ボンから、今度は最終目的地・ミュンヘンへ。

ボンからミュンヘンへは一本の列車でいけると思っていたのですが、ボンの時刻表を見ると、なぜか夕方に一本くらいしかミュンヘン行きが見当たりません。ボンは小さな駅なので、通過してしまうのかなと思い、再びケルンへ戻りました。それでもやはりミュンヘン行きが見つかりません。手元にある時刻表には確かにケルンからミュンヘンまでの列車がいくつも記されているのですが・・。
しばらく考えて気がつきました。時刻表に書いてある駅は列車の停車駅ではなくて乗り換え駅だということに。時刻表には乗り換え駅とそれに接続する列車時刻が丁寧に書かれてあったのです。丁寧すぎるので、一本の列車かと思ってしまいました。


謎が解けて、まずはフランクフルト空港駅へと向かいました。フランクフルト空港駅に着くと、今度は乗り換えてマンハイムまで向かいます。ここで列車が遅れて30分ほど待つことに。
この時乗った、フランクフルト空港駅からマンマイムに向かう列車はミラノ行きでした。そうです、International Expressでドイツからスイスを通り、イタリアまで行ってしまうのです。陸続きヨーロッパを痛感しました。ヨーロッパの周遊旅行をするなら、絶対鉄道旅行をお勧めします。面白いですよ。


列車が遅れたせいでマンハイムでも30分ほど時間をつぶし、やっと最後のミュンヘン行きに。ミュンヘン駅に着くと人の多さに圧倒されました。渋谷を彷彿させるような人ごみ・・。
ミュンヘンではオクトーバー・フェストというお祭りの真っ只中だったので、そのせいでしょう。ボンを午前中に発って、ミュンヘンに着いたのは夕方6時過ぎ、遠かったです(笑)。移動に時間がかかったので、もうホテルに行って休むことにしました。

翌日、バイエルン・ミュンヘンの練習場にでも行ってみようかなと思っていたのですが、前日どこも散策できなかったので、やめにして、ちょっと市内を歩き、レジデンスという博物館に行きました。ここもすごかったです。ヨーロッパのこの時代の金持ちって半端じゃないのね・・・。

その後、ドイツ在中のボウイファンのTERAさんと合流して、また散策。TERAさんのリクエストでオクトーバー・フェストの会場に行くことになりました。私はビールはあまり飲めないし、人ごみも苦手なので、それほど行きたいとは思ってなかったのですが、行ってみたら、もの凄く楽しかったです。ドイツ中、いえ、世界中から人がやってくるのもなんとなく解った気がします。
会場はほとんど遊園地状態で、足を踏み入れただけで楽しくなりました。ビールのブランドごとにパビリオンがあるのですが、その数も大きさも膨大・・。出てくるビールはいっぱい2リットル。そんなのを何倍も飲んで、トップスピンのような乗り物の乗ってしまうのですから、ドイツ人恐るべしです(笑)
私だけだったら、おそらく来なかったと思うので、誘ってくれたTERAさんに感謝しつつ、いざ、ボウイのライブ会場であるオリンピック公園へと向かいました。

オクトーバー・フェスの風景
本当にトップスピンがあるでしょ(笑)後楽園じゃないですよ。

レーベンブロイのパビリオンと塔

戻る 次へ