You Feel So Lonely You Could Die 勝手に解釈

死に向かっている「あなた」について語られていくこの曲は、"Rock'n Roll Suicide" を彷彿させますよね。これまでの曲の振り返りみたいな部分もあり、エピローグ的な曲にも聞こえます。

No-one ever saw you
Moving through the dark
Leaving slips of paper
Somewhere in the park

"slips of paper" は小さな紙切れという意味ですが、"The Next Day" に出てきた「紙人形」の残りを連想します。また、同時にミュージシャンの譜面や小説家の原稿も彷彿させますね。
そうした形跡を残したまま、"you" 「あなた」が消えいく様子が描かれます。

Hidden from your friends
Stealing all they knew
Lovers thrown in airless rooms
Then vile rewards for you

"Lovers thrown in airless rooms" の意図がはっきりしないのですが、"airless room" というのは、"Dancing Out In Space" の「水の中の空間」と同じようなものではないかと思っています。"room" と"space" は同義語ですし "airless" も空気がないと捉えると、=水の中ともつながってきます。
"Lovers" が何を指すのかはっきりしませんが、「死の空間に投げ入れられた恋人たち」とすると、"How Does Grass Grow?" に出てきたような悲しい恋人たちかなとも思いますし、「死の空間にあるもの」としたら 過去の魂たち(Bowieの過去のキャラクター(Ziggyなど)など、包括しているかも)なのかもしれません。

続く "Then vile rewards for you" の "vile" は「下劣な」「酷い」「不快な」という意味で、「あなたが受け取るのは、不快な報酬、不名誉」という意味でしょうか。"vile rewards"で、「取るに足らない報酬」という意味もあるようなので、「あなたは取るに足らない報酬しか受け取れない」 ≒「あなたには価値がない」というような意味もあるかもしれません。

I’m gonna tell
Yes, I’ve gotta tell
Gotta tell the things you’ve said
When you’re talking in the dark
And I’m gonna tell the things you've done
When you’re walking through the park

この一節も、"Dancing Out In Space" の「誰もいないのに向き合って踊る」というのと同じで、冒頭で、「暗闇に消えていくあなたを誰も見なかった」と言っているのに、なぜ"I" 「私」は"You" 「あなた」から話を聞いているのか?となりますね。
この曲でも、"You"「あなた」と"I"「私」は同じ存在だと思っています。

Some night on the thriller's street
Will come the silent gun
You’ve got a dangerous heart
You stole their trust, their moon, their sun
They’ll come assassin's needle
On a crowded train

この辺りが、"the things you’ve said" 「あなたが話していたこと」にあたると思うのですが…。 (willで語られる)未来形の文章の間に、"You stole"という過去形の文章が入っていて混乱します。

"a dangerous heart" は、「危険な心」、「危うい感情」みたいなことだと思いますが、「生命の危機にある心臓」とも取れるので、心臓手術したBowie自身のこともかけているように思います。

「月」と「太陽」が意味するものも、少々謎ですが、この組み合わせは、"Dirty Boys" の"This ain't the moon this is burning sun" と重なりますね。
Bowieはタロットカードをモチーフにしたリトグラフを過去に制作していて、タロットカードも好きみたいなので、「太陽」や「月」には、その辺りからのイメージもあるのではと思っています。(諸説ありますが、)タロットカードでは「月」は「不安」、「太陽」は「誕生」や「幸福」なので、良いものも悪いものも、全部奪ってしまったというようなことでしょうか。

I bet you'll feel so lonely
You could die

"so lonely you could die" というのは、比喩表現で、「死ぬことができるほど淋しい」=「死ぬほど淋しい」となります。でもこの曲では、"You could die" を単なる比喩表現としてだけではなく、実際に死にゆく可能性があることとかけているんですよね。

Buildings crammed with people
Landscape filled with wrath
Grey concrete city
Rain has wet the street

I want to see you clearly
Before you close the door
A room of bloody history
you made sure of that

"I want to see you clearly before you close the door" は、("Heathen" の"Bring Me Disco Queen" も思い出しますが、) ここでも、"I" 「私」は"You" 「あなた」から話を聞いている(会っているはず)にもかかわらず、「あなたをはっきり見たい」というのは、 やはり"I"「私」と"You"「あなた」は同一人物だからだと思います。

つまり、「私」が 「あなた」をはっきり見られることはきっとないのだと思います。ぼんやりとした影がはっきりしたものになるのと同時に、扉は閉じられ 「私」が「あなた」に成り代わるのではないかと…。

"bloody history" というのは、「血塗られた歴史」ですが、"bloody" には口語で、「すごい」というポジティブな意味で使う場合もあるので、血塗られた残酷な歴史を作品で語って証明した「すばらしい歴史」=「あなたの偉業」みたいな意味が重っているようにも思います。

I can see you as a corpse
Hanging from a beam
I can read you like a book
I can feel you falling
I here you moaning in your room

ここでは「あなた」が苦しみながら、死にいく様子のようなものが感じられます。
"corpse" "Hanging" は"The Next Day"、"I can read you like a book" は"If You Can See Me" とのつながりもありますね。

Oh see if I care
Oh please make it soon

"make it soon" は「早く終わらせる」「成功する」などの意味がありますが、ここでは、苦しんでいる相手に対して言っていると思うので、「苦しみから解放させて欲しい」というような想いが感じられます。
「早く終わらせて」=「ひと思いに息の根をとめる」みたいなことではないでしょうか。

"I can read you" "if I care" などの言葉からは、「死にたい」と思っている"You"「あなた」 と「死ぬのが怖い」と思っている"I"「私」との葛藤みたいなものも感じます…。

Walls have you cornered
You've got the blues, my friend
And people don't like you
But you will leave without a sound or without an end

Oblivion shall own you
Death along shall love you
I hope you feel so lonely
You could die

"Oblivion shall own you" の "Oblivion" は、「忘却」や「忘れ去られること」という意味ですが、それに所有されるということですから、遠い昔のことのよう忘れ去られる状態のようなことだと思います。 "Oblivion" には、「恩赦」「許し」という意味もあるので、「あなたは忘れられることで許される」ということにもなるのでしょうか。
そして"Death along shall love you" 「死があなたを愛する」と続きます。 ひとつの終焉を表していると思いますが、すごく詩的ですよね。

最後の"I hope" 「私は望む」という言葉に、「孤独に死にいくような淋しいことをあなたは本当は望んではないですよね?」という想いがあるように感じられます。



Heat日本語訳へ

THE NEXT DAY を読み解くトップへ