Dirty Boys 勝手に解釈

"Dirty Boys" はオープングが終わり、本編に入る前のちょっとした序章のような印象を持っています。"Dirty Boys" というのは、どんなことを指しているのか、わかりませんが、 邪悪なもの、汚れきったもの、というよりは、私は、もう少し純粋な、単純に泥で汚れている貧しい少年達をイメージしています。
それは捉える人のイメージ次第なので、正解も不正解もありませんが、簡単な単語ほど、いろんな意味があり、いろんな捉え方ができるので、 実は難解だったりしますね。

Something like Tobacco Road
Living on a lonely road
I will pull you out of there
We will go to Finchley Fair

"Tobacco Road" は、プログレッシブ辞書によると
「米国の作家アースキン・コールドウェルの長編小説(1932)。大恐慌時代を舞台に、ジョージア州の田舎に住むタバコ栽培の小作人の夫婦を中心に、性欲と物欲だけに生き甲斐を見いだす人間の本性をユーモラスに描き、貧困のもたらす悲惨な生活を告発している」とありました。 貧窮から抜け出せない家族の話のようです。また、コールドウェルという作家は、その過激な性描写などから、一時、本が発売禁止になったりしたことのある、アクの強い作家みたいです。

I will buy you feather hat
I will steal a cricket bat
Smash some windows, make a noise
We will run with dirty boys

"Tobacco Road" がアメリカでの話であるのに、″Finchley″、″cricket″とイギリスの香りのする単語が出てくるのが面白いです。
また、"feather hat" 「羽根のついた帽子」は、絶対とはいえませんが、普通に考えると、女性がかぶる帽子だと思われます。それも、少し高貴な女性がかぶるような帽子。そう考えると、曲の中の"you" 「君」は女性なのではないかと思います。
貧しく淋しい路上生活する女性、ないし少女に、もっと裕福なところに連れてってあげるよ、という意味が読み取れます。
このアルバムには、女の子がモデルと思われる曲が多く、ここまで、女の子をモデルしてるアルバムってあっただろうか?と思うと、娘の影響をものすごく感じます。 レクシーそのものを題材にしているというのではなくて、画家が自分の作品の世界に、自分の恋人や妻・娘・息子をモデルとして描くような感じ。 娘の将来を気にしている、そんな父親の愛情もちらちら感じてしまいます。

When the sun goes down
When the sun goes down and the die is cast
When the die is cast and you have no choice
We will run with dirty boys

"the sun"「太陽」という単語も、何度となくアルバムに出てきます。全体を通して、太陽は、美しい現世の象徴として描いているように感じます。
"the die is cast" で、「賽は投げられた」という慣用句。「もう運命は走り出していて、もとには戻れない」という意味ですね。 "run with dirty boys"は「ダーティー・ボーイズと一緒に逃げよう」という風にも取れますが、「逃げる」という概念があまりアルバムの中に感じられないので、一緒に走っていく、という イメージにしました。

We all go mad We all want you
Me and the boys we all go through
You've got to learn to hold your tongue
This ain't the moon this is burning sun

"we all go through"は、"hours..."のボーナストラックに同じ曲名がありますが、経験豊富という意味でしょう。深読みすると、"Me"「私」も "the boys"「少年達も」何世紀もの間、転生を繰り返しているというニュアンスにも取れます。 "burning sun"は燃えている太陽ですが、生き生きと照らしているというよりは、燃え尽きようとしている、そんな感じに聞こえます。
現世の太陽が燃え尽きて、沈んでしまったら、ダーティー・ボーイズと一緒に、もうひとつの世界にいかないといけない、そんなところでしょうか。


Stars(Are Out Tonight)日本語訳へ

THE NEXT DAY を読み解くトップへ