If You Can See Me 勝手に解釈

"Valentine's Day" の「言いたいことがある」を受けるように、怒涛の言葉の羅列が続きます。どこからどこまでが文章として繋がっているのか、もうよくわからないので、イメージを捉えるしかありません。
最初に書いてしまうと、この曲は、「受胎」の様子を、寓話的、絵画的、文学的に歌詞にして、疾走感あふれる曲にして歌っているのではないかと思っています。"Valentine's Day" の"It's happing today" も受胎が今日起こる、新しい生命が今日生まれる、と考えるとつながります。

I could wear your new blue shoes
I should wear your old red dress
And walk to the crossroads
So take this knife
And meet me across the river

"dress" ドレスですが、一般的に女性が着るワンピースを指すので、ここも"you"「君」は女性を示唆しているかと思います。 冒頭にゲイルのヴォーカルが入りますが、ゲイルが"you"で、ボウイが"me"の立場で歌っているのかなと思います。

Just shoots and ladders and this is the kiss
American anna fantasticalstaion
From nowhere to nothing
And I go way back

"shoots" は、たけのこを"bomboo shoot" と言いますが、芽生えたばかりの若芽のこと、"ladders" 「梯子」は"The Stars" に出てきた"stairs" 「階段」と同じような意味かなと思います。

ただこの"shoots and ladders" というのは、同じ発音である"chutes and ladders"という子ども向けのボードゲームのもじりのようです。
"snakes and ladders"「蛇と梯子」とも呼ばれるこのゲームは、インド発祥で、その教えるものは「因果応報」、そして「輪廻転生」とあるので、やっぱり「輪廻転生」や「生まれ変わり」や根底にあるのが感じられます。 (ウィキペディアの「蛇と梯子」参照。)

"American anna fantasticalstaion" は言葉遊びのように聞こえますが、さて・・・。
"anna" は"Anna" となっていても良いように思いますが、小文字なんですよね。
するとインド・パキスタンの旧コインと出てきますが(インドつながり?) ちょっとしっくりきません。

"fantastical"は、「空想上の、奇妙な」ということですが、 "fantasticalstaion" となると、辞書に出てきません。古い言葉なのか、ミスプリントなのか・・。
ただ"fantastical"が、「空想上の」という意味なので、 もしかしたら、"fantasticalstaion" と言う単語(もしくは"American anna fantasticalstaion" という表現)そのものが、この曲の中の空想で作った奇妙な言葉ということなのだろうか、と思いました。(文豪Bowie先生、どうなんでしょう?)

Children swarm like thousands of bugs
Towards the lights the beacons above the hill
The stars to the West, the South, the North
And to the East

最初に受胎のイメージを持ったのは、ここの節からです。"Children swarm like thousands of bugs" 「何千もの虫のようにうじゃうじゃ群れる子ども達」って何か気持ち悪いですよね(^^;)。
一体なんのことだろうと思って、その様子を想像してみると、精子の群れに似てると思いました。 続く "the lights" "the beacons"の「光」「狼煙」というのは、目的地の卵子の比喩かなと。

そして、"The Stars" 同様に、星たちが空一面にある様子が書かれます。空から、受胎の瞬間を待っている様子にも一致するんです。

Now you could say I've got a gift of sorts
A fear of rear windows and swinging doors
A love of violence a dread of sighs
If you can see me I can see you
If you can see me I can see you

I have seen these bairns wave their fists at God
Swear to destroy the beasts stamping the ground
In their excitement for tomorrow

"bairns" はスコットランドの言葉で「赤ん坊」という意味で、上の"Children" を指していると思われます。ここは、赤ちゃんがヨロヨロしながらも、拳を掲げて、戦いを挑もうとしている様子が浮かんできます。
"I have seen" とありますが、「ちらっと見た」とか「目撃した」というニュアンスではないでしょうか。会おうとしている"you"「君」はこの中に紛れているのではと想像します。まだ、1対1では、出会えていないけれど、出会いが近くなってきているように感じられます。

I will take your lands and all that lays beneath
The dust of cold flowers prison of dark of ashes
I will slaughter your kind who descend from belief
I am the spirit of greed a lord of theft
I'll burn all your books and the problems they make

二人の出会いが近そうですが、2人が対峙するというより、"I" 「私」 が "You" 「君」 のものを奪い取ってしまうようなことが歌われていきます。

何を奪うのかと言うと、"your lands"「君の領地」と"The dust of cold flowers prison of dark of ashes" で覆われるもの全て。文章の切れ目がわからない単語の羅列ですが、ここはみな「死」に共通した単語のように取れます。

the dust 埋葬用の土、cold 冷たい遺体、flowers 献花、prison 死刑囚、dark 闇・死界、ashes遺灰・・・こういうもので覆われているもの、言わば、死してなお、持っているものを奪うよ、ということではないでしょうか。

"slaughter"というのは「殺戮、虐殺」という意味なので、恐ろしいイメージがわきますが、何を殺すと言っているかというと "your kind who descend from belief" ですね。

"who" でつながれているので、人物を表しますが、「信念からくるもの」、「当たり前だとおもっていること」、そういうものを、全てまっさらにしてしまうよ、ということで、言わば、今の君自身を殺してしまうよということではないでしょうか。

"I'll burn all your books" 「君の持つ書物も全て燃やす」というのも同じような意味で、「これまで得た知識や常識、記憶などは全て消してしまうよ」、ということでしょう。

なぜ、奪ったり、殺したりするかと言えば、新しい「命」となって生まれ変わるためだからなのでしょうね。言い換えると、生まれ変われるためには、過去の自分との対峙を経て全てを捨てることが必要ということなのかもしれません。

"Where Are We Now? " のプロモーションビデオに、身体は子供の人形で、顔は今のボウイが映っている映像が出てきますよね。このビデオを改めて見たとき、この曲の中の赤ん坊もそんなイメージなのではないかなと思いました。身体は赤ん坊でも、知識や記憶はまだ昔のまま持っている状態。 IとYouが出会って一緒になる瞬間、言わば受胎の瞬間に、過去のものが全て消え去って、新しい命としてまた生を生きる、そんな内容ではないかと思っています。

最後に、"your kind who descend from belief"の、"kind" には「性別」という意味もあったので、「古い赤いドレス」と「新しい青い靴」の関連から、「君は当然女だと思っているけど、次に生まれ変わるのは、青い靴を履く男の子なのだよ」というニュアンスも感じています。


I'd Rather Be High日本語訳へ

THE NEXT DAY を読み解くトップへ