翌日も、ウィルフリッツが仕事の合間を縫って市内を案内してくれました。特に普段人が入れないグランプラスの一角ビール博物館の上にあるバルコニーに入れてくれました。ウィルフリッツはなぜか顔の広い人で、いろんなところに知り合いがいるようでした。私は本当にラッキーでした。(ありがとう、ウィルフリッツ)

ところが、その後、悪夢が(^^;) ウィルフリッツと別れてホテルに戻り、スーツケースを開けようとしたら、スーツケースの鍵が開きません。3つ番号をそろえて開ける鍵なのですが、その番号をあわせても開かないのです。今までいろいろ旅行しましたが、この時が一番困りました。一所懸命落ち着かせて、ひとつひとつ番号を合わせて行ったのですが、なかなか開きません。2時間以上過ぎ、だんだん疲れてきてしまって集中力も落ちてきてしまいました。
けれどまだ旅の半分、コートやスペアの靴などスーツケースにしまいたいものは出してしまっているし・・。何かあったときのための保険会社へ連絡するにも、ああ、その書類もスーツケースの中に(涙)。これ以上番号合わせしてたら、夜中になってしまうし、全部合わせても開かなかったらどうしよう・・・と、焦る一方。

それで、もう鍵を壊したほうが早いと思って、フロントに電話して、ハンマーみたいなものはないか聞いてみました。だけど、フロントは助けてくれる気配なし。その時は何にもしてくれる気がないフロントにとても腹が立ちましたが、後から考えると、ハンマーとかそういう工具はきっと貸してくれないでしょうね(^^;
それで迷惑に思われるのを覚悟で、再び向かいのキャサリン・レストランへ。 その日は昨晩とは打って変わって、お客さんがいっぱいで忙しそうでした。だけど、本当に困っていたので、助けを求めると、オーナーのユービックはそのスーツを持ってくるように言ってくれました。

スーツケースを渡して、そのままレストランの中で休ませてもらいました。それでまた、夕食もそこで頂くことにしました。(ここのレストランは前菜が特においしいかったです。前日はえび、その日はホタテでした。)
夕食を食べてると壊れた鍵と共にスーツケースをユービクが持ってきてくれました。本当にほっとしました。鍵を開けてくれたのはユービクではなく、シェフのカルロスでしたが(^^)。

また次回レストランに行くことを約束をしてブリュッセルを後に。
町そのものには大きな感動はなかったのですが、人々に感動したブリュッセルの滞在でした。
ブリュッセルに行くことがあったら、是非にセント・キャサリン・レストラン 行ってみてくださいね。セント・キャサリン教会の近くです。

ビール博物館のバルコニーから見たグランプラス

セント・キャサリン・レストラン
ディナーのコースで確か30Euroくらい

戻る