I'd Rather Be High 勝手に解釈

Nobokov is sun-licked now
Upon the beach at Gruenwald
Brilliant and naked just
The way that authors looks

"Nobokov"はロシア生まれのアメリカの小説家ですが、表現豊かな作家のようですね。
"Nobokov is sun-licked now"というのは、これまた詩的な文章に感じられますが、3つの捉え方ができます。


まずは、ナボコフ自身が生きていた時代として、ナボコフ自身に陽が差しているという状態。 次は、もう少し後(もしくは現在)からみて、ナボコフの銅像のようなものに陽が差しているという状態。 さらには、ナボコフの作品に今、陽が差している(注目されている)状態。要はボウイがナボコフという作家を、今一度陽のあたる場所にひっぱってきて、こういう偉大な作家を忘れてはいけません、と言っているようにも思うのです。



"Gruenwald" にも、2つの捉え方があると思われます。
ひとつはベルリンにあるグリューネヴァルトを指していると思われます。ナボコフもボウイもベルリンに住んでいたことがあるのでベルリン繋がりですね。ただ、グリューネヴァルトは森が有名で、ベルリン自体が海沿いの都市ではないので、ビーチと呼べるものがそこにあるのかどうかはよくわかりませんが。


もうひとつは、画家の「マティアス・グリューネヴァルト」。この人に面白いエピソードがありました。
「『グリューネヴァルト』はこの画家の本名ではなく、後世の著述家が誤って名付けたものであるが、世紀以来この呼称が定着しており、美術史の解説や美術館の展示においても常に『グリューネヴァルト』と呼称されている」(ウィキペディアの「マティアス・グリューネヴァルト」参照。)


なのでこの画家は、「グリューネヴァルトであって、グリューネヴァルトではない」といえる訳です。同じように、この浜辺もグリューネヴァルトだと思っているだけで、実は違うのかもしれないと思うと、実際に浜辺があろうとなかろうと大きな問題ではない気がしてきます。

Clare and Lady Manners drink
Until the other cows go home
Gossip till their lips are bleeding
Politics and all

"Lady Manners"「レディ・マナーズ」ですが、必殺お作法婦人ともいうべき、礼儀正しい模範として扱っていると思われます。そんな人が唇から血を流してゴシップに酒にと明け暮れているのはおかしい状態だと思われます。
ちなみに、イギリスに「レディ・マナーズ・スクール」という学校あるようですが、その創設者がレディ・マナーズさんという方のようです。偶然かもしれませんが、かつてHaddon Hall (ボウイが住んでたHaddon Halとは別物ですけど)に住んでいたとのことなので、そんな共通点もあって取り入れているのかもしれません。(Refer to Wikipedia Lady Manners School

I'd rather be high
I'd rather be flying
I'd rather be dead
Or out of my head
Than training these guns on those men in the sand
I'd rather be high

タイトルにもなっている"I'd rather be high" は、そのままドラッグでハイになりたい、ということかなと思います。ものすごく現実逃避したいという心情が伝わってきます。

The Thames was black, the tower dark
I flew to Cairo, find my regiment
City's full of generals
And generals full of shit
I stumble to the graveyard and I
Lay down by my parents, whisper
Just remember duckies
Everybody gets got

カイロに飛んで墓に行きますが、両親が出てきます。両親と一緒に墓参り、ではちょっと唐突な感じがするので、このお墓に両親が眠っているということでしょう。そしてお墓に向かって "whisper"「囁く」のですが、さて何と囁いたのでしょう?


"Everybody gets got" ですが、凄く悩みました。これもまた、あまり聞かない表現です。。。gotはgetの過去形なので、言わばget getと同じ単語が並んでいるんですよね。


get には、大きく分けて「得る」という意味と「〜の状態になる」の2種類があります。それにあわせて"got" を辞書で調べて一番しっくりくるものとなると、スラングで「ばか」という意味がありました。「〜の状態になる」とあわせて「ばかになる」


曲の内容からして「唇から血を流してまで噂話をしてる婦人」「デタラメばかり言う司令官」そして、「死にたいと思う僕」、どれもまともな状態とは言えないですし、「囁く」としながら、歌い方はどこか投げやりな感じがします。
お墓に向かって話しているので、「その内、みんな死んでそっちに行くよ」という意味も含まれているのかもしれません。

I'm seventeen and my looks can prove it
I'm so afraid that I will lose it
I'd rather smoke and phone my ex
Be pleading for some teenage sex

"ex" は"ex-girlfriend" の略で、17歳だと言っているので、「元カノ」みたいな感じでしょう。「Be pleading for」は懇願するですが、元カノに電話して、今すぐヤリたいみたいな感じなのでしょうね。

最後にこの曲で面白いなと思っているのは、基本的には、"rather" を
イギリス英語の発音 [ラザー] と歌っているのですが、最後のほうになると
アメリカ英語の発音 [レザー]と意識的に発音しているようです。

また、"Nobokov〜"から始まる冒頭部分は、凄く詩的で品が感じられるのに対し、だんだん、"shit" "got" "ex" "sex"と言葉が汚くなっている印象を受けます。

これは、ドラッグでハイになっている様子にも感じますし、同じ魂の違う時代を生きている複数の人間を表現しているようにも感じます。


もっと深読みすると、"The Thames was black, the tower dark I flew to Cairo" の部分だけ、過去形なのです。黒いテムズ川と暗闇を抜けているので、もしかしたらこれは、ひとつの命がここで一度死を経験しているという暗示なのでは、と思えてきます。


"I'm seventeen and my looks can prove it"「僕は17歳 見た目が証明している」というのも、見た目が若いだけで、実は長い魂の歴史があるのかもしれません。


Boss Of Me 日本語訳へ

THE NEXT DAY を読み解くトップへ