Heat 勝手に解釈 その1

この"Heat" という曲は凄く謎めいた曲ですよね。でも、実は、このアルバム全体の謎を解く鍵になっている作品だと思っています。この曲がないと、"Five Year" のドラムで終わってしまい、 またアルバム構成も、"Ziggy Stardust" と同様なものになってしまうところですが、この"Heat"があることで、"The Next Day" というアルバムをより深いものにしていると思います。

Then we saw Mishima's dog
Trapped between the rocks
Blocking the waterfall

この"Mishima's dog" 「三島の犬」ですが、"Mishima"とは、やはり三島由紀夫のことで、"dog" とは「春の雪」に出てくる犬だと思います。 以下、「春の雪」の記述を記しておきます。

======
一行がようやく滝口の下まで来て、橋の上から第一段の大滝をふり仰ぎ、はじめて見る門跡の賞賛(しょうさん)の言葉を、母が心待ちにしていた折、この日をとりわけ忘がたいものにした不吉な発見をしたのは清顕(きよあき)だった。
「何だろう。滝口のところで、あんなに水が割れているのは」

母も気づいて、目を射る木もれ陽を、ひろげた扇で遮りながら、そこを見上げた。滝の落下の姿を風情のあるものにするために、岩組に工夫を凝らしてこそあれ、そんな滝口の中央で水が無様に別れるわけはなかった。たしかにそこに突き出ている岩はあった筈だが、それがこれほど滝の姿をかきみだす筈はなかった。
「何でございましょう。何か引っかかっているように見えますが…」

〜中略〜

「黒い犬じゃございません?頭が下に垂れて」
と、聡子(さとこ)は実に率直に言い切った。
おそらく犬は、すでに傷ついたか病んだかしていて、水源で水を呑もうとして落ち、その溺れた骸が流されて、滝口の岩に堰(せ)かれたのであろう。本多は聡子の勇気に感動していたが、 同時に、ほのかな雲の漂う滝口の空の澄みやかさ、水の清冽(せいれつ)なしぶきを浴びて宙に懸かっている真黒な犬の屍、そのつやつやと濡れた毛、ひらいた口の牙の純白と赤黒い口腔(こうこう)のすべてを、すぐ目近(まぢか)に見るような気がしていた。

〜中略〜

「御前様に回向していただくなんて、何という果報な犬でございましょう。きっと来世は人間に生れ変ることでございましょうよ」

======(「春の雪」新潮文庫)

「春の雪」は「豊饒の海」という4部作の1部であり、この1部で出てくる清顕が、2部の「奔馬」では、テロリストの若者に、3部の「暁の寺」ではタイの少女にと、生まれかわっていく転生を題材にした小説です。

この黒い犬と滝の下が転生の象徴として扱われているのですが、このことを踏まえると、アルバムの中で「水の中」という世界が多く描かれている理由が解るのではないでしょうか。また、「黒」という色も曲の中によく現れてきますよね。

そして、何よりこの作品が三島由紀夫の遺作であるということも大きく影響していると思います。最後の原稿を書き終え、それを出版社に提出した日に自害をとげており、(死に向かっていった)三島由紀夫への尊敬の念も感じます。

The songs of dust
The world would end
And night was always falling
The peacock in the snow

"The peacock in the snow" というのも、「春の雪」"Spring Snow" を連想するんですよね。どちらも美しく、それでいて珍しいものとして捉えることができます。

また孔雀が象徴するものを調べてみたところ、仏教では、徳の高い生き物として、キリスト教では、傲慢な悪魔として例えられることがあり、宗教によって全く印象が違ってくるもの面白いですね。

And I tell myself
I don't know who I am
And I tell myself
I don't know who I am
My father ran the prison
My father ran the prison

ここで、「自分が誰だかわからない」と語るわけですが、それまでの魂の記憶がない「奪われた」「盗まれた」「焼き尽くされた」状態であり、三島の犬が「転生」の象徴とするなら、その転生の日が近いという風にも捉えることができます。

I can only love you
By hating him more
That's not the truth
It's too big a word

"I can only love you by hating him more" 「彼をより嫌いになることによってのみ、あなたを愛することができる」というのは、言い換えると「彼を嫌いにならない限り、あなたを愛することができない」ということですよね。

"If you can see me I can see you" や"I want to see you clearly" などと同じような意味かなと思います。つまり、愛(や命、そしてそれを得る生身の身体)は、"You"か"he" のどちらか一方にしか存在しえないことの表現のように思います。

He believed
That love is theft
Love and whores
The theft of love

ここも上記と同じようなことだと思うのですが、この"He" 「彼」とは誰を指しているのか?が気になります。少し前に出てくる"My father" 「私の父親」を差しているのか、それとも"Mishima" 「三島」を差しているのか?

