(You Will) Set The World On Fire 勝手に解釈

一転して、舞台は60年代のNYを彷彿させますが、私はこの曲は、次の時代にすべきことを、聞き手側に託すような曲に思えます。曲調も、聞き手を動かすかのようにノリの良い曲です。

Midnight in the Village
Seeger lights the candles
From Bitter End to Gaslight
Baez leaves the stage
Ochs takes notes

まず、この曲に出てくる人たちを確認してみます。
Seegerはピーター・シーガー、Baezは、ジョーン・バエズ、Ochsは、フィル・オクス、そしてこの後に出てくるVan Ronkはデイヴ・バン・ロンク、Bobbyはボブ・ディランのことと思われます。 いずれも主に1960年代に活躍したフォークシンガー達で、黒人の公民権運動や反ベトナム戦争など、社会問題を取り上げた人達でしょう。

ディランもシーガーもバエズも現在も活動していますが、Gaslightというバーは今はもうなく、オクスもヴァン・ロンクも他界していることから、 聴き手を60年代の世界に引き込んでいるようにも思えるし、60年代に活躍してた彼らが、真夜中にひっそり、現代に甦ってきてるようにも感じます。

前曲の"How Does Grass Grow?" で命の灯りが燃え尽きた戦場の兵士"The light in my life burnt away" を受けての、"Seeger lights the candles" は、一度消えた灯り(命)を、またつけていくようなイメージも感じます。

When the black girl and guitar
Burn together hot in rage
You've got what it takes
You say too much

"the black girl" 黒人の少女出てくるのは、60年代の公民権運動と関わりがあると思いますが、「黒」という色自体、他の曲にも出てきていますよね。妻のイマンは黒人女性ですし、娘のレクシーはミックスなので、その辺りも関係しているのかもしれません。

"You've got what it takes" は"what it takes" で「何かをするために必要なこと」、"You've got" で「持っている」となり、「君は必要なことは兼ね備えている」というような意味になりますね。

"You say too much" は「喋りすぎだよ」という意味ですが、暗黙の了解の示唆みたいに感じます。余談ですが、Bowieがよく唇に人差し指をあてて、「しーっ」としている姿も頭に浮かびます。

You will set the world babe
You will set the world on fire

"set the world on fire" で「人々を驚かせることをする」、「華々しいこをして名を揚げる」「世界をあっと驚かせることをする」、という意味があり、"set the Thames on fire" とも言うみたいですね。
これを直訳すると「テムズ川を火の海にする」ということですから、「現実には不可能と思われるようなことをする≒非常に驚くことする」というの比喩表現のようです。
上の"Burn together hot in rage" とかけて、燃えるイメージを重ねているように思います。

I can work the scene babe
I can see the magazines
I can hear the nation
I can hear the nation cry
You will set the world babe
You will set the world on fire
You will set it on fire

"I can work the scene" は、現在形なので、今現在のことのようにも受け取れますが、
"I worked the scene" 「私はその時、活躍した」という過去の話を、時空間の概念をはずす意味で、現在形にしているかなと捉えています。
「私は、しっかりと自分の時代に仕事をしたから、次は君の番だよ」ということを言いたいのかなと思っています。

"nation" というのは、「国家」「国民」のことですが、アメリカ合衆国(もしくはどこかの国)の嘆きかというと、そんな限定はしていないように思います。 もっと調べると、"nation" には、「地上の人々」という意味もあったので、"We are in water" に対する、「地上の」という意味が含まれた言葉なのではないでしょうか。

Kennedy would kill
For the lines that you’ve written

"Kennedy would kill" というのが、一番悩みました。Kennedyは、やはりジョン・F・ケネディのことですよね。特にオクスはケネディを尊敬していたと言います。
でもジョン・F・ケネディといえば、「殺された」イメージが強い人です。それが、 "Kennedy would kill" 「ケネディは殺すだろう」とあります。kill の後に目的語がないのでケネディが何を殺すのかは書かれていません。

"For the lines that you’ve written" で、「君が書いた文章のためにケネディは殺ろすだろう」となります。

いろいろ考えた末、この文は、「ケネディは(殺される前に)殺すだろう。(君が書いた警告の文章を見て)」ということなのかなと捉えてします。
"Kennedy would not be killed" 「ケネディは殺されないだろう」という文を単純に肯定文で言い換えただけなのかもしれません。

"Set the world on fire" 「世界をあっと驚かせることをする」というのは、「ケネディの暗殺という歴史さえも変えてしまうくらいのもの」ということなのではないでしょうか。

でも、それをそのまま、"Kennedy would not be killed" としてしまうと直接すぎますし、実際にケネディは殺されてしまっているので、説得力もなくなってしまいます。 でもそれを "Kennedy would kill" と肯定文にしただけで、謎めいた文章になり、いろいろ想像してしまうから不思議です。

この後に出てくる"Screaming like a banshee" 「死を予期する霊が大声で叫んでいる」という一節からも、「ケネディが殺されることへの警告」が感じ取れます。

そんな風に考えると、「ケネディが、殺されずに生きていたら、今の世界はもっと違うものになっていたかもしれない」という想いも含まれているような気がしてきます。

Van Ronk says to Bobby
She’s the next real thing
Crouched in the half light
Screaming like a banshee

ヴァン・ロンクはヴィレッジのキングとも呼ばれていた人で、ここの"Bobby" は、先にも書きましたが、ボブ・ディランのことでしょう。あえて、Dylanとは書かないのは、NYにいる人たちにはわかることで、かつBowieのディランに対する愛着でもあるのかもしれません。

"She's the next real thing" の「彼女」ですが、これは"You" 「君」のことでしょう。そして、やはり娘に向けたものではないかと思います。

でも、「次世代の本物になってほしい人」という思いを込めて、聴き手全般に対して歌っているとも受け取っています。

You’re in the boat babe
We're in the water
You say too much

そしてまた、「船の上」と「水の中」と出てきます。
「船の中にいる人」=「次の世代の君たち」が、これからは先陣を切ってやっていかないといけないのだよ、というメッセージだろうと思っています。


You Feel So Lonely You Could Die へ

THE NEXT DAY を読み解くトップへ