ブリュッセルを発ち、いよいよ今度はドイツへ。ライン川沿いにある古城ホテルのシェーンブルク・ホテルに予約を入れていたので、オーバーベーセルまで向かいます。ブリュッセルからケルンへは急行が走っているので、途中ケルンに降りて、ケルンの大聖堂はみようと思っていました。

ここでの国境越えも特に問題なく終わったのですが、オランダ・ベルギーとドイツの鉄道の違いにちょっと驚きました。
ユーロ・レイルウェイ・パスを持っていると一等席に乗れるのですが、オランダ鉄道もベルギー鉄道も一等席だからといってそれほど豪華というわけではなく、のんびりとしていて、2等席との違いはすいてるということくらいでした。ガイドブックには、一等席はスーツ姿のビジネスマンがよく使用するなんて書いてあったので、服装にも気を使っていたのですが、拍子抜けでした。が、ドイツで列車に乗ったら、いきなり豪華になってびっくり。一等席に載ってる人はガイドブックの通り所謂ビジネスマン風の人たちばかりで、バックパッカーの姿は見えず。列車も新幹線並みに近代的な感じがしました。日本と同様自動車生産国だし、鉄道もそれを反映してるのかもしれません。
ボン編でもすでに書きましたが、ドイツでは本当に英語が通じなくて困りました。目的地のオーバーベーゼルはライン川沿いのマインツとコブレンツのちょうど中間にあるので、ケルンからコブレンツへ入り、そこから各駅停車の電車に乗って向かうつもりでした。が、マインツへ向かう列車の中で、サラダとコーヒーを食べようと食堂車で頼んだのが間違いだったようで、サラダとコーヒーを頼むだけでも通じなくてオーダーするのに一苦労でした。(涙)サラダはどうやら「ザラード」という発音するようでした。(とほほ)
結局、コブレンツに着いても食べ終わらなかったので、そのままマインツまで乗っていくことにしました。ライン川の景色もきれいでしたし・・。


マインツで特急を降り、各駅停車の列車に乗り換え、やっとオーバーベーゼルまで着くと、まあ、ひっそりとした駅。。ホテルの送迎バスなどがあるのかと思っていたら何にもなく、タクシーを拾おうにも、タクシーのタの字もないという感じでした。
でもホテル自体はすぐ頭上に見えたので、歩いてみることにしました。30分くらいかかるんだよなあとは覚悟して・・。

坂道を歩いてほどなく、一台の車が止まってくれてました。どうやら乗せていってくれるようです。またしても全く英語が通じず、彼女はドイツ語で、私は英語で会話してました。でもなんとなく言ってることはわかったような気がしました。「歩く距離にはとても遠いわよ」と言ってるようでした。それもそのはず、車で5分程度の道のりだと思っていたら。車でも20分ほどありました。歩いてたら1時間以上はかかったのでは・・?。


ホテルはライン川沿いの古城ホテル。お部屋はきれいでしたが、あいにく雨だったので景色はいまひとつ。一番の楽しみだった夕食も、ちょっとしょっぱかったです。寒いところだから、味が濃い目なのでしょうか。

翌日はフェリーに乗って、ライン川下りではならぬライン川上りです。ホテルから駅まで送迎があるのかと思ってたら、特にないそうな・・・。ちょっと不親切すぎ、どうしようと思っていたら、日本人の女の子二人組みがタクシーを呼んでいたので、一緒に駅まで乗せてもらうことになりました。彼女たちは、私とは反対方向だったので、そこで別れ、やってきた船(フェリー)に乗ると、すごい数の日本人団体旅行客にびっくり・・。ほとんど占領されていました(^^;;)
このフェリーを運航しているKDラインにはドイツ語、英語と日本語の館内放送があり、しかも、降りる駅を団体客さん別に放送していました。
同じ日本人としてちょっと片身が狭かったのですが(だって本当に凄いんだもの)、ザングト・ゴア・ハウゼンまで行くと、全ての団体さんは降りてしまい、一気に静かになりほっとしました。

次の目的地コブレンツは非常に歴史が古い町で、なんでも紀元前に遡るとか。紀元前という次元になってくると、全く想像もつかないですね。
コブレンツではホテルの予約はしていなかったので、インフォメーション・センターで紹介してもらいました。100Euro以内でバスタブ付のお部屋をリクエストして紹介してもらったのが、Brennerというホテルで、最高に素敵なホテルでした。古城ホテルより全然こっちのほうが良かったです。部屋の家具はかわいくて、ライトはシャンデリア、絵画も飾ってあって、バスも広かったです。貴族のお城を改造したような感じを受けました。ホテルの人たちもみんな気さくで親切でした。翌朝の朝食の時に一人日本人の方が泊まっていて、少しお話したのですが、彼はドイツで指揮者をしているそうな・・・。その夜コンサートがあると言っていて、私も行ってみたかったのですが、その日の夜はボンで大事な大事な(*^^*)ボウイのコンサートだったので、残念ながら行けませんでした。
だけど日本人でドイツで指揮者をしてるなんて凄いですよね。こういう方もいるのだなあと思いました。これからもどうか頑張ってください。

フェリーからみたマルクスブルク城。下には列車が。

BRENNERホテルにあった机と椅子。かわいいんですよ!

コブレンツのドーチェスエッグ
ライン川とモーゼル川の合流地点。
戻る