The Stars (Are Out Tonight) 勝手に解釈

アルバム3曲目のこの曲は「本編スタート」という感じがします。
Gerryのギターがいいですね〜。彼のギターは大好きです。歴代Bowieギタリストの中で、実は一番好きかも、と最近思ってます。

Stars are never sleeping
Dead ones and the living
We live closer to the earth
Nearer to the heavens
The stars are never far away
Stars are out tonight

"Dead ones and the living" は、わかりやすく「故人」「現役」としましたが、生きていようが、死んでいようが、そういう概念はスターには関係ないということでしょうね。
スターというものは、死んでからも休むことができない、という皮肉にも聞こえますが、そういう皮肉よりは、死んだ後も「自分のことを忘れないでいてほしい」というスターの切ない気持ちを訴えているほうが強いように思います。心臓を患って、Bowieが本物の「死」というものを近くに感じた時に生まれた感情(死が怖いという人間的な弱さ)が、滲み出ているようにも感じるんですよね。だから切なくて、愛しい曲に聞こえます。

"stars are out" の"out" には「外出する」「消える」という意味もありますが、「出てくる、出ている」という意味もあり、"stars are out" で「星が出ている」という表現があります。 "never far away" 「決して遠くにいかない」、"They watch us" 「彼らは見ている」とあるので、「ずっと星は空に出ている」という意味でしょう。

They watch us from behind their shades
Brigitte, Jack and Kate and Brad
From behind their tinted window stretch
Gleaming like blackened sunshine

ここの一節は、現在のスター達 "the living" を描いているようです。
"shades" にはサングラスという意味もあります。"tinted window" というのは透視防止用のすりガラスみたいな窓のことでしょう。"strech"は伸縮するという意味ですが、 窓を開けているのか、その窓に影が伸びて反射しているのか、はっきりしませんが、窓の隙間から、もの凄いオーラが出ている、というようなニュアンスでしょう。

Waiting for the first move
Satyrs and their child wives
Waiting for the last move
Soaking up our primitive world

ここの一節はすごく詩的なので、感覚で捉えるのが一番なのですが、敢えて勝手に解釈を書いてみます・・・。
サテュロスは、ギリシャ神話の半人半獣で "child wives" は、ニンフ(サテュロスと一緒に描かれることの多い妖精たち)のことでしょうか。ここは性の営みの表現でしょうか。
サテュロス劇というお芝居があるようなので、役者としての"the living" 達に通じるものがあります。さらに、" Satyrs" の綴りの中に"Stars" という言葉が入っているのも意図的でしょうね。
"move" 「動く」には、"act" 「演技する」という意味も入っていると思われ、現在のスター達が、演技をする上で、人々をずっと観察している、ということも重ねて表現しているのだと思います。
"Soaking up" は「吸い取る」、"our primitive world" は、直訳すると「私たちの原始世界」ですが、演技をする上で、その役のイメージをそのまま吸い取るというようなことではないでしょうか。加えて、故人"dead one" の観点からすると、今からこの世に出ようとする生の始まりを吸い取る、そんな感じをイメージをしています。

Their jealousy's spilling down
The stars must stick together
We will never be rid of these stars
But I hope they live forever
And they know just what we do
That we toss and turn at night
They're waiting to make their moves
But the stars are out tonight

" jealousy's spilling down" 「嫉妬がこぼれ落ちる」というのも、詩的な表現ですね。
"stick together" は「くっつく」という意味ですが、「うまくやる」という意味もあるので、スター達はうまく切り抜けられるということなのでしょう。
"toss and turn" は「寝返りを打つ」という意味ですが、「夜に寝返りを打つ」ということは夜の営みのことも連想させます。

実は、この曲全体のイメージに凄く近い記述が三島由紀夫の「奔馬」の中にあるので、記述しておきます。仏教における輪廻のことを書いているのですが

「仏説によれば、中有(ちゅうう)はただの霊的存在ではなく、五饂(ごうん)の肉体を具えていて、五、六歳ぐらいの幼な児(ご)の姿をしている。中有はすこぶるすばしこく、目も耳もはなはだだ聡く、どんな遠い物音もきき、どんな障壁も透かして見て、行きたいところへは即座に赴くことができる。
  〜中略〜
透き通った童子たちは、空中をすばやく駆け廻りながら、香を喰ってその命を保っている。
  〜中略〜
童子は、こうして空中をさすらいながら、未来の父母となるべき男女が、相交わる姿をみて倒心を起す。中有の有性が男性であれば、母となるべき女のしどけない姿に心惹かれ、 父となるべき男の姿に憤りながら、そのとき父の洩らした不浄が母胎に入るや否や、それを自分のものののように思い込んで喜びにかられ、中有たることをやめて、母胎に託性するのである。その託性する刹那(せつな)、それが生有(せいう)である。」(新潮文庫より)

少し難しい文章ですが、霊的存在の幼子が次の生となる瞬間をずっと空の上から待っている様子を描いています。三島由紀夫の世界というよりは、仏教の輪廻の考え方なのでしょうが、凄く似た雰囲気を感じませんか?("If You Can See Me" にも通じるものがあります。)

Here they are upon the stairs
Sexless and unaroused
They are the stars, they're dying for you
But I hope they live forever
They burn you with their radiant smiles
Trap you with their beautiful eyes
They're broke and shamed or drunk or scared
But I hope they live forever

"they're dying for you" は、「あなたのために死のうとする」、「命をささげる」、という意味ですが、"will die for" や "would die for" ではなく"be dying for" としているのは、 "dying for" に「死ぬほど〜がしたい、〜が欲しい」という慣用表現があるので、「彼らは君(の魂)が死ぬほど欲しい」という意味にも取ることができると思います。
"Dirty Boys" にも、"We all want you" というフレーズがありましたよね。



Love Is Lost日本語訳へ

THE NEXT DAY を読み解くトップへ