The Next Day 勝手に解釈

まず、この曲の全体像ですが、″priest″ 司祭、″satan″ 堕天使・悪魔、″devil″ 悪魔、″gallows″ 絞首台などの言葉が出てきて、中世の絵画に出てくるような世界をイメージします。 でも、中世という大昔の出来事のようでありながら、ほとんど現在形で語られているのも、特徴的だと思います。

Look into my eyes he tells her
I’m gonna say goodbye, he says yeah
Do not cry she begs of him, goodbye yeah
All that day she thinks of his love yeah

冒頭ですが、夫婦とおぼしき″ he″ と ″she″ のお別れのやりとりから始まります。この二人の別れやりとりに、悲観的な印象は受けず、二人とも何かを悟っていて、運命を受け入れようとしているような感じがするのは気のせいでしょうか? ″goodbye yeah″ が、「お別れだよ、いいね」 と聞こえてきます。

They whip him through the streets and alleys there
The gormless and the baying crowd right there
They can’t get enough of that doomsday song
They can’t get enough of it all

"They" は人々・民衆と捉えました。ここのくだりは、″he″ 彼は何か罰を受けていて、民衆から責められているように感じられます。日本の江戸時代にもあった、市中引き回しの刑みたいなものではないでしょうか。
"They can’t get enough of that doomsday song" の"that doomsday song" 「世界終焉の歌」とは、まさに、 "You Feel So Lonely You Could Die" で出てくる "Five Years" のドラムにリンクしていて、その伏線でしょう。

Listen to the whores he tells her
He fashions paper sculptures of them
Then drags them to the river‘s bank in the cart
Their soggy paper bodies wash ashore in the dark
And the priest stiff in hate now demanding fun begin
Of his women dressed as men for the pleasure of that priest

"whores" 娼婦達の話に耳を傾けるよう彼が言います。娼婦をどのようなイメージで描いているのか、捉えきれてないのですが、娼婦の話を聞け=このアルバムをよく聞けというように感じるので、 語り手の一人として娼婦をあげているように思います。
そして彼は、娼婦達の紙人形を作って、暗闇の中、川に流すわけですが、この「川」「水」「暗闇」といったモチーフは、他の曲にもたくさん出来てきます。

Here am I
Not quite dying
My body left to rot in a hollow tree
Its branches throwing shadows
On the gallows for me
And the next day
And the next
And another day

そしてサビの部分ですが、"My body" は遺体、亡骸のことでしょう。
"gallows" は、絞首台のことで、 "for me" 「私のための」とあるので、"My" 「私」が昔、絞首台にかけられ、その亡骸がまだぶら下がっている、という様子でしょう。
"a hollow tree" は、よく魔女と一緒にできそうな空洞のある枯れた木のことで、絞首台の上に木があるのか、" a hollow tree" そのものが、"gallows" なのかもしれません。

"the next day" とは、よみがえりの日、復活の日、生まれ変わりの日のことだと思います。
"And the next" "And another day" と続くのは、"I" 「私」と"he" 「彼」は同じ魂をもつ生まれ変わりの人物だと捉えてみると輪廻転生のループのようなイメージがわきます。
かつて、"I"「私」は、絞首台にかけられたが、"Here am I"とあるので、生まれ変わったのでしょう。ところが、また、"he"「彼」が罰を受けて絞首台にかけられようとしている。しかし、彼もまた生まれ変わるだろうという宣言みたいなものではないでしょうか。 話そのものは、現在形で語られているので、どちらが過去でどちらが現在、という概念はなく、どちらも過去であり、現在であり、未来であり、そんな永遠のループを感じます。

要は、「何度、絞首台で首を括られようと、私はよみがえってやるよ」、という強いメッセージだと思います。

少し横道にそれますが、Bowie本人のキャリアと照らし合わせてみたときに、Tin Machineくらいからでしょうか。何をやっても、どんなアルバム出しても、「ボウイ復活」とか「ボウイが帰ってきた」とかそんな表現がついて回ってきて、 「一体、何回、Bowieは復活すればいいんだよ、ずっと彼は現役なんだよ」と思ったりもしましたが、今回、自ら"the next day"、"Here I am"、 "Not quite dying" と歌い上げているのを聴くと、本当の復活って深い、と思ってしまいました。
ちなみに歌詞カードには "Here am I" とありますが、"Here I am" と歌ってますよね?これはたいしたことじゃないと思いますが。

Ignoring the pain of their particular diseases
They chase him through the alleys chase him down the steps
They haul him through the mud and they chant for his death
Drag him to the feet of the purple-headed priest

" Ignoring the pain of their particular diseases" というのは、自分のことは棚にあげて、他人のことを非難しがちな人間に対する皮肉に聞こえます。
″through the mud″の"mud" 「泥」は、"How Does The Grass Grow?"に出てくる" mud" とも通じている気がします。
市中連れまわされた後、"he" 「彼」は司祭の前に連れてこられるのですが、これは、処刑が近いことを連想させます。 " the purple-headed priest" 「紫色の頭の司祭」とありますが、カトリックでは、紫色の服装はお葬式のときも使うようです。

First they give you everything that you want
Then they take back everything that you have
They live upon their feet and they die upon their knees
They can work with satan while they dress like the saints
They know god exists for the devil told them so
They scream my name aloud down into the well below

ここも人間というものへの皮肉が込められた一節っぽいです。
最後の一文 "They scream my name aloud down into the well below" にちょっと注目してみます。
"they" 「民衆」に野次られていたのは、"he" 「彼」だったはずですが、ここでは、"my name" となっていて、対象が、「私」になっています。 ここでも、"I"と"he" がおなじ人間であろうことが読み取れます。そして、"They scream my name aloud" 「民衆が私の名前を大声で叫ぶ」のですが、"down into the well below" と続くので、 「下にある井戸に向かって」叫んでいるようです。「なぜ、下の井戸の中に?」と考えると、これはおそらく、処刑が執行されて、体が下に落ちていく様子を意図しているのではないでしょうか。 その様子を見ているから、民衆は下に向かって私の名前を叫んでいるのではないかと。 絞首台の下に井戸があるかどうかはわかりませんが、wellには泉という意味もあり水の中を連想させます。水の中は、向こう側の世界、黄泉の国を示唆しているので(他の曲でも書きますが)、 "he"「彼」="I"「私」が泉の中、黄泉の世界に落ちていく、そんな描写だと思っています。

そしてまた、サビの部分「私は死んでいない」とつながっていき、"Listen" で締められます。
ここから続く話(アルバム全体)をよく聞くんだぞ、と言われているようです。


Dirty Boys 日本語訳へ

THE NEXT DAY を読み解くトップへ