オランダにはとにかく感動しっぱなしでした。
オランダでがっかりしたものは、本家の割には数が少ないヴァン・ゴッホ美術館とちょっと臭いマリファナ愛好者(^^;)くらいでした。
勝手に吸ってるのは構わないのですが(軽いドラッグは合法の国です)、 ちょっと臭いのです(笑)。でも、へんに絡まれたりというようは感じではなかったです。合法な分、あまり「裏」のイメージがないせいでしょうか。(シドニーにいたジャンキーのほうがよほど声かけてきて怖かった。)
また売春も合法で、アムステルダムでは、「飾り窓」と呼ばれる大きなガラス窓越しに、ナイスバディなおねーさまが立っています。本当にすごいプロポーションで、きれいなんですよ。「飾り窓」なんて本当にうまいネーミングだなあと、こんなところにも感動してました(*^-^*;)。
※ちなみにオランダではCOFFEE SHOPと呼ばれる一見カフェのようなところでマリファナを扱ってるそうです。普通の喫茶店はCAFEです。間違えると大変なので、オランダにこうと思っている方は、覚えておいてください。(でもCOFFEE SHOPでも普通にコーヒーも飲めるらしいですが・・)
それと帰国時に初めて日本の税関でトランクを開けられました。ドラッグ関係で、オランダ帰りだと必須みたいです。

こんなことばかり書くとなんだか、怪しい国のように聞こえますが、本当に自由がある国だと思います。そして、オランダに一番感心するのは、自由なのだけれども、その根底にきちんと自己管理が徹底されているところ。好きなことはしていい、でもきちんとわきまえなさい、人に迷惑かけたり、度を超したら、その分罰します、という規律がしっかりしてると思いました。

「自由」という概念を盾に、なんでもしていいかというと、それは自由ではなく、単なる我侭、自分勝手に過ぎないのでしょう。きちんとした規律やルール、自己管理能力が根底にあって、「自由」って成り立つものだと、この国は教えてくれるように感じました。

オランダは(ベルギーもドイツもそうでしたが)、電車に乗る際、いわゆる改札口がありません。
みんな自己責任のもと、目的地までチケットを買って電車に乗ります。(もちろん降りるときにも改札はありません。)
その分、車内に駅員さんが検察にやってくるのですが、 必ず毎回というわけではありません。 もしそこでキセル(たとえ乗り越しでも)が発覚すると罰金です。

私は、ザーンセ・スカンスに行く際、アムステルダム駅の自動販売機で切符を買いました。
電車に乗って、落ち着いてからチケットをふと見ると、 「スキポール空港 2.90ユーロ」となっていて、どうも「ザーンセ・スカンス」行きのチケットではないようでした。どうやら、誰かが、買ったチケットをそのまま置いていってしまってて、私は間違ったチケットをとってしまったようです・・・。(私はザーンセ・スカンス行きに2.50ユーロ払ったのを覚えていたので、 2.90ユーロのスキポール空港行きのチケットが出てくるはずがないのです。)
駅員さんが検察にやって、切符を見せると、ニコニコしてた表情がみるみる険しいものに変わるのがわかりました(大汗)
怖かったですよ。(苦笑)罰金でも仕方ないのかも・・と思いつつ、とりあえずしどろもどろになりながら、事情を伝えて、帰りはこのままロッテルダムに行くと伝えると、なんとか解ってくれたようで、新しいチケットと帰り(ロッテルダム行きのチケット)をきってくれました。ザーンセ・スカンスに降りるときには笑って見送ってくれて、罰金は免れましたが、やっぱり守るところは守らないと、怒られます(^^;)。(ちゃんと守っていたんだけどね。なぜか違うチケットなんだもの。(涙))

ブリュッセルに向かう電車でも、スキポール空港から乗ってきた4人家族の旅行者が、チケットの使い方がわからず、ヴァリデート(チケットを有効にするためにスタンプが必要なのです)してなかったようで、やっぱりめちゃくちゃ怒られてました(^^;)。 言い訳に「よくわからなかったんです」と言ったら、 「英語でも書いてあるでしょ!英語なら何も問題はないでしょ!なんでわからないの!!」とますます怒られちゃってました。 (でも結局、罰金は取らずに次回にきちんとヴァリデートしなさいねと言われて許してもらっていましたが)

オランダでは、外国人だからという理由も、あまり考慮してくれません。ルールを守れないのは、とても恥ずかしいこととして受け取られるような気がします。
言い換えれば、外国人でも子供でも、みんな一人の人間として、きちんと個々がしっかりしなさいということなのでしょうか。
でもそういうオランダがまた、私は大好きになりました。

伸ちゃん。これからも頑張ってね。ずっと応援してます。
戻る 次へ