Dancing Out In Space 勝手に解釈

"Dancing Out In Space"は、"Something like religion" 「宗教みたいなこと」と歌っているように神秘的で可愛い、おまじないのような曲だと思っています。
「マハリクマハリタ」「テクマクマヤコン」・・。

Cutting through the water
Hands upon the ghost
To the city of solid iron
Through the kingdom of the ghosts
Send your friend away now
Let him sail back home tonight

これまでは、霊的なものに感じるものでも、そういう表現はしてなかったのですが、この曲で"ghosts" 「幽霊」という言葉が出てきて、一気に、スピリチュアルな世界になりますよね。

"the city of solid iron" 「硬い鉄の都市」は、ニューヨークのような都会のイメージ。"a small town" とは対極の表現ですが、どちらも同じ街を指してるんだとしたら、しびれます。

水の中の少女が、友達の男の子を送り届けてあげる様子だと思いますが、"sail back home" と「船で家に返す」とあり、やはりここでも霊の国が水の中で、船の上は現世を指していると思います。

Something like religion
Dancing face to face
Something like a drowning
Dancing out in space

"drowning" は「溺死」ですが、水の中で溺死しているように見えるけれど、それは、友達を送り届けるための儀式の踊りである、ということでしょうか。
でも、同時に少女は「溺死」して命を落とすことで、友達を家に返すことができる、という風にも感じられます。

No-one here can see you
Dancing face to face
No-one here can beat you
Dancing out in space

このサビの一節は不思議です。
"No-one here can see you" 「誰にも君が見えない」と言っているのに "Dancing face to face"「顔と顔を向き合って踊っている」 と言ってます。
向き合っている相手は誰なのでしょうね?「語り手」のことなのでしょうか?

"beat" ですが、そのまま普通に受け取れば、「負かす」という意味なのですが、その前の文章で矛盾したことを歌っているので、 その後に続く"beat" も"Dancing" とかけて「拍子をとる」という意味で使っているのかなと思います。

また、"Dancing out in space" ですが、"out" には、枠からはみ出るようなイメージがあり、"in space" には、「空間の中」と制限があるように感じられて、 ここも矛盾を感じます。
枠の中で枠を超えて踊る・・・というようなことでしょうか?

そもそも "space" には「宇宙」という意味がありますが、「一応、制限はあるけど、どこまでが制限なのかはわからない」、そういう宇宙みたいな空間で踊っている様子なのかなとも思います。

Silent as Georges Rodenbach
Mist and silhouette

ジョルジュ・ローデンバックはベルギーの詩人・小説家ですが、その作品に"The Reign of Silence"という詩があってこれがモチーフではないかと、ロダンバックのwikiに書いてありました。 >Georges Rodenbach(wikipedia)

私はその詩は読んでいないので、なんとも言えませんが、
ロダンバックの代表作に「死都ブリュージュ」という小説があり、私はこの作品もモチーフになっているのではと思っています。


『沈黙と憂愁にとざされ、
教会の鐘の音が悲しみの霧となって降りそそぐ灰色の都ブリュージュ。
愛する妻をうしなって悲嘆に沈むユーグ・ヴィアーヌがそこで出会ったのは、
亡き妻に瓜二つの女ジャーヌだった。』(岩波文庫)
>死都ブリュージュ


沈黙、悲しみの霧、都、中世ヨーロッパ、水辺、死、瓜二つの女・・・そんな世界観が、このアルバムの全体像と似ていると思っています。

また、この舞台となっているベルギーのブリュージュという町の歴史も興味深いです。

ブリュージュは、14、15世紀には、交易の要衝として非常に栄えますが、運河が閉じられると、 次第に歴史の中で忘れ去られ、「死んだ都市」となってしまいます。

ローデンバックが書いたこの「死都ブリュージュ」がベストセラーになったことで、人々が再びブリュージュに注目することになります。

長い間、忘れ去られていた(死んだ都市となっていた)ために、中世の建物や景色をほぼそのまま残すことができたブリュージュは、その美しさを見直され、今は、観光都市として生まれ変わっています。

そんな背景も考えると、 "Silent as Georges Rodenbach" 「ジョルジュ・ローデンバックのような沈黙」というのは、今は沈黙の時だけど、再生する日がくるということの示唆ではないでしょうか。

しかも「ブリュージュ」(フランス語では「ブルッヘ」)という名前は、「橋」という意味なので、"Bosebrucke" 「ベーゼブリュッケ」や「川を渡る」というイメージにもつながるんですよね。

Girl, you move like water
You’ve got stars upon your head
You’ve got my name and number
You've got to take the floor

さて、ここで、"You’ve got my name and number"「君は私の名前と電話番号を手にした」と妙に具体的な話が出てきます。これは、現世に向かうことへの示唆では思います。

やっぱりここでも、"You" 「少女」と "my" 「語り手」と船の上に乗る友達 "friend" は、結局同じ魂の人間で、向かい合って踊っているのは、魂同士の対話ではないでしょうか。
少女が水の中で踊る(溺死する)、そして新しい名前を得て、「友達」(新しい魂)として、船の上の現世に戻ってくる、そんな流れが感じられます。


How Does The Grass Grow?へ

THE NEXT DAY を読み解くトップへ