The Next Day 日本語訳

私の目をよくみてくれと、彼は彼女に言う
お別れを言うよと、彼は言う
泣かないでと、彼女は彼にお願いする
そして、お別れ
これがあの日のすべて
彼女は彼の愛について想う

民衆は、彼に鞭打ちながら、町中彼をひきずり回す
愚かな民衆が、群がって彼に野次を飛ばす
彼らは世界終焉の歌では満足していない
全く満足していない

娼婦たちの話を聞きなさいと、彼は言う
彼は彼女たちの紙人形を作り
荷車に乗せると川の対岸へと流す
暗闇の中、濡れた紙人形は陸へとたどり着く
司祭は彼の話を全く気にいらず
代わりに娯楽を要求し、妾達に男装させて喜んでいる

私はここだ
死んではいない
私の亡骸が空洞の木から吊るされたまま腐っていく
私をくくった絞首台の上で
その幹から影が揺れている

私はよみがえる
その次も
何度でも

民衆は自分達が抱えている病の痛みには見てみぬふりをして
路地に階段にと、あちこち彼を追いかけ回す
彼を泥の中からひきづり出して、彼の死のための讃美歌を歌う
そして紫色の帽子をかぶった司祭の足下に彼を差し出す

人間というものは、はじめに欲しいものを全て君に与えてから
君の持っているもの全てを奪い取るんだ
生きているときは足の裏で立つくせに、死ぬときは膝の上から崩れ落ちる
聖人の服を着ていてもサタン(悪魔)と仕事ができるし
神はデヴィル(悪魔)のために存在してると思っている
デヴィル(悪魔)がそう伝えたまま疑いもせず

民衆が私の名前を大声で叫ぶ
私は足下の井戸の水の底へと落ちていく

私の亡骸が空洞の木から吊るされたまま腐っていく
私をくくった絞首台の上で
その幹から影が揺れている

そして生まれ変わる日が来る
その次も
またその次も

私はここにいる
死んではいない

私の亡骸が空洞の木から吊るされたまま腐っていく
私をくくった絞首台の上で
その幹から影が揺れている

私はよみがえる
その次も
何度でも

さあ、私の話を聞きなさい


The Next Day 勝手に解釈へ

THE NEXT DAY を読み解くトップへ