How Does The Grass Grow ? 勝手に解釈

どれか1曲アルバムの中から選ぶとしたら、私はこの曲です(今のところ)。絶望的な中に、ひとつの光が射し込んでいるようなこの曲が、凄く好きです。
個人的にはとても"Bowie"っぽい曲だと思うのですが、 あんまりファン投票では人気がなかったような(^^;)血生臭いからでしょうか・・・。

There's a graveyard by the station
Where the girls wear nylon skirts and
Sandals from Hungary
The boys ride their Riga 1's

駅の近くに墓地のあるこの場所、
具体的な場所がありそうな気がするのですが、
はっきりとはわかりません。

ただ、"Hungary"と "Riga 1" という固有名詞が気になり、少し考えてみました。

Wikiには、Rigaは、現在のラトビア(当時のソ連)のRiga「リガ」の工場で
1965年から1992年までに作られたソ連製の原付バイクのことで、その中でもRiga-1は第一号モデルで、1965年に発売開始されたとあります。
>Riga (moped)(Wikipedia)

ライナーノーツの注釈には1959年生産とあり、どちらが正確なものかはわかりませんが、
いずれにしても、ソ連の崩壊とともに衰退・廃業したようなので、Riga 1を少年が乗る光景というのは、1960年代と思われます。

ハンガリー製の意図は、よくわからなかったのですが、もしかしたら、ハンガリー製が他国の輸入品であるのに対し、"thier Riga 1" の"their" は「彼ら所有の」という意味の他に、「彼ら自国の」という意味が含まれているのかもしれません。
とすると、この墓地のある場所は、ラトビアかロシアか、旧ソ連領土にあった国のどこかなのかもしれません。

それと、"Riga-1's" の"s" の前に「 ' 」 アポストロフィーがついているのも気になるのです・・・。
複数形の"s" なら、「 ' 」アポストロフィーはいらないと思うので、「リガ1の○○」という風に何かこの後に単語が隠れていそうな気もします。

「少年」が原付バイクに乗るというのは、よく考えれば、ちょっと違和感があるので、
「リガ1のレプリカ」、「リガ1のおもちゃ」みたいなニュアンスがあるのかもしれません。
(ただ、"boys"「少年」といっても、青年を指すこともあるので、そんなにおかしな文章ではないのですが・・・。)

Upon the little hill
Such sadness and grief
The trees die standing
That's where we made our trysts
And struggled with our guns
Would you still love me

"trees die standing" 「枯れ果てたまま立っている木」は"The Next Day" の"hallow tree" に通じるものがありますね。

"struggled with our guns" 「銃で戦った」の前に、"trysts"「密会」「逢瀬」とあるので、
この2人は一緒に戦ったのではなく、恋人同志であるにもかかわらず、 敵として戦ったように感じられます。"struggle" は苦しむという意味が強いので、戸惑いながら、戦わざるを得なかったニュアンスも読み取れます。

"Heroes"の、壁に遮られた恋人同志を彷彿させます。
個人的には、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争時のサラエボのロミオ&ジュリエットも思い出すのですが・・。
(ただ、ちょっと時代背景がずれる気がするんですよね・・。
とはいえ、全体的に過去・現在・未来の時空が混在しているアルバムなので、ありえるかもしれません。)

If the clocks could go backwards
The girls would fill with blood and
The grass will be green again

"fill with blood" は、捉え方が分かれるところかもしれません。
「少女達に血が通って生き返る」とも取れるし、 「少女達が血に染まり殺される」とも取れます。

でも、その前の描写で、 悲しみにあふれたこの町の、今では枯れてしまった木の周りで、かつて銃撃戦があった様子から考えると、 過去に、悲惨な出来事があったのだと想像します。

また、この曲の中の草は、人間の流れた血を吸って生えているような印象を受けるので、
草が青く育つ=人の血が流れる、で、後者かなと思っています。
(リトルショップホラーズ。。)

Remember the dead
They were so great
Some of them

"Some of them"
「彼らの一部は」という一文に、ずっと違和感を感じていました。
この文は、「立派な人もいた」という意味と同時に「立派ではない人もいた」ということを示唆しています。
死者を弔う時に、なぜわざわざ、こんな嫌味のようなことを言うのだろうと思っていました。
暴君が墓の中にいると仮定しても、言う必要のない言葉ではないかと。

"The Next Day" を繰り返し聴いているうちに、この"Some of them" の意味がわかった気がしました。
このお墓には、語り手 "I" 「僕」の過去の魂も、埋まっているのではないでしょうか。
だから、「自分は立派ではなかった」という自己卑下の表現ではないかと思うのです。

死んだ人達を忘れないでいてほしい
彼らはとても立派だったんだ
「僕はそうではなかったけど」

と読み取ると、凄くしっくりしませんか?

Where do the boys lie?
Mud, mud, mud
How does the grass grow?
Blood, blood, blood

この「横たわる少年達」が「死んでいる」とは全く表現されていません。
でも、「生」の気配も感じられません。
戦場で泥まみれになった少年達の遺体が、
きちんとした場所に保管されることもなく、 無造作に転がっている風景が浮かんできます。

そして、そんな人間の血がたくさん流れた地に、草が無常に生えている、 そういう光景を歌っているのではないでしょうか。

また、個人的には、この泥だらけの死んだ少年達が、2曲目の"Dirty Boys" と重なります。 なので、"Dirty Boys" は死者の魂を表現しているのかなと思っています。

But I lived a blind life
A white face in prison
But you made a life out of nothing
Now I ride my black horse
I miss you more
Than you'll ever ever know
Waiting with my red eyes
And my stone heart

"lived a blind life" というのは、厳しい現実を直視しないで生きてきたというような意味ではないでしょうか。
"I ride my black horse"というのは「黒馬に乗って、君に会いに行きたい」というニュアンスだと思うのですが、夢の中の話のように感じます。
突然馬が出てくるのが気になりますが・・・。

I gaze in defeat
At the stars in the night
The light in my life burnt away
There will be no tomorrow
Then you sigh in your sleep
And meaning returns with the day

一番好きな一節です。とても詩的で美しい・・・。

ここにもまた星が出てきますね。
夜空に輝く星が、ひとつの命の終わりを見守っているように感じます。

"The light in my life burnt away" 「命の光が消えた」
"There will be no tomorrow" 「明日はもう来ない」

とここで初めて、語り手自ら、「死にいく」ということを、明言します。
匂わせることはあっても、ここまではっきり「死」を表現しているのは、これまでなかったと思います。

"you sigh" 「君がため息をつく」というのは、
人の死に対する悲しいと思う気持ちや不条理なことに対する憤りの気持ちではないかと思っています。そういう気持ちを人間が持つことができるのならば、死も無駄にはならないという意味に受け取っています。
対照的に、草は気持ちを持たずに育っていくものとして描かれているのではないかと。

そして、最後の
"And meaning returns with the day" にある"the day" は、"the next day" のことなのだと思います。

"the next day" とともに返ってくるものが、自分自分の魂ならば、"meaning" は、「魂そのもの」、もしくは「生きる意味」のようなものに捉えることができます。

君がため息をついてくれるなら
僕はまた生きる意味を与えられて
生まれ変わる日を迎えることができるのだろう



(You Will)Set The World On Fireへ

THE NEXT DAY を読み解くトップへ