Love Is Lost 勝手に解釈

It's the darkest hour, you're twenty two
The voice of youth, the hour of dread
The darkest hour and your voice is new
Love is lost, lost is love

"the darkest hour" は、"the darkest hour is just before the dawn" 「夜明け前が一番暗い」ということわざを連想します。「暗闇の先にはきっといい未来がある」という意味で、「朝のこない夜は無い」と同じですね。
"The voice of youth" は、「若者の声明」みたいにも読み取れます。
2つとも、単純に「一番暗い時」「若い声」という意味でしょうが、敢えてこういう表現を選んで使っているように感じます。

Your country's new, your friends are new
Your house and even your eyes are new
Your maid is new and your accent too
But your fear is as old as the world

国も友達も家も新しく変わるんですね。そこまでは、新しい場所での生活として、わかります。しかし、続く"eyes"「瞳」と"maid"「メイド」というのは、少々不思議な感じがします。 瞳が変わるというのは瞳の色が変わる、というふうに取れ、違う人種の生まれ変わりが連想されます。さらに、"eyes" には、「見解、物の考え方」という意味もあり、"even" 「さえも」とつくっついているので、「物の見方さえも変わった」という風にも取れます。
また"maid" 「メイド」ですが、メイドさんがいるような裕福な子なんだなと受け取れますが、"maid" を辞書で調べると、「処女」という意味もある。 若さと一緒に処女に戻るという意味にも取れます。となると、ここでも "you" 「君」は、女性かなと思います。

Say goodbye to the thrills of life
Where love was good, no love was bad
Wave goodbye to the life without pain
Say hello
You're beautiful girl

"Say goodbye to the thrills of life" から曲調が変わり、この一節まで聴くと、"thrills of life"「人生の恐怖」に"Say goodbye"「別れを言おう」という風に一瞬思います。夜明けは近いのだと。
ところが、続きを聴くと、"love" 「愛」が"good" 「良いもの」だったのは、"was" 「過去」のことで、"life without pain" 「痛みのない人生」に"Wave goodbye" 「さよならしよう」と歌われます。
どうも向かっている先は、苦痛に満ちた怪しい世界のようです。
なので、"thrills of life"の"thrills"は、この場合ポジティブの意味の"thrills"「期待にワクワクする」という意味でしょう。そして そういう明るい人生とは、別れをしないといけないということですね。

Say hello to the lunatic men
Tell them your secrets
They're like the grave
Oh, what have you done? Oh, what have you done?
Love is lost, lost is love

この節から、新しい世界の正体を明かすかのように、強い口調で責めに入りますね。緊張感のあるここからのフレーズは個人的に大好きです。(Bowie先生、もっと叱ってください、とか思ってしまいます。) "What have you done?" は、単純な過去形で"What did you do?" と聞くのとは違い、大それたことをした人に対して、驚きや非難の気持ちをこめて使います。

You know so much, it's making you cry
You refuse to talk but you think like mad
You've cut out your soul and the face of thought
Oh, what have you done? Oh what have you done?

"the face of thought" というのは、簡単な単語の組み合わせですが、うまく訳せないです。"the face" は「顔」、"thought" は「考え・思考」ですが、" face" は表にあるもので、"thought" は奥深くにあるものなので、いわば相反するものがくっついているんですよね。
もしかしたら、"the voice of youth"「若者の声」、"your eyes"「君の見解」とリンクしているような言葉なのかもしれません。「信念」とか「思想」とか。また、"The Next Day" の冒頭の、"Look into my eyes" というフレーズを思い出すと、 "eyes" というのは、本当は変えてはいけないものなのかな、とも思います。
奥にある考えが表の顔として出てくるということで「思考回路」としましたが、いずれにせよ、"your soul" 「君の魂」とともに"cut out" 「切り取られている」ので、廃人みたいな状態を想像します。

最後にタイトルになっている "Love is lost" の意味ですが、"Heat" の中に、"Love is theft" という似た表現が出てきます。でもこの二つは似て非なるものと感じてます。"theft" 「盗む」やその他、"soarking up"「吸い取る」、 "take"「奪う」 などは、次につながっていくイメージが持てます。奪われても、奪った側が保持しているというか。
でも、"lost" に関しては、持ち主がおらず、「途切れる」「失う」という印象を受けます。なので、何か罪深いことをすると、転生のループが途切れ、生まれ変わりが叶わなくなってしまうよ、という警告なのではないでしょうか。
生まれ変わって、新しい生活ができると思っていたら、たどり着いたのは 地獄の入口だったというお話。
そう考えると、"The Stars" で歌われる "I hope they live forever" の意味も、もっと解ってくる気がしませんか?


Where We Now?へ

THE NEXT DAY を読み解くトップへ