Where Are We Now? 勝手に解釈

"Love Is Lost" の緊張感から一気にふわーと開放される感じで"Where Are We Now?" が続きます。この流れはちょっとホロリきますね。

"Where Are We Now?" には、そんなに難しい表現はないですし、今さら解釈というのもなんですが、ベルリンが舞台になっており、その背景を知っているほうがより楽しめるかもしれません。私もベルリンには行ったことがないので、調べてみたところイギリスのテレグラフ紙のサイトが "David Bowie's Berlin" と題してこの曲に出てくる場所についての今昔を説明していたので、まずはその翻訳を抜粋して載せておきます。

Potstdamer Platz ポツダム広場

以前:
1976年のポツダム広場は、銃を所持した東ドイツの警備員による監視塔で囲まれてた重々しく近寄りがたい要塞化された土地でした。

現在:
開発時期を過ぎ、今日のポツダム広場には、数々の店やカフェ、ソニーセンターの旗艦店が入っている派手な新しい高層商業施設があります。
全ての人のための憩いの場ではないにしても、かつての毒され荒れ果てた場所よりは、よい場所になっています。
1930年代のポツダム広場は、ベルリンのピカデリー・サーカスであり、今でもそのノスタルジーを感じさせるものがいくつも残っています。

The Dschungel, Nurnberger Strasse ジャングル / ニュルンベルク通り

以前:
ナイトクラブであった「ジャングル」は、西ベルリンの「スタジオ54」(NYのナイトクラブ)的な存在で、ボウイ、イギー・ポップ、ルー・リードが足しげく通いました。

現在:
ジャングルは今はもうありませんが、ニュルンベルク通りには、大きく改築されたエリントン・ホテルが建っています。定期的にジャズコンサートが行われ、ジャズのラジオ局もあります。
ほとんど東側の影響下にあったボウイが暮らした時期とは違い、統一された後のベルリンは、ヨーロッパの最新クラブスポットの一つとなっています。

Bosebrucke ベーゼブリュッケ

以前:
ボルンホルマー通りにある ベーゼブリュッケと呼ばれる橋は、ほとんどの東ベルリン市民が渡ることが禁止されてた数多くの交差点の1つでした。
1989年11月9日、護衛部隊のトラバント車が初めて西側に渡ったことで一躍有名になりました。

現在:
ボルンホルマー通りは再び開かれ、東西に渡り流行りの地区へと通じています。
ベルリン市民が、もはやトラバント車には乗らず、ワーゲンやBMWなどに好んで乗っている一方で、観光客がトラバント車に乗りたがっています。

KaDeWe カーデーヴェー百貨店

以前:
ベルリンのハロッズ。美しい装飾を施した食堂とともに扱う商品の質には定評があります。

現在:
今もかつてのまま現存します。ただし、今日ではロシア人の客が多くなっています。

Had to get the train
From Potzdamer platz
You never knew that
That I could do that
Just walking the dead

冒頭ですが、まずベルリンで暮らしていた70年代のことが連想されます。
"have to" は"must"よりも強制力が強い意味があり、ベルリンに暮らしていたころ、 何か列車に乗らなきゃいけない理由があったのでしょうか。

"You never knew that That I could do that"「僕にできるとは君は決して知らなかった」というのは、ポツダム広場が当時、重々しいところだったと聞くと、列車に乗るのも不可能と思われるほどだったのかなと想像します。

後に続く"Just walking the dead" 「まるで歩く死人」というのは、ボウイは薬物中毒から立ち直るためにベルリンに住んでいたわけですが、「当時のボウイは本当にヤバかった」という話をいろいろ耳にするので、当時の「薬物に食いつくされた死んだような男が、列車に乗れるとは思わなかった」という意味にも取れます。

この"Just walking the dead" は、不思議な表現です。文法的には"Just the walking dead" のほうが自然でしょうが、敢えてこういう表現にしているのは、 「歩く死者」という意味と" just walking the dead (world)" 「死の世界を歩いている」という意味の両方があるように感じます。

Sitting in the Dschungel
On Nurnberger strasse
A man lost in time near KaDeWe
Just walking the dead

Where are we now?
Where are we now?
The moment you know
You know, you know

上の記事にあるように「ジャングル」 は今はもう無いけれど、「カーデーヴェー」 はまだ当時のまま現存しているということ認識して聴くと、 "A man lost in time" 「時間をなくした男」という表現は、凄くしっくりきますね。

「ジャングル」の中に座っていたのは確かに70年代のことのはずなのに、「カーデーヴェー」まできたら、いろんな人種の人が明るく買い物している景色が見えてきたのかもしれません。「あれ?今はいつ?過去?現在?」みたいな状態で、"Where are we now?" と続く。

Bowieが単純に過去の思い出の地名だけを挙げ連ねているだけではないのが解ります。

Twenty thousand people
Cross Bose Brucke
Fingers are crossed
Just in case
Walking the dead

ベーゼブリュッケをたくさんの人が渡る、というこの一節からも、異なる複数の時空間が重なって聴こえてきます。


まずは、東西ベルリン統一の際に、2万人以上の人がこの橋に押しかけたということから、1989年のまさに東西ドイツが開放された時代に遡って歌っている様子。"Fingers are crossed" は「幸運を祈る、応援する」という意味なので、統一への喜びの表現が感じられます。


そう受け取れる一方で、" Just in case" 「念のため、万が一」と続くので、1989年当時ではないようにも読み取れます。ベーゼブリュッケが、過去に通行が禁じられていた交差点であるということを踏まえると、ベーゼブリュッケにたくさんの人が行き交う様子は( 2万人というのは年間平均値みたいなニュアンスになり)、現在の日常的な様子を歌っているようにも感じ取れます。「万が一、過去の悪夢が再び襲ってこないように祈るよ」というニュアンス、言わば、70年代と現在との交差に聞こえてくるのです。


もうひとつは、"Cross""crossed"と繰り返し使われる「クロス」というキーワード。これは、アルバム全体に通じるもので、生と死の世界の交わりや行き来のようなものとして捉えてみると、「指を交差させる」というのは、魔除けのような意味に感じられます。(昔、エンガチョってありましたよね。それです。)
"Walking the dead" を、「死の世界・死の淵を歩いている」とすると、"Fingers are crossed Just in case"は、「念のため、死の世界に引き込まれないように、身を守っておくよ」とも読み取れるのです。

As long as there's sun
As long as there's sun
As long as there's rain
As long as there's rain
As long as there's fire
As long as there's fire
As long as there's me
As long as there's you

最後のこの一節は、まぎれもなく現在の自然界のものに触れ、「今」の幸せを感じている様子だと思います。過去なのか、死の世界なのか、自分がどこにいるのかよくわからなくなった男が、 太陽に触れ、雨の音を聞き、炎の熱を感じ、そして、愛しい「君」に会う。
「僕は今、君の前にいますよ」という答えだと思います。

と、長々と書きましたが、Bowieはひとつひとつの言葉に2重、3重、4重・・・と意味を絡ませ、特にこの曲に関しては、極数少ない、それも簡単な単語で、いろんなことを表現しているんですよね。それがまた凄いです。


Valentine's Day 日本語訳へ

THE NEXT DAY を読み解くトップへ