Heat 勝手に解釈 その2

最後にもう一点、"Heat" について触れておきたいのが、タイトル"Heat" 「ヒート」についてです。
曲の中には一言も"Heat" というワードは出ないのにタイトルになっているのも謎ですよね。

"Heat" には、これまたいろんな意味があり、その受け取り方によって、曲自体のイメージも変わるような気もします。主となる意味は「熱」ですよね。ただ、この曲には、闇の中の冷たさのようなものは伝わってきますが、熱のようなものは熱いもの、温かいものは伝わってきません。

"Heat" を「熱」をそのまま受け取るとするなら、三島の犬を、転生への兆しだとして、これから発生する「体温」(命)のようなものかなと思っています。今はまだ熱くはないけれど、微妙に帯び始めた熱の伝達、そんなものをイメージします。

最初聴いたときは、"Heathen" を思い出しました。ひとつの世界が終わり、陽が沈み、そしてまた昇っていくようなイメージ。陽の光から発する熱みたいな感じでしょうか。

でももうひとつ思っていることがあります。

「何故、この曲のタイトルは『Heat』なのだろ?」と思いながら、何気なく、(ミュージックプレイヤーにしていた)iPhoneの画面を見た時に、タイトルのクレジットが、"Heat" 「ヒート」ではなく、"Heart" 「ハート」になっていることに気がつきました。

一瞬「あ、誤植」と思ったのですが、同時に、"Heart" でもこの曲のタイトルとして成り立つような気がしました。むしろ、"Heart" のほうが、アルバムの中でも度々でてくる単語ですし、しっくりくる気がしました。

もしかしたら、元々、この曲のタイトルは"Heart" だったのではないだろうか?とも思うのです。意味は「心臓」「鼓動」、止まっている心臓が、これから静かに動き出そうとしているようなイメージです。

ただ、"Heart" としてしまうと、Bowieが患った"Heart Disease"「心臓病」のイメージが大きくなってしまうので、あえて、"r"「アール」 をドロップして、"Heat" にした、ようにも思います。ここにも"Mystification" を入れていないでしょうか。単なる想像の範囲ですが…。
(単純ミスならば、ソニーさんしっかりしてください、というだけなのですが(笑))


Bowieが心臓疾患に倒れて、その後のコメントで、「今回のことを歌にしたりしない」と言及してたみたいですが、私は、イケイケだったワールドツアー真っ只中から一転、心臓疾患⇒カテーテル手術⇒長い静養、という経験は、 今回のアルバムに大きく影響していると思っています。「しない」と言って「する」、「する」と言って「しない」のが、Bowieですし。ただ、そういうことばかりフォーカスされたくないという気持ちがあったのではないかと。

"hours..." あたりから、過去の自分との対話のような試みはしていたわけですが、実際に、命にかかわるような病気を通じ、 以前にも増して、「生」と「死」というものを見つめ直したように思います。老いていく自分と、成長していく娘、そういうものを通じて、「人は何のために生まれ、そして死んでいくのか」「自分に残せるものは何なのか」そんなことを深く考えていたのではないかなと思います。

そして、このアルバムは、そんな人間の普遍的テーマを巧みに表現している、まさに後世に残る作品だと思います。

"The Next Day" から始まり、 時と空間を超えて、地獄、愛、性、戦争、そして死といったものを、ひとつ魂が経験をし、最後に迎える"Heat" は、「最後」なのではなく、むしろ「始まり」「復活」の合図なのだろうと思っています。

そして聞き手も再び、"The Next Day" へ戻り、繰り返して聴くことで、新しい転生の世界を経験していく。"Five Years" のドラムを聴いた後、「終焉の曲には満足していない」というフレーズを再び耳にすることになる。2度目、3度目と聴く時には、1度目にはわからなかった新しい発見をしたり、言葉を全く違う捉え方をしたりすることで、 違う景色が見えてくる。一文一句全く同じ曲ではずなのに。

そんな無限ループの世界がこのアルバム1枚に収まっているのだと私は思っています。



勝手に解釈 まとめへ

THE NEXT DAY を読み解くトップへ