最大の目的がなくなってしまって、仕方なく町を歩こうと市内観光をしましたが、アールヌーボーの町という割りには、私にとってもいわゆるヨーロッパの街並みと変わらず、特に珍しいものもなかったし、工事中のところが結構あって残念でした。唯一、印象的だったのが、チョコレート屋さんがいっぱいあったことかな。「ベルギーチョコ」というと日本だとゴディバですが、ブリュッセルにはノイハウスのほうがいっぱいありました。(おみあげにノイハウスのチョコを買って帰りましたがおいしかったです。*^^*)

と、ここまでなんとなくがっかりしてたので、「ベルギーはグルメの町!」とかガイドブックに書いてあるし夕食はちょっとおいしいものが食べたいなあと、思いました。
だけど、個人旅行の場合、一番悲しいのが夕食。パックツアーの用に豪華な夕食(おしいいかどうは別だけど)がセットされてるわけでもなく、留学してて、現地の人とおいしいレストランに行くわけでもなく・・・。と、どうしようかなと思ってふらふら歩いていたら、ちょうどとまっていたホテルの前に数件レストランがあり、その中のひとつがちょうど家庭的な雰囲気、かつおいしそうだったので、入ってみることにしました。
このときの選択がいまひとつだったブリュッセルの思い出を深いものにしてくれることとなりました。

そのセント・キャサリン・レストランというレストランのオーナーがホスピタリティに溢れる人で、いろいろ話しかけてくれて、私の後ろの席にいた3人組のグループに私のことを紹介し、途中からテーブルを一緒にして夕食を楽しみことができたのでした。そこで知り合ったのがウィルフリッツとピーターとマリアンヌ。この3人家族なのかと思っていたら、みんな友人同士で、特にウィルフリッツとピーターは久しぶりに会って、このレストランに来たそうです。ウィルフリッツとマリアンヌは日本食を勉強してるそうな。

もう時刻は夜の9時近かったのですが、その後ブリュッセルを案内してくれるというので、夜のブリュッセルを4人で歩きました。東京と違い小さな町なので、歩いて観光するのでも十分です。夜遅かったので、ほとんどの観光名所やお店は閉まっていましたが、夜のブリュッセルはとてもきれいでした。ウィルフリッツがブリュッセル発祥の地を見せてくれるというので行ってみると、そこはアパートの一角。もう閉まっていたのですが、アパートの住人さんに声をかけて開けてもらい、中に入ると小さな川がありました。 ブリュッセルはもともと島だったそうで、その川はその名残、後はもう埋め立てられてるそうですが、そのアパートの一角にだけ、その川が残ってるそうです。
「そういえば、私、ブリュッセルの歴史など何も知らないな・・」なんてちょっと反省しながら、話を聞いていました。ベルギーはワールドカップで日本と対戦してちょっと話題になりましたが、チョコとワッフルくらいしかイメージできない人が大半では・・・?そんな私もそうなのですが・・。

また、オランダの人たちもそうなのですが、ベルギーの人たちも語学に長けていて、普段はフランス語を話しているのに、私と話すときは、さらりと英語に切り替えてくれます。「混乱しないの?」と聞いたら、「全然しないよ、もう習慣だから」と言ってました。もちろんネイティブほど達者ではないですが、私には丁度よかったかも(笑)。マリアンヌだけは英語がだめだったのですが、でもドイツ語とオランダ語は話せるそうです。なんだかとても尊敬してしまいました。フランス人が、英語がわかるけど話さないとか言われてるけど、語学は使ってなんぼ・・ですものね。それに語学ができるととても世界が広がるなあと改めて感じ、私もずっと英語だけでも勉強続けようと思ったのでした。

ノートルダム・ドゥ・サブロン教会
中にステンドグラスがあるのですが、それが見事!

工事中のところが多かったんですが、中には概観を守ろうとよくみると建物の絵が描いた布切れが・・。
(向かって右の↓に注目)

王立軍事博物館に入ったら、戦闘機。
こいつの顔、スーパージョッキーを思い出した・・。

戻る 次へ