そこにいたのは、私が大好きだった頃のBOWIEとは違っていたけれど、やっぱりBOWIEはBOWIEだった。ただ、ただうれしかった。

思いおこせば、ZIGGY STARDUSTに夢中だった。初めての日本公演の時は、自前でコンサートに行かれる年齢じゃなかった。この次に来たら、早熟な友人が授業をエスケープしてストーンズのチケット購入に並んだように、私もBOWIEのために並ぼうと心密かに決意をしていたのに、その何ヶ月後にBOWIEはZIGGYから脱皮してしまった。どんなにどんなに悲しかったことか...

でも、次々発売されるレコードは律儀に購入した。だって、BOWIEのレコードだもの。「地球男」は授業をさぼり、5枚も買った前売り券で見た。いつもは買わないパンフレットまでも買った。
でも、情熱にも限界がきた。
確かにファンである。書店のバックグラウンドミュージックにBOWIEの曲が流れると一人密かにうきうきしたりもする。でも「情熱」とはちがう慣れ親しんだ感じ。あぁ、ZIGGY STARDUSTのときに魔法にかかったみたいに「好き」だったのは何故だろう?なんて思っていた。

ところが、一昨年春に「Hedwig and the angry inch」という一風変わった題名の映画を観て以来、何かが変化してしまったのです。殆ど事前の情報なしに観たけれど、この映画は絶対にBOWIEが好きな人が作ったに違いない!と確信し、これまた、いつもは買わないパンフレットを購入し、憑かれたように何度も映画を観た。風前の灯火だった「情熱」が燃えだしたみたい。

そうでもなければ、VIPチケットを購入してNYCまでも行ったりしなかったでしょう。その映画は、もとは舞台だったものを映画化していて、是非舞台を観たいと思った私は、ZIGGYのときのBOWIEを見損なってどんなに悲しかったか、思い出したのです。そして行ってしましましたSFまで。
今度は、BOWIE。大人しく待っていて、もし万一日本公演がなかったら...。Hedwigだって観にいったのに、どうしてBOWIEを観に行かないの? 
ええぃ、行こう!どうせならいい席で観よう!(Elmoさんの熱心なお誘いがなければ実現しなかったと思います。感謝、感謝)

それからは怒濤のように時は過ぎ、機上の人となりました。

マジソン・スクエア・ガーデンは大きいようでいて、そんなに大きいと思わせない独特の雰囲気のある会場でした。しかも前から2列めなんて、すばらしい席は初めてです。ちょっとだけ中央下手寄り。こんなに前の席だと、ステージ全体がどうなっているか把握できないのだなぁと、翌日のモーガンサンを観て気づきました。
視界の中にステージの端から端までが入らない。BOWIEの姿をとらえたとたんにそこには、BOWIEの発するキラキラするものと私しかないような気分にさせられる。ステージ上の他のものは眼に入らない。ただ、ただBOWIEの姿が中心にある。
やっぱり、BOWIEだ。このキラキラが好きだったのだ。
曲も歌詞がうろ覚えながら、いっしょに唄える曲が多いのも嬉しかった。
Rebel Rebel、Hang On To Yourself、Fame、All The Young Dudes、China Girl、 The Man Who Sold The World、Life On Mars?、Let's Dance、Changes、Five Years  この辺の曲は、情熱あふれるファンだったころにレコードで聞いていた曲。アンコールの曲もうれしさがこみ上げた。モーガンサンでJean Genieがカットされたのは本当に残念。
Under Pressureは、格別な思いで聞いた。後年のQueen、Freddieが好きだったので、思い出す。

MSGでは、BOWIEもすこし緊張しているような、ちょっとナーバスになっているような気がしましたが、翌日のモーガンサンでは、すごくリラックスしていて、その雰囲気がこちらにも伝わってきた。
ちょっとびっくりしたのが、演奏中(BOWIEが唄っていてさえ)でも人が、がさがさ出入りしたり、電話したりしていること。ビールを買いに行ったりするのですよ。12時間も飛行機にぎゅう詰めになって行った身としては、1分1秒を疎かにせず、見逃さないように!と緊張していたので、この状態に少し脱力!だったが、よい意味で「好きにすれはいいのだな」と思い、あとは手を振るなり、叫ぶなり、いっしょに唄うなり、楽しくすごしました。

モーガンサンでは、前から30列めくらいの真ん中だったので、MSGでは眼に入らなかった全景、特にスクリーンが観られて、よかったです。どうした具合か、私たちの席の前5列くらいがノリがイマイチ(よく座っている)な人たちで、前が開けていました。まるで、客席に向かって手を差し出すようなBOWIEが私に向かって他を出しているのではないかと思える程でした。(前に人の壁がないってすごいですよね)

今度は2回めでどんな曲を歌うのか知っているけれど、でも飽きない。昨日とはちがうBOWIEがここにいる。すごくリラックスしていて、動作の端々がちょっとどこか少年のようにお茶目だったりもする。映像でみるBOWIEはいつだってすかしていてかっこいい。かっこいいばかりではないそういうところが感じられるのがLIVEなんだと、しみじみ思う。 Hedwigフリークにして、BOWIEファンのアメリカの友人は、14歳からBOWIEの全米コンサートはすべてのシリーズを観に行ったといいます。HedwigのファンにはNYCでの公演を450回も観たという人がいます。LIVEとは、そういうものなのですね。昨日も今日も明日もするのは同じこと。でも同じLIVEは2つとない。

そこにいるBOWIEはあのBOWIEじゃない。でも、BOWIEはいつだってBOWIEで、キラキラする不思議をステージから撒いている。そして私は、そんなキラキラするものをいっぱいに浴びて幸せだ。

3月にまた会えることを楽しみに待とう。

戻る