Valentine's Day 勝手に解釈

"Valentine's Day" は、"Love Is Lost" に呼応する1曲のように思っています。本当に個人的解釈ですが、愛を失った人達に向けて、「反省しているのなら、しょうがないなあ、もう一度、愛を与えるチャンスをあげるよ」と言っているように聞こえるのです。

Valentine told me who's to go
Feelings he's treasured most of all

"who's to go" 「行くべきなのは誰か」と始まります。これはやはり愛を失ってしまった人を指しているのではないかなと思っています。
"treasure"は「宝」ですが、"be treasured" で「宝物のように扱われる、大切にされる」ということなので、ヴァレンタインは愛の象徴で、愛を失った人に、愛のある生活というのがどんなに素敵なことかを言おうとしている気がします。


ちなみに"who to go"ではなくて"who's to go" となっているのは、"who is to go"か"who has to go" だと思いますが、あまり見ない表現です。。。古典的な書き方なんでしょうか?

The teachers and the football star
It's in his tiny face
It's in his scrawny hand
Valentine told him so
He's got something to say
It's Valentine's Day

"The teachers" 「先生」は、日本語では「先に生まれた人」と書きますが、それと同じように、尊敬する作家、画家、ミュージシャンなどを指している気がします。"the football star" も誰かモデルがいるのかもしれませんが、" one of stars" ですよね。で、なんとなくどちらもこの現世にはいない人達のように感じます。

The rhythm of the crowd
Teddy and Judy down
Valentine sees it all
He's got something to say
It's Valentine's Day

"Teddy and Judy"「テディとジュディ」ですが、 「あれ?組み合わせは"Waterloo Sunset"(The Whoのオリジナル曲で、"Heathen" のボーナストラック)に出てこなかったっけ?」と思い、"Waterloo Sunset"の歌詞を見返すと、 "Terry and Julie across the river" 「テリーとジュリーが川を渡る」とあります。"across the river"は、アルバムの全体に通じるものなので、まさしくここからのもじりなのでしょう。


そう思うと、「テディとジュディ」がいる場所もロンドンのテムズ川のほとりなのかなと、イギリスっぽい香りがしてきますね。
「テディとジュディが倒れる」"down" とあるのは、この二人がベッドに倒れ込む姿を表してるように思います。

Valentine told me how he'd feel
If all the world were under his heel
Or stumbling through the mall
It's in his tiny face
It's in his scrawny hand
Valentine knows it all

" all the world were under his heel Or stumbling through the mall" は、何かの比喩表現だと思いますが、正直どんな意味があるのか、つかみきれていません。 ただ、"It" 「それ」が、"in his tiny face" 「彼の小さな顔の中」"in his scrawny hand"「彼のやせた手の中」と歌われているので、"under his heel"「彼のかかとの下にある」という状態は、あまり思わしくないことなのかなと思っています。

"The Next Day" に出てくる一節、"They live upon their feet and they die upon their knees" と関連している気もしますが・・どうなんでしょう。

He's got something to say
It's Valentine's Day

"He's got something to say" 「彼には言いたいことがある」、そして、"It's Valentine's Day" 「今日はヴァレンタインデー」なので、ヴァレンタインデーに言うことといえば「愛の告白」ということですよね。日本では女性から男性にチョコを贈るイメージが強いですが、欧米でも男女で愛を確かめ合う日という風習があるので愛の記念日 という捉え方は同じだと思います。

さらに深く取られてみると(ヴァレンタインデーの起源には諸説あるようですが)、聖ヴァレンタインの命日が、今日のヴァレンタインデー(愛の記念日)になっているということは、聖ヴァレンタインが一度死して、愛の象徴として生まれ変わった日とも取れるので、"The Next Day" にも通じるものがあると思います。

It's in his scrawny hand
It's in his icy heart
It's happening today
Valentine Valentine
Valentine Valentine

"It" 「それ」が指すものは、いろんなものが考えられますが、敢えてあげるとすれば、"Love" 「愛」かなと思っています。ただ、この"Love" というのがアルバム全体を通じて、非常に深い意味で使われていると思うので、単純に「愛」と言っても、いろんなことを含んでいると思うのですが。


"icy heart" 「冷たいハート」と来ると、冷酷な感じもしますが、「冷たい心臓」とも読めるので、ここの表現は、ヴァレンタインが霊的な存在を指す表現かなと受け取っています。冷たいけど、実は温かい存在、一種の逆説的な表現かなとも思います。

"Outside" の"It happens today" を彷彿させる "It's happening today" 「それは今日起きている」という一節は、次の"If You Can See Me" へ続くもののような気がします。


<2013年8月13日追記>
この曲に関して、「無差別殺人」を歌ったものという説があるのは知っていて、PVを観たときにも、確かに、それほどHappyな曲ではないのかなと思いましたが、何度聞いても、この曲の曲調からは、そんなに怖い歌だとは、どうしても私には思えずにいます・・・。
歌詞だけなら、"his scrawny hand" "his icy heart" "happening today" など、そう取られることもできる箇所は多々あるのですが、曲調からは、感じないんですよね。。。 "The Stars" と"The Next Day" のPVがドラマ仕立てなのに対し、この曲のPVがシンプルに作られている点も、「怖い歌」だとは受け入れられずにいます。(ドラマ仕立てに作りこまれていたら、もっとイメージは確固たるものになるのですが)
この曲に関しては、本当に、直接Bowieに意図を聞きたくなりました(^^;)(ただ、暴力的なものを否定しているということは確かだと思いますが)


If You Can See Me 日本語訳へ

THE NEXT DAY を読み解くトップへ