私は、ここも、"Dancing Out In Space" や"You Feel So Lonely You Could Die" 同様に、"He" 「彼」" I " 「私」も" You" 「あなた」も同じだと思うんですよね。そして、三島の犬を見たという"we" 「私達」も同じだと思うのです。

それから、"whores" 「娼婦」が意味するものについてですが、ギリシア神話やローマ神話に、私が疎いせいか、「娼婦」そのものが象徴するものが何かは、はっきりわかりません。ただ、ひとつ気がついたことがあります。

同じ発音をさがしてみると、"hoars" という単語がありました。この単語は「白髪まじりの年をとった様子」を意味するので、"whores" には、"hoars" という「白髪まじりの年齢を重ねた人達」という意味が実は隠れているのではないかと思っています。

「白髪まじりの人」というのは、まさにBowie自身のこととも言えるますし、アルバムに出てくる作家や画家、俳優、そしてミュージシャンといった人達も指しているのではないかと思います。

"The Next Day" に出てくる"Listen to the whores" を "Listen to the hoars" としたら、またひとつ謎が解けたような気もします。

But I am a seer
I am a liar
I am a seer
but I am a liar
My father ran the prison
My father ran the prison

そして、最後の、"My father ran the prison" という一文ですが、これが、どうしても、ずっと理解できないでいました。
他にもたくさん、不透明な部分はありますが、そういう不透明さとは違った変な違和感を感じます。

特に「父親」が一体何を指すのかがわかりません。このアルバムの中に「娘」への愛は感じますが、父親との確執や関係性を歌ったものはなく、"my father" が出てくるのが唐突な感じがするのです。 悶々と考えた可能性はこんな感じなのですが。

(1)prison「牢獄」は随所に出てくるのと、「自分が誰だかわからない」と混乱しているので、記憶が曖昧になり、自分が牢獄にいたという過去を、自分の父親が牢獄にいたと思っている。
(これが一番自然かもしれません。歌い方を聴いても、2回繰り返す内の1回を"My father ran the prison↑" と語尾をあげて歌っていて、疑問文にも聞こえます。ただ、それでもしっくりはこないのですが。)

(2)キリスト教では神を"father" と言うことがあるので、「父親」は「神様」のことで、また「牢獄」は「この世」の例えとして、「神が世界を牢獄のように支配している」という意味。
(ただ、"ran" が過去形なので、うーん。。。)

(3)"I am a seer" 「私は予言者」と言っており、また、もう一枚アルバムを作れるくらいまだまだ作品があるという噂があるので、実は、次作の伏線になっている。でも実現するかどうか定かでないので、"I am a liar" 「私は嘘つき」とも言っている。
(かなり個人的希望が入った考え)

(4)実はこの文章には大した意味がなく、敢えてあまり関係ない文章を最後の最後にぶちこんできて、混乱させている。
(Bowieがやりそうなことなんですよね。でも、ここまでよく練られた作品を最後の最後で覆すようなことをするだろうか…?)

と、いろいろ考えてもしっくりこないので、もしかしたらどこかで私は凄く大事なことを読み落としているのだろうかとも思う時があります。でもBowieから出た「42文字」の言葉を見て、今は自分なりに納得することができました。

それは、最後にあった42番目の単語が、"Mystification" 「意図的なごまかし」「理解させないよう混乱させること」だったので、"My father ran the prison" の部分は、(4)の考えでいいのかなと思っています。つまり、"I'm a liar" ということなのではと。
でも「私は嘘つきだ」と言って、「嘘をつく」のは、正直な人だと思いますけれど(笑)



Heat 勝手に解釈 その2へ

THE NEXT DAY を読み解くトップへ